ゴースト プロトコル 意味。 「ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル」ネタバレ含む結末とあらすじ/核ミサイルを阻止せよ!

プロトコルとは

ゴースト プロトコル 意味

概要 [ ] 本作でもがIMF() の諜報員のイーサン・ハント()を演じる。 『』や『』などので知られるが監督を担当 、とが脚本を執筆した。 、、がプロデュースした (も参照)。 なお、「ゴースト・プロトコル」とは、元のTVシリーズであるスパイ大作戦でお馴染みの「例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、或いは殺されても当局は一切関知しないから、そのつもりで。 」にある通り、アメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する、つまりIMFの組織そのものが存在しない物(比喩的に幽霊 ゴースト )だとして扱うという「取り決め(プロトコル)」を指す。 対して、CIAによる正式な諜報活動によって外国政府に拘束された諜報員は、合衆国政府がその引渡しの取引を外交ルートで行う事になる。 ストーリー [ ] IMF(、不可能作戦部隊)エージェントのトレヴァー・ハナウェイはブダペストで「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪う任務に就いていた。 だが、同ファイルを狙う別組織の乱入の果てに、ハナウェイは女殺し屋のサビーヌ・モローによって殺害され、ファイルを奪われてしまう。 事態収拾のため、IMFは私的にモスクワの刑務所に服役中のイーサン・ハントを、ハナウェイのチームで働いていたジェーン・カーターと、新たに現場エージェントに昇格したベンジー・ダンに脱獄させる。 イーサンは、最愛のジュリアを殺され、犯人たちに復讐したのだという。 IMFは「コバルト」の正体の手掛かりを手に入れるためクレムリンへの潜入任務を命じる。 首尾よく進めるイーサンであったが、既に目的の資料は奪われていた上に、真犯人は痕跡を消すためにクレムリンを大きく爆破させる。 爆破に巻き込まれ病院で目を覚ましたイーサンは、ロシア諜報員のアナトリー・シディロフに爆破テロの首謀者だと決め付けられ、イーサンはその場から逃亡し、IMFに救助を求める。 偶然、ロシアへ来ていたIMF長官と合流したイーサンは、長官より事態の深刻さを告げられる。 クレムリン爆破をアメリカの犯行と疑うロシアに対し、アメリカ政府は「ゴースト・プロトコル」を発動させIMFを解体し、政府による一切の関与を否定、長官はイーサンへ政府やIMFのバックアップ無しでの任務継続を暗に命じる。 その矢先、シディロフ率いる部隊に襲撃されて長官は死亡、イーサンは分析官のウィリアム・ブラントと共に脱出する。 ジェーン、ダンと合流したイーサンは、今回の黒幕がカート・ヘンドリクスという情報を得て、彼こそが「コバルト」の正体だと睨む。 核戦争論者で世界的な核戦争を目論むヘンドリクスは、クレムリンより核兵器発射制御装置を盗んでおり、モローがハナウェイから奪ったファイルはその制御コードであった。 ヘンドリクスとモローがその取引をドバイのブルジュ・ハリーファ・ビルで行うことを知ったイーサンのチームは、現地へ向かう。 イーサンらは制御コードの奪取とヘンドリクスの行方を追うため、ヘンドリクスの使者であるウィストロムに対してはモローに、モロー側にはヘンドリクスに成り済まし、取引の成立を偽装しようとする。 途中、問題が発生しながらも、取引が上手くいったと思った矢先、モローに正体を見破られ、シディロフの介入でウィストロムも逃亡してしまう。 ジェーンがいったんはモローの身柄を確保するも、彼女がダンの隙を突いて逃亡しようとしたため格闘戦となり、モローは転落死してしまう。 ウィストロム(実はヘンドリクス本人)を追うイーサンも途中で砂嵐に見舞われたことなどが重なり、結局取り逃がしてしまう。 手掛かりを完全に失ったイーサンは、脱獄の際に共に脱出させた情報屋のボグダンの伝手で、顔の広い武器商人である彼の従兄弟に会う。 武器商人を説得したイーサンは、彼からインドのメディア王ブリッジ・ナスが所有するロシアの古い軍事衛星が使われる可能性を聞き出す。 インドへ飛び、ナスのパーティに潜り込んだイーサンらは、ヘンドリクスの先手を取って衛星の乗っ取りを計画する。 しかし、一歩遅く、衛星はヘンドリクスに乗っ取られ、核兵器がアメリカに向かって発射されてしまう。 核兵器の起爆を解除するため、イーサンは制御装置を持って逃げるヘンドリクスを追う。 機械化された地下駐車場でイーサンとヘンドリクスは制御装置を巡って死闘を演じ、ヘンドリクスは起爆を確実なものとするため、追いつけないよう装置を持って高所から飛び降りる。 