コロナ 出会い方。 【結婚できない?】コロナのせいで出会いが減る!解決する婚活方法

コロナ前後での「人と人との繋がり方」の変化に関する4つの仮説|イッチー@ベンチャーBKO&アマチュア作家|note

コロナ 出会い方

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府は2月26日に大規模イベントの自粛を要請しました。 繁華街の人通りは激減、その影響は婚活・恋活をしている人にも及んでいます。 婚活の現場でいまなにが起きているのでしょうか。 街コンや合コンなど大人数の出会いの場に打撃 「やっと少し仕事が落ち着いて、婚活しようとしたら自粛ムード。 30歳の貴重な時間を返してほしい。 本当に死活問題です」 3月下旬に開催する予定だった合コンが、コロナの影響で流れてしまったという都内在住の会社員女性 30 は、やり場のない怒りをにじませました。 昨年9月に彼氏と別れて以来、土日を中心にマッチングアプリを使って細々と婚活を続けてきました。 2月に友人からの誘いで5対5の合コンの誘いを受けましたが、コロナの影響で自粛ムードが広がると、すぐに延期の連絡が来たといいます。 「出会いの数は、その場にいる人数とも比例するので、大人数で集まれないのはチャンスを逃すことにもつながります。 コロナ騒動が年を越して続いたら…。 そう考えると恐怖です」 街コンなど大人数の出会いの場をつくるイベントも、あちこちで中止になっているようです。 「コロナで街コン中止になった。 街コンや婚活パーティーなどの運営を手がけるリクルートマーケティングパートナーズによると、政府の大規模イベント自粛要請を受けて、街コンや婚活イベントを中止する企業も少なくないそうです。 同社でも大人数のイベントは中止し、少人数のイベントはマスクの配布やアルコール消毒を徹底したうえで開催しているそうです。 同社の担当者は「デートやお見合いはお互いのことを知るための時間なのに、コロナの感染防止に気がいってしまう人も多いと思います」と言います。 「自宅で過ごす時間が増えた分、マッチングアプリでのお相手探しの時間に充てて頂くなど、健康を第一に考えながら婚活を続けてもらいたいです」(同担当者) 会う約束、コロナ理由に断られて疑心暗鬼に 1対1の出会いの場にも、コロナの影響が出始めているようです。 「会おうと思っていた男性から、コロナの影響でお断りされてしまった」 そう話すのは、千葉県在住の会社員女性(42)。 38歳のころ婚活をはじめ、街コンに行ったり、結婚相談所に入会したりして、お付き合いする相手を探してきました。 年始に知人から紹介された40代男性とLINEで連絡を取り合い、2月半ばに初の顔合わせをしようと調整していた最中の「自粛要請」。 首相会見があった日の夕方、男性から「取引先に感染者が出たので、しばらくは会うのは控えましょう」とメッセージがあり、会う約束は流れてしまいました。 女性は「せっかく会おうとしてくれていたのに……。 他に理由があって断られたのではないかと、疑心暗鬼になってしまいました」と話します。 この女性は友人に勧められて2月にマッチングアプリも登録しましたが、「こんな時に会おうと言ったら無神経な人だと思われてしまう」と思い、メッセージのやりとりをしていてもなかなか次のステップに進めないそうです。 「1~2カ月で収束すれば良いですが、婚活している人のなかには年齢的に焦っている人も少なくありません。 誰が悪いというわけではないけれど、この状況が長引いたら…。 どうやって相手を探せばいいのでしょうか」と不安げに話します。 大手マッチングアプリ「with」によると、アプリのログイン率やマッチング率に大きな変化はなく、コロナの影響と見られる動きは現段階ではないそうです。 ただ、「せっかくマッチングしても、実際に会うことが難しくなっているのではないか」とも。 担当者は、「コロナの影響が長期化した場合、ユーザーが会わなくても楽しめる仕組みを考える必要があるかもしれません」と話しています。

次の

withコロナ時代の出会いはオンライン?それともやっぱりオフライン?

