五 等 分の花嫁 声優。 【ネタバレ注意】『五等分の花嫁』名シーンプレイバック&花嫁レース大予想!【推しを愛でまくれ】

【ネタバレ注意】『五等分の花嫁』名シーンプレイバック&花嫁レース大予想!【推しを愛でまくれ】

五 等 分の花嫁 声優

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 122話 『五等分の花嫁』のネタバレ、感想

五 等 分の花嫁 声優

声優一覧 上杉風太郎 声優:松岡 禎丞 主人公である風太郎を演じるのは松岡禎丞(まつおか よしつぐ)さん。 松岡さんを語る上では『ソードアート・オンライン』のキリト役は欠かせません。 その他にも多くのアニメで主演を担当しており、売れっ子男性声優と言えます。 キリト以外にもハーレム作品の主人公を演じることも多く、本作もその作品の1つとなるでしょう。 代表的な出演作品• ソードアート・オンライン(キリト)• エロマンガ先生(和泉正宗)• マギ(ティトス・アレキウス)• デビルズライン(安斎結貴) 中野一花 声優:花澤 香菜 一花を演じるのは花澤香菜(はなざわ かな)さんです。 多数のアニメに主演で出演しており、声優に詳しくない方でも名前は知っているレベルの知名度を誇ります。 演技の幅も広く、一花のようなお茶目なお姉さんキャラは 『魔法科高校の劣等生』の七草真由美あたりが近いかもしれません。 代表的な出演作品• 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(黒猫)• 化物語(千石撫子)• かんなぎ(ざんげちゃん)• グランブルーファンタジー(ゼタ)• ToLOVEる(結城美柑) 中野二乃 声優:竹達 彩奈 二乃を演じるのは 竹達彩奈(たけたつ あやな)さん。 竹達さんも多くの作品で主演キャラクターを演じており、人気の高い声優さんです。 ロリ系やツンデレキャラクターを演じることが多い印象ですね。 二乃は主人公を毛嫌いし罵声を浴びせるツンデレキャラクターということで、 『俺妹』の桐乃と似たような演技になるのではないでしょうか。 代表的な出演作品• 俺の妹がこんなに可愛いわけがない(桐乃)• けいおん! (中野梓)• アイドルマスター シンデレラガールズ(輿水幸子)• ソードアート・オンライン(リーファ)• だがしかし(枝垂ほたる) 中野三玖 声優:伊藤 美来 三玖を演じるのは伊藤美来(いとう みく)さんです。 キャラクターと名前が一緒ですね。 笑 完全に個人的な印象ですが、ソーシャルゲームに出演している気がします。 三玖の喋り方のトーンなどは 『プリコネ』のコッコロに近くなるのでしょうか。 2019年の冬アニメでは『上野さんは不器用』にも出演し、主題歌を担当されるなど徐々に活躍の場を増やしていますね 代表的な出演作品 アイドルマスターミリオンライブ!(七尾百合子) バンドリ! ガールズバンドパーティ!((弦巻こころ) プリンセスコネクト! Re:Dive(コッコロ) 中野四葉 声優:佐倉 綾音 元気いっぱいのアホの娘である四葉を演じるのは佐倉綾音(さくら あやね)さん。 実は彼女が四葉を演じるのは今回が初めてではありません。 以前本作のコミックス1巻が発売した際に宣伝CMが作成され、キャラクターに声が付きました。 その際には四葉を演じたのはもちろん、なんと五つ子全員を1人で演じていました。 どれもかなりキャラクターを意識した演技ですが、やはり四葉が一番似合っていますね。 『艦これ』の那珂ちゃんや『寄宿学校のジュリエット』の蓮季などが近い声質でしょうか。 代表的な出演作品• やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (一色いろは)• 艦隊これくしょん(那珂)• グランブルーファンタジー(クラリス)• 夢喰いメリー(メリー) 中野五月 声優:水瀬 いのり 五月の声を担当するのが水瀬いのり(みなせ いのり)さんです。 『恋愛ラボ』・『ごちうさ』をキッカケとして、定期的に主演クラスのキャラクターを演じている今が旬の声優と言えます。 完全に個人的なイメージですが、髪の青いキャラクターを演じている印象ですね。 代表的な出演作品• ご注文はうさぎですか?(チノ)• Re:ゼロから始める異世界生活(レム)• ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ヘスティア)• 天体のメソッド(ノエル).