だが、機転を利かせたイーサンは重傷を負いながらも制御装置を奪取し、ぎりぎりで起爆を停止させる。 半年後、シアトル ロケ地自体はバンクーバー。 何故か劇中ではシアトルということになっている でイーサンらチームメンバーは任務の成功とIMFの再開を祝う。 その最中、遠景にジュリアがおり、実はジュリアとの死別は彼女を守るためにイーサンが行った隠蔽工作だったことが明かされ、物語は終わる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え イーサン・ハント ジェーン・カーター ベンジー・ダン ウィリアム・ブラント カート・ヘンドリクス アナトリー・シディロフ ウィストロム レオニド・ライセンカー ブリッジ・ナス サビーヌ・モロー トレヴァー・ハナウェイ マレク・ステファンスキー ボグダン ザ・フォッグ 指令の声 IMF長官 () ジュリア・ミード 登場人物 [ ] IMF [ ] イーサン・ハント IMFのベテラン諜報員。 今作ではIMFの解体、ロシアでの爆破テロの首謀者だと決めつけるロシアの諜報員アナトリーから執拗に追いまわされるなど、不遇な立場に置かれる。 前作で結婚した妻のジュリアと死別してはいない。 ジェーン・カーター 今作でのチームの一人で。 以前の任務でチームのエージェントをザビーヌ・モローに殺され、彼女を憎んでいる。 そのため、彼女とヘンドリクスの取引が失敗し、彼女が逃げ出した際は、激しい乱闘の末、彼女を窓から突き落としてしまった。 ベンジー・ダン 今作でのチームの一人。 前作ではイーサンの行動を内部から手助けしていたが、今作では試験をパスし、イーサンらと共に現場での任務に挑む。 前作までのルーサーのポジションを担当。 ウィリアム・ブラント IMFの分析官。 IMFが解体されたことによりイーサンたちと行動を共にする。 以前の任務でイーサン夫婦の護衛を務めていたものの、自身の不手際でジュリアを死なせてしまったことに責任を感じ、イーサンにそのことを打ち明けるべきか悩んでいる。 各地での任務では危険な役割を任されることが多い。 ハナウェイ でロシアの核兵器発射コードを運び屋のマレク・ステファンスキーから奪う任務に就いていて、成功したが、モローの部下に追われて、他のメンバーとの合流地点にいたモローに気づくのが遅く、直後に撃たれて死亡する。 IMF長官 ロシアの首相から友好勲章授与ためにロシアを訪れていたが、クレムリン爆破事件の濡れ衣によりロシア当局から追われていたイーサンの緊急脱出要請を受けて、イーサンを回収し、イーサンにIMF解散とIMFがテロリストとして追われていると告げて、自ら潔白を証明するように促し、最後のミッションを言い渡した直後にロシア当局の銃撃により殉職する。 敵役 [ ] カート・ヘンドリクス(別名: コバルト) スウェーデン人。 かつてスウェーデン特殊部隊に所属していた。 の元物理学教授で、IMFからはコードネーム「コバルト」として追われている。 核戦争を自然の秩序の一つだと考える核戦争論者。 核戦争を米露間で起こさせるためにクレムリンから核起動装置を奪い、証拠隠滅の為に爆破。 罪をIMFに着せてモローと衛星のコード取引の為にドバイへ向かう。 ロシア語も流暢に操る。 ウィストロム ヘンドリクスの部下。 サビーヌ・モロー ダイヤモンドを報酬として受け取るフランス人の殺し屋。 IMFメンバーのハナウェイを殺害し、ロシアの核兵器発射コードを奪う。 ドバイでヘンドリクスになりすましたブラントと取引をするが、ブラントの目に特殊なコンタクトレンズがあるのに気づき、作戦を察知。 部下にイーサンらの殺害を命じて自らは逃亡を図るがカーターに捕まり、乱闘の末にビルから突き落とされるが生死は不明。 その他 [ ] レオニド・ライセンカー ロシア人の暗号の専門家でロシアの核に関するセキュリティーの設計した人物。 衛星コードの確認の為にヘンドリクスに家族を人質にされた為に共にドバイへ向かい。 コードが本物であると確認し、その後ウィストロムに化けたヘンドリクスに射殺される。 家族の安否は明確には描かれていない。 ボグダン イーサンが収容されていた刑務所にいたロシア人。 イーサン(ロシア人のセルゲイと偽っていた)の脱獄の際に計画外であったが情報を提供した為に共に脱獄する。 従兄弟に裏世界に精通の武器商人がいる。 ザ・フォッグ ロシア人の裏世界の武器商人でボグダンの従兄弟。 イーサンに軍事衛星に関する情報を教えた人物。 ブリッジ・ナス インド人のプレイボーイのマルチメディア王。 で通信会社を経営していてロシアの古い軍事衛星を所有している。 その軍事衛星をヘンドリクスに利用される情報を掴んだ為にカーターによって拷問まがいな行為を受けてコードを自白させられる。 アナトリー・シディロフ ロシア人の諜報員メンバーで喫煙者。 