アイス ボーン お宝。 【Terraria】MOD紹介その1 大型MOD編

【MHWアイスボーン】導きの地攻略ガイド|レベル上げの効率のいいやり方【モンハンワールド】|GAMY

アイス ボーン お宝

モンスターハンターワールド:アイスボーン ver. 12 1. オタカラ情報を発生させる ぶつぶつ交換 住処に行きます。 ぶつぶつ交換をしていると オタカラ情報が発生することがあります。 画像のテトルーは たぶん 最高テンションです。 飛び跳ねています ガジャブーも跳ねる。 わたしはこの状態のテトルーとぶつぶつ交換をするようにしています。 ぶつぶつ交換は1回の探索で3回です。 アイテムとテトルーをマッチングさせます。 ぶつぶつ交換用にアイテムマイセットしておくと便利です。 平均的に生肉が好みの印象です。 ぶつぶつ交換について 前回記事 [補足]ぶつぶつ交換 その1 ぶつぶつ交換で友好度がかなり上がります。 友好度が上がると 同行で お助け技が増えます。 特にソロプレイヤーには助かります。 ぶつぶつ交換は友好度レベル6以上です。 [補足]ぶつぶつ交換 その2 ぶつぶつ交換でレア環境生物を獲得できることがあります。 例:イキサキゲッコー ボワボワから 2. 宝探しの方法 オタカラ情報が発生したら内容を確認します。 確認しないとオタカラは出現しません ぶつぶつ交換 > オタカラ情報 オタカラがあるエリアに入るとオトモアイルーが 『ヒント』をくれます。 オタカラ情報は生態マップと、 メニュー 情報 で確認できます。 ヒント 離れている オタカラから離れてるニャ ヒゲがピクしないニャ 近くにある かすかに オタカラを感じるニャ とても近く ヒゲがピクピクするニャ オタカラまでもうすぐニャ 発見 オタカラはココだニャ 3. オタカラの場所 各フィールドにあるオタカラの場所ですが、 エリアだけ載せます。 オタカラの中はお楽しみに。

次の

【Terraria】MOD紹介その1 大型MOD編

アイス ボーン お宝

ただし、全武器の中でも圧倒的に抜刀時の移動速度が遅く、軽快な立ち回りというよりもガードを中心としたどっしりとした立ち回りが得意。 突進や飛び込み突きのおかげで、前に対する機動力は比較的高めだが過信は禁物。 回避モーションがローリングからステップに変わっているため、回避というよりは位置調整に使おう。 突きとステップを絡めることで、相手の弱点を的確に攻撃することができるため、慣れると高い火力を発揮することができる。 相手の攻撃に合わせて放つカウンター突きはかなり強力であるが、なかなか狙うのが難しいため初心者にはおすすめしにくい武器である。 剣モードは片手剣のように片手に剣を、片手に盾を装備していて動きも軽快。 剣モードで攻撃を行うとエネルギーが溜まるので、溜まったらそれを装填しビンに溜めることができる。 斧モードは剣モードで溜めたエネルギーを使って、強力な攻撃を行うモード。 剣モードと逆で、一撃の威力が高い代わりに動きが遅い。 さらに高威力の大技「属性解放斬り」で敵に大ダメージを与えよう。 ギミックが多い武器なので、使い慣れると楽しい武器だ。

次の

PS4®『モンスターハンターワールド:アイスボーン』を入手できるプリペイド型カードが8月6日発売!

