新幹線 乗車 券。 新幹線の「乗車券と特急券」2枚なのは何故?改札ではどうする?

新幹線の切符の買い方を徹底解説!当日の購入&安く買う方法も

新幹線 乗車 券

新幹線は乗車券や特急券のみで乗れるの? 新幹線に乗る時っていうのは、普通に乗車券と特急券の2枚の切符を出していますよね そこで、乗車券のみや特急券のみでも新幹線に乗ることはできるのかな? って思うこともありますよね。 しかし、新幹線は 乗車券のみや特急券のみなど1枚だけの切符では乗ることができません なので、乗車券だけ持って新幹線に乗ってから特急券を買おうと思っても改札口を通ることができないので注意してください。 乗車券には、乗車券の役割がありますし 特急券には、特急券の役割がしっかりとあって 必ず、新幹線に乗る時は、 乗車券と特急券の2枚の切符が必要になってきます。 新幹線の切符の買い方や空いている券売機で買うやり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。 乗車券は、普通に電車賃で、乗る駅から降りる駅までにかかる切符代って感じです。 特急券は、新幹線を使うことによって、それだけ普通の電車よりも早く目的地に着くことができますよね。 その新幹線を使って時間を早くしている料金です。 特急券の料金は指定席や時期で違う 乗車券と特急券のそれぞれの役割については、わかってもらえたと思います。 そして、乗車券は目的地までかかる電車賃なので 距離によってだけ料金が変わります。 しかし、特急券には座席の料金も含まれてくるので、自由席の場合と指定席の場合では料金が違ってきます。 指定席と自由席の料金の違いは、基本的には530円です。 ただし、距離や時期などによって金額が違ってきます。 更に、時期によっても料金が違ってきます。 閑散期の場合は、普通の時と比べて 200円ほど 少し料金が安くなります。 逆に、みんなが多く新幹線を使う繁盛記は、普通の時と比べて 200円ほど 少し料金が高くなります。 新幹線の切符はいつから買うことができるのか?少しでも早く予約できる便利な事前予約の方法などについては、コチラの記事に書いてあります。 そして、新幹線の乗車券と特急券では、それぞれ有効期限が違ってきます。 乗車券の場合は、 1日~6日間の有効期限がある 特急券の場合は、 当日のみの有効期限です。 特急券は、指定席特急券も自由席特急券もどちらの有効期限も同じで当日のみです。 乗車券の有効期限の日数の違い 乗車券の有効期限が1日~6日間ということは、わかってもらえたと思います。 そこで、有効期限の1~6日間という日数の違いは何かっていうと 新幹線を使用する距離によって違ってきます。 ・100km以下の場合の乗車券の有効期限は1日 ・200km以下の場合の乗車券の有効期限は2日 ・400km以下の場合の乗車券の有効期間は3日 のように新幹線を使う距離によって有効期限の期間が変わってきます。 これは片道分の距離による有効期限なので、往復切符の場合は有効期限が2倍になります。 新幹線の切符を変更したい時のやり方や注意しなくてはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。 新幹線に乗る時は、乗車券のみや特急券のみでは乗ることはできません 必ず乗車券と特急券の両方の切符が必要です。 乗車券は、目的地まで電車に乗る電車賃 特急券は、目的地まで早く着く為の新幹線を使う料金 っていうそれぞれの役割があります。 乗車券の有効期限は新幹線を利用する距離によって、有効期限が違ってきます。 特急券の有効期限は指定席特急券も自由席特急券も当日のみです。 新幹線に乗り遅れてしまった時の対処法については、コチラの記事に書いてあります。

