衆議院 選挙 2020。 2020年日本の補欠選挙

衆議院の解散・総選挙は2021年のいつ?予想や日程と過去のデータは?

衆議院 選挙 2020

次の総理大臣の選挙2020はいつ? 総理大臣が変わるタイミングは 「安倍総理による衆議院解散」か 「自民党の総裁選挙」、 「任期満了」の3つ。 安倍総理の任期は2021年9月までなので、最も長くて次の総理大臣を選ぶ選挙が行われるのは2021の9月。 そして 自民党総裁選挙が行われる条件は「党首の任期満了前に、党所属の国会議員および都道府県支部連合会代表各一名の総数の過半数の要求があった時」に行われるそうです。 つまり、簡単に言えば、 安倍首相の任期満了前 1年くらい前から 自民党の議員の過半数が党首交代を望めば総裁選が行われる可能性があるということですね。 これは 2021年のはじめから9月の間に起こる可能性がありますね。 2019年~2020年の間には「安倍総理の判断による衆議院解散」が行われる可能性がありますが、 2020年は東京オリンピックやパラリンピック 7月24日~9月6日 、東京都知事選 8月9日 があるため、この時期は避けられると考えられます。 つまり、 2020年の衆議院解散が起こるとすれば1月~7月もしくは10月以降の可能性が高いと言えるのです。 、、、まとめると、次の総理大臣を選ぶ選挙が行われる時期の候補は以下の3つ。 2020年1月~7月• 2020年9月末~2020年12月• 2020年1月~9月 次の総理大臣の候補ランキングトップ3人 次の総理大臣の候補ランキングトップ3は 石破茂、小泉進次郎、安倍晋三のようです。 文春オンラインによる世論調査では、 1 位が石破茂、2位が小泉進次郎、3位が安倍晋三でした。 期首相になってほしいと思う人について、文春オンラインが調査を実施した。 2018年の総裁選で安倍首相に敗れた石破茂氏が192票を獲得して1位に、2位には177票と僅差で小泉進次郎氏、3位は126票で安倍首相が続いた。 また、 日本経済新聞の世論調査では 1位が小泉進次郎さん、2位が石破茂さん、3位が安倍晋三さんという世論調査になっています。 9月の内閣改造直後に実施した緊急世論調査と順位もポイントも変わらなかった。 過去5回の同様の調査からトップ3の顔ぶれは変わらなかった。 小泉進次郎さんと安倍晋三さんはアンケートを取る時期や対象者によって、順位が前後していますが、 石破茂さんがトップ 1位もしくは2位 に近いという傾向があると言えます。 しかし、 元首相である麻生太郎さんは石破茂さんが自民党を離党した歴史に触れ、「選ばれるわけがない」ともコメントしています。 麻生太郎副総理がポスト安倍に言及。 「みっともないのがいるじゃない。 すぐ良い方へ行きたがる人」「全く筋が通っていない」と文藝春秋で激白。 メディアは民意をくみ取れていない 情報がおくれている• 民意と政治家間の事情は違うので、民意を反映されるとは限らない• 実際は安倍晋三一強じゃないか 菅官房長官が減速したから などなど、様々な意見や見解が見られます。 【石破茂とか小泉進次郎なんて、国民の間では河野太郎や世耕弘成にとっくに周回遅れにされてるんですけど】民意に置いてきぼりにされる、可哀想なオールドメディア、滑稽な姿を晒し続けていよいよ断末魔 【ポスト安倍】世論調査で石破氏20%でトップ浮上 2位は小泉大臣で18% — 遠子先輩 murrhauser 「これ以上調査しない」を決めたのは誰か 詰め寄られる菅氏 18日午前の官房長官記者会見 — 毎日新聞 菅が「差し控えたい」と言ったら、 「差し控えなくていい。 ちゃんと説明しなさい」と ドスの利いた声で訊いてください。 菅は今、ポスト安倍も遠退いてグジョグジョの筈 — 健康道 待ったなし!山本太郎、首相になれ!日本を救え! KenYasuMichi 次の総理大臣の「選挙2020がいつ?」と候補ランキングトップ3人のまとめ いかがでしたか? 今日は次の総理大臣の選挙2020が行われる時期と候補者について 次の総理大臣を選ぶ選挙が行われる時期の候補は以下の3つ。 2020年1月~7月• 2020年9月末~2020年12月• 2020年1月~9月 次の総理大臣の候補ランキングトップ3は 石破茂、小泉進次郎、安倍晋三だが、石橋に対して「不向きである」という声も多々見られる。 などなどご紹介してきました! それぞれの立場で皆さん発言しているので、全体が見えない状態ですね。 それくらい、緊張感が高まってきているともいえます。 次の総理大臣の選挙時期も近いかも? 目が離せないですね!.

