ポカリスエットのcm。 ポカリスエット(2020)CMの女性(女優)は誰?吉田羊と鈴木梨央が踊る曲も紹介!

ポカリスエットの歴代CM女優|初代~最新版の女性出演者タレントを紹介

ポカリスエットのcm

「ポカリ、のまなきゃ。 」シリーズ第13弾。 テーマは、「今年の暑い夏、胸がキュンとなるほど楽しい時間」。 娘は母を気にし、母は娘を気遣いながら、何があろうとなかろうと、 楽しくつつがなく過ごしたいと思い合っているふたりを描きます。 今回は、YMOの「君に、胸キュン。 」をカバー! 「君に、胸キュン。 」は1983年、作詞 松本隆、作曲 高橋幸宏、細野晴臣、坂本龍一でリリースされた、 イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の大ヒット曲です。 楽曲アレンジ、プロデュースを手掛けたのはYMOメンバーである高橋幸宏氏。 今まさに新しくて、楽しくて、ちょっと懐かしい「君に、胸キュン。 」を作りあげました。 「君に、胸キュン。 」2020夏バージョン、お楽しみください。 CM・ムービー• 出演者情報• コンセプト• ナレーション• スタッフリスト.

次の

ポカリスエット CM「ポカリNEO合唱」篇 60秒|OTSUKA ADVIEW SITE|大塚製薬

ポカリスエットのcm

ポカリスエット 種類 スポーツドリンク 製造元 販売元 大塚製薬 発祥国 販売開始 公式サイト ポカリスエット( POCARI SWEAT)は、から発売されている。 においては同社の(第1574161号ほか)である。 日本におけるの先駆けであり、以降多数の後追い商品が生まれた。 大塚製薬はポカリスエットをスポーツドリンクでなく、発売当時より 「 発汗により失われた水分、イオン(電解質)をスムーズに補給する健康飲料」としている。 略称は「 ポカリ」。 5, 3-:10, -:1)を含有する。 価格は缶タイプで当時120円(この時点の製品の250 ml缶は100円であった)。 発売当初、ポカリスエットのキャッチフレーズは「アルカリイオン飲料」であったが、「内溶液のがを示す」との誤解を招きかねないため、現在は 「イオンサプライドリンク」とショルダーフレーズを変更している。 ショルダーフレーズはパッケージデザイン節を参照。 ヒトの体液に近い組成と浸透圧の()が、発汗によって失われた水分を補給するのに効率が良い事は、など、様々な研究機関で研究されており、では、リンゲル液を飲みやすい味に仕上げたスポーツドリンクとして、がすでに商品化されていた。 昭和48年(1973年)、の開発を担当した研究員のが、出張で、ひどい下痢になって医師の診察を受けた折、の処方以外に「水分補給のためを飲みなさい」と指示された。 これは下痢にジンジャーエールが効くということではなく、当時のメキシコにはミネラルウォーターがあまり売られていなかったためである。 この経験から、播磨は体にすぐ吸収される飲料が商品化できないかと考えつく。 帰国後、後に社長に就任するにこの事を報告すると、「そういう商品もポツポツいるな。 」と言う返事が返ってきた。 実はこの時、すでに大塚明彦は雑誌の記事でアメリカでゲータレードが発売されたことを知っていたのである。 そして大塚が社長に就任したあと商品開発がスタートした。 多くの人に飲んでもらえるようにと、スポーツドリンクではなく、日常生活の中で飲む飲料を目指すこととなった。 大塚製薬は元々、病院で使用される用のリンゲル液を手がけており、グループ会社である大塚製薬工場は輸液(点滴)の分野では最大手であったため、先行商品であるゲータレードがリンゲル液の組成に近い事はすぐに判明した。 また、長時間の手術を終えて疲労した医師が、水分補給にリンゲル液を飲用している事実も知っていた。 こうした背景から、新商品は自社のリンゲル液を元にして開発が進められた。 各種イオン濃度は綿密に調整され、ヒトの体液に極めて近い組成および浸透圧になっている(「飲料」という用語もここから生まれた)。 