ロシア軍の軍服を所持していたイーサンをクレムリン爆破の「チームリーダー」と見なして、病院から逃亡したイーサンを追って、ドバイやムンバイへ向かう。 ボグダンの従兄弟は旧友で追っている。 ルーサー・スティッケル 映画の終盤のみ登場。 酒場でイーサンと今回の任務の雑談をしている。 ジュリア イーサンの妻。 イーサンを狙ったセルビア人組織によってクロアチアで殺されたとされている。 地上波放送履歴 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 吹き替え版 視聴率 1 ・ 21:00 - 23:34 154分 劇場公開版 14. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 製作 [ ] 製作総指揮は、本シリーズの製作権を持つトム・クルーズの他、で脚本・監督を担当した、そして『』『』『』といったテレビシリーズをエイブラムスと共同製作しているが務めた。 毎回、監督が入れ替わる本シリーズだが、今回は『』などの作品の監督として知られるが選ばれた。 彼にとって、実写映画の監督は本作が初めてだが、『Mr. インクレディブル』が良い「準備運動」になったという。 音楽は前作に引き続き、やはりエイブラムスと組むことが多いが担当。 ジアッキーノは『Mr. インクレディブル』でバード監督とも組んでいる。 元々は『Mission: Impossible 4』の題で製作が発表され、製作初期段階では「Aries」というコードネームが付けられていた。 当初、本作は「ミッション:インポッシブル」の名前すら冠しないとさえ言われていたが、最終的にこのタイトルに決まった。 プロデューサーを兼任したクルーズは、「このシリーズは、数字の付かないタイトルがいいと思っていたんです」と語っている。 映画全体の内30分ぶんはカメラを使って撮られた。 撮影は、、、、、で行われた。 イーサン・ハントがの外をよじ登る場面はスタント・ダブルを使わず、トム・クルーズが自ら行った。 トム・クルーズは本作のテーマは「チームワーク」だと語っており 、その点では3作目と類似する点が多い。 ブラッド・バードのCGアニメーション監督の経験からか、過去3作と比べてCGが多用されている。 また、高性能スマートフォン、CG背景偽造装置、カメラ機能付きコンタクトレンズ、壁面吸着グローブなど、を彷彿とさせるような様々なギミックが登場した。 公開 [ ] 2011年12月7日にでワールド・プレミアが行われた。 アメリカ合衆国は2011年12月16日にIMAXとその他の大型劇場でのみ封切られ 、同月21日に一般劇場で公開となる。 興行収入 [ ] 2012年1月31日付けで、アメリカで2億280万ドル、それ以外の全世界で3億7750万ドルを記録し、全世界興行収入5億8000万ドル(約442億円)を記録。 これにより、2000年の『』の記録した世界興収5億4640万ドルを超え、シリーズ最大のヒットとなった。 日本では53億8000万円を記録し、2012年に最も多く興行収入を上げた外国映画となった。 の映画評論家デイヴィッド・ジェルマンは4つ星満点で3つ星を与え、クルーズの「最高のアクション・フリック」の一つであると述べた。 『』のは4つ星満点で3つ星半を与え、「一種のアクション・ポエムとして機能するアクション・シークエンスによる素晴らしいスリラーだ」と述べた。 シネマトゥデイによると 、アメリカの評論家の間では、本作がシリーズ最高作だと評する声が多い。 その他 [ ]• シリーズを通して必ずのを携行して愛用していたイーサン・ハントだが、今作では一度も使用しておらず、またイーサンはを一度も発砲していない(例外として一度だけ拳銃を発砲しているが、撃ったのは実弾ではなく麻酔弾である)。 ウィリアム・ブラントがボディガードの拳銃を一瞬でしてしまうシーンがあるが、その銃がの拳銃である。 アメリカのアニメーション作品によく登場する「」が出てくる。 J・J・エイブラムス作品に頻繁に登場する「」という数字が、序盤とラストシーンに出てくる。 がメイン・オートモーティブ・パートナーであり、劇中でイーサン・ハントが運転する車のほとんどがBMW車である。 当時のBMWの新型車であるや、、コンセプトカーの等が登場している。 クライマックスのインドのシーンで、、といった、日本でしか販売されていなかった車が登場している。 一部のシーンがIMAXカメラで撮影されているが、海外・国内ともにアスペクト混在収録のIMAXバージョンでのBlu-rayのリリースは行われていない。 しかし、テレビ用マスターでの放送の際は 2014年2月9日放送 通常のカメラで撮影されている部分はオリジナルアスペクト シネマスコープ からトリミングされていたが、IMAXカメラ撮影のシーンのみ明らかにBlu-rayよりも上下が広いマスターで放送されていた。 