コールスロー レシピ。 きのう何食べた?コールスローのレシピ・作り方まとめ!(第3話4月20日放送)|Shiro labo

【ケンタッキー】あのコールスローを自宅で再現!たっぷり食べよ♪

コールスロー レシピ

まずは検証! ケンタッキーのコールスローは何でできている? 紙カップ入りのSサイズ(220円)のほかに、プラ容器入りのMサイズ(260円)もあります。 とりあえずたっぷり食べたい人はMがおすすめですね。 Sの方が見た目がカワイイけど。 の説明によると、このコールスローは、「みじん切りにしたキャベツ、ニンジンをタマネギ風味が加わったコールスロードレッシングに漬け込んだサラダです。 」とのこと。 というわけで、具材はキャベツとニンジンで、ドレッシングにタマネギが使われていることは確実。 商品パッケージの原材料名をみると、キャベツ(国産)、半固体状ドレッシング、にんじん、以下、増粘剤、調味料などとなっているので、キャベツとニンジンの割合ではかなりキャベツが多そうです。 <検証1>野菜とドレッシングの割合 コールスロー50gをざるに入れてよく振って遠心分離的にドレッシングを取り除いて重量を比較。 左:コールスロー50g 右:ドレッシングを除いたもの30g 偶然、キリのよい数字になりました。 もちろん正確ではありませんが、野菜とドレッシングの大体のバランスはこんなところかと。 <検証2>キャベツとニンジンの割合 みじん切りにしたキャベツ100gにみじん切りにしたニンジンを1gずつ混ぜて目視で比較していく。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:キャベツ10:ニンジン1の割合で混ぜたもの ということで、キャベツとニンジンの割合は10:1程度のようです。 もっとニンジンが入ってると思っていましたが、意外に少ないですね。 <検証3>ドレッシングの味 一般のコールスローレシピを参考に4パターンの味付けで作って比較。 ケンタッキーのコールスローをドレッシングに注意して食べてみると、マヨネーズベースながらミルキーな味がして甘みもかなり入っているようです。 辛いのはタマネギの辛みのようでスパイスはそんなに入っていない感じ。 またミルキーではあるけれど脂肪分はそれほど感じないので、生クリームよりも牛乳かヨーグルトのようなものを使っている? 料理サイトで調べると、練乳やすし酢を使うというレシピも発見。 特筆すべきは「甘み」。 この結果を基にして、再現レシピでは、AとCを合体させ、辛みがタマネギだけではちょっと足りないので洋辛子をほんの少し、香辛料として白コショウ少々とクレージーソルトごく少量を足すことに決定。 ケンタッキーのコールスローを再現するためのレシピ タマネギはすりおろしてドレッシングに入れてもよいのですが、キャベツやニンジンと一緒に塩もみして脱水するというより簡単な方法を採用しています。 <作り方> 1. キャベツとタマネギをみじん切りにする(みじん切りの大きさはケンタッキーのものと同じくらいに。 フードプロセッサーを使うと便利)。 タマネギをできるだけ細かくみじん切りにする。 (1)と(2)を合わせてボウルに入れて塩を加え、全体によく混ぜたら水を加えてさらに混ぜ、冷蔵庫で10~30分冷やす。 写真のように水が出てくる。 野菜の水気をしっかり絞る。 ドレッシングの材料をあらかじめ混ぜ合わせておき、水気を絞った野菜に加えてよく混ぜる。 冷蔵庫でしっかり冷やして完成。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:再現レシピで作ったコールスロー 見た目もほとんど変わりません。 ケンタッキー風のコールスロー、たくさん作って、たっぷり食べよう! なんといっても自作すればお財布にやさしいし、好きなだけ食べられるのがうれしい限り。 糖質やカロリーが気になる人は、砂糖の代替甘味料を使ったり、低カロリータイプのマヨネーズを使っても。 ケンタッキー風のコールスローは、サラダとして食べるほか、サンドイッチの具にしたり、ムニエルなどのメインディッシュのソース代わりにもなります。 盛り付けに工夫すればこんな一品にも。 ぜひ作ってみてくださいね!.