先行商品であるゲータレードに対抗するために、食味の研究も入念に行われ、のをヒントに、塩味と甘みの絶妙のバランスを図った。 と表記されているが、ポカリスエットは苦味を和らげる為にを使用しており、原材料にも「果汁」と表記されている。 現在は日本やをはじめ、多くの国家で発売されている。 大塚製薬によれば「食品分野ので、これだけ国際的な知名度を持つ製品は少ない」とのこと。 米国内でスポーツドリンクといえば、老舗のの方が強いが、ゲータレードは2015年に日本市場から撤退している。 日本ではが発売するが、長年に渡り最大のライバル商品となっている。 ポカリスエットは甘味が強く、アクエリアスは酸味が強い。 などの統括団体、の公認スポーツドリンクである。 平成19年(2007年)頃から環境問題に配慮して、すでに販売している製品の一部でエコボトルを採用している。 製品ラインナップ [ ] 日本国内 [ ]• ポカリスエットペットボトル 250ml• ポカリスエットペットボトル 500ml• ポカリスエットペットボトル 900ml• ポカリスエットペットボトル 1. ポカリスエットペットボトル 2L• ポカリスエット缶 245ml• ポカリスエット缶 300ml• ポカリスエット缶 340ml• ポカリスエット缶 480ml• ポカリスエット1L用粉末• ポカリスエット10L用粉末• ポカリスエットスクイズボトル• ポカリスエット15L用ジャグタンク• ポカリスエット 180gゼリー この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2012年8月)• ポカリスエットの製品化の話が持ち上がった際、会議で一部役員から商品として弱い、売れないなどの否定的な意見が出る中、サンプルを見た社長(当時)の「これは売れる」という鶴の一声で一気に話が進んだという。 販売開始初年度、未知の味にセールスが不調で、を置いてもらっている店でも「売れる気がしない」と、なかなか置いて貰えなかった。 テントを立てて1杯100円で試験販売しても不評だった。 そこで、無料配布(今で言うサンプリング)を1年間(スポーツ競技会・イベントなど効果的な場を選んで)続けた結果、それまで横ばいだった売れ行きが、2年目の夏、一気に売れ始めた(初年度の無料配布では40億円以上もの損失をしたとの事)。 現在も夏場にはポカリスエットの無料配布を続けている。 が、に心臓外科手術を受けた後、「喉が渇いている、ポカリスエットが飲みたい。 」と筆談でしきりに懇願し、兄のが記者たちの前で、そのことを口にしたところ、その日からポカリスエットの売上が急増し、大塚製薬からはトラック1台分のポカリスエットが、裕次郎の入院先であるに届けられ、石原慎太郎の自宅には、数ケース分のポカリスエットがで届いたという。 これが縁となってか、大塚製薬は「21世紀の石原裕次郎を探せ! 」の冠スポンサーを務めている。 ポカリスエットの「ポカリ」は、明るくさわやかな響きを持つ言葉としてつけたもので、特別な意味はない。 「スエット」は文字どおりの「汗」の意味で、体から目に見えて失われる「汗」を表し、水分やイオンの大切さを訴えることからつけられた。 日本体育協会やの推奨するナトリウム濃度と合致している。 1998年より、日本サッカー協会が「サッカー競技中のスポーツドリンク」として、ポカリスエット使用を承認した。 2002年2月、アメリカ合衆国医師会の学術誌である『Journal of American Medical Association JAMA 』2月20日号に、大塚製薬と日本航空の研究グループが行った『糖電解質飲料(ポカリスエット)が、長時間航空機に搭乗する場合の血糖粘度上昇に与える影響について』の論文にて、静脈血栓症梗塞栓対策に有用と掲載された。 展開も積極的に行っている。 が多数であるでは、に製造本数として2億3,000万本を達成し、国民1人あたり1本以上という年間消費量を達成した。 期間中には、日没後にテレビCMを集中放送する( の項も参照)。 