日本語教師 辞めたい。 教師を辞めたいと感じる理由と辞める前の注意点

日本語教師を辞めたい…と悩んでいるなら辞める前に読んでください-とある日本語教師のブログ

日本語教師 辞めたい

基本的に生徒は日本語をほとんど理解していない外国人のケースが多いために、予想もしていない食い違いや誤解が起こります。 そしてコミュニケーションが十分に取れないので相手に傷つけられたり、反対に傷つけたりと心の痛手を負うケースが多いのです。 一般的に日本人は和解を重視するばかりに、物事をはっきり言わない傾向があって、その点も外国人には理解し難いのでしょう。 余計に反発し合う原因にもなっています。 ですから、レッスンが良くないとか面白くない時はストレートに苦情が噴き出して、日本語教師のモチベーションを下げてしまう事になる様です。 そういった苦労がもとで、いっそ日本語教師を辞めてしまおうと悩んでいる方もいらっしゃる事でしょう。 他の職業に転職を考えているかもしれません。 ですが教師職の中で、日本語教師は恵まれた環境であると確認する事ができます。 例えば中学・高校の教師を見ますと、授業に関心が無い生徒が多い中、時には反抗的な妨害を受けながら、ストレスをためている先生がたくさんいます。 その点、日本語学校の生徒は高いレッスン料を払って、時間を取り分け、日本語を覚えて生活の役に立たせるべく集まっています。 良いレッスンであれば感謝さえしてくれる環境です。 つまり有益なレッスンをする事で高い評価が得られる世界である事を知っておくと良いのです。 生徒にとっては1回1回のレッスンは貴重です。 早く日本語を上達させて、より良い生活環境を手に入れようと真剣に通ってくるわけですから、それに見合うレッスン内容を工夫してみましょう。 つまらないレッスンの多くが、テキストばかりに頼った板書型の授業です。 そんな授業では先生ばかりがクドクドと話し続けている事でしょう。 あなたのレッスンはどうですか?生徒全員が先生と同じボリュウムで日本語を口にしていますか?あるいは自分の言いたい事を質問してきますか?そういったフレンドリーでフランクな雰囲気を心がけてカリキュラムを組むならば、きっと生徒全体の満足度がアップするはずです。 難しい文法を教えるのが日本語授業などではありません。 あなたが使っている言語を生徒と一緒に練習するだけで十分なのです。 もしこの仕事にやりがいが見えない時は、思い切って海外で日本語教師をしてみる様におすすめします。 アジア圏であれば、ほとんどの都市で日本語教室があり、ネイティブスピーカーを熱烈歓迎してくれるでしょう。 そうでなくても、自分のやる気が発揮できる職場を自分で探す様にしてみると状況は変わってくるかもしれません。 日本語教師の転職に有利!転職サイトランキング! サービス名 料金 転職エリア 無料 全国.