脚注 [ ]• 2010年9月28日閲覧。 2010年9月28日閲覧。 Matt Goldberg 2010年5月6日. Collider. com. 2010年9月28日閲覧。 2011年5月15日閲覧。 2011年12月26日閲覧。 Russ Fischer 2010年9月1日. 2010年9月28日閲覧。 Peter Sciretta 2010年7月18日. 2010年9月28日閲覧。 Russ Fischer 2010年8月26日. 2010年9月28日閲覧。 Sean O'Connell 2010年9月27日. HollywoodNews. com. 2010年9月28日閲覧。 2011年5月15日閲覧。 2011-12-15. flicksandbits. com. 2011年12月15日閲覧。 2011年12月15日. 2011年12月15日閲覧。 Russ Fischer 2010年10月7日. 2010年10月7日閲覧。 via. の2012年1月8日時点におけるアーカイブ。 2011年12月15日閲覧。 2011-11-25. cantonrep. com. 2011年12月15日閲覧。 Hawker, Philippa 2011年12月15日. 2011年12月15日閲覧。 Cinematical Staff 2010年9月17日. Cinematical. 2010年9月28日閲覧。 Russ Fischer 2010年8月27日. 2010年9月28日閲覧。 シネマトゥデイ 2010年11月25日. 2011年5月15日閲覧。 Giant Screen Cinema Association 2011年1月10日. 2011年1月18日閲覧。 via 2011年10月5日. 2011年10月27日閲覧。 2011年5月15日閲覧。 The Times of India. 2011年4月25日閲覧。 2010年11月25日. 2011年10月27日閲覧。 2011年11月14日. の2011年12月17日時点におけるアーカイブ。 2011年9月28日. 2011年10月3日閲覧。 文化通信社. 2012年12月12日. 2012年12月17日閲覧。 2011年12月18日閲覧。 2011年12月14日. 2011年12月15日閲覧。 レスポンス 2010年12月10日. 2011年12月18日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• (脚本、1990年)• (脚本、1991年)• (脚本、1992年)• (製作、1996年)• (脚本、1997年)• (脚本、1998年)• (製作、1999年)• (製作・脚本、2001年)• (監督・脚本、2006年)• (製作、2008年)• (製作・監督、2009年)• (製作、2010年)• (製作・監督・脚本、2011年)• (製作、2011年)• (製作・監督、2013年)• (製作、2015年)• (製作・監督・脚本、2015年)• (製作、2016年)• (製作、2018年)• (製作、2018年)• (監督・脚本、2019年) テレビシリーズ.

次の

『ミッションインポッシブル ゴーストプロトコル』 ネタバレ!キャスト紹介!吹き替え声優は?

ゴースト プロトコル 意味

M:I/ゴースト・プロトコルのネタバレとあらすじ-1:いきなり刑務所!?最初のミッションは脱獄 今回は仲間のIMFエージェントが任務に就くところから始まります。 簡単な任務だと油断していた仲間は、ミッション内で敵のエージェントに殺されてしまい、重要なファイルも敵の手に渡ってしまいました。 敵が巨大な組織だと気付いたIMF(インポッシブル・ミッション・フォース)上層部は、腕利きのエージェントであるイーサン・ハントを着任させることを決めました。 ところが、イーサンが今現在いる場所はなんとモスクワの刑務所に囚人として収監されています。 イーサンを刑務所から脱獄させるためにジェーン・カーターとベンジー・ダンがモスクワに向かいます。 イーサンの要望で情報屋ボグダンも一緒に脱獄させることになり、無事成功します。 M:I/ゴースト・プロトコルのネタバレとあらすじ-2:イーサンが収監されていたワケとは? IMFが掴んでいる情報は今のところ「コバルト」というキーマンの名前だけ。 さらなる情報を求めて、ロシア軍が駐屯するクレムリンへ潜入することになります。 道中ではイーサンがモスクワの刑務所に入っていた理由が語られます。 ジュリアという女性と結婚していたイーサン。 自分に恨みを持つセルビア人の襲撃によって妻が殺されてしまいます。 復讐のために犯人を殺しますが、任務外の私刑だったことからIMFにも見捨てられ、1人モスクワの刑務所に収監されていたのでした。 