オキシ クリーン 洗濯。 オキシクリーンで洗濯をしよう!ドラム式洗濯機の洗濯槽を掃除するやり方なども徹底解説

オキシクリーンで洗濯する!上手な使い方と購入方法【完全ガイド】

オキシ クリーン 洗濯

毎回使うと 衣服・タオル生地のダメージが激しいから!• 毎回使うと 色物の色流れが起きて色が薄くなるから!• 洗濯洗剤をよく溶かして使えば、本来の洗浄力をフルに発揮するから!• 洗濯王子こと中村祐一さんが、漂白剤の毎回使用をおすすめしてないから!• も漂白剤の毎回使用をおすすめしてないから!• 洗浄力最強と思っている洗濯洗剤を使っているから! こんにちは、見事に洗濯の奥深さにハマり成長した札幌在住のケンさく )です。 洗濯したのに汚れが落ちてない~、なんか臭う・・というのは何としても避けたい問題です。 そこで、オキシクリーンは漂白剤で除菌もバッチリだから使いたくなるところ。 でも、洗濯では私、もっぱら シミ抜きにしか使っていません。 液体・粉末洗濯洗剤の特長を知ったり、使い方を工夫すれば、漂白剤のチカラを借りずにいつもの洗濯ができるからです。 私のやり方• 洗濯物を入れる前に最低水量を洗濯機に貯める。 粉洗剤を入れて8分攪拌。 洗浄力高い洗剤液完成! 液体洗剤、粉せっけん洗剤などどの洗剤でも有効と思っています。 詳しいやり方は、という記事にまとめていますので、是非1度読んでください。 よく溶かすことで、洗剤の主成分「界面活性剤」の働きを最大限に引き出します。 だから、溶けやすいと言われている液体洗剤もひと手間かけて溶かした方がいいのです! 洗浄力が上がれば、雑菌をしっかり退治してくれて洗濯物の臭いもしなくなります。 また、界面活性剤がしっかり流れるので、タオルもふんわりするというおまけつき。 界面活性剤の働きマックス状態! 洗濯王子こと洗濯家・中村祐一()さんも仰ってますね。 お湯で洗わないと日常の汚れ(特に皮脂汚れ)が落ちにくく、残った皮脂によって黄ばんだり、部屋干しした時に嫌なニオイが発生したりします。 汚れ落ちが悪い、洗剤が溶け残るなど、洗濯で起こる問題の8割はお湯洗いで解消できると言っても過言ではありません。 引用元: 海外でもお湯洗濯が日常の地域が多いのです。 最強洗濯法ならオキシクリーン要らず! 洗濯のやり方大丈夫!?雑菌を増やす洗濯方法してませんか? いつも何気なくしていることが、雑菌を増やしているかもしれませんよ! たとえば、洗濯物を洗濯籠・バスケットなどに入れず、洗濯槽に入れること。 洗濯槽って湿度が高い環境です。 その中に、洗濯物をどんどん入れていくと雑菌を増やしていくことに・・ 結局、部屋干し臭をつくる原因になっているのです。 雑菌を増やしてオキシクリーンを入れる。 なんだか変ではありませんか!? さらに、洗濯槽に洗濯物が入っているからオキシクリーンを溶かさず、そのまま洗濯物に振りかける入れ方。 せっかくのオキシクリーンパワーを半減させる使い方かと・・ 結局、雑菌を退治できていないのに、柔軟剤の香りで満足して雑菌をどんどん増やしてしまってるのでは? だからこそ、をしていれば、オキシクリーンの力は必要ないのかも・・と私は思っています。 でも、毎日毎回だとさすがに面倒かと・・ さらに、水洗濯で洗濯機に振りかけるやり方だと、溶け残りが心配。 もし、肌の弱い家族がいる場合は、服の残留で肌の刺激になる場合もあります。 