次の

きのう何食べた?コールスローのレシピ・作り方まとめ!(第3話4月20日放送)|Shiro labo

コールスロー レシピ

まずは検証! ケンタッキーのコールスローは何でできている? 紙カップ入りのSサイズ(220円)のほかに、プラ容器入りのMサイズ(260円)もあります。 とりあえずたっぷり食べたい人はMがおすすめですね。 Sの方が見た目がカワイイけど。 の説明によると、このコールスローは、「みじん切りにしたキャベツ、ニンジンをタマネギ風味が加わったコールスロードレッシングに漬け込んだサラダです。 」とのこと。 というわけで、具材はキャベツとニンジンで、ドレッシングにタマネギが使われていることは確実。 商品パッケージの原材料名をみると、キャベツ(国産)、半固体状ドレッシング、にんじん、以下、増粘剤、調味料などとなっているので、キャベツとニンジンの割合ではかなりキャベツが多そうです。 <検証1>野菜とドレッシングの割合 コールスロー50gをざるに入れてよく振って遠心分離的にドレッシングを取り除いて重量を比較。 左:コールスロー50g 右:ドレッシングを除いたもの30g 偶然、キリのよい数字になりました。 もちろん正確ではありませんが、野菜とドレッシングの大体のバランスはこんなところかと。 <検証2>キャベツとニンジンの割合 みじん切りにしたキャベツ100gにみじん切りにしたニンジンを1gずつ混ぜて目視で比較していく。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:キャベツ10:ニンジン1の割合で混ぜたもの ということで、キャベツとニンジンの割合は10:1程度のようです。 もっとニンジンが入ってると思っていましたが、意外に少ないですね。 <検証3>ドレッシングの味 一般のコールスローレシピを参考に4パターンの味付けで作って比較。 ケンタッキーのコールスローをドレッシングに注意して食べてみると、マヨネーズベースながらミルキーな味がして甘みもかなり入っているようです。 辛いのはタマネギの辛みのようでスパイスはそんなに入っていない感じ。 またミルキーではあるけれど脂肪分はそれほど感じないので、生クリームよりも牛乳かヨーグルトのようなものを使っている? 料理サイトで調べると、練乳やすし酢を使うというレシピも発見。 特筆すべきは「甘み」。 この結果を基にして、再現レシピでは、AとCを合体させ、辛みがタマネギだけではちょっと足りないので洋辛子をほんの少し、香辛料として白コショウ少々とクレージーソルトごく少量を足すことに決定。 ケンタッキーのコールスローを再現するためのレシピ タマネギはすりおろしてドレッシングに入れてもよいのですが、キャベツやニンジンと一緒に塩もみして脱水するというより簡単な方法を採用しています。 <作り方> 1. キャベツとタマネギをみじん切りにする(みじん切りの大きさはケンタッキーのものと同じくらいに。 フードプロセッサーを使うと便利)。 タマネギをできるだけ細かくみじん切りにする。 (1)と(2)を合わせてボウルに入れて塩を加え、全体によく混ぜたら水を加えてさらに混ぜ、冷蔵庫で10~30分冷やす。 写真のように水が出てくる。 野菜の水気をしっかり絞る。 ドレッシングの材料をあらかじめ混ぜ合わせておき、水気を絞った野菜に加えてよく混ぜる。 冷蔵庫でしっかり冷やして完成。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:再現レシピで作ったコールスロー 見た目もほとんど変わりません。 ケンタッキー風のコールスロー、たくさん作って、たっぷり食べよう! なんといっても自作すればお財布にやさしいし、好きなだけ食べられるのがうれしい限り。 糖質やカロリーが気になる人は、砂糖の代替甘味料を使ったり、低カロリータイプのマヨネーズを使っても。 ケンタッキー風のコールスローは、サラダとして食べるほか、サンドイッチの具にしたり、ムニエルなどのメインディッシュのソース代わりにもなります。 盛り付けに工夫すればこんな一品にも。 ぜひ作ってみてくださいね!.