クレムリンに到着したメンバーは早速潜入を開始します。 どうやら別のグループも潜入しているようだと感づいたイーサンでしたが、気付いたときはすでに時遅し。 仕掛けられた爆弾の爆発で気を失ってしまいます。 実はコバルトが自身の情報を消すためにクレムリンに爆弾を仕掛けていたのでした。 M:I/ゴースト・プロトコルのネタバレとあらすじ-3:政府、「ゴースト・プロトコル」を発動 爆発で気を失ったイーサンはロシア軍に捕えられテロの犯人にされてしまいます。 スキを見て逃げたしたイーサン、IMFに助けを求めますが、アメリカ政府は「ゴースト・プロトコル」を発動したと告げられます。 アメリカ政府がイーサン達に関与していないと表明することで、ロシアからの責任追及を逃れる。 それがゴースト・プロトコルです。 アメリカ政府から見捨てられたイーサン達が生き残るには、自分たちで真犯人であるコバルトを捕まえてロシア軍に引き渡すしかありません。 似顔絵の手がかりを追って今度はドバイへ向かいます。 コバルト達が核の発射コードを取引するという情報を掴んだイーサンは、なりすまし作戦を思いつきます。 取引の場所をずらすことで別々の相手になりすまし、発射コードを手に入れようと考えます。 しかし作戦は失敗、発射コードはコバルトの手に渡ってしまいました。 M:I/ゴースト・プロトコルのネタバレとあらすじ-4:核を止めろ!最終決戦はインド! モスクワで共に脱獄した情報屋ボグダンから情報を手に入れたイーサン達は、コバルトの核ミサイル発射を止めるためにインドへと向かいます。 イーサンは衛星からの遠隔操作で核の起動をストップする方法を思いつき、衛星を持っているメディア王ブリッジのパーティーに侵入します。 紅一点のベンジーが色気を使ってブリッジを誘惑し、見事衛星を使うことに成功。 しかし肝心のミサイルが衛星からの遠隔操作を受け付けません。 コバルトは事前にイーサンの作戦を察知し、すでに対策を打っていたのです。 コバルトの狙い通りミサイルは発射されてしまいました。 こうなるともうミサイルの制御装置で直接核の起動を止めるしか方法はありません。 核を止めようとするイーサン、核で世界を浄化させようとするコバルト。 最後の戦いが始まります。 死闘の結果、見事イーサンが勝利。 無事核爆発を止めることができました。 スタントなしのアクションはやっぱりすごいですね。 手に汗を握ります。 でも、高いところでのぶら下がりとかはもうマンネリでしょうか。 ゴースト~では水の中に潜ったし、次作は宇宙かな? 笑 レア・セデュは美人です。 まさか、ここまで面白いとは驚きました。 シリーズ化していくとどうしても右肩下がりになること多いですが、この作品は違いますね。 相変わらずトムのカッコ良さが抜群ですし、アクションシーンも派手でハラハラドキドキ感たっぷりで最高です。 今回はビルを命綱無しで登ると言うアホを思い付いたイーサン君、しかしそれを実現するにはアホを実行する口実が必要という、じゃあそのための筋書き作ってやんよ、という事で生まれた悪役「コバルト」おじさん。 核終末論者の大学教授、変装にアクション、飛び降り自殺と何でもござれのスーパーおじさんだ。 しかもイーサン、今回はIMFの助けが得られないという、残ったのは3人の仲間と、滑車一台分の装備のみ。 核戦争か、阻止か、そしてイーサンの奥さんとの確執は?超弩級スパイアクションシリーズ第四弾「ミッション・インポッシブル〜ゴースト・プロトコル〜」堂々の星5つ。 二重スパイ!?世界を救う女スパイの物語 アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ映画「ソルト」。 主人公イヴリン・ソルトはCIAに所属する職員で、主に後方支援を担当していました。 ある日A級の国際指名手配犯がCIA本部に現れます。 早速尋問をすると、「イヴリン・ソルトはロシアのスパイで、合衆国大統領の暗殺を計画している」と話ます。 突然容疑者になったソルトは身の潔白を証明しようとしますが、CIA上層部は万が一のことを考え拘束しようとします。 そこで何かのスイッチが入ったソルト、拘束しようと近づくCIA職員を次々と蹴散らしながら本部を脱出します。 去り際に残した言葉は「私を信じて」。 ロシア側のスパイでないのであれば、わざわざ逃げ出す必要はありません。 アンジーがとても素敵です。 意外な展開も面白かったですし、アクションシーンもスリルがありました。 哀しい運命を歩かざるを得なかった、主人公の人生が切なく、やっと安穏の日々を過ごしていたところに、現実を突きつけられる事件が待っています。 逃れられるはずもなく、巻き込まれて行く… と、次から次にストーリーが展開して、とても面白い内容でした。 しかし、主人公の生きざま、運命が余りにも哀しい。 その哀しみをアンジーが見事に演じていて、胸を打たれました。 