だったら、コストも安く水洗濯でも効果が期待できるなどでいいのでは? 液体酸素系漂白剤だと、溶け残りによる肌刺激の心配もありません。 もし、衣類に残留した場合でも液体酸素系漂白剤の主成分「過酸化水素」は、時間経過とともに揮発します。 理由4|洗濯王子が洗濯時の漂白剤毎回使用をおすすめしてない 洗濯王子こと洗濯家・中村祐一さんは、ご自身のブログで漂白剤使用について書かれてますので、引用します。 洗剤に漂白剤が入ったタイプもありますが、僕は漂白剤が入っていないものを選び、漂白剤は別途処方するという使い方をおすすめします。 漂白剤は必要な時に、必要なだけ処方する。 それが効果が出やすいし、服にとっても負担が少ないです。 引用元: やはり、酸素系漂白剤と言えども毎回入れて洗濯していれば、少しづつ色流れが起きます。 服を大事にするという観点からは、毎回の漂白剤利用は避けた方が良いと思います。 かずのすけさんも洗濯時の漂白剤毎回使用をおすすめしていなく、服へのダメージを懸念している のブログに書かれてましたが、 そもそも「漂白剤」なので汚れを落としているわけではなくて、化学反応で色を消しているんですよね。 それって本来はどうしても落ちない汚れに対して取るべき最終手段であって、 なんでもかんでもこれで洗えばOKみたいなのは成分の特性上あまり相応しくないように感じます。 引用元: しかも、毎回毎回使用していると繊維へのダメージを蓄積させています。 衣服・タオル生地の風合いが早めに失われてダメにしてしまいます。 さらに、 「漂白剤なんてのは一歩間違えれば毒物みたいなもの」 とも仰ってます・・ 肌が弱い方にとっては、致命的問題ですね。 刺激が強く、衣服・タオル生地へのダメージも与えますので、もう少し意識した方が良いと思います。 ただし、には、 蛍光増白剤が配合されていることを覚えておいてくださいね。 白物以外の洗濯には・・ごにょごにょ・・ バイオ酵素配合洗濯洗剤 蛍光増白剤無配合 をよく溶かし、お湯洗濯すればオキシクリーン必要なし! という私の結論です。 な~んていうことで、オキシクリーンを普段の洗濯で使用しているなら、選択の余地があるんです~ということをお伝えしたかったのです。 水で洗濯しているのに、オキシクリーンを入れている場合の効果は?溶け残り大丈夫!? などと私は思ってしまうのです。 さらに、あなたの使っている洗濯洗剤には、酸素系漂白剤が配合されているかもしれません。 上手く使えば、オキシクリーンを入れる必要がないこともあるのではないでしょうか!? この記事でお伝えした洗濯ポイントを参考に、洗濯実験してみてはいかがでしょうか。 今までと違ったことをして効果が上がるとテンションあがりますよ(私だけ?笑) あなたの洗濯ライフに役立つことを願っています! でも、そんな暇が惜しいので、オキシクリーン入れてるんですが・・と言う方が大半でしょうかね。 それでは、オキシクリーン新CMで紹介されているをどうぞ。 【ダブルしゅふブログ流】オキシクリーン使い方ガイド 2019年9月時点、いつもの洗濯だけでなく、様々な掃除・洗濯の場面で、オキシクリーンを使う回数が減っていたことに気づきました。 なぜ、使わなくなったのか? オキシクリーンの代わりにどんな洗剤を使っているのか。 などをまとめた、を書いています。 是非、お読みください!.