次の

【ネタバレ】五等分の花嫁 122話 『五等分の花嫁』のネタバレ、感想

五 等 分の花嫁 声優

五等分の花嫁 今回は最終回、そして巻頭カラーです。 ついに完結です。 風太郎が結婚披露宴の挨拶をしており、五年前にプロポーズもすませていた話をすると前田がマジかよ、と驚いています。 他の姉妹もちょっと複雑だけど…、思いついちゃったもんね…と言います。 さらにこれはお遊びじゃないよ、これでも花嫁の親族だからね、と引きません。 風太郎も相変わらずのようで安心した、俺を舐めんなと、五人を一人ずつ答え始めます。 お母さんの教えと愛はいつまでも私の中に残っている事、お父さんへは幼い頃は突然のことに気持ちの整理がつかず反抗してしまった時もあり、そのことを謝り今では私のお父さんになってくれてよかった事、今の私があるのは父、母、そして姉妹の皆のお陰である事が読まれます。 同時に結婚披露宴で四葉が、長女の一花は個性豊かな私達を優しくまとめてくれるお姉さんだと紹介します。 一花は世間で謳っているようなクールビューティーではないが、それでも強くあろうとする姿が俺には眩しく見えた、大した長女だよと、風太郎は一花に言います。 二乃はそうよ正解!はいはいよかったわね、次どうぞ、と強がりますが、目に涙をためて泣きそうになっています。 二乃はお前の強さはその人一倍の弱さの裏返しだ、厳しさもそれだけ大きな愛情があるからなんだろうな、あの頃の俺はその答えを見つけることができなかった、すまんと風太郎は謝ります。 二乃は、泣きながら私は…、後悔していない…と答えます。 三玖は風太郎に抱きつき、たまに不安になる…、私…、うまくやれてるかな…、と呟きます。 三玖にはそうやって常に自分の不安と戦ってきた、そして勝ち得た結果は間違いなくお前の戦果だ、自分を信じろ、お前は昔からできる奴だ、と風太郎は自信を持つように三玖に言います。 三玖も笑顔で風太郎に応えます。 結婚披露宴では四葉が、五月は私が唯一お年産をできる可愛い妹です、実際は私なんかよりずっとちゃんとしてるんですけどね、と紹介します。 風太郎を焦らせた直後、すぐになーんてと言い、五月でした!とバラします。 風太郎は、焦らせた五月に怒り、お前に会ってからだ!俺の人生が狂い始めたのは!諸悪の根源!妖怪カレー喰い女!と五月に言いたい放題で、五月も天然キス魔と言い返します。 結婚披露宴でも四葉が、皆と五つ子の姉妹として生まれることができて幸せでした、とメッセージを読み上げます。 らいはからしっかり旦那さんしなきゃだめだよ、と言われていると、四葉も緊張の糸が解けて一気に疲れがきたよ…、と言いながら風太郎の前に現れます。 そこで誓いのキスの時の話になり、風太郎は五年前の春の旅行、あの鐘がある見晴らしのいい丘でのことをはっきり思い出した、と言います。 そして場面は五年前の春の旅行に戻り、四葉と五月は風太郎が付いて来ていない事に気付きます。 四葉は五月の姿ではややこしいので五月本人が行った方が言いますが、五月はきっと上杉君なら気づいてくれるはずです、と言い四葉に行かせます。 それは四葉のトレードマークのリボンですが、四葉はスタッフにもう要らないので捨てておいてください、とお願いします。 風太郎がいいのか?と聞くと、四葉は私に気づいてくれる人がいるから、と返事をします。 風太郎はめちゃくちゃだとあきれますが、四葉はいいじゃんと笑ったあと、皆一緒の方がもっと楽しいよ、ね?と風太郎に言います。 そして行きたいとこを指差そっ、と四葉が言い五人で行きたいところを指差すことになります。 そして場面は風太郎の回想となり、気付くと風太郎は五つ子たちのマンションのソファで眠っていて、五つ子たちに起こされます。 そして、五つ子ってめんどくせー…、と高校の頃の風太郎と、五年後の風太郎が呟きます。 結婚式披露宴では四葉が父親、母親に感謝のメッセージを読んでいますが、それと同時進行する形で五つ子ゲーム ファイナル、答え合わせも進みました。 風太郎は無事、全問正解することが出来てました。 そして、最後は高校の時の卒業旅行の話し合いと、結婚式後の新婚旅行の話し合いがリンクする形で描かれていて、風太郎が高校の時も結婚式後も、どちらも五つ子ってめんどくせー…、と思ったんだと回想して終わっています。 そして、TVアニメ2期が2020年10月からTBSほかにて、放送が決定したと発表があります。 原作の内容をどこまでアニメ化するのか、興味があります。 新しい内容はなさそうなので、少し残念です。 応募者全員プレゼントについても書いてあります(ただし全5種、一花、二乃、三玖、四葉、五月バージョン全て集めるには、11号&12号プレゼント応募券を5セット揃える必要ありです・・・、さらにプレゼント応募券は紙媒体限定のようです)。 五等分の花嫁、読了・・・・!