品川 区 ハザード マップ。 品川区における津波浸水想定について|品川区

洪水ハザードマップ

品川 区 ハザード マップ

建物倒壊・火災のハザードマップ 地域危険度は、東京都都市整備局がまとめています。 地域危険度とは、建物倒壊、火災発生・延焼、避難・消火・救助等の困難さを考慮した危険度です。 山手線の北東エリアで荒川の流域がひときわ大きい赤いエリアとなっています。 足立区と葛飾区は建物倒壊のリスクの高いエリアといえるでしょう。 逆に皇居のある千代田区、赤坂御所のある港区、明治神宮のある渋谷区は緑地が広くあるためか、倒壊リスクの低いエリアとなっています。 洪水・浸水のハザードマップ 洪水浸水想定区域は、国土交通省がまとめています。 これをみると、隅田川、中川、荒川、江戸川が流れるエリアであり、 山手線・京浜東北線の東側のほぼ全域と、北区、板橋区の一部までが洪水リスクの高いエリアです。 また多摩川付近も洪水リスクが高いことがわかります。 ピンクのエリアは隅田川と荒川が並走しているところの狭間で、埼玉県の朝霞市まで伸びていることがわかります。 特に、北千住、南千住、五反野あたりは洪水リスクの高いエリアが広く、洪水時の対策は常日頃からしておきたいところです。 液状化のハザードマップ 東京都建設局が液状化予測をまとめています。 荒川の東に位置する足立区、葛飾区、江戸川区に液状化リスクの高いピンクエリアが広く分布しており、 大田区もまた全域にわかり液状化リスクの高いピンクエリアとなっています。 また、山手線よりも西側は液状化の心配はなさそうです。 火災に強い地域「地区内残留地区」とは? 東京都都市整備局によると、地区内残留地区は、地区の不燃化が進んでおり、万が一火災が発生しても、地区内に大規模な延焼火災の恐れがなく、広域的な避難を要しない区域として、平成25年5月現在で34ヵ所、約100k指定しています。 千代田区全域と湾岸エリアは非常に火災に強い地域だとわかります。 おまけ:川崎市は土砂崩れのリスクが高かった 国土交通省がまとめている土砂災害警戒区域によると、東京23区はどの区でも土砂災害のリスクが低く、川崎市全域が土砂災害リスクの高いエリアだとわかります。 大きな地震が起きたときの主な避難所まとめ 中央区・港区の主な避難所 ・浜離宮(中央区) ・晴海地区(中央区) ・芝公園・慶応大学一帯戸(港区) 新宿区・中野区の主な避難所 ・新宿御苑(新宿区) ・新宿中央公園一帯(新宿区) ・戸山公園一帯(新宿区) ・中野区役所一帯(中野区) 渋谷区・世田谷区の主な避難所 ・明治神宮外苑地区(渋谷区) ・駒場東大・駒場野公園一帯(渋谷区) ・明治神宮・代々木公園一帯(渋谷区) ・駒沢オリンピック公園一帯(世田谷区) 千代田区・文京区・台東区の主な避難所 ・御茶ノ水女子大学一帯(千代田区) ・後楽園一帯(文京区) ・上野公園一帯(台東区) 豊島区・板橋区・北区の主な避難所 ・桐ヶ丘・赤羽台・西が丘地区(北区) ・十条台・北区中央公園一帯(北区) ・公社向原住宅一帯(豊島区) ・城北中央公園一帯(豊島区) ・豊島区立総合体育場一帯(豊島区) 隅田区・江東区・江戸川区区の主な避難所 ・亀戸・大島・小松川地区(墨田区) ・両国地区(墨田区) ・辰巳団地・潮見運動公園一帯(江東区) ・猿江恩玉公園一帯(江東区) ・清澄庭園(江東区) ・江戸川南部一帯(江戸川区) ・新小岩公園・平井大場地区(江戸川区) 荒川区・葛飾区・足立区の主な避難所 ・JR田端・尾久操車場(荒川区) ・白髭西地区(荒川区) ・中川公園・大谷田団地一帯(葛飾区) ・江北平成公園一帯(足立区) 目黒区・品川区の主な避難所 ・東京工業大学(目黒区) ・大井埠頭一帯(品川区) ・林試の森公園(目黒区) ・恵比寿ガーデンプレイス(目黒区) 参考商品• 人気記事• 264,201件のビュー• 121,000件のビュー• 100,027件のビュー• 71,300件のビュー• 57,100件のビュー• 43,602件のビュー• 39,700件のビュー• 37,900件のビュー• 34,100件のビュー• 33,700件のビュー• 27,800件のビュー• 27,800件のビュー• 22,700件のビュー• 20,700件のビュー• 18,200件のビュー• 17,200件のビュー• 15,500件のビュー• 15,400件のビュー• 11,902件のビュー• 11,400件のビュー• 10,600件のビュー• 9,301件のビュー• 8,800件のビュー• 8,500件のビュー• 8,300件のビュー• 8,000件のビュー• 7,225件のビュー• 6,301件のビュー• 5,703件のビュー• 5,700件のビュー• 5,300件のビュー• 5,300件のビュー• 5,200件のビュー• 4,900件のビュー• 4,400件のビュー• 4,400件のビュー• 4,200件のビュー• 4,200件のビュー• 4,000件のビュー• 3,901件のビュー• 3,800件のビュー• 3,600件のビュー• 3,500件のビュー• 3,307件のビュー• 3,202件のビュー• 3,200件のビュー• 3,200件のビュー• 3,100件のビュー• 3,100件のビュー• 3,100件のビュー タグ.