必見の作品です。 二転三転。 誰が本当のスパイなのか、ソルトの真意はどこにあるのか、どっちに転ぶのかなかなか予想が付かず、いつ何がひっくり返るかわからず、最後の最後まで目が離せずなかなか面白かったです。 それにしてもフィクションとはいえ、こんなにあからさまに他国を敵にしていいんでしょうか。 それなりにフォロー(?? )はされていますけど。 アンジーはやっぱりカッコイイ。 アンジェリーナ・ジョリ演じるソルトが男顔負けの凄いアクションを繰り広げます。 スパイアクションというよりも、彼女自身はほぼ近接アクションやカーアクションのみでスパイしてるようには見えなかった。 しかし、ソルトの無実の夫に嫌疑を掛ける等、ソルトが2重スパイかどうかを確信しにくくする等の工夫がなされており、それなりにスパイ映画ぽかった。

次の

映画「ミッションインポッシブル(ゴーストプロトコル)4 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ゴースト プロトコル 意味

ロシアのクレムリンの爆破テロ事件の犯人に仕立て上げられ、追われることになったイーサン・ハント。 ラストまでネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。 前作MI3ラストで結婚した妻のジュリアがいる。 IMF長官の死亡後、イーサンたちと行動を共にする。 前作MI3ではイーサンの行動を内部から手助けしていたが、今作では試験をパスし、イーサンたちと共に現場での任務に挑む。 以前の任務でチームのエージェントをザビーヌ・モローに殺され、彼女を憎んでいる。 ラストでイーサンに新たな任務を告げる。 ストックホルム大学の元物理学教授。 かつてスウェーデンの特殊部隊に所属していた。 ダイヤモンドを報酬として受け取る。 IMFメンバーのハナウェイを殺害し、ロシアの核兵器発射コードを奪う。 イーサンが収容されていた刑務所にいたロシア人。 従兄弟に裏世界に精通の武器商人がいる。 ムンバイで通信会社を経営しており、ロシアの古い軍事衛星を所有している。 スポンサーリンク ゴーストプロトコルのネタバレあらすじをラスト結末まで 起:イーサン脱獄もクレムリンの爆破テロ犯に 秘密組織IMFエージェントのトレヴァーは、ハンガリーのブダペストで任務に就いていた。 任務内容は「コバルト」というコードネームの人物に渡されるはずの秘密ファイルを奪うこと。 簡単な任務のはずだったが、ファイルを狙う別の組織が乱入。 銃撃戦となり、ハナウェイは殺し屋のモローに殺され、ファイルも奪われてしまう。 作戦の陣頭指揮を執っていたジェーンは、ハナウェイの死を嘆く。 ハナウェイは死の間際、ジェーンに自分の想いを伝え、ジェーンもまた同じ気持ちだったのだ。 ジェーンは作戦の続行にあたり、イーサン・ハントの力を借りようと考える。 しかし、イーサンは現在ロシアのモスクワの刑務所に収監されていた。 ジェーンはイーサンの脱獄を計画、ベンジーと共に実行する。 IMFの仲間が自分を脱獄させようとしていることに気付いたイーサンは、混乱に乗じて情報屋のボグダンの房へ行き、逃亡の手助けをする。 車中でボグダンを麻酔弾で撃って眠らせ、別の車に引き渡したイーサンは、街の公衆電話でIMFから指示を受ける。 スポンサーリンク ハナウェイがモローに奪われたファイルの中身は、核ミサイルの発射コードだった。 モローと取引し、ファイルを入手しようとしている人物の正体は 「コバルト」。 危険人物としてIMFが追跡している男だ。 現在判明しているのは、ロシア情報局の核戦略担当者ということだけ。 「コバルト」の正体を暴くべく、イーサンはクレムリンへ侵入するようIMFから指示を受ける。 車中でジェーンは、なぜイーサンがモスクワの刑務所に入れられていたのか、疑問に思う。 イーサンは前作MI3でジュリアと結婚していたが、その妻ジュリアと別れて姿を消していた。 配置換えか、長期休暇か・・・様々なウワサが飛び交っていたが、ベンジーも真相はわからない。 イーサンはフェデロフ将軍に変装し、ベンジーと共にクレムリンに侵入。 だが、IMFの連絡無線の周波数を知っている別組織に先手を打たれ、爆破テロに巻き込まれてしまう。 病院で目覚めたイーサンは、ロシア諜報員のアナトリーに爆破テロの首謀者だと決めつけられる。 イーサンはアナトリーのすきを突いて、その場から逃亡し、IMFに救助を求めた。 一方、暗号専門家のレオニドは、クレムリン爆破のニュースを見て、次に狙われるのは自分だと確信。 妻のアーニャと共に逃亡しようとする。 しかし、既に家には侵入者がいた。 妻子を人質に取られたレオニドは、何者かに連行された。 スポンサーリンク 承:ゴースト・プロトコル発動、単独での任務続行 イーサンの元に、IMF長官が自ら現れる。 