ラーメン データベース。 てだこラーメンデータベース

人気のチャーハンランキング

ラーメン データベース

ラーメンデータベース(RDB)は、おそらくユーザーが「Deepめのラオタで男性・がっつり食べるタイプで1年にラーメンを食べる回数が多く、脂っこい物が好き」っていう層に偏っているのではないかと思っています。 食べログは、女性も多く、男女比もおそらく半々に近いくらいで、20代~60代より上までと年齢層も広いので「より分母を広げた平均的な感想」をきくには、食べログの方が標準的な意見を観られるのではないかと思います。 その一方で、ラーメンデータベースは、自分でラーメンを食べ歩き、ラーメンにこだわりや自分の好みがあって「自分の舌で食べている」人が多いように思えます。 が、食べログは、食べログの中で他ユーザーが高評価をしていると、雪崩を打ったように皆が「素晴らしいお店です」「素晴らしい味です」「最高です!」と、自分の味覚で料理を食べているのか、人に流されているのか、はっきり言ってアヤしい所があるので(特に、有名店や値段の高い店だと、ほんとに自分の舌や味覚で食べているのか、すっごいアヤしいっていうユーザーさんが多いと思います)、食べログの評価っていうのは、料理の味ではなく「食べログ上のノリ。 クチコミの流れ」で評価が決まっている所があるので、その辺は食べログの評価はアヤしいです。 何故そう思うかっていうと、地元で割と幅をきかせている、クチコミ数が多くて食べログ上で慣れ合っているヘヴィクチコミユーザーAさんが「この店はムードがよくておいしい!」とクチコミしたら、雪崩をうったようにその人とつるんでいるユーザーさんが高評価をつけ、私が住んでいる埼玉県で、その地元にあるとある店が大変高い評価になっているのですが、そのお店知ってますが、激マズだからです。 そういう風に、そのグループが組織票のようにして高評価をつけたお店が埼玉県で高評価になっていますが、まずいお店のケースが多いからです。 都内の有名店などでなく、寂れた普通の街中にあるクチコミ総数の少ないお店だと、そういう怪現象が起こってしまうからです。 だから、RDBと食べログだったら、クチコミしているユーザー層が、「RDBの方が脂モノに強い男性ユーザーが多い」位に思っておくといいのじゃないかと思います。 信用っていう点だったら、「にわか評論家」じゃなくて「正当なラオタ?」が多いので、RDBの方がやや「人に流されない評価」をつけてる人が多そな点でRDBかと思いますが、RDBのユーザーは脂っこい嗜好に偏りがちって思っておくといいんじゃないかと思います。 (長くてごめんなさい。

次の

神奈川で人気のラーメン屋さんランキング

ラーメン データベース

377 4 () 99. 337 5 () 99. 331 6 () 99. 314 7 () 99. 311 8 () 99. 285 9 () 99. 281 10 () 99. 169 11 () 99. 164 12 () 98. 964 13 () 98. 885 14 () 98. 857 15 () 98. 812 16 () 98. 807 17 () 98. 800 18 () 98. 799 19 () 98. 770 20 () 98. 755 21 () 98. 747 22 () 98. 730 23 () 98. 727 24 () 98. 715 25 () 98. 683 26 () 98. 676 27 () 98. 627 28 () 98. 586 29 () 98. 580 30 () 98. 576 31 () 98. 329 32 () 98. 213 33 () 98. 200 34 () 98. 175 35 () 98. 167 36 () 98. 152 37 () 98. 138 38 () 98. 091 39 () 98. 033 40 () 98. 019 41 () 98. 010 42 () 98. 004 43 () 98. 003 44 () 98. 002 45 () 97. 996 46 () 97. 992 47 () 97. 990 48 () 97. 981 49 () 97. 975 50 () 97. 962.