次の

新卒で日本語教師を辞めたい…将来性のなさとストレスで疲れた私は転職する決断をしました

日本語教師 辞めたい

先日のエントリ で、 日本語教師が自分のアタマで考える必要性について書きました。 そこで、今回はその具体的な思考の方法を「見える(聞こえる)」を題材に練習してみようかなと。 なぜ「見える(聞こえる)」を選んだかというと、「苦手な/だった文型アンケート」ではお一人しか挙げてらっしゃらなかったのですが、厳密にいうと「見える(聞こえる)」は語彙にあたるものの、他の文法もかなり絡んでくるし概念理解も難しいので文型を扱うのと同じくらい手間も時間もかかるから。 一応(聞こえる)とも書いているんですが、どっちにも言及すると内容がかなりややこしくなるので、このエントリではとりあえず「見える」だけについて書きます。 基本的に概念理解は「見える」も「聞こえる」も同じなんですが。 今考えると、この文型が苦手だった理由は、全てを一緒くたに漫然と捉えていたから。 というわけで、オススメの思考方法は、 1 分けて考えよう ってことです。 これは、かなり前からこのブログでも書き続けていることでもありますが。 まず分けて考えたほうがいいのは、 ・「見る」と「見える」 ・「見える」と「見られる(可能形)」 です。 これら3つをごっちゃに考えていたので、私の場合ずっとスッキリした説明にたどり着かなかったんじゃないかなと考えています。 まず、「見る」と「見える」の説明でよくあるのが、 「見る」は見ようという意志があるけど、「見える」は見ようという意志はなくても視界に入っている状態 ってものです。 ところが、この説明だと矛盾することが出てきます。 そこで、 Q1 この説明だと矛盾することってどんなことでしょう? を考えてみてください。 それから、「見える」と「見られる」についてですが、このどちらでもいける文が存在します。 それは、 ・富士山の頂上に登ると、きれいな景色が見える。 ・富士山の頂上に登ると、きれいな景色が見られる。 そこで、 Q2 この2つの例文が持つメッセージ性は、それぞれどんなものでしょう? が2つ目の質問です。 2 「ない形」で導入した場合を考えてみよう 私はこの「見える(聞こえる)」を導入するときは、ない形で導入します。 まずやったほうがいいことは、 「ない形」の例文をできる限りたくさん考える ってこと。 例文をできるだけたくさん考える重要性を私に教えてくださったのは、私が新人時代に研修を担当してくれた先生ですが、実行してみたところ腹落ちしたので、他の先生方にも言っていってるって感じです。 例文をたくさん考えた後にやっていただきたいのは、1の「分けて考える」ってこと。 おそらく例文をたくさん考えていき、それらの例文を分けて考えれば、同じ「見えない」でもいくつかの種類があることに気づくはず。 それで、次の質問。 ちなみに「聞こえる」も、同様の思考方法で分析できると思います。 まあ、視覚情報と聴覚情報の違いはありますが。 その勉強会については、また色々かたまり次第このブログでも告知などなどをしていこうと思ってます。 このエントリが、考えることが好きなどこかの誰かのお役に立てばいいなって思います。 ほな、さいなら! 樋口さんとの対談の第1弾を7月4日に行い、現段階で283回視聴していただきました。 見ていただいた方、ありがとうございます! というわけで、今週の18日(土)の14時からライブ配信の第2弾を行う運びとなりました。 第2弾の対談の内容は、 【前回の配信で話せなかったこと】 1 これまで教えてきた学生について 2 日本語教師をやっていて良かったと思うこと 3 (akkyの)理想の日本語教師像 【今後の勉強会の方針について】 4 勉強会の目指すもの 5 「は」と「が」の違いを一例にして、勉強会のイメージをお伝えする っていう感じです。 これをお読みになった方が一番知りたいのは5の「は」と「が」の違いだと思うのですが、これはこれらの助詞の違いの1つで最も基本的なものを私が解説するっていうこと。 なぜこのチョイスなのかというと、実際に苦手な/だった文型アンケートで、この「は」と「が」の違いを挙げられていた方が多かったのと、アンケートで最も多かった自他動詞や授受表現、ヴォイス(受け身など)に直結する文法だからです。 一応今の私のイメージでは、実際に授業で私が学生に導入するのを再現するっていうよりは、どちらかというと日本語教師向けの説明って感じ。 スケッチブックに例文書き込んだりして説明しようかな。 「は」と「が」の違いはたくさんあるので全部説明することはできないので、まあ一番基本的な違いのみを扱おうかなと。 前回の対談よりはコンパクトにしようということになっているので、時間は前回よりも短くなりそう。 また、今回の対談では、勉強会などのより具体的な情報をお伝えできそう。 というわけで、土曜日のライブ配信が見られる人にはリアルタイムで見ていただいて、その時間空けられない人はアーカイブで楽しんでいただけると嬉しいです。 ほな、さいなら! YouTubeでの樋口さんとの対談ライブ配信の中で、 日本語教師は文型分析など授業準備に際して自分のアタマで考えるべきだっていう旨のことをお話ししました。 