次の

東京都品川区の防災ハザードマップ住所一覧

品川 区 ハザード マップ

建物倒壊・火災のハザードマップ 地域危険度は、東京都都市整備局がまとめています。 地域危険度とは、建物倒壊、火災発生・延焼、避難・消火・救助等の困難さを考慮した危険度です。 山手線の北東エリアで荒川の流域がひときわ大きい赤いエリアとなっています。 足立区と葛飾区は建物倒壊のリスクの高いエリアといえるでしょう。 逆に皇居のある千代田区、赤坂御所のある港区、明治神宮のある渋谷区は緑地が広くあるためか、倒壊リスクの低いエリアとなっています。 洪水・浸水のハザードマップ 洪水浸水想定区域は、国土交通省がまとめています。 これをみると、隅田川、中川、荒川、江戸川が流れるエリアであり、 山手線・京浜東北線の東側のほぼ全域と、北区、板橋区の一部までが洪水リスクの高いエリアです。 また多摩川付近も洪水リスクが高いことがわかります。 ピンクのエリアは隅田川と荒川が並走しているところの狭間で、埼玉県の朝霞市まで伸びていることがわかります。 特に、北千住、南千住、五反野あたりは洪水リスクの高いエリアが広く、洪水時の対策は常日頃からしておきたいところです。 液状化のハザードマップ 東京都建設局が液状化予測をまとめています。 荒川の東に位置する足立区、葛飾区、江戸川区に液状化リスクの高いピンクエリアが広く分布しており、 大田区もまた全域にわかり液状化リスクの高いピンクエリアとなっています。 また、山手線よりも西側は液状化の心配はなさそうです。 火災に強い地域「地区内残留地区」とは? 東京都都市整備局によると、地区内残留地区は、地区の不燃化が進んでおり、万が一火災が発生しても、地区内に大規模な延焼火災の恐れがなく、広域的な避難を要しない区域として、平成25年5月現在で34ヵ所、約100k指定しています。 千代田区全域と湾岸エリアは非常に火災に強い地域だとわかります。 おまけ:川崎市は土砂崩れのリスクが高かった 国土交通省がまとめている土砂災害警戒区域によると、東京23区はどの区でも土砂災害のリスクが低く、川崎市全域が土砂災害リスクの高いエリアだとわかります。 大きな地震が起きたときの主な避難所まとめ 中央区・港区の主な避難所 ・浜離宮(中央区) ・晴海地区(中央区) ・芝公園・慶応大学一帯戸(港区) 新宿区・中野区の主な避難所 ・新宿御苑(新宿区) ・新宿中央公園一帯(新宿区) ・戸山公園一帯(新宿区) ・中野区役所一帯(中野区) 渋谷区・世田谷区の主な避難所 ・明治神宮外苑地区(渋谷区) ・駒場東大・駒場野公園一帯(渋谷区) ・明治神宮・代々木公園一帯(渋谷区) ・駒沢オリンピック公園一帯(世田谷区) 