茨城 新聞。 《新型コロナ》公表「なぜパチンコだけ」 営業継続中・古河の店長 支払いや生活、窮状訴え(茨城新聞クロスアイ)

《新型コロナ》新生活様式 介護現場「無理ある」(茨城新聞クロスアイ)

茨城 新聞

茨城新聞本社が入る茨城県開発公社ビル(水戸市笠原町) 株式会社茨城新聞社 The Ibaraki Shimbun Company 本社所在地 〒310-8686 笠原町978-25 茨城県開発公社ビル 設立 (6年)1月 事業内容 新聞及びその他の出版物の制作・販売 代表者 沼田 安広(代表取締役社長) 資本金 5,000万円 発行済株式総数 4,110万株 売上高 36億9200万円(2019年3月実績) 純利益 8,200万円 2018年3月期) 純資産 連結:2億8,258万7千円 単独:7,510万3千円 (2008年3月31日現在) 総資産 18億0700万円 従業員数 199人 (2019年6月31日現在) 決算期 主要株主 (株)岡部工務店 7. 茨城県全域に配達されている。 概説 [ ] 茨城県内向けであるものの、国際・全国ニュースも積極的に掲載する(web版でも配信ニュースを掲載)。 朝刊のみで、配布地域は茨城県全域。 県南地域の東京通勤圏内ではとの競争が特に激しい一方、部数は微増している。 茨城新聞を専門に取り扱っている新聞販売店は少なく、ほとんどは他の新聞も配達する販売店が取り扱っている。 第1社会面に4コマ漫画「」(・作)をカラー掲載している。 沿革 [ ]• (24年) - 茨城県会議員により創刊。 当初は「 いはらき」という題号であった。 創刊当時の本社はに置かれた。 (24年) - 社長就任。 (29年) - 貳百圓を「いはらき新聞社長飯村丈三郎名」で送る。 (7年) - 水戸ので本社屋、輪転機を消失。 (8年) - 新社屋落成。 (大正14年) - 夕刊発行(その後、再び朝刊のみに)。 (17年) - 新聞社の統廃合令により県内の各地方紙(常総新聞・常南日報・関東毎日新聞)を経営統合し「 茨城新聞」と題号を変更。 (昭和20年) - 水戸大空襲で新聞社の建物が全焼。 (昭和22年) - 題号を「いはらき」に戻す。 (昭和25年) - 社員3人を赤色追放()該当者として解職。 (昭和60年) - の開催をきっかけに超高速カラーオフセット輪転機を採用。 (3年)1月1日 - 「いはらき」から再び「茨城新聞」に題号を変更。 (平成10年) - 茨城プレスセンターで茨城新聞の委託印刷を始める。 (平成21年)12月 - 栃木県のとの間で緊急事態が発生した場合の新聞発行に関する相互支援協定を締結。 (平成22年) - との業務提携により茨城西工場()に於いての受託印刷に移行。 (平成23年) - ()で読売新聞茨城西工場が被災。 と付朝刊の印刷をに委託し発行。 (平成23年) - 株式会社茨城プレスセンターと合併。 (平成25年) - 本社屋を水戸市北見町から水戸市笠原町の茨城県開発公社ビルに移転。 (平成26年) - 大幅な債務超過のため会社分割方式で経営再建を図る事を発表。 (平成28年) - 「茨城新聞」の題字を変更。 支社・支局 [ ] 本社 [ ]• 支社・総局・支局 [ ] 支社• 東京()• 大阪()• 日立()• 水戸(水戸市)• 土浦・つくば()• 筑西()• 鹿嶋() 支局• 常陸太田()• 常陸大宮・大子()• ひたちなか()• 笠間()• 常総()• 取手・竜ヶ崎()• 石岡()• 古河()• 下妻()• 鉾田()• 行方() 編集センター [ ]• 水戸市 印刷所 [ ]• - 「」が運営する茨城西工場に印刷委託している。 までは茨城新聞社完全出資による子会社「茨城プレスセンター」(水戸市)で印刷を行い、読売東京本社の茨城県向け紙面の印刷も受託していたが、茨城プレスセンターとの契約関係が同10月に終了(これにより、茨城プレスセンターは茨城新聞に吸収合併される)したため、今度は逆に、アサガミと読売東京本社が新たに建設した工場に茨城新聞が委託先を変更し今日にいたる。 番組表 [ ] テレビ欄には在京キー局、の他、・・・の番組表も収録されている。 ラジオ欄には、・・も掲載されている。 最終面 [ ] フルサイズ• ハーフサイズ• 極小サイズ• NHKEテレサブ• (ローカル放送番組のみ掲載) 中面 [ ] ラジオ• テレビ• プライム• WOWOWライブ• WOWOWシネマ• 備考 [ ]• ・のであるを発行している。 脚注 [ ] [].