コロナ 出会い方

株式会社エクシオジャパン(本社:神奈川県横浜市、 代表取締役:佐伯 猛)は、 これまで多様な出会いの形を提供してまいりました。 外国人男性と出逢える『インターナショナルカップリングパーティー』は、 銀座・東京八重洲・名古屋・大阪・なんばを中心に毎週開催しておりましたが、 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為開催を見合わせておりました。 このたび、 2020年7月より各会場にて新型コロナウイルス感染症の拡大防止の対策をとり、 『インターナショナルカップリングパーティー』を再開する運びとなりました。 ・アルコール消毒液設置 ・検温を実施させて頂きます。 ・受付にて飛散防止のためアクリル板またはシート等を設置致します。 ・お客様が触れる箇所の消毒を徹底致します。 ・定期的な換気の実施致します。 ・お客様同士のソーシャルディスタンスの徹底した席配置を実施致します。 ・お飲み物の提供は使い捨ての紙コップのみとなります。 ・接客時におけるマスクの着用を義務付けています。 ・出勤時の健康チェック、 手洗い、 アルコール消毒、 咳エチケット等を義務付けています。 ・37. 【エクシオインターナショナル】 外に出るのが怖いという方も多くいらっしゃる中、 ZOOMを使ったオンラインカップリングパーティーも新たに開催しております。 ・関東在住の方にお集まりいただく『関東編』 ・関西在住の方にお集まりいただく『関西編』 を主軸に、 最近ではオンラインならではの企画、 全国からのご参加を承っている『全国編』も開催しております。 普段お会いすることの出来ない方とお会いすることができるので、 とてもオススメの企画となっています。