しかしでは、スエットが英語では「汗」の意味を持つため、「不潔」「飲む気にならない」「容器入りの汗をイメージしてしまう」という理由から、売り上げはあまり伸びていない。 「ゲータレード」や「NCAA」など、競合商品も多いでは、競争率が高いのも原因の一つである。 の影響で、客が増えるにつれ、英語圏での知名度も上がっている。 単純に「変な名前の飲み物がある」ということで、旅行の楽しみになっている ほか、中長期に渡って、日本に滞在した外国人は「ゲータレードの半分の甘さ」「病院で勧められた」などの理由で、帰国後もポカリスエットやアクエリアスを探し求めることが増え、アメリカ合衆国では、2014年頃からで購入しやすく、甘さの調節ができる粉末タイプの商品の人気が上がっている。 乳幼児用の清涼飲料「ビーンスタークポカリスエット120mlびん」にが混入していたことが2011年7月1日に明らかになった。 約23万本が自主回収された。 パッケージデザイン [ ] 「POCARI SWEAT」のデザインは、世界的、によるもの。 発売2年目から本格的に広告展開を始めるにあたり、のによりパッケージ全体がリニューアルされ、現在使われているものと同じになった。 具体的には、「POCARI SWEAT」のロゴの大きさと文字の間隔の修正、イメージカラーの青色の修正など。 「生命の源である海の青と波の白」をイメージし 当時としては、斬新とされたマリンブルーの色彩を使用した。 「味覚感がない」という理由から、飲料水パッケージには採用されてこなかった青色を、缶デザインに初めて大々的に取り入れる斬新なデザインで、清涼感を強く打ち出し、後のスポーツ飲料のイメージを決定付けた。 広告などが全て刷り上って準備万端の発売寸前に、グループ会社である大塚食品の社員から「食品関係のパッケージに、青は絶対に使わない」と言われ、商品に関わった者たちは、順調な売れ行きを知るまでの期間を、戦々恐々として過ごした。 ショルダーフレーズ [ ]• 1980年 - アルカリイオン飲料• 1983年 - アイソトニック飲料• 1984年 - イオンサプライ• 1992年 - リフレッシュメントウォーター• 1999年 - ボディリクエスト• 2002年 - イオンサプライ 広告宣伝 [ ] 発売当初は「イオン飲料アルカリ性」をに、ショルダーネームとして製品などに記し、発売2年目から広告宣伝を始める。 コマーシャルメッセージ [ ] 1981年頃よりに欧米の女性モデルや女優を起用し、大塚製薬では初めて外国人を起用して日本の国外で撮影した。 1981年 - 1982年にのモデルのフランチェスカ・マクベス、1983年に、1984年はスェーデン人のエバ、1985年は ()などが務めた。 この時期はオリジナル曲を用いており、レコードやCDなどは発売されていない。 の「第1回ポカリスエット・イメージガール・コンテスト」は12000人あまりが応募し、優勝したがと共にCMに出演して耳目を集め 、森高が主演するポカリスエット・ムービーキャラバン第1作「あいつに恋して」も制作された。 からイメージキャラクターに、、らを起用し、は、、らのとした。 夏期は爽快な雰囲気を、冬期は機能をそれぞれ訴求し、夏期は新人女優やモデル、夏期以外は男性芸能人が多くみられる。 スポーツの大きな大会がある場合にはスポーツ選手を起用する事もある。 新人女優やモデルは基本的に20歳未満であり、近年は夏休み近辺の学生をイメージしたものが多い。 ポカリスエットのCMに出演する新人女優やモデルはCMにより注目され後に有名になる事が多く、『 有名女優の登竜門』と呼ばれている。 10月にでCMを撮影し、の年始からキャンペーン「PLANET BLUE」として放映した。 のCMキャッチコピーは「一緒に生きてく水」。 は「RE-BODY」(リボディ)。 は「ACTION」(アクション)。 企画、制作は。 クリエーティブディレクター、プランナー、アートディレクター・。 は「汗を楽しめ!! FAST SUPPLY,KEEP LONG! 」( - ファストサプライ、キープロング)。 は「KEEP YOU BEST」( - キープユーベスト)。 