次の

神奈川で人気のラーメン屋さんランキング

ラーメン データベース

ラーメンデータベース ラーメンは今や国民的な人気食。 IT時代の現代では、そんなラーメンのデータをまとめた「ラーメンデータベース」なるサイトも当然のごとく存在しています。 ラーメンデータベースなるものはいくつかありますが、特に便利そうなものとしては、以下のようなサイトがあります。 supleks. その数実に1万店以上! また、行った人によるコメントや採点、ランキングなども参照できます。 もちろんラーメンデータベースですから、各店の住所や営業時間、定休日などの基本情報もバッチリ知ることができます。 ラーメンデータベースは、もちろん全国すべてのラーメン店を網羅しているわけではありませんが、本場だけでなく地方のラーメン店のデータもある程度揃っていますので、ラーメンデータベースとしてはかなり良心的で便利なサイトではないでしょうか。 ブルーベリーで視力回復 スポンサードリンク 視力回復に良いといわれる食べ物の代表格として、ブルーベリーが挙げられます。 ブルーベリーの特徴は、名前の通りの深い紫。 この紫色の正体が「アントシニアン」という成分なのですが、このアントシニアンが、視力回復に作用します。 人間の網膜には「ロドプシン」という紫色の色素体があります。 このロドプシンには光の刺激を脳に伝える働きがあり、これによって「物が見える」と感じるのですが、眼を使っているうちにロドプシンは徐々に分解されてしまいます。 このロドプシンの再合成を活発化させてくれるのが、ブルーベリーに含まれるアントシニアン。 それゆえ、ブルーベリーは視力回復に役立つと言われているわけです。 ブルーベリーは日本だけでなく、世界中で注目されている視力回復食品。 視力の低下にお悩みの方は、ブルーベリーを積極的に摂取するといいでしょう。 ユニクロとオンラインショップ ユニクロは2000年10月よりインターネットによるオンラインショップを開始しました。 オンラインショップは、店舗による販売に加えて新しい販売ルートの開拓するため、また購入者の利便性をより高めることなどを目的に始まりました。 オンラインショップが本格的に開始される前年にはカタログによる通信販売が始められていました。 オンラインショップが開始されてまもなくは、カタログによる通信販売の売上の方が高い状況が続いていましたが、オンラインショップの存在が知られるようになると、次第に利用者が増えていき、近年では毎年大きく売上を伸ばしています。 オンラインショップは店舗のない地域に住む人や、様々な理由で営業時間内に店舗へ出向くことができない人にとってはとても便利な手段です。 また店舗で購入した商品の色違いやサイズ違いをオンラインショップで買い求めるなど、店舗とオンラインを上手く利用している人もいます。 ユニクロのオンラインショップの特色は店舗で扱っていない商品を購入することが出来るという点です。 期間限定価格やまとめ買いなど、店舗以上の特典がつくこともあることも魅力の一つです。 2002年8月からはXXL、XS、キッズの160センチの特別サイズの商品が扱われるようになりました。 これはオンラインショップのみの販売ですが、オンラインサイトの中で利用者より寄せられた要望に応えるために開発されたものです。 オンラインショップはユニクロと利用者をより密接につなぎ、よりよい商品を提供する手段として今後ますます期待されています。 ラーメン缶の魅力 ラーメン缶は、おでん缶に続く秋葉原名物……になりつつある食品。 ラーメン缶は、現在では「札幌らーめん缶」が出ています。 おそらくこれらの類似品がそのうち出てくるような気もしますが、今のところは「ラーメン缶」といったらこの「札幌らーめん缶」のみ。 ラーメン缶は、当初は秋葉のチチブ電機などで常温で売られていましたが、最近では自販機でも売られ、温かい(もしくは冷たい)状態で食べられるようになってきています。 ラーメン缶の魅力は何といってもスープで、缶詰ながらなかなか本格的。 また、チャーシューやメンマも美味。 もちろん味もしっかり染みています。 ラーメン缶にはフォークが付いているので、そのまま食べることができます。 ラーメン缶、さすがにラーメン屋さんのラーメンにはかないませんが、非常食や路上の立ち食い用としてなら文句なし。 秋葉原に行った際は、ぜひお試しください。 マキアレイベルスキンケア マキアレイベル、というと化粧品メーカーの名前ですが、主に通信販売で化粧品を販売しているメーカーなようです。 そして化粧品の中でもスキンケアの為の基礎化粧品を中心に取り扱っているメーカーなようですが、主な商品には、クレンジング・洗顔、基礎スキンケア、美容液・パック・クリーム、メイクアップ、ヘアケア・ボディーケア、美容食品、化粧小物、セット商品などがあるようです。 洗顔にはファインクリアパウダー1575円、エクストラクリアウォッシュ5250円、モイストクリアフォーム1930円、モイストクリアフォーム(ハーフサイズ)1575円があり全ての洗顔アイテムが朝も夜も使用できるようになっています。 基礎スキンケアのアイテムの中でも「機能水」にはアクティブミクロンウォーターなどがあり、紫外線ダメージのケアや肌機能とその後のスキンケアをサポートする成分が含まれるようです。 そして化粧水にはプロテクトバリア8400円、ネイチャライズローション4670円などがあり、乳液・美容液にはネイチャライズセット8670円、ネイチャライズセラム4000円、プロテクトバリア8400円などが揃えられています。 シリーズ別で見ると、マキアレイベルのスキンケアシリーズは「basesベイセ」シリーズで、クレンジング、洗顔、機能水、化粧水、乳液・化粧液をバランス良く使用する内容になっているようです。 ネットの通信販売では、ユアーズ会員という会員になると10500円以上、ゴールド会員は4200円以上購入すると送料が無料になる制度となっているようです。 また現在は新発売のピーリングジェルなどが会員価格などで購入できるサービスも行われているようです。 マキアレイベルなどの通信販売の化粧品メーカが気になる方などは、1度オフィシャルサイトをのぞいてみると良いのではと思います。

次の