次の

【ケンタッキー】あのコールスローを自宅で再現!たっぷり食べよ♪

コールスロー レシピ

まずは検証! ケンタッキーのコールスローは何でできている? 紙カップ入りのSサイズ(220円)のほかに、プラ容器入りのMサイズ(260円)もあります。 とりあえずたっぷり食べたい人はMがおすすめですね。 Sの方が見た目がカワイイけど。 の説明によると、このコールスローは、「みじん切りにしたキャベツ、ニンジンをタマネギ風味が加わったコールスロードレッシングに漬け込んだサラダです。 」とのこと。 というわけで、具材はキャベツとニンジンで、ドレッシングにタマネギが使われていることは確実。 商品パッケージの原材料名をみると、キャベツ(国産)、半固体状ドレッシング、にんじん、以下、増粘剤、調味料などとなっているので、キャベツとニンジンの割合ではかなりキャベツが多そうです。 <検証1>野菜とドレッシングの割合 コールスロー50gをざるに入れてよく振って遠心分離的にドレッシングを取り除いて重量を比較。 左:コールスロー50g 右:ドレッシングを除いたもの30g 偶然、キリのよい数字になりました。 もちろん正確ではありませんが、野菜とドレッシングの大体のバランスはこんなところかと。 <検証2>キャベツとニンジンの割合 みじん切りにしたキャベツ100gにみじん切りにしたニンジンを1gずつ混ぜて目視で比較していく。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:キャベツ10:ニンジン1の割合で混ぜたもの ということで、キャベツとニンジンの割合は10:1程度のようです。 もっとニンジンが入ってると思っていましたが、意外に少ないですね。 <検証3>ドレッシングの味 一般のコールスローレシピを参考に4パターンの味付けで作って比較。 ケンタッキーのコールスローをドレッシングに注意して食べてみると、マヨネーズベースながらミルキーな味がして甘みもかなり入っているようです。 辛いのはタマネギの辛みのようでスパイスはそんなに入っていない感じ。 またミルキーではあるけれど脂肪分はそれほど感じないので、生クリームよりも牛乳かヨーグルトのようなものを使っている? 料理サイトで調べると、練乳やすし酢を使うというレシピも発見。 特筆すべきは「甘み」。 この結果を基にして、再現レシピでは、AとCを合体させ、辛みがタマネギだけではちょっと足りないので洋辛子をほんの少し、香辛料として白コショウ少々とクレージーソルトごく少量を足すことに決定。 ケンタッキーのコールスローを再現するためのレシピ タマネギはすりおろしてドレッシングに入れてもよいのですが、キャベツやニンジンと一緒に塩もみして脱水するというより簡単な方法を採用しています。 <作り方> 1. キャベツとタマネギをみじん切りにする(みじん切りの大きさはケンタッキーのものと同じくらいに。 フードプロセッサーを使うと便利)。 タマネギをできるだけ細かくみじん切りにする。 (1)と(2)を合わせてボウルに入れて塩を加え、全体によく混ぜたら水を加えてさらに混ぜ、冷蔵庫で10~30分冷やす。 写真のように水が出てくる。 野菜の水気をしっかり絞る。 ドレッシングの材料をあらかじめ混ぜ合わせておき、水気を絞った野菜に加えてよく混ぜる。 冷蔵庫でしっかり冷やして完成。 左:ケンタッキーのコールスロー 右:再現レシピで作ったコールスロー 見た目もほとんど変わりません。 ケンタッキー風のコールスロー、たくさん作って、たっぷり食べよう! なんといっても自作すればお財布にやさしいし、好きなだけ食べられるのがうれしい限り。 糖質やカロリーが気になる人は、砂糖の代替甘味料を使ったり、低カロリータイプのマヨネーズを使っても。 ケンタッキー風のコールスローは、サラダとして食べるほか、サンドイッチの具にしたり、ムニエルなどのメインディッシュのソース代わりにもなります。 盛り付けに工夫すればこんな一品にも。 ぜひ作ってみてくださいね!.

次の