その時に、自分で振り返ってちょっと言い足りなかったなって思うところもあったので、書いてみます。 対談では、主に「自分のアタマで考えた内容は自分の中に蓄積されていくけど、考えずに調べて得た情報は忘れていってしまうから」っていう理由を述べました。 でも、もう1つあるんじゃないかって後々思ったんですよね。 それは何かというと、 日本語教師がサクッと調べられる内容は、学習者も容易にゲットできる情報だから ってことなんです。 これって日本語教師あるあるだと思うんですが、文作りの宿題を出したら日本語文型辞典やその他の教科書の例文をコピペして提出する学生がいたりするんですよね。 つまり何が言いたいかというと、日本語教師が参照しがちな情報源を学習者は既に持っている可能性があるってこと。 今はネットもあるので、それ以上に学習者は色んな情報にアクセスしやすい状況ですしね。 なので、日本語教師サイドが調べたことを授業で説明している時点で、学習者はもうその情報を知ってるかもしれないんですよね。 これ、怖くないですか? 教師はきちんと授業を展開してるつもりでも、学生は「はいはい。 そんなこと知ってますよ。 」って内心で思いながら授業を受けているってことなので。 上記の対談の時に、私が今まで学生に言われて一番ショックだったことについてもお話ししてるんですが、ショッキングな内容でもわざわざ言ってくれたのは幸せだったとも思います。 普通、学生って思ってること言いませんから。 その教師の授業にどんなに不満を持っていても、学生は基本何も言わずにスルーするって思っておいたほうがいい。 相当日本語学習に貪欲な学生か、そうでなければ切羽詰まっている学生以外は意見表明しないものだ、っていうのが私の見解。 」って言ってくる学生もいなくはないです。 これ、結構最近の話なんですけど。 ぶっちゃけ、採用試験の模擬授業や日本語教師勉強会の模擬授業を見ていると、 自分のアタマで考えたのか用意周到に調べたのか ってことはすぐ分かるんですよね。 後者の授業を見せていただくと、すっごい調べて来はったんやなぁって思います。 特に分かりやすいのが、例文ですかね。 日本語文型辞典に載っている例文の、名詞や動詞を部分的に変えてるだけとか分かりやすすぎます。 私が新人時代に参加していた勉強会で担当されていたベテラン日本語教師がおっしゃっていたのが、「1つの文型で例文を5つ6つ思いつけない方は、日本語教師をお辞めになったほうがよろしいんじゃないでしょうか?」ってお言葉。 その時にはどういうことかよく分からなかったんですが、そういうことかなと。 逆に考えると、情報を寄せ集めただけの授業しかできない日本語教師って、簡単に代替されちゃうんじゃないかとも思いますよね。 そうなってしまわないためにも、私と樋口さんで行おうとしている勉強会 では、そういう自分のアタマで考えることができる日本語教師の方が増えていくことを目的に、運営していこうかなと考えています。 既に60名以上の方からアンケートにご回答いただいたようで、私もそのアンケート内容を教えていただきました。 「苦手意識がある/あった文型」については、正直かなりばらつきがあるので、全てを勉強会で扱うのは難しいのかなと。 なので、勉強会で扱う文型はあくまで題材で、どんな文型であってもこういう考え方で分析すればいけますよ的な考え方の筋道みたいなことをお伝えしていけたらいいなと、私個人としては考えています。 因みにもしかしたら樋口さんとの対談で、出ているご質問にちょこっと答えるかもしれません。 今私が個人的にちょっと思ってるのは、「は」と「が」の違いとかいいんじゃないかなってこと。 まあでも確定ではないので、あまり期待はしないでください。 勉強会では、最初は個々の文法や文型の分析のやり方、効果的な練習方法、読解の授業のやり方(これは対談後に樋口さんと話していて出て来た話)などをやろうと思ってるんですが、個人的には日本語教育の本質的なところまで到達できたらいいな、って思ってます。 例えば、リアルでお会いして来た日本語教師の方で、「文法って何ですか?」って聞かれて即答できる人ってあんまりいなかったんですよね。 勉強会を通して、そういうことに即答できる日本語教師の方も増えていったらいいなって、フワッと思ってます。 何となく個々の文型分析が容易にできるようになれば、そういう本質的なことについて考える余裕も生まれてくるような気がします。 まあ少なくともアンケートに答えてくださった方は、多かれ少なかれ問題意識を持っていて、自分のアタマで考えようとなさっているってことなので、この情報は私にとって喜ばしいものです。 なので、私もそういう方のお力になれるように最大限お手伝いできれば、と考えます。 私もいつまで日本語教師をやってるか分からないので、今のうちにやれるだけのことはやっておきたいかなと。 もちろん今すぐ引退する予定はありませんが、まあ未来のことは誰にも分からないので。 今まで色々書いて来ましたが、そもそも学習者に「ちゃんと考えなさい」っていうのであれば教師側も考えましょうってことなんじゃないかな、とも思います。 それと同時に、自分のアタマで考えられることこそが、日本語教師の専門性でありスキルであるとも考えています。 あ、樋口さんとの対談については、また近々ご報告できればって思ってます。 ほな、さいなら!.