次の

コロナ前後での「人と人との繋がり方」の変化に関する4つの仮説|イッチー@ベンチャーBKO&アマチュア作家|note

コロナ 出会い方

28歳、女性、自由業、婚活歴1年• 出会い方:Pairs ペアーズ というマッチングアプリ• 進め方:これだけは譲れない!という条件を「1つだけ」決める!後は多少違っていてもとりあえず連絡してみる コロナが流行る前までは、友達の紹介で人に会ったりTinderで出会い探しをしていましたが、コロナが流行るようになってからこれからの先行きが不安になり、 より真剣に婚活をしなければいけないと感じるようになったため改めてPairs ペアーズ というアプリに登録し、オンライン上での婚活を真剣に始めました。 そこでマッチングが10組以上できた中、一番趣味の合った人を中心に3名と連絡先を交換しました。 その一番趣味の合う人が一番熱心にアプローチをしてくださり、告白してもらったのでOKしました。 婚活がうまくいった秘訣としては、なによりこれだけは譲れない!という相手の条件をひとつだけ決めておくことです。 私の場合は、休日が土日であることで、やっぱり休みが合う方が色んなところにこれから遊びに行けると思ったからです。 もちろん人によっては顔のタイプだったり、収入だったり、この趣味が合わないと嫌!だったり、様々だと思います。 その中で譲れないものを「ひとつ」にしておき、後は 多少違っていてもとりあえず連絡してみるというのがポイントだと思います。 36歳、女性、事務職、婚活歴1年• 出会い方:Pairs ペアーズ というマッチングアプリ• 進め方:メッセージでやりとり後、スカイプで顔を見ながら通話 子どもがいるため婚活パーティーなど行くことができませんでしたが、今はオンライン婚活しています。 コロナの影響で初めから会うということができないので、私たち親子にとってはこのオンラインでのやりとりが非常に良かったと思います。 私の婚活がうまくいった秘訣は、Pairs ペアーズ というアプリに無料登録して、何人かとメッセージで会話のやりとりをしたことで、自分に合った人をしぼり、そこからスカイプでオンラインで顔を見て話ができるようになりました。 私はバツイチ子持ちのため、そのことをはっきり言いますが、それでも話が合い子供の顔を見てみたいという人がでてきたので、今は仲良くなって毎日子どもともオンラインで会話をしています。 このコロナが終息したら会いたいと思います! ちなみに、相手の職業や年齢、本人確認があるので、サクラなどはないのかな?と思っています。 25歳、女性、看護師、婚活歴6ヶ月• 出会い方:withでメンタリストのDaiGoさんが監修してる診断を利用• 婚活の進め方:友達や家族にとってもらったナチュラルな感じの写真を使う 私はコロナがはやる前までは相席居酒屋や合コンなどを利用していましたが、コロナ流行後はマッチングアプリのwith、Omiai、Pairs(ペアーズ)を使用する婚活に切り替えました。 アプリで出会った方とデートを何度か重ねて、彼の誠実な性格、家族想いなところに惹かれていきました。 「将来のことも見据えて、真剣におつきあいさせてください」と告白され、私も同じ気持ちでしたので、OKさせてもらって、お付き合いが始まり現在に至ります。 婚活がうまくいった秘訣は、アプリですごく加工した写真よりも友達や家族にとってもらったナチュラルな感じの写真を選びました。 あとは写真見られるのは恥ずかしいとは思うのですが、出来る限りしっかり顔が写っているものを選びました。 わたしはWithで彼と出会いましたが、WithですとメンタリストのDaiGoさんが監修してる診断があり、Withが相性の良い相手を選んで紹介してくれる機能もありました。 お相手を選ぶ時に一役買いました。 25歳、女性、会社員、婚活歴3ヶ月• 出会い方:ペアーズとwith、タップルの3つに登録、とにかく出会いの数を増やす!• 婚活の進め方:気が合うと思った人とは電話をするようにした コロナが流行する前まではアプリで連絡を取り合って気の合う方とごはんに行ったりしていましたが、コロナで直接会ってごはんを食べることも難しくなってきたので、その頃連絡を取り始めた方と電話をするようになりました。 回数を重ねるごとにテレビ電話でごはんを食べたりするようになり、2人で外で散歩をしながら話したりしました。 マメに連絡をくれて、実際に会うとなったときもコロナのことをお互いが気にしつつ外で散歩という方法をとってくれたので、信頼できるし同じ価値観の方だと思いました。 その方に告白されたので、OKしようかなと考えています。 うまくいった秘訣は、アプリに複数登録しマメにチェックするようにしたことだと思います。 ペアーズとWITH、タップルの3つに登録しました。 いろんな人と連絡してみないと出会いも増えないので、いいなと思う方からの連絡はとにかくマメに返すようにし、メッセージだけだとあまり相手のことがわからなかったので、気が合うと思った人とは電話をしてみるようにしました。 直接会えない分電話で声を聞いて話して相手のことをもっと知れるように努力しました。 婚活中の方へメッセージ! とにかく出会いの数を増やすことが大事なんじゃないかと思います。 私自身、合う合わないがとても多く、なかなかいい人に出会えませんでしたが、人数たくさん会えばきっと自分と気の合う人はいるはず!ととにかく人と出会い続けました。 たくさんの人がいてそれぞれ性格も違うので、出会いの数を増やしたくさん話してみることで自分の考えや好みの幅も変わってくるんじゃないかなと思います。 