犬飼 うなら。 犬暮らし 〜初めて犬を飼う方へ

猫と犬、飼うならどっちがいいの?7つのメリット・デメリット

犬飼 うなら

あなたのライフスタイルに合っていますか?犬種の持つ性格や特徴 犬は一般的に小型犬・中型犬・大型犬に分けられ、ペット可賃貸で飼う場合に推奨されるのは10kg未満の小型の犬種です。 そして、重要なことは、それぞれの犬種の持つ性格や特徴を知り、 自分のライフスタイルに合っているかを検証しましょう。 小型の室内犬の代表的な犬種の性格や特徴についてご紹介します。 トイプードル とても賢く、躾けやすい、飼い主に従順な犬種の一つがトイプードルです。 社交的で他の犬や猫などの動物とも友好関係を築くことが得意です。 シングルコートの巻き毛は抜けにくく、体臭もほとんどないので、賃貸で飼いやすい犬種と言えます。 ロングコートチワワ 甘えん坊で人懐っこい犬種です。 甘えん坊なため、部屋を留守にしがちな飼い主さんには向きません。 知的で、しつけなどに対する学習能力も高く、集合住宅でも比較的飼いやすい犬種です。 また、ロングコートは、毛の成長サイクルが長いため、 スムースコートより抜け毛が少ないです。 ミニチュア・ダックスフンド 狩猟犬として改良されたダックスフンドは、勇敢で好奇心旺盛な性格です。 また、人懐っこい性格で甘えん坊なため、初対面の人にも友好的です。 その反面、無駄吠えや抜け毛が多い特徴があるので集合住宅には向いていないかもしれません。 飼い主とのコミュニケーションを必要とする犬種なので、 遊ぶ時間をたくさん確保できる人に向いています。 マルチーズ 人懐っこく、明るい性格です。 また、比較的利口で飼い主に対して従順な犬種なので、躾けもしやすいです。 換毛期が無いため、抜け毛が少ないので集合住宅での飼育に向いているでしょう。 Sponsored Link 必要なアイテムを揃える 犬を外へ連れて行くときに中に入ってもらう キャリーケースやトイレマット、トイレシーツは必ず必要と言えるでしょう。 また、お留守番中や、寝るときなどに犬が過ごすスペースとして サークルも必須アイテムです。 そして、サークルの中には、 犬用ベッドも用意してあげると良いでしょう。 犬にも自分だけの空間が必要なため、必ず、スペースを確保するようにしてあげましょう。 他にも、おもちゃや食器、ドッグフードやお散歩用のリードなども準備しておきましょう。 苦情対策 近隣の苦情を誘発しやすいのが、 臭いと音(鳴き声やフローリングを歩く足音)でしょう。 消臭対策には空気洗浄機や消臭機を準備したり、 防音対策にはフローリングに絨毯やクッション材などを敷いて、足音が響かない工夫をしましょう。 また、鳴き声対策として、壁に貼るタイプの吸音パネルや遮音シート、遮音カーテンなどのグッズもあります。 安全対策 部屋の入り口にドアが無いワンルームなどの場合、 犬の飛び出しを防ぐ間仕切りとなるゲートを設置するなどの工夫も必要です。 キッチンやベランダなど、 愛犬にとって危険が多い場所にも柵やゲートを設置すると安心です。 賃貸物件に多いフローリングは、ツルツルと滑って、犬の足腰や関節に負担がかかります。 フローリングには、 スリップ防止加工をしたり、足音対策も兼ねて、 ずれにくいマットやカーペットを敷くのも良いと思います。 注意点 最後に、 賃貸で犬を飼う場合の注意点について見ておきましょう。 共用部は要注意 ペットは廊下やロビー、エレベーター内を直接歩けないという規約を設けている集合住宅が多いです。 犬を連れて共用部を歩くときには、抱きかかえたりキャリーケースに入れたりするようにしましょう。 また、エレベーターや廊下以外にも ベランダや庭は共用部分に含まれるので注意しておきましょう。 周辺環境も下見をしておきましょう 犬にとって欠かすことができないのが毎日のお散歩です。 夏場の暑いアスファルトは地表に近い犬には厳禁です。 近場の公園やドッグランなどを見つけておくのも良いと思います。 また、犬にとって階段や段差を昇り降りすることは足腰を痛める原因にもなるため、 エレベーターやスロープなどを確認しておくことも重要です。 そして、 動物病院やペットショップ、トリミングサロンなども下調べをしておくと安心です。 知っていますか?退去費用 見落としがちな注意点として、基本的に賃貸住宅は、 退去する時には元の状態に戻す必要があるということが挙げられます。 賃貸借契約書をしっかり確認し、入居時から、 床や壁のきずや室内の汚れを最低限に抑える工夫をしましょう。 最も知っておいてほしいこと 犬がどう生きるかは飼い主さん次第です。 犬の平均寿命は、個体差はありますが10年から15年ほどと言われています。 10年以上のあいだ、責任を持って一緒に暮らす覚悟はありますか? 毎日、愛犬のための時間を作ることができますか? 経済的余裕はありますか? 命ある犬の生涯に責任を持つことは、飼い主さんの役目であることを忘れないようにしましょう。