次の

第25回衆議院議員総選挙

衆議院 選挙 2020

(新型コロナウイルス感染防止による五輪延期を受けての最新の衆院選時期予測はこちらをご参照ください。 2020. 10 編集部追記 ・ ・ 次の衆院選はいつある? 前回は2017年10月に行われた衆議院解散総選挙 以下衆院選。 今年7月に行われた参議院議員選挙においては、「衆参同時選挙」のうわさもありましたが、実現はしませんでした。 では、次の衆院選はいつ行われるのでしょうか。 パターンをいくつかに分けて考えてみました。 2019年内? すでに今年も残り2ヶ月弱となりましたが、年内に選挙が行われる可能性はまだ残されています。 が、消費税の増税を受けて、その可能性は限りなく低くなったというのが大勢の見方です。 過去を振り返ってみても、消費税は時の与党にとっては逆風となっています。 導入直後の1989年には、直後の参院選で自民党は敗れました。 また、天皇陛下の即位に際してのさまざまな催しや、年末はAPEC・アジア太平洋経済協力会議の首脳会議など国際的に重要な会議もあるため、その合間に解散総選挙が行われる可能性は限られているでしょう。 年明け~2020年2月ごろ? では、来年2020年に入ってからではどうでしょうか。 7月から9月にかけては東京オリンピック・パラリンピックというビッグイベントがあるため、その前後に、それぞれ少し間をおいて行われる可能性はあります。 ただ、年明けに行われる可能性も、また高いとは言えません。 政権交代となった場合、当然オリンピック運営の引き継ぎなども行わなければならず、それに支障をきたした場合、日本のみでなく国際的なバッシングを受けるリスクもあるからです。 2020年秋、オリンピックの後? オリンピックの終了後、来年の秋~冬はどうでしょうか。 2020年のもう一つのビッグイベントである東京都知事選挙(7月予定)も終わっているため、このあたりの可能性は高いかもしれません。 効果がよければ選挙でもそれを政権の実績として掲げられますし、効果が悪ければたとえば8%への「減税」を、選挙のカードとして活用することもできます。 2021年の通常国会冒頭? 来年秋と並んで可能性が高いのは、2021年の通常国会の冒頭です。 2021年は自民党にとっても大きな転機となる年で、自民党の総裁選が9月に控えています。 自民党の規則では4選は禁じられているため、安倍現総裁の任期も最長で2021年の9月までとなります。 そして10月には衆議院議員も前回の選挙から4年がたち、任期満了となるため、それまでに動きを見せるという意味では、2021年の冒頭に総選挙を行うことは十分に考えられます。 任期満了で衆院選が行われたのは1度だけ もちろん、いつ解散総選挙を行うかは安倍首相の心ひとつにかかっています。 予想したときより遅いかもしれませんし、早いかもしれません。 ちなみに現行の憲法下において、衆議院議員の任期満了まで解散がなされなかったのは、1976年の三木武夫内閣の一度しかありません。 そうした過去から考えても、衆議院の任期途中での解散選挙が行われる可能性は、きわめて高いと言えるでしょう。

次の

毎日総選挙 衆議院議員 全国各ブロック 目次

衆議院 選挙 2020

衆議院議員補欠選挙 静岡4区 2020の開票結果速報・当選者得票数・投票率 衆議院議員補欠選挙 静岡4区 2020の開票結果は開票速報が発表され次第、得票数順に随時こちらに追記していきます。 情報源は自治体の選挙管理委員会事務局やNHKなどの各種報道メディアから発表され次第ご紹介します。 開票時間:• 開票場所:• 定数・立候補者数:• 有権者数:• 投票率: 衆議院静岡4区補欠選挙2020の立候補者名簿一覧や党派情勢 衆議院議員補欠選挙2020に立候補した立候補者一覧名簿と立候補者の主な肩書、党派別情報は以下の通りです。 地元有権者の方は事前にどの立候補者に投票するかよく考えておきましょう。 衆院静岡4区補選2020|選挙日程や期日前投票など こちらでは衆議院議員補欠選挙2020の選挙日や投票時間・期日前投票などについてご紹介します。 地元有権者の方は棄権すること無く選挙に行きましょう。 <選挙日 投票日 > 2020年4月26日 日 <投票時間> 午前7時から午後8時まで 投票所により時間変動の可能性あり <告示日> 2020年4月12日 日 <投票所> 投票所入場券に記載された投票所 <期日前投票について> 2020年4月20日から4月25日まで 2017年 前回 の衆議院議員選挙の開票結果・投票率 以下は 前回 2017年 の衆議院議員選挙の開票結果です。 2020年の選挙と比べてどれだけ投票率や定数が変化したのか、ご参考にしてください。 衆議院議員補欠選挙・静岡4区• 大船渡市議会議員選挙(岩手県)• 石岡市長選挙(茨城県)• 美里町長選挙(埼玉県)• 美里町議会議員補欠選挙(埼玉県)• 茂原市長選挙(千葉県)• 福生市長選挙(東京都)• 上越市議会議員選挙(新潟県)• 栄村長選挙(長野県)• 山県市議会議員選挙(岐阜県)• 瑞穂市議会議員選挙(岐阜県)• 扶桑町長選挙(愛知県)• 京丹後市長選挙(京都府)• 京丹後市議会議員選挙(京都府)• 丹波篠山市議会議員選挙(兵庫県)• 由良町長選挙(和歌山県)• 由良町議会議員補欠選挙(和歌山県)• 白浜町長選挙(和歌山県)• 倉敷市長選挙(岡山県)• 倉敷市議会議員補欠選挙(岡山県)• 西予市議会議員選挙(愛媛県)• あさぎり町議会議員選挙(熊本県)• 十島村議会議員選挙(鹿児島県.

次の