実際にいろんな人と話してみて、自分の好みや性格、どんな人とどんな将来お過ごしたいのかなど考えるきっかけにもなったのでおすすめです! LINEのオンライン合コンに参加!その後ビデオ通話で進展あり!(24歳、女性)• 24歳、女性、アパレル、婚活歴1年• 出会い方:LINEのオンライン合コン• 婚活の進め方:合コン後、LINEで連絡を取りビデオ通話 コロナが流行る少し前、今年の初めあたりにそれまで付き合っていた彼に振られました。 年齢的にも結婚するのだろうと思った矢先の出来事でした。 友人に愚痴に付き合ってもらった時に励ましなのか今度合コンをしようと提案してくれましたので、人数も集まり2対2で合コンすることになりましたが、コロナが流行り始め、自粛ムードとなり飲食店が閉まり始めました。 そこで最近はやりのオンラインでの飲み会もといオンライン合コンをしようという流れになりました! オンラインでかかわるためLINEも比較的に早い段階で簡単に交換出来、そのあと男性から頻繁に連絡が来るようになりコロナが落ち着いてから今度は二人でご飯に行く約束をしました。 婚活がうまくいった秘訣は実際に会うのではなくオンラインで会ったというかビデオ通話したことだと思います。 基本的にみんな部屋でビデオ通話するので部屋の中には相手の趣味や好きなものが映り込みます。 ですので付き合いたいと思った相手の趣味を知る、教えてもらうことで一気に親近感が増します。 またお互い部屋にいるので変に緊張したりせずにナチュラルに会話ができます。 またわざわざ日程を調整する必要がなく空いている時間に会える(ビデオ通話)というのと距離を縮めるきっかけになりました。 36歳、女性、在宅ワーク、婚活歴1年• 出会い方:共通の知人が、自分の事を元恋人に話してくれていた• 婚活の進め方:SNSを開いて交流! コロナが流行る前は、自分自身の身の回りで亡くなってしまう方がたくさん居ました。 年齢のこともあり、焦るところもあったのですが、当時は恋愛が出来るような精神年齢ではなくその日その日で精一杯な日々が続きました。 しかし、今年になってようやくその不安定だったものが落ち着き、今後は自分のために行かなければと思った時、 4年前に交際していた人から連絡があり、5月に入り結婚が濃厚になりました。 共通の知人が、私の事を伝えてとても心配してくれていたようです。 それと同時に、守ってあげたい存在になったと言ってくれました。 コロナも重なり、その気持ちが高まったと言って頂き、とてもありがたく思う毎日です。 私がうまくいった秘訣は、SNSを通じて写真うつりを良くして情報交換をしています。 気が向いた時にSNSを開いて、楽しい写真を撮り更に美しく加工して記事をシェアしたりしています。 この情勢だからこそ、前向きに元気に過ごしていきたいがモットーなので、なるべく相手の気持ちに寄り添い、楽しく感じるような雰囲気づくりをネットを通じて展開しています。 私自身、コロナが起きるまではSNSをフルに活用することも無かったのですが、ピンチがチャンスになったようで今はSNSに感謝をしています。 婚活中の方へメッセージ! いつ結婚できるのかな、私は結婚するのかな…と様々な不安を抱えることもあるかと思います。 しかしこの度のコロナウイルスが起きたのがきっかけで、一人一人が、自分をもう一度見つめられているのではないかと思っています。 今無理に動かそうとせず、この情勢が落ち着くまで、 今の自分には何が出来るだろうかと自分に問いかけ、磨きをかけるのもとても有効なのではないかと感じます。 そして、そうやって見つめ直し実践しようと考えている皆さまは、もうすでに以前よりも魅力的なのではないかと感じます。 明けない夜はありません。 【男性】コロナ禍の婚活!うまくいってる人の出会い方と婚活方法! 結婚相談所でオンラインお見合いを希望!自粛中の過ごし方など共通の話題で進展!(32歳、男性)• 32歳、男性、会社員、婚活歴1年• 出会い方:結婚相談所でオンラインお見合いを希望• 婚活の進め方:オンラインお見合い可能な女性と顔を見ながら通話 約1年前から結婚相談所に会員登録し、数名の女性と会ってきましたが関係が進展することはありませんでした。 今年に入り、コロナの影響でお見合いが自粛になり、延期されることが多くなりましたが、いつ再開するのかわからないため、 結婚相談所にオンラインでできないかと話をしたところ、数名の女性からオンラインお見合い可能という返事をいただきました。 最初は話が盛り上がるかどうか抵抗はありましたが、通信が遅れることもなく、相手の雰囲気もわかり、問題はありませんでした。 まだおつきあいには至っていませんが、次回もオンラインで話をすることが決まっています。 実際に会うよりも気軽で移動などに余計な時間を使うことがなく気に入っています。 自分はオンライン婚活に切り替えたことがうまくいった秘訣だと思います。 外出自粛が続いている状況なので実際に会ってデートは難しいですが、最近はオンラインでPC画面を共有できたりするので、実際に会うのとはまた違った楽しみ方ができます。 自宅で何ができるか、何をしているかという話題になり、相手が自宅でしている過ごし方を真似してみたりします。 今は自宅での過ごし方が共通の話題になるので会話に困ることはありません。 非オンラインで婚活をしているときよりもお互いの生活感がわかるので進展は早いと感じます。 23歳、男性、会社員、婚活歴1年• 出会い方:ギフトチャット• 婚活の進め方:実際会って話すのが苦手だったが、スマホでのマメな連絡とビデオ通話で進展! 私はもともと、実際会って話すのが苦手で、会う前にビデオ通話を挟みたいな、と常々思っていたのですが、中々言い出せませんでした。 