次の

オキシクリーンの使い方|掃除できない場所は?何に使える?

オキシ クリーン 洗濯

オキシクリーンは日本版とアメリカ版があります。 オキシクリーンで洗濯槽掃除のやり方をチェックする前に、特徴などを見ていきましょう。 【オキシクリーンの特徴】 オキシクリーンはアメリカ発祥の洗剤で、弱アルカリ性の漂白剤です。 主成分は過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムで、水やお湯に触れると酸素の泡が発生します。 【日本版とアメリカ版の違い】 日本版とアメリカ版のオキシクリーンの違いは洗浄力と香料です。 『洗浄力が強く匂いがあるのはアメリカ版』です。 洗浄力は界面活性剤が関係しています。 界面活性剤は泡立ちを良くし汚れ落ちを良くするのが特徴です。 アメリカ版は界面活性剤(青い粒)に加え漂白剤も含まれていることから、洗浄効果は高いと言えます。 反対に、日本版は界面活性剤と香料が一切含まれていません。 だからと言って、洗浄力がとても低いわけではなく、オキシクリーンの特徴である酸素の泡と漂白成分で汚れを落とします。 他の違いは、内容量と付属品であるスプーンのサイズです。 『アメリカ版の方が内容量が多くスプーンのサイズも大きい』です。 日本版のスプーン1杯は28gで、アメリカ版のスプーン1杯は113gになります。 オキシクリーンのことをよく知らない方や使ったことがない方は、洗浄効果が気になるでしょう。 結論から言うと、オキシクリーンの洗浄効果は優秀です。 オキシクリーンは『酸性の汚れ』落とすことが得意で、油・皮脂・食品や飲料のシミ・砂や泥・インク・血液などを落とします。 オキシクリーンは洗浄効果が高いことから、布製品に付着している汚れはもちろん家中の掃除に使うことができる万能洗剤です。 例をいくつか挙げると、換気扇や換気扇フード・五徳・シンク・食器・窓・電気の傘・床・玄関・靴、浴槽・洗濯槽・トイレなどがあります。 また、オキシクリーンは汚れを落とすだけではありません。 漂白成分で雑菌にアプローチすることもできるため、不快なヌメリや臭いもスッキリ落とすことができます。 水かお湯を洗濯槽の高水位までためて、オキシクリーンと取り外したくず取りネットを投入します。 くず取りネットの本体も汚れや菌が付着しているため、オキシクリーンでキレイにしましょう。 オキシクリーンで洗濯槽の洗浄をする時は水でも構いませんが、『40度~60度くらいのお湯の方が洗浄効果が高い』です。 オキシクリーンはお湯に触れると酸素の力をより発揮する性質で、特に40度~60度が最適と言われています。 お湯は入浴剤が入っていない浴槽の残り湯でもOKです。 残り湯がない時はバケツや桶にお湯を入れてから洗濯槽に移すか、洗濯槽までシャワーが届く場合はシャワーでお湯を注ぎましょう。 ただし、お湯を洗濯槽に注ぐ場合は注意点があります。 高温のお湯を使うことができない洗濯槽もあるため、洗濯機の取り扱い説明書を見て確認しましょう。 洗濯槽をオキシクリーン液に浸すと、何回も汚れが浮いてくることはよくあります。 理由はオキシクリーンの洗浄力が優れているからです。 掃除頻度が少ない洗濯槽は汚れと菌がビッシリ付着しており、水面に大量のカスが浮いてくることがあります。 洗濯槽のしつこい汚れを解決するポイントはつけおき後の工程です。 脱水後は洗濯槽の底や側面を見て、カスがほとんどない状態であればOKです。 できれば最後に、洗濯機を標準コースで回してカスが浮いてこないか?をチェックしましょう。 最後のチェックは一時停止をせずに脱水まで行います。 オキシクリーンは水やお湯に溶ける洗剤ですが、しっかり溶けていないと洗濯槽の汚れを十分に落とすことができません。 オキシクリーンの溶け残りを防ぐ方法は、あらかじめオキシクリーンを溶かしておくことです。 バケツなどの容器を用意して、オキシクリーンと水かお湯を入れたらよく混ぜて溶かします。 水かお湯の分量は、オキシクリーンが溶ける量でいいため少量でかまいません。 ただし、オキシクリーンをあらかじめ溶かす時の注意点は3つあります。 日本版のオキシクリーンは界面活性剤と香料が含まれていないため、安全性が高いと言えるでしょう。 界面活性剤は洗浄力を良くするための化学成分で、すすぎが足りないと衣類に成分が残り肌へ負担をかけることがあります。 香料は軽視されやすいですが、添加物が含まれており界面活性剤と同じ考えです。 肌バリアが弱い赤ちゃんにとって、界面活性剤や香料は刺激があります。 アメリカ版は界面活性剤や香料が含まれていることから、日本版の方が安心して使うことができるでしょう。