次の

【茨城新聞】茨城県中学総体が中止 新型コロナ感染の懸念解消できず

茨城 新聞

新型コロナウイルス感染症対策として政府が示す「新しい生活様式」への対応に、介護施設が頭を悩ませている。 重症化リスクの高い高齢者を守るため感染対策には細心の注意を払うが、もともと身体的な接触が多い環境で、「3密」が避けられない場面も少なくない。 長引く面会制限の在り方やクラスター 感染者集団 発生への備えも課題で、試行錯誤が続く。 要介護者が通う水戸市開江町のデイサービス「双葉陽だまり館」。 12日は定員30人のところ27人が利用し、正午すぎには、窓が開放されたデイルームで利用者が一堂に会して食事を取っていた。 フロアの広さは定員に応じた造りで、新しい生活様式が示す対面を避けたレイアウトへすぐに変えるのは難しい。 担当者は「利用回数を減らせば、家族の介護離職にもつながりかねない。 衛生管理の徹底と、できる限り『密』を回避する工夫をしていくしかない」と話す。 敷地内には特別養護老人ホームなどの入所施設もある。 このため、ウイルス侵入を防ぐ「水際対策」に重点を置き、デイサービス利用者には朝の送迎時に乗車前の検温を欠かさず、小まめな換気、消毒にも気を配る。 一方、国は基本的対策として「人との間隔はできるだけ2メートル空ける」「症状がなくてもマスク着用」などを挙げる。 だが入浴や食事の介助は「最低1メートル」とされる距離を保つのも難しく、対策を徹底してもらうのは容易ではない。 運営する社会福祉法人「愛の会」法人本部長で、県老人福祉施設協議会の木村哲之会長は「ソーシャルディスタンス 社会的距離 など、新しい生活様式を介護の現場で全て実践していくのには無理がある」と疑問を呈す。 利用者や家族の安心のため「オンライン面会」を導入する動きが広がるが、4月下旬には、大阪府の特養で面会制限に端を発した母子の無理心中とみられる事件も起きた。 木村会長は「いつまでも制限を続けていていいのか、現場は判断に悩んでいる」と指摘し、地域の感染状況を踏まえた指針の必要性を訴える。 実際にクラスターが起きたつくば市の介護老人保健施設では、感染拡大を一定程度に食い止められた要因の一つに感染防護具の充足があったという。 木村会長は「ゾーニング 区分け の手順や防護具の確保、人員態勢など課題は山積している。 緊急事態宣言は解除されたが、今後も警戒は緩められない」と話す。 茨城新聞社.

次の

《新型コロナ》公表「なぜパチンコだけ」 営業継続中・古河の店長 支払いや生活、窮状訴え(茨城新聞クロスアイ)

茨城 新聞

新型コロナウイルス感染症対策として政府が示す「新しい生活様式」への対応に、介護施設が頭を悩ませている。 重症化リスクの高い高齢者を守るため感染対策には細心の注意を払うが、もともと身体的な接触が多い環境で、「3密」が避けられない場面も少なくない。 長引く面会制限の在り方やクラスター 感染者集団 発生への備えも課題で、試行錯誤が続く。 要介護者が通う水戸市開江町のデイサービス「双葉陽だまり館」。 12日は定員30人のところ27人が利用し、正午すぎには、窓が開放されたデイルームで利用者が一堂に会して食事を取っていた。 フロアの広さは定員に応じた造りで、新しい生活様式が示す対面を避けたレイアウトへすぐに変えるのは難しい。 担当者は「利用回数を減らせば、家族の介護離職にもつながりかねない。 衛生管理の徹底と、できる限り『密』を回避する工夫をしていくしかない」と話す。 敷地内には特別養護老人ホームなどの入所施設もある。 このため、ウイルス侵入を防ぐ「水際対策」に重点を置き、デイサービス利用者には朝の送迎時に乗車前の検温を欠かさず、小まめな換気、消毒にも気を配る。 一方、国は基本的対策として「人との間隔はできるだけ2メートル空ける」「症状がなくてもマスク着用」などを挙げる。 だが入浴や食事の介助は「最低1メートル」とされる距離を保つのも難しく、対策を徹底してもらうのは容易ではない。 運営する社会福祉法人「愛の会」法人本部長で、県老人福祉施設協議会の木村哲之会長は「ソーシャルディスタンス 社会的距離 など、新しい生活様式を介護の現場で全て実践していくのには無理がある」と疑問を呈す。 利用者や家族の安心のため「オンライン面会」を導入する動きが広がるが、4月下旬には、大阪府の特養で面会制限に端を発した母子の無理心中とみられる事件も起きた。 木村会長は「いつまでも制限を続けていていいのか、現場は判断に悩んでいる」と指摘し、地域の感染状況を踏まえた指針の必要性を訴える。 実際にクラスターが起きたつくば市の介護老人保健施設では、感染拡大を一定程度に食い止められた要因の一つに感染防護具の充足があったという。 木村会長は「ゾーニング 区分け の手順や防護具の確保、人員態勢など課題は山積している。 緊急事態宣言は解除されたが、今後も警戒は緩められない」と話す。 茨城新聞社.

次の