千代田区・文京区・台東区の主な避難所 ・御茶ノ水女子大学一帯(千代田区) ・後楽園一帯(文京区) ・上野公園一帯(台東区) 豊島区・板橋区・北区の主な避難所 ・桐ヶ丘・赤羽台・西が丘地区(北区) ・十条台・北区中央公園一帯(北区) ・公社向原住宅一帯(豊島区) ・城北中央公園一帯(豊島区) ・豊島区立総合体育場一帯(豊島区) 隅田区・江東区・江戸川区区の主な避難所 ・亀戸・大島・小松川地区(墨田区) ・両国地区(墨田区) ・辰巳団地・潮見運動公園一帯(江東区) ・猿江恩玉公園一帯(江東区) ・清澄庭園(江東区) ・江戸川南部一帯(江戸川区) ・新小岩公園・平井大場地区(江戸川区) 荒川区・葛飾区・足立区の主な避難所 ・JR田端・尾久操車場(荒川区) ・白髭西地区(荒川区) ・中川公園・大谷田団地一帯(葛飾区) ・江北平成公園一帯(足立区) 目黒区・品川区の主な避難所 ・東京工業大学(目黒区) ・大井埠頭一帯(品川区) ・林試の森公園(目黒区) ・恵比寿ガーデンプレイス(目黒区) 参考商品• 人気記事• 264,201件のビュー• 121,000件のビュー• 100,027件のビュー• 71,300件のビュー• 57,100件のビュー• 43,602件のビュー• 39,700件のビュー• 37,900件のビュー• 34,100件のビュー• 33,700件のビュー• 27,800件のビュー• 27,800件のビュー• 22,700件のビュー• 20,700件のビュー• 18,200件のビュー• 17,200件のビュー• 15,500件のビュー• 15,400件のビュー• 11,902件のビュー• 11,400件のビュー• 10,600件のビュー• 9,301件のビュー• 8,800件のビュー• 8,500件のビュー• 8,300件のビュー• 8,000件のビュー• 7,225件のビュー• 6,301件のビュー• 5,703件のビュー• 5,700件のビュー• 5,300件のビュー• 5,300件のビュー• 5,200件のビュー• 4,900件のビュー• 4,400件のビュー• 4,400件のビュー• 4,200件のビュー• 4,200件のビュー• 4,000件のビュー• 3,901件のビュー• 3,800件のビュー• 3,600件のビュー• 3,500件のビュー• 3,307件のビュー• 3,202件のビュー• 3,200件のビュー• 3,200件のビュー• 3,100件のビュー• 3,100件のビュー• 3,100件のビュー タグ.

次の

東京23区ハザードマップまとめ(地震危険度・津波・液状化・倒壊・土砂崩れ)