は「潜在能力をひき出せ。 」、「ポカリ、のまなきゃ。 は「汗は君のために流れる。 」 CM出演者 [ ] 太字は現在の出演者。 男性 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 女性 、、エバ、 ()、、、、、、、、、、、、、、()、、、、、、、、、、、 グループ 、、、()() 1998年にが出演、2007年に森以外、つまり現行のメンバーが順次出演するので、9年間の間を挟みつつも「森脱退後に森を含むSMAP6人が同じ商品のCMに出た」ことになるはずが、がのCMに出演して、清涼飲料水の契約が終わる6月まで実現しなかった。 はイオンウォーターのCMにも出演している。 イオンウォーターCM出演者 [ ] (2006年)、(2007年)、(2013年 - 2014年)、・(2015年)、・(2016年)、(2018年) 提供番組 [ ]• - 1980年代に東北地方の中波ラジオ局6局で放送されたラジオ番組。 投稿が採用されたリスナーにポカリスエットをプレゼントしていた。 - 2008年4月から2010年3月31日まで日本テレビ系列ほかで放送されていたテレビ番組。 - がCMに出演していたことから劇中で飲むシーンが登場。 当時のCMに出演していたと飲み物を交換して、お互いに飲みあうシーンも何度か登場している。 広告媒体 [ ] 12月にのジェット旅客機の機体 JA8562 に「POCARI SWEAT」のロゴをデザイン。 定期空路に用いる旅客機では日本初の機体広告となった。 これより以前に時代のには機内広告を掲出していた。 との夏期にによるで文字を作り広告を行うスカイメッセージを実施した。 キャッチフレーズ [ ]• 1980年- アルカリイオン飲料• 1983年- アイソトニック飲料• 1984年- イオンサプライ• 1992年- リフレッシュメントウォーター• 1999年- ボディリクエスト• 2002年- イオンサプライ 楽曲 [ ]• 1981年:まぎれなく恋()• 1983年:まぎれなく恋()• 1984年:シネマのように(CMオリジナル曲)()• 1985年:DEJA-VU(デジャヴー)(CMオリジナル曲)()• 1986年:• 硝子のレプリカント()• センド・イット・トウー・ミー()• 1987年:• きまぐれSummer Wind()• アイ・フィール ユア・ラブ()• 1989年:CO-COLO上天気()• 1990年:君が降りてきた夏()• 1991年:Shiny Day()• 1992年:()• 1993年:()• 1994年:()• 1995年:• 200倍の夢()• 1996年:(ZARD)• 1997年:エスケープ()• 1998年:• 夏の魔法()• 1999年:• 2000年:• (ポルノグラフィティ)• 2001年:• (JUDY AND MARY)• スカート()• travellin' man()• 2002年:()• 2003年:()• 2004年:(福山雅治)• 2005年:()• 2006年:(ポルノグラフィティ)• 2007年:SMAP No. 5()• 2010年:• ( feat. 2012年:• ( vs )• 2015年:• (・)• 2018年:• 2019年:• 揺れる想い(吉田羊・鈴木梨央)• 2020年• (吉田羊・鈴木梨央)• 君に、胸キュン。 2020夏バージョン(吉田羊・鈴木梨央) LUNAR DREAM CAPSULE PROJECT [ ] ポカリスエットのカプセルを2016年夏に月面に送り届けるが進行中である。 公式サイトでは月へ送るメッセージを募集中である。 実現すれば科学的な意義はともかく、民間団体による初の月面着陸になる予定である。 備考 [ ]• 発売当時のキャンペーン広告の企画・コピーはので現会長のが担当していた。 ちなみにパッケージデザイン担当の細谷巌は、この他にも大塚製薬から発売されているやのパッケージデザインも担当している。 