次の

オキシクリーンで洗濯する方法まとめ。色落ちはしない?超簡単に衣類のシミ抜きができる!|こそだてフロー

オキシ クリーン 洗濯

1)オキシ漬けとは? 「オキシ漬け」とは、 酸素系漂白剤の一つであるオキシクリーンをお湯に溶かし、汚れ物を漬け込んできれいにする掃除方法のこと。 オキシ溶液に漬け込んでおくだけで汚れが落ちるので、 手間いらずの掃除術として、いま注目を集めています。 オキシクリーンには 日本版とアメリカ版の2種類がありますが、 今回は日本版オキシクリーンを使用しました。 2)洗濯槽のオキシ漬けで用意するもの 2-1)用意するもの• オキシクリーン• お風呂用ゴミ取りネット(100円ショップにて購入)• 5Lのバケツ(100円ショップにて購入) 2-2)オキシ漬けした洗濯機について 今回オキシ漬けをしたのは、 2018年3月に購入したHaier製の洗濯機で、使用期間は1年半あまりです。 購入後、1回のみ塩素系クリーナーで洗浄しています。 3)オキシ漬けは何時間しないといけないの? オキシクリーンの公式サイトに 「溶剤の有効性は6時間以内」とあるためか、漬け込む時間は 20分〜6時間と紹介されることが多いようです。 実際にやってみると、 オキシ漬けしてから4時間後までは効果をありありと確認できましたが、それ以降は汚れの落ち具合に変化はほとんどありませんでした。 最低4時間はオキシ漬けの時間を確保しておき、 その後は様子を見ながら調整するとよいでしょう。 4)手順 4-1)洗濯槽のホコリ取りネットを外す オキシ漬けで浮いてきた汚れが付着しないように、 ホコリ取りネットを外しておきましょう。 ついでに水で流して、軽く掃除しておくのもいいですね。 オキシクリーンの分量は お湯10Lにつき付属スプーン4杯が目安です。 今回使った洗濯機は満水値が46Lのため、 付属スプーン18杯分のオキシクリーンを投入しました。 普段の洗濯時と同じように冷水を注いでしまうと、効果が半減してしまいます。 バケツでお湯を注ぐか、シャワーが近くにある場合は直接お湯を入れるとよいでしょう。 また、ステンレス槽も変色する場合がありますので、事前に洗濯機の取扱説明書をご確認ください。 4-4)「洗いコース」で10分洗濯機を回す 泡がもこもこ出てきました。 ここで洗濯機の電源を入れ、 「洗いコース」を選び、10分回します。 4-5)「洗いコース」と「放置」をくり返す 「洗いコース」で10分経過したら「一時停止ボタン」を押し、そのまま1時間放置します。 ゴミが浮いてきたら、適宜ゴミ取りネットを使って取り除きます。 その後は、 ・「洗いコース」で洗濯機を5分間運転した後、1時間放置する ・適宜ごみ取りネットでゴミを取り除く 以上2つをくり返します。 4-6)仕上げに「洗濯コース」を2回行う 通常の「洗濯コース」を2回くり返して、汚れを洗い流します。 蓋を開け、 内部までよく乾燥させるようにしましょう。 5)【時間経過別】オキシ漬けで汚れはどのように落ちていくの? オキシ漬けで、洗濯槽はどのように変化していったのでしょうか? オキシ漬け直後から5時間経過するまでの様子を、写真付きでまとめました。 5-1)20分後 水面に泡と小さめの汚れが浮いてきました。 汚れをすくってみるとこんな感じです。 5-2)1時間後 5分間「洗いコース」で洗濯機を回します。 しゅわしゅわと音を立ててオキシクリーンが反応しているのが分かります。 石鹸カス、紙くず、皮脂汚れとみられる汚れが確認できます。 5-3)2時間後 また汚れが浮いてきました。 5-4)3時間後 2時間後の様子と大差ないように見えます。 5-5)4時間後 一気に浮いている汚れが増えました! 写真で見ても十分汚いですが、実物は独特な臭いも合わさって強烈でした。 汚れをネットですくってみると... こんなに汚い洗濯機を使っていたなんて... オキシクリーンの洗浄力、恐るべしです。 5-6)5時間後 オキシ漬けから5時間後、 汚れはほとんど浮いてこなくなりました。 ゴミ取り用ネットを使って水面に浮いているゴミをすくい取ります。 その後、 通常の「洗濯コース」を2回くり返します。 6)オキシ漬けの頻度と洗濯槽をきれいに保つコツ 洗濯槽のオキシ漬けの頻度は 2ヶ月に1回を目安に行うとよいでしょう。 梅雨の時期や夏場は汚れが溜まりやすいため、月1回の洗浄をおすすめします。 また、普段から洗濯槽を汚さないようにすることも大切です。 洗濯槽をきれいに保つコツは以下の2つです。 洗剤は適量で使用する 分量以上の洗剤を使用してしまうと洗濯槽内に洗剤が残り、汚れの原因となります。 汚れがひどいからといって、 むやみに洗剤の量を増やさないようにしましょう。 洗濯が終わったらすぐに干す 洗濯終了後、洗濯物を入れっぱなしにしていると、湿気を好む雑菌が繁殖してしまいます。 洗濯終了後は速やかに干すようにしましょう。 7)汚れがひどいときは 汚れが頑固でひどいときは、自分で洗浄するにも限界があります。 そんなときは、 洗濯機洗浄のプロに依頼するのがおすすめ。 洗濯槽の分解洗浄で、汚れを徹底的に落としてもらいましょう! くらしのマーケットなら、を料金や口コミで比較し、オンライン(スマホアプリ)で簡単に予約することができます。

次の