そして完走お疲れ様です、ねぎ先生・・・・! とりあえず、多分五人の並びの順番先週から変わってないと仮定すると・・・・五月ちゃん外したの軽く落ち込みます。 二乃と消去法で四葉は当たりましたが・・・・。 推しを外すと悔しさが半端ないですね。 一人一人当てていくという予想は何気に当たりました。 それぞれとの関係性も見れてとてもよかったです。 鐘キスの相手も無事判明・・・この経緯だと鐘キス直前での行動にも違和感は無いですね。 あとこの時点で既に五月ちゃんの風太郎への信頼感半端ない。 五月ちゃんがキス魔って言ってたので一瞬おや?って思いましたが自分で送り出したんだからそりゃ知ってるわ・・・・というかその事故だけならキス魔とは言われないか。 自分以外の姉妹全員としてる(事故と相手からだが)事実を知ってるんでしょうね。 68話での姉妹の会話の後で聞いてた可能性ありますね。 五つ子ゲームファイナルのまさに直前。 ㊙情報はフルカラー版の連載開始のよう・・・まぁ内容はおそらくほぼ変わらないので買うかどうかはまた後日考える方向で・・・・マルチエンディングのIFルート期待したとか言えない(言ってる)。 それはゲームで出るの期待しようそうしよう。 何気に五月ちゃんVerのファンブックの表紙も出てましたね(既出?)。 こちらも買わないと。 サイト主様も完走お疲れ様です。 はー、終わりましたね。 最後は五つ子全員を見分けましたが、見分ける力は愛なので、風太郎の愛情も五等分ということで納得しています。 別の場所では、雑だ、四葉は納得いかない、とか騒いでる人達もいますが、どうもラブコメはかくありきみたいなテーゼから外れたことに不満があるみたいですね。 私は、これは単なるラブコメではなく、自己中心的な風太郎と無機質な五つ子が出会い、その化学変化による成長の物語ととらえており、非常に面白い作品だったとの感想です。 ところで、鐘キスについて、四葉が風太郎のもとに向かった経緯はわかりましたが、キスが四葉の意思だったのか事故だったのかはっきりしません。 当時の四葉であれば事故だったら慌てふためくと思うのですが、キス後の思いつめた表情、迎えに行ったはずなのに風太郎を置いて去ったことから自分の意思だったと推察しています。 でも、温泉回は三玖と五月がメイン、一花と二乃のつばぜり合いで、四葉は前面に出てない印象なので、キスに至る四葉の心情を理解し切れてません。 風太郎への思いは一花、二乃、三玖に負けてないものの、姉妹への遠慮から抑えている四葉にとって、五月に変装してる隠れ蓑を借りてできる精いっぱいのデモンストレーションだったのでしょうか。 この辺は、第1話からの読み返しで納得していきたいと思います。 終盤から参加、いつも長文、駄文にもかかわらず丁寧に返信を付けれくれた管理人さんに感謝します。 最終回になって虚無感から何度も読み直しているうちに、五つ子ゲームファイナルの並びが35話の風太郎の推理と同じとか、今まで気づかなかった伏線を新たに見つけて、やっぱりねぎ先生はすごい方だと思いました。 今までいろんな漫画やアニメを見てきましたが、1週間たってもここまで虚無感が無くならなかったのは初めてでした、やはり初めて推しが勝利したことと推し以外も魅力的なヒロインだったので、それほどこの作品を自分が楽しみにしていた作品だと実感しました。 最後の新婚旅行のシーンも、これは風太郎と思い出の娘である四葉の2人の物語ではなく、風太郎と五つ子の6人の物語だから、いつまでも6人は一緒という終わり方だと自分は考えいます。 五等分の花嫁完結しましたね。 自分はアニメで五等分の花嫁にはまり原作を読み始めたのですが、ちょうど一花が暴走しているシスターズウォーのころでネットやTwitterで、一花や三玖の告白のへの誹謗中傷などで荒れていて、好きな作品が荒れているのが嫌で一度読むのはやめてしまいました。 その後「寄宿学校のジュリエット」の最終回を読むため買った、竹林登場回からまた読み始めましたが、四葉が選ばれた辺りからまた荒れて、作品や四葉への誹謗中傷や四葉の落書きがTwitterに上げられ、四葉推しでしたので耐えられなくなりまた逃げてしましましたが、最終回になり少し落ち着いたので最終回まで読み、素晴らしい出来に感動し、またYouTubeやここのようなサイトのように、批判的なコメントもなく肯定的な意見が多いのもあると知り、皆さんのように1ファンとして批判からも逃げずちゃんと向き合い、この感動をリアルタイムで感じるべきだった後悔しました。 自分が四葉を好きになった理由として、デザインや元気いっぱいで明るい娘が好きってのもありますが、自分自身が三玖のような内気な性格で得意なものがなく、四葉のように自己評価が低く、自己犠牲で問題を抱え込んでもで周りに頼らず失敗した過去があるので、自分自身を四葉に重ねていたのだと思います、だからこそ四葉が報われて本当によかったと思います。

次の