ポカリスエット15周年記念キャンペーンで「みんなの夢航海」が実施された。 ポカリスエットのCMは、、、、、、でも放送されている。 台湾、中国では、日本と同じスポットが放送されている。 音声は差し替え。 香港では独自のCMが制作、放映されている。 ポカリスエットは12月に・で行われた(アジア大会)の公式飲料となっていた。 大塚製薬はアジア大会では、の、のに続いて3度目のスポンサーとなった。 のスポンサーであり、アジア予選(本選はコカ・コーラがオフィシャルスポンサー)やのオフィシャルドリンクとしてポカリスエットのボトルがピッチに置かれている。 の大塚製薬主催のコンサート「」でトリを勤めたはアンコール後最後の曲の歌詞を「ポカリスエット」と変更して歌唱した。 過去の商品・関連商品 [ ] ポカリスエットステビア 発売。 の葉から抽出した天然甘味料を使用。 カロリーは100ml当たり11kcal。 ポカリスエットが青を基調としたデザインであるのに対して、こちらは水色を基調としていた。 4月に終売。 ホットポー 粉末をお湯で割って飲む、「ホットポカリスエット」。 冬に大々的に売り出された。 なお、現在販売しているイオンウォーターパウダーはホット(湯で溶かす)も薦めている。 ビーンスターク・ポカリスエット 乳児用に濃度を薄めたもの。 果汁入り。 販売者は大塚製薬名義だが扱い商品。 ペットスエット 動物用。 グループ会社の(旧社名:)株式会社から発売。 脚注・出典 [ ] []• 大塚製薬. 2013年4月20日閲覧。 日守雅彦『大塚製薬ヒット商品のつくり方』 1989年• 新沼大 2010年12月13日. 2020年1月4日閲覧。 - 味博士の研究所()、2014年6月18日• 大塚製薬 2009年4月13日. 2013年4月20日閲覧。 大塚製薬 2007年10月18日. 2013年4月20日閲覧。 大塚製薬 2009年7月9日. 2013年4月20日閲覧。 (大塚製薬 2013年4月4日 2013年6月26日閲覧)• 2009年8月27日放送. 2013年2月27日閲覧。 石原慎太郎原作の小説『』より。 テレビドラマ版もこのシーンが再現されており、放映直後にはポカリスエットのCMが流れた。 大塚製薬. 2013年4月27日閲覧。 "スエット"は"汗"の意味で、水分補給の大切さを訴えるために、からだから目に見えて失われる"汗"を表しています。 大塚製薬公式サイト• Katherine Rundell 2018年9月29日. 2018年10月9日閲覧。 日テレNEWS24. 2011年7月1日. 2013年4月26日閲覧。 細谷巌 『イメージの翼2・GAN HOSOYA ART DIRECTION』1988年 旺文社• 週刊 2012年6月28日号 74-77頁 緊急連載 私がオバサンになっても 前編• 出典: 付• 大塚製薬 2006年4月7日. 2013年4月20日閲覧。 - 系(土曜日の協賛スポンサーだった時期がある)• - 系• - ユニフォームスポンサー• - 2007年5月に同公園のがと結ばれ、メインスタジアムの名称が「ポカリスエットスタジアム」となる。 - 1990年に来日公演を行った時のスポンサー• - のスポーツドリンクで、最大のライバル飲料。 ポカリスエットのほうが甘いというのが定説である。 - 「飲む」としての機能に特化した(個別評価型病者用食品)。 飲用に際し医師・薬剤師の指示が必要であることから、販売ルートが限られている。 - オフィシャルドリンクとして提供。 (オフィシャルスポンサーの一社)• - テレビアニメ。 大塚製薬がタイアップしており、劇中に実物が登場するほか、第11話サブタイトルとしてもその名が使用されている。 - テレビアニメ。 作中に実物が登場するほか、コラボレーションCMが製作された。 - テレビアニメで作中に登場する。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ポカリスエットに関連する および があります。 - (2018年8月31日アーカイブ分).