品川 区 ハザード マップ

この図は、大雨により浸水が予想される区域と想定される最大の水深、避難所等を示したものです。 東京都建設局作成の「」(平成30年12月20日公表)に基づき、品川区が作成を行いました。 これまでの品川区浸水ハザードマップは、対象となる降雨想定を「平成12年9月に発生した東海豪雨(総雨量589ミリメートル・時間最大雨量114ミリメートル)」としていましたが、「想定し得る最大規模の降雨」に変更しています。 想定について• 対象とした降雨 想定最大規模降雨(総雨量 690ミリメートル、時間最大雨量 153ミリメートル)• 表示は、一辺が10メートルのメッシュ(区画)が単位になっています。 (以前は、一辺が50メートルのメッシュ単位でした。 標高データは、国土地理院が公表している航空レーザ測量による5メートルメッシュの標高データを、10mメッシュごとに平均し、シミュレーションを実施しています。 図面の見方のポイント• 一般的に河川沿いには低地があるため、浸水したときの水浸が大きくなり注意が必要です。 河川から離れていても、地盤が低い箇所等では、浸水したときの水浸が大きくなるので注意してください。 過去に品川区で大きな浸水被害があった、平成元年と11年の主な浸水実績を浸水予想区域に重ね合わせて、青枠で表記しています。 「平成12年9月に発生した東海豪雨(総雨量589ミリメートル・時間最大雨量114ミリメートル)」による目黒川の氾濫の予想区域も掲載されています。 避難対象地域にお住まいの方は、ご注意ください。 注意点• 浸水の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川・下水道の整備状況により変化します。 (本ハザードマップは平成29年時点の整備状況で作成されています。 この地図表示以外でも状況によっては浸水することもありますので、十分に注意してください。 落ち葉による雨ますの詰まり等により起きる浸水は、シミュレーションでは、反映しきれないため、注意してください。 浸水深・地番高について• 東京都建設局のホームページより各メッシュの浸水深と地番高の詳細な数値を確認することができます。 住所検索で確認したい地域を選択することができ、品川区浸水ハザードマップに記載されていない、10センチメートル未満の浸水の発生が予想される箇所も数値データで確認することができます。 品川区多摩川洪水ハザードマップ この図は、多摩川流域で想定最大規模降雨により多摩川が決壊し、約8時間後に氾濫水が到達した場合に、洪水浸水が予想される区域と想定される最大の水深、浸水の継続時間、避難所等を示したものです。 国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所作成の「」(平成28年5月30日公表)に基づき、品川区が作成を行いました。 想定について• 指定の前提となる降雨 多摩川流域の48時間総雨量588ミリメートル• 多摩川の河道の整備状況を勘案し、想定最大規模降雨に伴う洪水により多摩川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより、予測したものです。 図面の見方のポイント• シミュレーションの実施にあたっては、支川の決壊による氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮していませんので、この洪水浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。 想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。 注意点• 浸水の予想される区域やその程度は、雨の降り方や土地の形態の変化、河川・下水道の整備状況により変化します。 品川区高潮浸水ハザードマップ この図は東京都沿岸部(東京都区間)において「想定し得る最大規模の高潮」により、氾濫が海岸や河川から発生した場合に浸水が想定される区域と想定される最大の水深、浸水の継続時間、避難所等を示したものです。 東京都港湾局作成の「」(平成30年3月30日公表)に基づき、品川区が作成を行いました。 想定について• 前提となる高潮 既往最大規模の台風(室戸台風級910hPa、最大旋衡風速半径75キロメートル、移動速度毎時73キロメートル)• 東京港に最大の高潮を発生させるような台風の経路を設定されています。 高潮と同時に河川での洪水も考慮されています。 堤防等の決壊も見込む設定となっています。 図面の見方のポイント• 浸水の深さや継続時間については、高潮による浸水の状況を複数のケースでシミュレーションを実施し、それらの結果から、各地点において最大となる深さや最長となる継続時間を表示しています。 浸水の深さは、地盤面を基準にしています。 過去100年の最高潮位(T. 5メートル)の設定で、品川区がシミュレーションを実施した「立会川における高潮の浸水想定区域」も合わせて掲載しています。 避難対象地域のお住まいの方は、ご注意ください。 注意点• 台風の通過時刻と天文潮位との関係等、各種要因により計算の前提条件が異なる場合、浸水する区域や浸水の深さ、浸水継続時間が変わる可能性があります。 地球温暖化に伴う気候変動により懸念されている海面上昇は見込んでいません。 地盤高が満潮面より低い地域では、堤防等が決壊した場合、台風の通過後でも、堤防等を復旧する等の対策が進むまでは、日々の潮位変化によって、浸水が継続する場合があります。 品川区町丁別浸水実績一覧表.

次の