ロシア政府は、爆破テロがアメリカ合衆国によるものだと信じ込んでいた。 さらに、アメリカ大統領はテロへの関与を否定するため、 「ゴースト・プロトコル」を発動させていた。 長官に同行していた分析官ブラントにより、イーサンがクレムリンで見た不審人物の正体が、カート・ヘンドリクスだったことが判明する。 ヘンドリクスはスウェーデンの特殊部隊を抜けた後、ストックホルムで大学教授に就任していたが、過激すぎる核による終末説を唱え、大学を追われていた。 クレムリンを爆破した真犯人は、ヘンドリクスだった。 彼こそが「コバルト」だったのだ。 IMFが機能停止に追い込まれた現状で、イーサンに強い信頼を寄せている長官は、イーサンが独自で任務を遂行するよう示唆。 ヘンドリクスの情報が入ったUSBを託す。 しかし直後、シディロフの部下に狙撃され、長官は射殺されてしまう。 アメリカ政府の後ろ盾をなくしたイーサンは、テロリストとして追われる立場になってしまっていた。 照明弾を使い、間一髪イーサンはブラントと共に車中から脱出。 ベンジーたちと合流した。 スポンサーリンク 長官からもらったUSBには、ヘンドリクスの演説動画が記録されていた。 「核攻撃で地球を破滅させることで、生き残ったわずかな人類は進化を遂げる」と語るヘンドリクス。 ヘンドリクスはその危険思想を現実のものとするため、クレムリンに潜入。 核兵器発射制御装置を盗み、自らの侵入の痕跡を消そうとクレムリンそのものを爆破したのだ。 モローがトレヴァーから奪ったファイルには、ヘンドリクスが奪った装置を起動するための暗号が記されていた。 ゴースト・プロトコルが発令され、さらに長官が死亡した最悪の事態に、だがイーサンはヘンドリクスの計画を阻止すべく、作戦の続行を決意する。 モローがドバイへ向かったという情報を得たイーサン。 モローはヘンドリクスの部下・ウィストロムと取引する可能性が高い。 イーサンたちはドバイへ急行した。 スポンサーリンク 転:ブルジュ・ハリファでの取引失敗、明かされたブラントの秘密 取引が行われるのはドバイのブルジュ・ハリファ。 世界一高いビルだ。 ジェーンがモローに、イーサンがウィストロムになりすまし、互いに取引が成立したと思わせ、ヘンドリクスに偽暗号を掴ませるという作戦に出る。 ブルジュ・ハリファのセキュリティは非常に厳重で、サーバ室へ直接侵入しない限り、ビル内のシステムを操作することができない。 イーサンはビルの外から、130階にあるサーバ室への侵入を敢行する。 明らかに準備不足のまま、無謀にもマスクなしで取引に挑む4人。 さらに、ウィストロムは暗号の専門家で核保安システムのプロ、レオニドを同伴していた。 これでは偽物のコードを掴ませることはできない。 計画の変更を余儀なくされたイーサンは、本物のコードを渡すことを決断する。 118階でモローとイーサン・ブラントの、119階でウィストロム・レオニドとジェーン・ベンジーの取引が始まった。 無事取引は終わるかに見えた、が。 取引の終了直前、ブラントの行動を不審に思ったモローが、取引の相手が違うことに気づく。 ブラントはモローを拘束するが、愛するハナウェイを殺されたジェーンは復讐心を抑えきれず、重要な情報源のモローを殺してしまう。 一方、ウィストロムを追跡するイーサン。 途中シディロフの邪魔が入りながらも、必死でウィストロムを追いかける。 激しい追走劇の末、車から振り落とされる直前、イーサンはウィストロムがフルマスクの変装を外すのを目撃する。 実は、取引に来ていたのはウィストロムではなく、ヘンドリクス本人だったのだ。 ヘンドリクスはイーサンをあざ笑うように、マスクを投げて寄越した。 スポンサーリンク モローに対するブラントの動きが明らかに分析官のそれではなかったことに、ジェーンはブラントがどこかのスパイではないかと疑っていた。 ブラントはかつて、IMFの現場諜報員だったのだ。 クロアチアで、イーサンと妻のジュリアを隠れて護衛する任務に就いていたブラント。 ある日、セルビア人組織がイーサンを狙撃するという情報が入るが、極秘任務だったため、ブラントはイーサンに警告しなかった。 だが計画は実行された。 ブラントが戻った時には既に部下は殺され、ジュリアの姿もなかった。 後日、ジュリアの遺体の一部と思しきものが発見される。 イーサンは妻を殺したセルビア人組織を襲撃。 殺人容疑で逮捕され、モスクワの刑務所に収監されてしまう。 IMFは私的な復讐に走ったイーサンを助けることはなかった。 イーサンに警告しなかったことを激しく後悔したブラントは、現場から離れ、分析官になっていた。 スポンサーリンク 結:ヘンドリクスの野望阻止、妻ジュリアの生死判明 イーサンは脱獄させた情報屋のボグダンに連絡を取り、ボグダンの従兄弟の武器商人に単身会いに向かう。 