次の

ポカリスエット CM「うちで水泳」篇 15秒|OTSUKA ADVIEW SITE|大塚製薬

ポカリスエットのcm

ポカリスエット「中高生自撮りCM」制作の舞台裏につて知りたくありませんか? このブログでは、ポカリスエット「中高生自撮りCM」制作の舞台裏ついて解説しています。 このブルグでの内容は次の通りです 生命力をキーワードに若い世代に訴求 広告制作、リモート化へ試行錯誤 映像はすべてZoomで撮影 大塚製薬の清涼飲料水「」の最新テレビCMは、約100人の中高生が自宅で歌う様子を集めて制作された(写真:大塚製薬) 「目覚まし、登校、ホームルーム、今日、日直誰なの、トップニュース!」 ラップ調の歌が始まり、段々と歌う人数が増えていく。 「今しかない、この一瞬は、今を生きている、僕らの歌」「今だ、今だ、今だ、今なんだ、歌おう、僕らの歌」 最後は大勢の合唱で締めくくられる。 およそ100人の中高生たちがスマートフォンで自撮りしながら歌うテレビCMが4月に流され、ネット上で大きな話題となった。 大塚製薬が電通などと制作した清涼飲料水「ポカリスエット」の広告だ。 生命力をキーワードに若い世代に訴求 新型コロナウイルスの感染拡大によって大人数が集まって撮影することが困難になったが、CMの内容が休校になっている現状と重なり合い、注目が集まった。 中高生の自撮りによって完成したポカリスエットのCM 大塚製薬はここ数年、ポカリスエットを若い世代に訴求すべくCMを変えてきた。 同社宣伝部の上野隆信課長は「2010年にポカリスエットが発売から30周年を迎えた際に原点回帰で機能を伝えることに注力した結果、熱中症や風邪のときに飲むものとして浸透した。 2016年からは「ダンス」をテーマとしたCMを展開。 2020年は合唱をテーマに、約500人の学生が一堂に集まって歌う企画を2020年1月に決めた。 だが新型コロナの影響を受け、全員が集まる撮影の中止を2月下旬に判断した。 そこで3月に入ってから撮影手法を自撮りに変更し、もともと出演予定だった500人の学生の中から再度出演者を募り、最終的に97人が参加。 歌い方や撮影時の表情の注意点などを動画にして学生に送り、各自が自宅などでスマートフォンを使って撮影した。 4月10日からウェブサイトで、17日からテレビでの放映が始まった。 制作過程におけるやりとりも大半がリモートとなった。 CMのクリエイティブディレクターを務めた、電通出身でなかよしデザインの正親篤氏は、「通常時は10人ほどでやる打ち合わせもリモートだった。 監督やプロデューサーと自分は対面のやり取りが続いたが、途中から自分も対面の打ち合わせには行かなくなった」と振り返る。 広告主が立ち会う試写についても、「今回は初めてオンラインで試写を行った。 スタジオであればその場で意見を言って編集に反映させたりできる。 最初は戸惑いもあったが、なんとか進行できた」(大塚製薬の上野氏)。 広告制作、リモート化へ試行錯誤 通常の撮影から自撮りの手法に迅速に切り替えられたのは、「これまでのノウハウの蓄積があったことが大きい」(電通の眞鍋亮平デジタルクリエイティブ・ディレクター)という。 ポカリスエットの場合、春にお手本となるテレビCMを流し、その後一般の中高生にダンス動画を投稿してもらい、その中から選抜された動画などを組み合わせて夏にCMにする取り組みを続けてきた。 今回の合唱でも、動画投稿サイト「TikTok(ティックトック)」で歌唱動画を投稿してもらい、選抜された約100人で6月にミュージックビデオをリモートで撮影する計画だ。 オーディションもすべてリモートだ。 「今の中高生の中にはテレビを見ていない人もいる。 