ジェット スター キャンセル。 ジェットスターのキャンセルや変更方法の技まとめ

超簡単!たった10分で完了!Jet Star(ジェットスター)のキャンセル・バウチャーによる返金処理手順!手数料無料で全額返金が可能!

ジェット スター キャンセル

運行キャンセル確率ってやっぱり気になる!ジェットスターLCC 格安航空券 LCC 格安航空券 に乗る前にどうしても不安に感じてしまうことが『 欠航』だと思います。 一時は『パイロット不足で 欠航が相次いだ』なんてニュースになったことがあったほど。 当時、LCCのホームページには 運航率が表示されていた時期があったのが懐かしいです。 それを見たときのLCCの印象は、 飛ばない航空会社があるなんて・・と衝撃でした! 果たして、今飛行機の遅延、欠航、 キャンセルに関して、そして確率はどのくらいなのか。 今日は、国内のLCC 格安航空券 では No. 1就航路線数を誇るジェットスターの 欠航と遅延率の確率についてお話させていただきます。 参考資料として、国土交通省が平成28年 2016年 1〜3月分の特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報を公開しましたので掲載いたします。 1を記録してしまいました。 実は、 毎年Peachやバニラ・エア等とLCC内でワースト争いが繰り広げられています。 では、 なぜLCCの遅延率が高いのか、理由を探ってみましょう。 LCC 格安航空券 は ・乗り降りに使う時間を出来る限り短縮して便を増やす。 ・余分に燃料を積まずに、最小限の資源で飛行機を飛ばす。 ・機材を何度も使い回して、一日で出来る限り多く飛行機を飛ばして便を増やす。 ことでコストを抑えています。 従って、 時間に余裕がないため、一日の中で何かが遅れた場合、 その後も引きずって遅延してしまうという構造になっています。 確かに、今振り返ると、特に夕方〜夜発の便は30分くらい遅れて出発していた記憶があります。 LCC 格安航空券 に乗る場合は、その後のスケジュールをゆとりを持って計画するのがよさそうです。 因に、海外の航空界社は飛行機の遅延は日常茶飯事だそうです。 時間をしっかり守る日本人ってすごいですよね。 LCC 格安航空券 に乗る場合は、 キャンセルするか瀬戸際に立たされるよりもその後のスケジュールをゆとりを持って計画するのがよさそうですね。 この数値は JALとANAとも匹敵するほどのいい数字です。 LCC 格安航空券 で色んな企業努力をされている中で、素晴らしい数字ですよね。 この 欠航率から見ても、ジェットスターだからと言って、 「欠航するかも・・」とそこまで心配する必要はなさそうですね。 ジェットスターの欠航・キャンセルに関する対応は、自社 整備不良や機材操り 理由や天候による理由など、 欠航原因の種類によっても違うようですが、 対応もある程度きちんとされています。 前日などに「 運休」が決まった場合は、 ジェットスターよりメールで連絡が来ますので、必ずチェックをしましょう。 ただし、注意しておきたいことは、LCC 格安航空券 ジェットスターには大手航空会社のような 「他社便への振替」「他交通機関への振替」という取り扱いは運輸約款にないことです。 つまり、どういうことかというと、 欠航すると自社便への振り替えか払い戻しになります。 LCCは本数が少ないため、自社便への振り替えだと何時間も待つことになったり、振り替えが翌日以降になる場合もあるので注意しましょう。 欠航に関しては、天候に影響されやすい場所と時期(北海道の雪シーズンや沖縄、鹿児島付近の台風の影響)が大きく左右されます。 欠航を避けたい場合は、行く時期をよく考えてみるといいかもしれませんね。 最後に、余談になりますが、 『欠航と運休の違い』ってご存知でしょうか? 欠航は、元々フライトを予定していて、空港に既に乗客が集まっている状態で中止になる場合のこと。 安全性と利益面を考え、この決定は ギリギリの判断になる場合が多いそうです。 運休は、乗客が空港にくる前に前もって キャンセルする場合のことです。 欠航率が低いことは分かったけれど・・ 次回は、いざ欠航になってしまった場合どうなるのか、という情報についてもお伝えさせていただきたいと思います。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の