次の

JR・新幹線+宿泊セットプランを初めて検討される方へ【日本旅行】新幹線往復チケットと宿泊がセットになったお得な格安予約

新幹線 乗車 券

新幹線は乗車券や特急券のみで乗れるの? 新幹線に乗る時っていうのは、普通に乗車券と特急券の2枚の切符を出していますよね そこで、乗車券のみや特急券のみでも新幹線に乗ることはできるのかな? って思うこともありますよね。 しかし、新幹線は 乗車券のみや特急券のみなど1枚だけの切符では乗ることができません なので、乗車券だけ持って新幹線に乗ってから特急券を買おうと思っても改札口を通ることができないので注意してください。 乗車券には、乗車券の役割がありますし 特急券には、特急券の役割がしっかりとあって 必ず、新幹線に乗る時は、 乗車券と特急券の2枚の切符が必要になってきます。 新幹線の切符の買い方や空いている券売機で買うやり方などについては、コチラの記事に詳しく書いてあります。 乗車券は、普通に電車賃で、乗る駅から降りる駅までにかかる切符代って感じです。 特急券は、新幹線を使うことによって、それだけ普通の電車よりも早く目的地に着くことができますよね。 その新幹線を使って時間を早くしている料金です。 特急券の料金は指定席や時期で違う 乗車券と特急券のそれぞれの役割については、わかってもらえたと思います。 そして、乗車券は目的地までかかる電車賃なので 距離によってだけ料金が変わります。 しかし、特急券には座席の料金も含まれてくるので、自由席の場合と指定席の場合では料金が違ってきます。 指定席と自由席の料金の違いは、基本的には530円です。 ただし、距離や時期などによって金額が違ってきます。 更に、時期によっても料金が違ってきます。 閑散期の場合は、普通の時と比べて 200円ほど 少し料金が安くなります。 逆に、みんなが多く新幹線を使う繁盛記は、普通の時と比べて 200円ほど 少し料金が高くなります。 新幹線の切符はいつから買うことができるのか?少しでも早く予約できる便利な事前予約の方法などについては、コチラの記事に書いてあります。 そして、新幹線の乗車券と特急券では、それぞれ有効期限が違ってきます。 乗車券の場合は、 1日~6日間の有効期限がある 特急券の場合は、 当日のみの有効期限です。 特急券は、指定席特急券も自由席特急券もどちらの有効期限も同じで当日のみです。 乗車券の有効期限の日数の違い 乗車券の有効期限が1日~6日間ということは、わかってもらえたと思います。 そこで、有効期限の1~6日間という日数の違いは何かっていうと 新幹線を使用する距離によって違ってきます。 ・100km以下の場合の乗車券の有効期限は1日 ・200km以下の場合の乗車券の有効期限は2日 ・400km以下の場合の乗車券の有効期間は3日 のように新幹線を使う距離によって有効期限の期間が変わってきます。 これは片道分の距離による有効期限なので、往復切符の場合は有効期限が2倍になります。 新幹線の切符を変更したい時のやり方や注意しなくてはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。 新幹線に乗る時は、乗車券のみや特急券のみでは乗ることはできません 必ず乗車券と特急券の両方の切符が必要です。 乗車券は、目的地まで電車に乗る電車賃 特急券は、目的地まで早く着く為の新幹線を使う料金 っていうそれぞれの役割があります。 乗車券の有効期限は新幹線を利用する距離によって、有効期限が違ってきます。 特急券の有効期限は指定席特急券も自由席特急券も当日のみです。 新幹線に乗り遅れてしまった時の対処法については、コチラの記事に書いてあります。