次の

犬を飼うのに必要な費用はいくら?~1ヶ月、1年間、1生涯にかかる出費の一覧リスト

犬飼 うなら

一度登録したら一生有効です。 居住地の自治体で申請します。 狂犬病予防注射の手続きはお住まいの市区町村で申請し、接種を受けた際に「注射済票」の交付を受けます。 発行された「鑑札」と「注射済票」は飼い犬に装着しなければいけません。 転居の際に必要となりますし、ドッグランなどでも提示を求められることがあります。 フードは犬の体格や運動量、季節によっても種類や分量を変えるものです。 毎日健康観察して時間をかけて選んであげてください。 なお、違う種類のフードに切り替える時は、犬が今まで食べていたフードを用意して、 新しいフードの分量を少しずつ増やしながら、徐々に慣れさせてあげます。 食器の大きさは子犬から飼う場合でも、最初から大き目のものを用意しても問題ありません。 食器の材質はステンレス・陶器・プラスチック等があります。 水用はボウル型(皿型)、タンクタイプ(ノズル付)、ディッシュボトル(タンク・皿一体型)等あります。 脱走時や災害時に安心です 大型犬の場合は、成長に合わせて何度か買い替えが必要です。 サイズが調節できるタイプ、抜けにくいタイプなど種類も豊富です。 それぞれの特徴をふまえて、犬の体に合った安心して眠れるものを選んであげましょう。 全方向が囲われているので、犬は安心して休める。 地震時も安全確保できるが、場所を取る。 つなげて使用するタイプが多く、種類も豊富で場所も取らない。 小型犬に向くが、天井がないため安全確保は難しい。 もともとは仕切る目的のものだが、ハウスとして使うことも多い。 犬の移動や輸送に用いる丈夫なハウスで、ケージに比べると高価。 上下が分かれるので、移動以外ではベッド代わりにもなり、就寝や留守番にも利用できる。 普段から慣れていると、車での移動(病院や旅行)が楽。 顎を乗せたりできてくつろぎやすい。 洗濯は楽。 中型犬~大型犬向き。 ・ドーム型 かまくらのような形で、見た目も可愛く小型犬向き。 暖かく囲まれた空間のため、犬が落ち着ける。 洗濯や乾燥がやや不便。 ・マット型 シンプルで通気性に優れる。 広々しているため、大型犬向き。 ケージなどにも敷くことができる。 ・クッション型 柔らかくふわふわしている。 かわいいデザインが多い。 小型犬が好む傾向がある。 トイレトレーは、メッシュのカバーがあるものが使いやすい。 トイレの設置場所は、なるべくハウスの近くではない場所が好ましい。 犬が落ち着いて用を足せるような、部屋の隅などがおすすめです。 あると便利、徐々にそろえる物• 迷子札(散歩時首輪につける)• ハーネス(老犬、引っ張りが強い犬向き)• レインコート• キャリーバッグ、スリング(小型犬抱っこ用)• カート(犬用ベビーカー)、バックパック(小型犬の場合・背負う)• 消臭剤、シャンプー、グルーミング用品(ブラシ・爪切り・歯ブラシ)• しつけグッズ(ビターアップル・しつけスプレー)• おもちゃ(知育玩具)• 散歩用バッグ(うんち袋、オシッコ流し用水入れ、携帯用水飲み容器)• 夜間散歩用ライト、首輪用ライト• カフェマット 外食時のマナーとして)• ケージ用敷物• ヒーター 主に小型犬)• クールマット・クールボード• 床用・階段用滑り止めマット• 飛び出し防止用柵• いつでも新鮮な水が飲めるよう工夫が必要です。 食器ごとひっくり返す場合もあるので、固定できる台なども必要に応じて用意します。 通行人とのトラブルを避けるため、鎖の長さにも配慮します。 首輪は引っ張って抜けることもあるので、抜けないタイプの首輪が良いでしょう。 スチール製は耐久性は良いですが、紫外線や雨で錆びます。 ステンレス製は長持ちしますが、とても高価です。 いずれも設置場所は、季節によって移動する事も必要です。 道路に面していない、家人の声が聞こえる場所が良いでしょう。 台風時、真夏、真冬には屋内に入れてあげる配慮もします。 トイレトレーやペットシーツのほか、砂利などを敷いてトイレにします。 十分な高さで囲う工夫が必要です。 屋外の放し飼いでも、サークルを設置して一定の限られたスペースを作ると、安心して遊ぶことができます。 あると便利、徐々に揃える物• 迷子札 (首輪につけておく)• ハーネス(主に散歩用)• レインコート• カート(お出かけ用)、サイクリングパック(小型犬)• シャンプー(水のいらないシャンプー等)• ブラシ、歯ブラシ、マウスクリーナー• おもちゃ• 散歩用バッグ(うんち袋、オシッコ流し用水入れ、携帯用水飲み容器)• 夜間散歩用ライト、首輪用ライト• 風よけ日よけ• 防寒用マット• 床用すのこ• 蚊取り線香 スポンサーリンク その他の準備 犬に対するルール その他、犬を飼う前に準備することは、「犬に対するルール(言葉や態度)を統一すること」です。 「おすわり、ダメ、トイレなどの言い方や許す事、許さない事」などを家族全員で決めて統一することで、きっと犬との距離が早く縮む事でしょう。 犬を飼うためには、まず家族全員の同意が不可欠です。 環境 初めて犬を飼うためには物も重要ですが、犬にとって居心地の良い住環境(プライベート空間)を準備することもとても大切です。 犬を飼うことができる環境 近所迷惑、動物アレルギー等)であるか、今一度確認しましょう。 予想以上にお金がかかることもあります。 熟睡できる、決められたトイレがある、適度に遊ぶスペースがある、これらを考慮して居心地の良い空間を作ってあげましょう.