ジェットスターの欠航によるフライトキャンセル(払い戻し)をやってみた

ジェット スター キャンセル

新型コロナウィルスによる肺炎の感染拡大における、 LCC「」の特別対応について。 国際線と国内線を分けて、ご紹介します。 特別対応の内容は変更される場合がありますので、 必ず、(外部リンク)で、 しっかり、その都度、ご確認ください。 ジェットスターが随時更新する専用ページ まず、ジェットスターの公式サイト(日本語)に、 今回の件についてのページがあります。 随時更新されています。 ジェットスター国際線の場合 まず、国際線の場合、運航便の運休が発表されています。 もし、該当する場合は以下の対応となっています。 対象期間にご注意ください。 手数料無料の期間が延長されるケースも考えられます。 対象期間外のキャンセルは既定の手数料がかかります。 すぐにキャンセルする必要がなければ公式発表まで待って、 発表があってからの対応がおすすめです。 ジェットスター国内線の場合 次に、ジェットスターの国内線について。 今のところ( 2020 年 3 月 3 日現在) 国内線についての払い戻しは、 一切アナウンスはありません。 つまり、キャンセルした場合、手数料がかかります。 最安運賃だと一切返金なし、です。 国内線の全路線、特別対応が発表されました(2020年4月8日) 対象期間にご注意ください。 くれぐれもご注意ください ジェットスターが販売する最安の「Starter」運賃の場合、 キャンセルすると、バウチャーを含め、一切返金がありません。 ただ、この運賃は「予約内容の変更」が可能です。 変更するための手数料がネット上だと3,300円かかります。 空港での変更だと4,400円。 気を付けてほしい点は、もともとの予約が「Starter」の場合、 例えば、バウチャーでの払い戻しが受けられる「Starter MAX」に、 変更した場合だと、払い戻しは受けられません(以下) ===== もともとの予約がエコノミークラス「Starter Max」ではない場合、 または変更手続きの締め切り時刻を過ぎてから申告された場合、 フライトバウチャーでの払い戻しは不可となります。 ===== 【まとめ】 LCCは、今回の件の対応を見ていても、大手航空会社と比べ、 返金などにはとてもシビアだなという印象を受けます。 ただ、すぐにキャンセルせず、まずはジェットスターへ、 問い合わせてみることをおすすめします。 どうしてもダメだと言われれば、仕方ないですが・・・ 万が一、肺炎にかかっていた場合なども、ジェットスターへ、 必ず相談してください。 とても悔しい思いをした方は、次、航空券を買う時、 この航空会社でよいのか、この運賃でよいのか、もしも、 キャンセルする事態が起きた場合、なども、今一度、 想定してから、ご購入ください。 LCCには、キャンセル時の手数料などの差額をカバーできる、 「」もあります。 115•