次の

新幹線往復割引きっぷの購入前に!※最も格安な往復方法です。

新幹線 乗車 券

片道601キロ以上の区間で 往復分の乗車券を同時に購入• 乗車当日にも購入可能• 通年で割引適用• 普通車指定席・自由席・グリーン車の全て乗車可 往復割引の距離は601キロ以上 まず、往復割引の条件の1つに、乗車区間の距離があります。 往復割引になるのは、片道の営業キロ数が 601キロ以上の区間での往復のみ。 この601キロ以上の区間の 乗車券を往復分同時に購入すると割引になります。 参考 例えば、東京-新神戸間の距離は589. 5キロなので、往復分の乗車券を同時に購入しても往復割引にはなりません。 しかし、片道約644キロある東京-姫路なら往復割引になります。 MEMOなお、新幹線の乗車区間の距離が600キロ以下でも、前後に利用する在来線の距離を合わせて601キロ以上であれば往復割引は適用されます。 例えば、千葉から新神戸までの距離は627. 8キロなので、この区間の往復分の乗車券を同時に買えば、往復割引になります。 割引になるのは「乗車券」の1割!特急券は? 往復割引で割引になるのは 乗車券のみで、割引率は 1割引。 新幹線のきっぷは乗車券+特急券で構成されますが、このうち割引の対象は乗車券のみ。 例えば、新横浜-広島なら、乗車券11,550円が往復割引で1割引になり10,390円に。 往復割引では特急券は割引になりませんので、普通車でもグリーン車でも自由席でも、 どの座席に乗っても割引額は同じです。 往復割引料金の計算方法 往復割引が適用されたきっぷの料金は以下のように計算します。 9(1円単位の端数切り捨て)+特急券料金=往復割引の片道料金 乗車券と特急券の料金は、などで出発地・到着地を入力すれば調べることができますので、往復割引適用時の新幹線料金は簡単に計算することができます。 なお、東海道・山陽新幹線の区間であれば、を使って同じように発駅・着駅を選択すると、往復割引適用時の料金を簡単にチェックすることができます。 区間別の料金 次に、往復割引が利用できる区間の具体例と、区間別の割引額をご紹介しましょう。 安くなるのは片道で1,000円前後、往復でも2,000円~3,000円程度です。 なお、 新幹線ホテルパックを利用すれば、 東京-岡山・広島なら約11,000円、東京-博多なら約17,000円、博多-新大阪でも約10,000円安くなります。 有効期間は乗車する距離によって違い、往復割引が適用になる601キロ~800キロは5日間、801キロから1,000キロまでは6日間と決められています。 (1,001キロ以上は200キロごとに1日加算) そして、往復乗車券の有効期間はその 2倍。 800キロまでは10日間、1,000キロまでは12日間です。 東京-岡山は732. 9キロなので、往復乗車券の有効期間は10日。 東京-広島なら894. 2キロなので、往復乗車券の有効期間は12日間です。 参考 そして、乗車券は 出発当日でも購入することができます。 指定席特急券の購入を急ぐ場合、1ヶ月前から購入することも可能です。 ただし、乗車券には有効期間がありますので、あまりにも長い旅行や出張の時には有効期間を確認して購入しましょう。 往復割引きっぷの購入方法(買い方) 往復割引の切符は、どのように購入すればいいのでしょうか? まず、往復割引きっぷは 往復同じ区間でのきっぷ購入が条件です。 片道601キロ以上の区間の乗車券を、往復分同時に購入した時に割引が適用されます。 同じ区間を往復する時でも、最初に往復分の乗車券を買わないと割引になりません。 なお、新幹線の乗車に必要な 特急券は同時に買っても別で買っても構いません。 指定席・自由席・グリーン車などの特急券は、行きの分と帰りの分を分けて買うこともできますので、先に「往復乗車券と行きの特急券」を購入し、帰りの列車に乗る前に帰りの特急券を購入しても問題はありません。 きっぷの購入場所は券売機でもネット予約でもOK 新幹線の往復割引きっぷを購入できるのは、 駅の窓口や旅行会社の窓口。 新幹線の通常きっぷが購入できる場所なら間違いなく購入することができます。 そして、JR東日本の「」やJR西日本の「」などを利用してネットで往復割引乗車券を購入することもできます。 また、後ほどご紹介しますが、東海道・山陽新幹線はエクスプレス予約・スマートEXで「往復割引」商品をネット予約することができます。 あくまでも、必要なのは 往復分の乗車券を同時に購入すること。 券売機でもきっぷは購入できますが、距離の条件を満たせば往復割引になるので、必ず往復分の乗車券を同時に購入しましょう。 乗継ぎ・乗り換えのある切符の購入方法 新幹線と在来線特急を乗り継いで移動する区間があります。 例えば、東京から松山へ行く場合、岡山まで新幹線を利用し、岡山から在来線特急を利用します。 この時、乗車券は新幹線と在来線区間は同時に往復分購入すればよく、新幹線・在来線を切り離して購入する必要はありません。 東京-松山なら、別々で購入すると岡山-松山は往復割引の適用にはなりませんが、東京-松山分の乗車券を同時に購入してしまえば、その全区間分が往復割引の対象です。 往復割引きっぷの使い方は? 往復分の乗車券さえ購入していれば、特急券を往復分同時に買っても問題ありません。 帰りの列車の時間が決まらない時には、帰り分の特急券は後で買っても問題ありません。 もし、事前に往復分の乗車券・特急券を買っている場合、行きには行きの乗車券・特急券を使い、帰りには帰りの乗車券・特急券を使います。 きっぷの発駅・着駅を確認して改札へ通しましょう。 