次の

犬を賃貸で飼うなら要注意!飼う前にやるべき準備と注意点まとめ

犬飼 うなら

人気犬種ランキング1位の常連 トイプードル 今や飼いたい犬種ランキングでも常に1位をキープしている。 特に若い女性に人気で、周りで飼ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか? そんなぬいぐるみのような愛らしい外見のトイプードルは、意外にもとても頭が良く、犬種の中でも二番目に頭が良いとされています。 運動神経もよくて、社交的なところもこの犬種の特長です。 ドッグランに連れていくと駆け回る速さに驚く人も多いようですよ! 貴族に愛され続けた犬、キャバリア と称されるこの犬種は、イギリスが原産。 もともと貴族に愛されていて、犬の名称にも入っているキング・チャールズは、イングランドの王様であったチャールズ王からとられたというから驚きですよね。 まさにおぼっちゃま、お嬢様という冠名が似合う、お犬様なのです。 その名の通り、育ちの良い犬のような外見から、おっとりした犬種としても有名。 無駄吠えも少なく、飼い主さんにとても甘え上手です。 原産国はもちろん日本、柴犬 は気が強い反面、飼い主にとても忠実です。 一度柴犬を飼ってしまうとそれから代々柴犬しか飼わないという家庭も多いほど、魅力的な犬種です。 それに、日本で誕生した犬種なので日本の気候にとりわけ強く、滅多に病気にならないそうですよ。 警戒心が強いため、育て方によっては番犬にもなり、心強い存在になること間違いなし! 初めて飼うならこの3犬種! いかがでしたでしょうか? たくさん犬種がある中で、今回は3つの犬種にしぼってご紹介させていただきました。 トイプードルはとても人気があって、トリミング次第で自分好みの姿に変身させることができるのも魅力の1つのようですよ。 ぜひ、参考にしてみてくださいね!.

次の