次の

手数料一覧

ジェット スター キャンセル

キャンセル料はいつから発生する? 飛行機のキャンセル料は、基本的に購入後から発生します。 航空券は予約後、航空券購入期限内にクレジットカードや銀行振り込み、コンビニ支払い等で航空券費用を支払います。 予約の段階では、キャンセル料は発生しませんが、代金を支払った後は、キャンセル料金が発生します。 ANAの「ANAスーパーバリューチケット」やソラシドエアの「バーゲンチケット」はそれぞれ搭乗日54日前、60日前まではキャンセル料(取消手数料)はかかりませんが、搭乗日54日前、59日前からキャンセル料が発生します。 ANA ANAスーパーバリュー 搭乗日54日前から JAL 先得 購入後から スカイマーク 購入後から ピーチ 購入後から ジェットスター 購入後から ソラシドエア バーゲン 搭乗日59日前から 飛行機のキャンセル料金の内訳 キャンセル料金=払戻手数料+取消手数料 払戻手数料 飛行機の予約をキャンセルして払い戻す場合、払戻手数料がかかります。 払戻手数料は、各航空会社によって違いますが、おおよそ400~500円程度。 割引の無い通常運賃の場合は、キャンセル料が掛からない場合が多いですが、払戻手数料はほぼ全ての航空券にかかってきます。 ANA 430円 JAL 430円 スカイマーク 500円 ソラシドエア 430円 スターフライヤー 430円 取消手数料 航空券のキャンセル料の内訳で一番高くつくのが、取消手数料です。 割引の無い正規料金で購入した普通運賃の場合は、出発予定時刻前であれば取消手数料はかかりません。 出発予定時刻後であっても、取消手数料は数千円程度で済む場合が多いです。 ただし、多くの人が利用する割引運賃の場合は、取消手数料が高くなります。 ANAの「ANA SUPER VALUE 旅割 」やJALの「先得」、「特便割引」、スカイマークの「いま得」といった割引された航空券の場合は、チケット購入後から取消手数料が発生するのが一般的です。 払戻金は、クレジットカード払いの場合は1~2カ月程度で使用したクレジットカード口座に払い戻されます。 現金払いの場合は、1週間程度で指定の口座に払い戻されます。 搭乗日当日にキャンセルする場合は必ず出発15分前までにキャンセル手続きを済ませること! 飛行機を予約していても急な用事で当日キャンセルをしなくてはいけない場合もあります。 そんなときは必ず出発予定時刻の15分前までにキャンセル手続きを済ませることが大切です。 当日キャンセルする場合でも、航空券の代金は一部帰ってきます。 特にJALの場合は出発予定時刻の15分前を過ぎるかどうかでキャンセル料金が大きく変わってくるので、当日キャンセルする場合は出発予定時刻の15分前にホームページや予約センター、空港カウンターでキャンセルを済ませておくようにしましょう。 LCCはキャンセル不可が多い ANAやJALをはじめとする一般航空会社の場合、航空券をキャンセルしても購入代金から払戻手数料と取消手数料を引いた額を払い戻すことが可能ですが、LCCの場合は原則キャンセル不可なので、払い戻しが出来ない場合がほとんどです。 航空券を予約した段階では、まだキャンセル料はかかりませんが、チケット代金を支払った後は、出発予定日までの残り日数に関わらずキャンセル不可となってしまいます。 また、ピーチの「バリューピーチ」や「プライムピーチ」、ジェットスターの「フレックスBiz」、「しっかりMax」の場合は払い戻しが可能です。 ただし、払い戻しは現金ではなく、ピーチで使える「ピーチポイント」、ジェットスターで使える「フライトバウチャー」といったポイントでの払い戻しとなるため、実質LCCでの払い戻しは不可と思っていいでしょう。 知っておきたい!キャンセル料無しで全額返金される特例ケース 病気 ANA、JALの場合は搭乗者本人或いは同行者が病気になってしまい飛行機を利用出来ない場合に限り特例としてキャンセル料金(払戻手数料・取消手数料)無しで、支払った全額を払い戻すことが出来ます。 その際は病気で旅行に行けなくなったことを証明するために、医師の診断書が必要になってきますので、かかった病院で診断書を発行してもらいましょう。 また、ピーチやジェットスターを始めとするLCCの場合は病気の場合も基本的に払い戻しは不可となっています。 ピーチの場合は別途「Peachチケットガード(保険)」に加入していた場合に限り、病気での払い戻しが可能となっています。 台風 台風を始めとする悪天候・自然災害によって飛行機の遅延、欠航が見込まれる場合や遅延、欠航が決まった場合は飛行機のキャンセルが可能です。 この時、払戻手数料や取消手数料はかかりません。 LCCの場合も不可抗力による自然災害が原因の場合は払戻可能です。 航空券の譲渡は出来ないので注意しておこう 航空券をキャンセルする場合、キャンセル料として払戻手数料や取消手数料がかかるので、せっかく支払ったお金が無駄になってしまいます。 また、LCCの場合は基本的に払い戻し不可なので、キャンセル時期に関わらず、支払った全額がキャンセル料となってしまいます。 お金を少しでも無駄にしないために、家族や友人へ航空券を譲渡することを考える人も多いですが、航空券の譲渡は各航空会社ともに禁止されています。 航空券を利用する場合、利用者は航空券面上に記載されている名義人本人である必要があります。 もし、名義人と違った場合は搭乗することは出来ません。 当然、メルカリやラクマといったフリマアプリやヤフオクといったインターネットオークションで売買することも禁止されています。 各航空会社別のキャンセルのコツ 各航空会社別にキャンセル料を少しでも安く抑えてチケット代を取り戻すためのコツを紹介しています。 ANA JAL スカイマーク ジェットスター ピーチ まとめ 飛行機のキャンセル料は、予約後の支払を済ませた段階から発生するのが一般的です。 また、キャンセル料は搭乗日に近づくにつれて金額が高くなっていくので、キャンセルする場合は出来るだけ早い段階でキャンセル手続きを済ませておくことが大切です。 また、LCCの場合はキャンセル時期に関わらずチケット購入後から払い戻し不可となるので、予約の際に注意しておきましょう。

次の