練習して時間を掛けて撮影することで、ポカリスエットにかかわる体験が深くなる」(眞鍋氏)。 大塚製薬の上野氏は、「ともするとコロナに乗じた企画ととらえられてしまうかもしれないが、4年間続けてきたことをそのまま体現している。 撮影手法が変わっただけだ」と話す。 ある程度ブランドイメージが浸透してきたからこそ、ネット上でも受け入れられたのかもしれない。 ソニー・ミュージックエンタテインメントがリモートで制作したテレビCM。 YouTubeタレントの「フワちゃん」が出演した テレビ局と同じく、大勢のスタッフや出演者が集まるCM撮影現場は緊急事態宣言の影響を受けている。 電通の広告クリエイティブ部門で管理業務の責任者を務める石田茂富・CR計画推進センター長は、「広告の企画部分ではかなりリモート化が進んだ一方で、CM撮影や編集作業は9割以上が延期になった。 撮影は現場で試行錯誤をしながら、よさそうなやり方を模索している段階だ」と話す。 緊急事態宣言発令後の4月8日には、広告会社の業界団体である日本広告業協会や、広告制作会社でつくる日本アド・コンテンツ制作協会が、相次いで広告制作に関する指針を発表。 撮影を伴うものは基本的に延期すべきと要請した。 「業界全体としてメッセージを出したことで、広告主側にも理解してもらった。 要請を受けて急きょ中止になった例も出た」(日本広告業協会の村井知哉専務理事)。 一方、広告会社に頼らず社内の人材がリモートでテレビCMを制作した例もある。 人事労務のクラウドサービスを手掛けるベンチャー企業のSmartHR(スマートHR)だ。 同社のサービスを導入した人材紹介・派遣大手のTSグループがリモートで入社式を開催するにあたり、入社手続きをオンラインで完結した事例を急きょCMにすることが決まった。 映像はすべてZoomで撮影 4月28日からテレビで放映が始まったが、広告としては異例なことに、完成したCMはすべてビデオ会議システム「Zoom」で撮影されている。 CMの画面は4分割されており、右上にSmartHRの社員、あとの3人は東京にいるTSグループの人事担当者2人と、熊本県にいる同社の新入社員だ。 SmartHRはビデオ会議システム「Zoom」を使ってテレビCMを撮影した 「パソコンのカメラを使ったビデオ会議の画質ではテレビCMとして成り立たない可能性があった」(SmartHRマーケティンググループの荒木彰氏)ため、東京にいる3人はZoomの会議に一眼レフカメラを活用。 新入社員だけパソコンのカメラを使用したという。 4月1日の入社式直後にSmartHRのマーケティング部隊がCMの企画として練り上げ、撮影までの打ち合わせはすべてリモート。 実際の撮影もごく少数の参加にとどめた。 撮影後の編集は、SmartHRのマーケティング担当者3人と社外の動画クリエイター1人のみ。 「企画の立ち上げは完全に内製で、映像の編集もクリエイターと毎日やり取りして進めた」(荒木氏)。 マーケティング責任者の岡本剛典執行役員も「ほぼ社内で作り上げたCMは異例だ。 音楽や映像の編集に強い人材がいるマーケティングの組織だったからこそできた」と振り返る。 3月初めにSmartHRが首都圏で展開した電車内や駅構内の広告も実はほぼ内製だった。 もともとは人事労務の仕事を楽にして残業を減らせるという趣旨のメッセージだったが、新型コロナの影響で在宅勤務が増える中、締め切り直前になって「テレワークが始まった。 ハンコを押すために出社した。 」というコピーに変更。 ツイッターなどで関心を集めた。 新型コロナという、かつてない制約の中で自社のマーケティング戦略をどう進めるか。 多くの企業が悩み、試行錯誤する日々は続きそうだ。

次の