核ミサイルの発射には「核起動装置」「核の発射コード」「軍事衛星」の3つが必要だが、ヘンドリクスはそのうちの2つを既に手中に収めていた。 「核起動装置」をクレムリンで、「核の発射コード」は今回モローとの取引で。 残るは「軍事衛星」。 イーサンはロシアが先日ブリッジ・ナスに軍事衛星を売ったという情報を得て、インドのムンバイへ向かう。 イーサンが帰った後、ボグダンの従兄弟はシディロフに連絡するが、もちろんそのこともイーサンは織り込み済みだった。 インドのムンバイで、ブリッジ・ナスが主催するパーティーに、イーサンとジェーンが潜入。 ブラントはその裏で、サーバ室への侵入を試みる。 ジェーンはブリッジ・ナスにハニー・トラップを仕掛け、衛星のオーバーライド・コードを聞き出そうとしていた。 だがヘンドリクスは既に衛星にウイルスを仕込んでおり、核弾頭ミサイルはあと5分で発射されてしまう。 コードを聞き出したジェーンはブラントに伝えるも、ウイルスで無効化され、発射を止めることができない。 それを知ったイーサンは、作戦を変更し、直接ヘンドリクスから起動装置を奪おうと考える。 軍事衛星を使うには、ヘンドリクスも衛星の近くにいる必要があった。 逆探知でヘンドリクスの潜伏先を割り出したイーサンは、移動を開始。 パーティー会場来ていたシディロフにあえて自分の存在を示し、追跡させる。 スポンサーリンク イーサンらの奮闘虚しく、ヘンドリクスは起動装置を作動させたてしまう。 ロシアの原子力潜水艦が、指令部からの発射指令を確認し、実行。 ついに核ミサイルがアメリカに向けて発射された。 最後まであきらめないイーサンは、発射された核弾頭ミサイルの無効化を試みる。 ヘンドリクスの持つブリーフケースを奪うことができれば、その可能性が残されていた。 ヘンドリクスとの激しい銃撃戦の末、イーサンはケースを奪い、制御装置を押す。 間一髪、サンフランシスコへの直撃は回避され、無効化された核弾頭ミサイルは沖合に落下した。 現場に現れたシディロフは、状況から誰がテロリストだったのか、事態の真相に気づく。 スポンサーリンク イーサンたちは、任務成功の祝杯をあげていた。 シディロフの証言で、「IMFメンバーによるクレムリンの爆破テロ」という誤解は無事解けた。 アメリカはサンフランシスコ沖に落下したのは核弾頭ではなく「隕石」だと主張しているが・・・。 そこへルーサーが現れ、イーサンにアフガニスタンで会おうと告げ、立ち去る。 イーサンが机に携帯電話を並べた。 次のミッションだ。 ベンジーとジェーンはそれを受け取るが、ブラントは任務をおりると言う。 クロアチアに自分がいたことを告げ、その資格がないとも。 イーサンは「死んだ確証があるのか」とブラントに尋ねる。 実は、セルビア人組織の襲撃も任務の一部だったのだ。 イーサンは妻ジュリアを守るため、死んだことに見せかけようと、IMF長官に交渉していた。 クロアチアで妻が殺され、イーサンが復讐としてセルビア人を殺害すれば、モスクワの刑務所に収監される。 そうしてイーサンは「コバルト」ことヘンドリクスに接近しようとしていたのだ。 ムンバイでの作戦後、ブラントの過去を調べたイーサンは、ブラントがジュリアの死をずっと悔いていたことに気付いていた。 だからこそ、最大の極秘事項でもあるジュリア生存をほのめかす。 真実を知ったブラントは、驚きながらもジュリアの生存を喜び、任務を受ける。 ブラントが去った後、イーサンは対岸にいるジュリアを見つめた。 ジュリアも視線を感じ、イーサンの方を振り返る。 川越しに見つめ合う二人。 イーサンはそのまま人混みに紛れて姿を消した。 CIAはシンジケートの存在を信じず、イーサンは国際指名手配犯にされてしまいます。 スポンサーリンク タイトル「ゴースト・プロトコル」の意味 ゴースト・プロトコルとは? アメリカ政府が非合法の秘密作戦に対して一切の関与を否定する取り決めのこと。 イーサンが任務に就く際、毎度おなじみの 「例によって君もしくは君のメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても当局は一切関知しないから、そのつもりで」 というセリフにある通り、 不測の事態が発生した場合には、IMFの組織そのものが存在しない物=「幽霊(ゴースト)」として扱うという、「取り決め(プロトコル)」のことを指しています。 対して、CIAによる正式な諜報活動によって外国政府に拘束された諜報員は、合衆国政府がその引渡しの取引を外交ルートで行われます。 だからイーサンはロシアの刑務所に収監されっぱなしだったんですね。 もっとも、イーサンの収監自体、IMF長官と交わされた極秘任務だったのですが。 スポンサーリンク ミッション:インポッシブル過去作品を無料で見たい人はコチラ! ミッション:インポッシブルを1から最新6『フォールアウト』まで無料でみたい人には という動画配信サイトがおすすめです。

次の