次の

日本語教師を辞めたい…と悩んでいるなら辞める前に読んでください-とある日本語教師のブログ

日本語教師 辞めたい

日本語教師は現在、人手不足で、よほどのことがない限り、就職自体は難がないと思います。 人に話すと聞こえもいいですし、両親も喜んでくれました。 授業自体は大変でしたが、学生達とのやり取りは楽しく、お給料は安かったですが楽しかったです。 ですが、教員間の関係がギスギスしていて、辞めてしまわなければならない程にはひどくなかったのですが、自分がこの仕事をどのぐらい好きかということと、このストレスとのどちらを取るかで、思い切って辞めました。 日本語教師はいい人たちが多いです。 でも変わり者も多いです。 また、妙に学歴自慢の人が多いようにも思います。 みんな必死になって働きながら大学院出の資格を取っています。 私は自分もこうであらねばならないのか?という気分になっていき、究極的にはその自分が自分に課したプレッシャーに負けたというのが辞めた原因です。 一例を挙げると、専門学校を卒業して意気揚々と就職しましたが、先輩教師から「卒業してすぐだなんて、よく教える気になったね。 もっと修行を積んでからやるべきだと思わなかった?」といわれ、確かに経験も浅い自分が教壇に立っていていいのか?と疑問に思えたりもしました。 これが最初の出だしです。 また、変わった人たちが多いと書きましたが、これも一例を挙げると、 ある日、授業が終わったあと、学生の一人がどうやらみかんを食べた皮を床に落として行ったようだったのですが、私はクラスを退出するときにそれに気づかず、次に入った先生から翌日注意を受けました。 それ自体はいいですし、言ってくださって、その方がよかったのですが、驚いたのは、その注意は翌日受けたのですが、その先生はその床に落ちていた食べ終わったあとのみかんの皮を証拠として、大事に自分のかばんに入れて持ち帰り、翌日私に見せたという点です。 これはあとで笑い話になりましたが、この先生は極端な例ですが、語学一筋のちょっとオタクっぽい人が多い業界です。 他にも似たような例がたくさんありましたが、ちょっと変わり者が多く、ついていけませんでした。 要は、女の園。 小さな世界の小さな人間関係の出る世界です。 そして日本語教師は個人で教えることもできます。 この人間関係をわずらわしいと思う者は皆辞めて行きます。 今は個人でやるようになりました。 最近のコメント• に 時給で選んでいるだけ より• に より• に sozo より• に sozo より• に ノリ より• に モーモン より• に tomex201 より• に 水希 より• に いんぷらんと より• に 両面印刷 より• に おにぎり より• に サーバールームの主 より• に フィールドサポート部隊 より• に フィールドサポート部隊 より• に kkmm425 より• に ちょこ より• に ぴんぽんぱーる より• に モーモン より• に かーみ より• に かーみ より• に 誕生日プレゼント より• に サンタクロース より• に かーみ より• に かーみ より• に クリスマスツリー より• に かーみ より• に クリスマスツリー より• に ガム地区 より• に 三郎 より• に ポンチ より• に ペルーカ より• に ゆうき より• に noeru より• に noeru より• に noeru より• に ケー子 より• に にゃんこ より• に うどんの麺 より• に 谷口由佳 より• に ぽちお より• に ぽちお より• に ぽちお より• に ぽちお より• に さくたろ より• に さくたろ より• に さくたろ より• に さくたろ より• に さくたろ より• に さくたろ より.

次の