アイス ボーン お宝

導きの地のまとめ バグについてはプレイヤーによって様々な現象が起きているので挙げたらキリが無いので割愛。 体感では通常エリアよりややバグが発生しやすい状況になっているのではないか?と感じています。 導きの地はフレンドと気軽にやりづらいというのも受注の手間が省けるだけに勿体ないですね。 導きの地の専用素材(モンスター素材)ですが、多くの素材はマカ錬金を使用することで交換も可能ですが 一部のモンスターは対象を討伐・落とし物を拾うなどをしなくてはいけません。 (イヴェルカーナの素材がある程度万能) 扱う武器種が1種類ならそこまでカスタム強化する必要もありませんが、 何種類かの武器を使用するプレイヤーにとってはカスタム強化が非常に大変です。 歴戦か通常かで入手できる素材が変化するわけですが、どこかの地帯をレベル7にし、その後他のエリアのレベル7にしなくてはいけないとなると時間がかなり必要で、地帯のレベルを下げる方法も他のエリアのモンスターを狩る方法しかありません。 救難などで目当てのモンスターを探せば良いのかもしれませんが、ターゲット(エリア、指定モンスター)を設定をしているプレイヤーは現在少なく入っても本当にそのモンスターを狩っている最中かどうかは不明ですからね(笑) 鉱脈や骨塚の採取は個人的には許容範囲ですが、モンスター素材はわりと鬼畜でここに関しては導きの地のモンスター全てを対象にマカ錬金で交換可能くらいの感じになってくれると有難いです。 その他、特殊痕跡で呼び出せるモンスターのある程度の自由化や地帯レベル減少値の下げ幅を減らしたりしなどを耳にしましたが… ただ 地帯レベルの下げ幅が減少すると今度は「レベルを下げるのが難しい」ということにも繋がってしまいますので、仕様が悪いと言うしかないですね。 やり込み要素・エンドコンテンツとして「導きの地」はとにかく改善して欲しいです。 モンスターハンターをソロで楽しむ人もいるとは思うのですが、やはり 目玉であるマルチプレイを気持ちよくプレイできないのは非常に残念です。 低MR・HRのフレンドなどアイスボーンから始めたフレンドやプレイヤーを気軽に手伝ったりしてあげられないのも大きいです。 もしかすると、 前作や昔のモンハンに慣れていたプレイヤーほど躊躇ってしまう新要素が「クラッチクロー」です。 ポジティブな意見ももちろんあるものの、現状では ネガティブな意見が目立つ印象がありますね。 「渾身」や「弱点特攻」のスキルが弱体化され、重要度が増すと共にアイスボーンで追加されたモンスターの肉質も硬くクラッチクローを前提としたバトルに思えてしまうのが、クラッチクローのネガティブな意見の大半。 個人的には弓や太刀の弱体化や転身の弱体化、MHWではあまり使用されていなかった「スリンガー」を活かすためのクラッチクローなどはまるで 「アイスボーンでは全ての要素を使ってプレイを楽しんでください」というメッセージのように感じました。 操作感などの変化により使用率の多くない武器へ移行する可能性もありますし。 MHWではスリンガーを使用する機会は多くはなかったですが、アイスボーンでは「ぶっ飛ばし」ができるので「はじけクルミ」なども拾うようになったりしますよね。 クラッチクローはクソなのか? 1つの手段や作戦があり、それを無視するか取り入れるかはプレイヤー次第です。 例えば「ストリートファイター」のような往年の格闘ゲームでも知らない人からすれば、シリーズでの変化など無く、ただ敵のHPを0にすることが目的のように見えます。 敵のHPを0にするということはゴールであり、それは同じなのですが、シリーズの変化により「ゲージ」が登場したり、同じ格闘ゲームでもゲームが違えば、攻め主体が強いのか守り主体が強いのかなど「HPを0にするというゴール」へ進む有効な手段というのは変化してきます。 アイスボーンにおける「クラッチクロー」もモンハンにおける変化の1つ。 クラッチクローという新しい要素・操作ができて、それがモンスターを倒すまでに有効な手段であるのであれば 積極的に使うべき要素だと私は考えています。 クラッチクローができないから下手とか、クラッチクローができるから上手いということではないですが、クラッチクローの登場によってランスなどは個人的に強化された武器種であると感じています。 有効な手段でないなら使う必要はありませんが、動画投稿者など多くの方がクラッチクローを効果的に使用してアイスボーンでプレイをしています。 クラッチクローの傷は1、2箇所で十分 クラッチクローが苦手という方は、ぶっ飛ばしでモンスターがダウンした際や「特殊怯み」など反撃を受けない状況でクラッチクローを使用してみましょう。 傷はモンスターの全部位に付ける必要はないので、自分がよく攻撃する箇所に1つだけあれば基本的には十分かと思います。 その1つの傷をまた怯みやダウン中に維持をするという感じで私はプレイしています。 例えば、アンジャナフなどは近接ですと弱点に攻撃が届きにくいので、攻撃回数を稼げる足に傷をつけておくとダメージも稼ぎやすいかと思います。 モンスターがタフになったという意見も多く、確かにHPは増加していますが効率的にダメージを与えるためにもクラッチクローは重要で、やはりクラッチクローの意識が高いパーティーとそうでない場合はクリアタイムが異なりますね。 クラッチクローをやりまくれば良いというわけでもないですが、傷目的ではなく攻撃手段としても大剣などはそこそこダメージを出せますので、段々と慣れていきたい操作・要素になっていると感じています。 モンハンワールドアイスボーンの評価ですが、 「導きの地」以外は個人的には叩かれる必要のない良いゲームだと思っています。 そもそもモンハンはわりと続いているシリーズですので、つまらないと感じたら自分には合わないだけで多くのプレイヤーはアイスボーンやモンハンシリーズを好んでプレイしています。 また「導きの地」についても恐らくどんどん修正がされると思うので、メイン武器のカスタム強化などに絞って地帯レベルを上げていくのが良いでしょう。 クラッチクローは慣れ次第ですし、使わなくても大丈夫な戦い方もあります。 個人的にはクラッチクロー自体は別に好きでもなく、嫌いでもないです。 (一応、MHW含め1700時間くらい遊んでいます。 ) そういうゲームになったらそれに合わせればいいやという感覚で、上手くクラッチクローを交えるように動いていくように自分の動きを修正していくのが楽しいと感じています。 石の配布が多いので、ログインだけでも割と色々入手できます….

次の