途中下車・乗車も可能 往復割引は他の格安なきっぷとは違い、途中下車・途中乗車も可能です。 例えば、仙台から京都へ行く時、仙台-京都間の乗車券があれば、一度東京で降りて宿泊し、翌日その乗車券を再度利用することも可能。 広島から東京へ行く時、一度京都で降りて観光に行くこともできます。 ただし、この場合、特急券は途中下車後には無効になってしまいますので、広島-京都、京都-東京と分けて購入しましょう。 以上が、往復割引きっぷの買い方・使い方を含む基本です。 新幹線が割引になる!往復割引きっぷの活用法 往復割引を利用すると、乗車券のみ1割引になります。 これはどの区間でも、どの列車・座席の乗っても同じです。 しかし、 往復割引を使いながら、さらに料金を安くする方法が4つあります。 利用できる方は、往復割引乗車券を購入するよりもこれを使った方がお得です! (1)スマートEXサービス(往復割引) 東海道・山陽新幹線は、を使って座席を予約することができます。 普通に片道分を予約すれば、通常きっぷの料金より200円安くなります。 このスマートEXには「スマートEXサービス(往復割引)」というきっぷがあり、片道601キロ以上の区間で往復分を同時に予約すると、料金は往復割引乗車券を駅で購入した金額よりさらに片道200円安くなります。 例えば、東京-広島の普通車指定席通常きっぷの料金は片道19,440円です。 これが往復割引乗車券を使うと、片道18,250円になります。 しかし、「スマートEXサービス(往復割引)」なら片道料金は18,050円です。 (2)EX予約サービス(往復割引) 東海道・山陽新幹線では、もう一つを利用することができます。 例えば、東京-広島なら片道料金は17,990円なので、往復割引乗車券よりも安いです。 さらに、エクスプレス予約にも「EX予約サービス(往復割引)」というきっぷがあり、同じように往復割引が使える区間で往復分を同時予約するとさらに料金は安くなります。 これを利用すると、東京-広島の片道料金は16,600円になります。 (3)学割と併用(学生のみ) 学生に限っては、新幹線でを利用することもできます。 片道601キロ以上の区間であれば、両方の条件を満たせば併用が可能。 乗車券の料金は、 往復割引で1割引、さらに学割で2割引になります。 東京-広島なら片道料金は16,110円なので、EX予約サービス(往復割引)より安いです。 さらに、学生であれば、次にご紹介する割引料金の特急券(e特急券)を利用するとお得! この区間の片道料金は14,660円まで安くなります。 (4)割引料金の特急券 往復割引で割引になるのは乗車券だけですが、特急券を安く購入すれば、乗車券・特急券の両方が安くなります。 このような安い特急券を購入するには、エクスプレス予約・e5489・JR九州インターネット列車予約などの会員で、特定クレジットカードの会員である必要がありますが、間違いなく料金は安くすることができます。 例えば、熊本から新大阪へ行くなら、通常きっぷの料金は片道19,200円です。 この料金は、往復割引乗車券を利用すれば、片道料金は18,200円です。 しかし、割引料金の特急券「eきっぷ」を購入すると、片道料金は15,990円。 さらに、3日前までに購入する「e早特」を使うと、片道15,080円になります。 東海道・山陽新幹線の場合、エクスプレス予約会員なら「e特急券」で同じことができますが、学割を使う学生以外は「EX予約サービス(往復割引)」の方が料金は安いです。 なお、東北・北海道・秋田新幹線には、このような特急券単体で安くなるきっぷはありませんので、この方法を使うことはできません。 このような4つの方法で、往復割引乗車券の料金はさらに安くすることができます。 ところが、 この 往復割引の活用法よりも さらに安い往復方法があるのです。 往復割引より格安な往復方法とは? 往復割引で乗車券が1割引になり、さらにそれを安くする方法をご紹介しました。 しかし、区間によっては、これよりも安い方法がありますので、実際の料金を比較しながらご紹介しましょう! 回数券の方が往復割引より安い 往復割引が利用できる区間に回数券がある場合、 基本的には回数券の方が安いです。 例えば、東京-広島なら往復割引は18,250円ですが、回数券は1枚18,030円。 わずかに回数券の方が安いですが、回数券は年末年始・GW・お盆は使えません。 早割の方が安い! 往復割引を活用するよりも、基本的に 早割の方が料金は安いです。 例えば、東京-広島で「EX予約サービス(往復割引)」を使うと片道料金は16,600円。 しかし、この区間では、エクスプレス予約・スマートEXの「EX早特」なら平日16,190円、土休日15,790円とさらに安いです。 そして、もっと安いのが「EX早特21」で片道料金は14,260円。 これは東海道・山陽新幹線に限らず、他の新幹線でも同じ。 東北・北海道・秋田新幹線でも、「お先にトクだ値」など早割を利用した方が安いです。 宿泊するなら新幹線パックはもっと安い! 往復割引の適用区間は、新幹線でも片道約3時間、往復6時間以上。 日帰りする方もいるかもしれませんが、多くの方は宿泊するでしょう。 そんな時には、 往復割引や早割よりも、 さらに安いのが新幹線ホテルパック。 例えば、東京-広島を最も安いEX早特21で往復し、1泊6,300円で宿泊します。 この1泊2日の往復+宿泊の合計料金は34,820円です。 ところが、これと同じ新幹線・ホテルをパックで予約すると、往復+1泊の合計料金は32,900円。 宿泊費を除いた新幹線の片道料金は、実質13,300円と超格安です!.

次の