しかし、今では自然な流れでビデオ通話をするので、私にとっては非常に追い風です。 実際にギフトチャットというアプリで親しくなった方と、今は毎日のようにビデオ通話をしています。 コロナが収まったら会う約束もできました! 自分もそうなのですが、現在は、やはり家で暇をしている方が非常に多いです。 ですので、とにかくマメに連絡を返すのが非常に大切だと思います。 相手も暇な時間が多いですから、たくさんスマホを触る時間があります。 それを上手く利用し、とにかく何度も連絡を重ね、親しくなるというのがうまくいった秘訣だとおもいます。 そして、ある程度親しくなったら通話やビデオ通話をしていくのも欠かせないと思います。 やはり、他の方に負けないようにメールだけで終わらせることがないようにするべきだと思います。 29歳、男性、会社員、婚活歴1年• 出会い方:婚活サイト、マッチングアプリ• 婚活の進め方:オンライン飲み会で共通の話題で盛り上がる! 婚活サイトとマッチングアプリを使い、コロナ流行前に数人の異性とすでに連絡先を交換しており、その延長で好意のある異性と連絡を取り続けています。 直接出会うことが難しくなった今、家にいる時間が増えたことで個々が考える価値観を共有したり、共感できていることがうまくいっている理由といえます。 「あの作品をみた」「あのニュースをみた」などの話題から、それぞれがそれに対して思う考えを教えあうことで新たな魅力に気づくことが多く、お互い誉めあったり指摘したりすることで一層親近感を持ちます。 婚活がうまくいった秘訣は、この状況でもお家にいながらできる項目を実行し、共に楽しむことです。 代表的なものが「オンライン飲み会」ですが、このオンライン飲み会にあやかってコミュニケーション、交流することを主としています。 長いときは夕方頃から夜就寝するまで長期で行うこともあり、常に一緒にいるような感覚で楽しんでいます。 私生活の様子や料理作ってみたや、家にいながらこれチャレンジしてみたなど共感しあえているのがうまくいっている秘訣だと思います!• 25歳、男性、金融業、婚活歴1年• 出会い方:友人の紹介• 婚活の進め方:ビデオ通話や電話で連絡を取る 私は婚活パーティーやマッチングアプリは利用していません。 友人に紹介してもらった女性たちとお見合いをするようにしています。 その中で出会った1人の女性と連絡を取り合うようになったのですが、お互いコロナウイルスの影響で在宅ワークとなりました。 家にいる時間が多くなったので、ビデオ通話や電話で連絡を取る機会が格段に増え、そのおかげでお互いに仲を深めるようになり、付き合うことができるまでに発展しました。 婚活がうまくいった秘訣はコミュニケーションをとる機会が増えたからだと思います。 今、お付き合いしている方以外にもコロナウイルスの影響で在宅ワークとなってから連絡を取る機会がありましたが、外出自粛となると、家で出来ることも限られてくるので自然と電話やビデオ通話をしやすい雰囲気があります。 婚活中の方へメッセージ! まずは行動することが大切だと思います。 現在は外に出て婚活をすることができないので、友人からの紹介がない場合は、マッチングアプリやネットでお見合いをして自分と合う人を探すと良いと思います! 婚活がうまくいっている人の出会い方まとめ!婚活サイトやアプリ情報も ここまで、コロナ流行語も婚活がうまくいっている!という方のお話をまとめてみました! 実際に婚活がうまくいっている方に共通していたことは• オンライン婚活に切り替えた• 出会ったお相手とはビデオ通話などで親しくなっていった• コロナ自粛中でもできる事を考えて適用していった! という点でした! 出会い方の部分では、コロナ自粛中でお見合いや婚活パーティーに行けない分、インターネットを上手く使った婚活方法に切り替えているの方ほど上手くいっているというのが印象的で、 中にはアプリを3つ使って出会いを増やしていたり、メンタリストのDaiGoさん監修の診断で、自分と相性のいいお相手を効率的に探している方もいらっしゃいました。 出会った後の進め方も、ビデオ通話やスマホで連絡を取り合っているようで• 家での過ごし方で盛り上がったり、自然と部屋の中が映るのでそれを話題にしてみる• コロナで自宅にいるので、コミュニケーションをとる機会が増えた• 一般的にマッチングアプリは男性ユーザーが多いですが、ウィズは女性と男性の比率が半々ですので、男性にとっても相性の良い女性と出会える確率が他のアプリよりも高いと思います! 現在、女性は無料で有料会員の機能を使えるようになっており、男性も無料会員と有料会員を選べますので、試しに登録してみて損は無さそうです! 共通点でお相手を探す診断をやってみるだけでも良いと思いますよ! まとめ この記事では• コロナ自粛中に結婚したい人の婚活方法は?• 婚活サイトやアプリなど出会い方まとめ という内容について紹介しました! 最後までご覧いただきいただき、ありがとうございました! ブログをご覧いただきありがとうございます! このサイトの管理人(猫)「好奇心の強いネコ」です。 私自身はとても好奇心の強い性格で、国内・海外問わず旅行に行ったり、いま話題のニュースを調べたりするのが大好きです!^^ ただその一方で、最近は 友達とのLINEや 職場の飲み会などで 「何を話したらいいかわからない…」という悩みを抱えている人が多い事にも気付きました。 なので、このブログでは 盛り上がる話題をテーマに、多くの人が気になる芸能ネタやスポーツ、大きなイベント、交通情報などなど。 いま一番旬の話題についてランダムに更新していきます! このサイトを見ればあなたも「話のネタが多い人」になれるかも…?.

次の