エア ドロップ 辞退 に なる。 エアドロップ痴漢って何?河上英里子はゲスの写真で仰天!対策は? | 今!読みましょう

AirDrop(エアドロップ)痴漢、男性の私も被害経験あり: テンメイのRUN&BIKE

エア ドロップ 辞退 に なる

情報ありがとうございます!自分だけじゃなかった!と安心しました。 当方、iPhone7、iPhone5、iPad mini3台なのですが、iPhone5は問題ないです。 OSは12です。 いろいろ試した結果、やはりリセットをしてデータを復元しない状態ならAirDropの機能も正常でした(ふじくろさまのご提案通りです)。 その後iTunesを経由して全てのデータを復元しますと、不具合もまた通りとなってしまいます。 ならばと、iCloud経由の復元(追加ストレージ購入して) をしてみたところ、AirDropの不具合は無くなりました。 ただ iCloudの場合、完全に元どおりの復元とはいかないので、 仕事のマニュアルなどが入っていたブックリーダー系アプリの本棚が空っぽになってしまい衝撃を受けたりもしつつ、コツコツと元に戻しているところです。 同じOSのバージョンでもうまく行く相手と、そうでない相手がいる事、iCloud経由なら問題がなくなったことを踏まえると、端末そのものの設定的な部分のバグ?など考えております。 もちろん素人考えですが。 時期的なことを考えるとバージョンアップが関わっていそうという思いがぬぐえません。 Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。 そのため Apple は、本コミュニティフォーラムにて提案された解決策の有効性については保証いたしませんApple は本サイトの利用に関連する第三者の作為/不作為に関して一切責任を負いません。 本サイトへの投稿や本サイトに掲載されているコンテンツの利用についてはすべて に準拠するものとします。

次の

AirDrop(エアドロップ)の設定や使い方を解説 できない時の対処法は?|TIME&SPACE by KDDI

エア ドロップ 辞退 に なる

この記事のINDEX• 通信量を使わずに写真やファイルの送受信ができる「」は使っていますか? 便利に使っている人は多いかと思いますが、でも実際、自分のデータがどこまで人に見られるのかよくわからないし、ちょっと不安に感じている人も多いのでは? そこで、AirDropについてまとめてみました。 AirDropで送受信できるもの• Wi-Fi、Bluetoothで近くのiPhoneやiPad、MacBookなどにデータを送受信する機能です。 送受信できるデータは連絡先や写真、ビデオ、書類、ウェブページなど多種多彩!• 赤外線ポートと違ってiPhone同士を近づけなくてもデータを送受信できます。 データは送信時に自動的に暗号化されます。 設定はとてもかんたんです。 まず、画面下から上でスワイプしコントロールパネルを出したら[AirDrop]をタップします。 続いて、共有範囲を決めます。 [全員]を選ぶと、近くでAirDropを有効にしている相手とデータを交換できます。 [連絡先のみ]を選ぶと、連絡先に登録済みでかつ近くでAirDropを有効にしている相手とデータを交換できます。 これでおわり。 AirDropを有効にしているあいだは指定した範囲の相手とデータのやりとりができます。 iPhone 5より前の機種は使用不可 ただし、iPhone 4sなど、iPhone 5より前の機種ではiOS 7以降のOSにアップデートしても使えません。 ご注意ください。 最後に、実際に使う上での注意点です。 バッテリーの消耗が激しい!• AirDropをオンにすると、自動的にWi-FiとBluetoothもオンになるが、AirDropをオフにしてもWi-FiとBluetoothはオンのまま。 「全員」で設定すると、知らない人からデータが送られてくる可能性がある。 AirDrop痴漢に気をつけて! どんなデータも送受信することができて便利なので、随時ONにしている人は多いはず。 それも「辞退」すれば問題ありませんが、出来れば遭遇しないのがいいですよね。 バッテリーのもちや気分的な安心を考えると、AirDropを使いたいときだけオンにして使うのがよさそう。

次の

AirDropの便利な機能と使い方

エア ドロップ 辞退 に なる

AirDrop(エアドロップ)とは 私もiPhoneを愛用しているんですが、このニュースを知るまでは「AirDrop」のことを知りませんでしたし、使ったこともありませんでした。 iPhoneなどApple製デバイスをお持ちの方ならご存知かも知れませんが、自分の周辺にある他人のiPhone、iPad、iPod touchなどと、写真やビデオなどを共有できる優れモノものなんですね。 使い方はとても簡単です。 まずは、 AirDropを使ったコンテンツの共有方法です。 例えば、自分の周りにいる人(Apple製デバイス)に写真を共有したいときは、写真アプリを開いて共有したい写真を選びます。 「共有」または 「アクションアイコン(箱から矢印が出ているマーク)」をタップします。 AirDropで写真を共有できる相手の情報が表示されるので、ユーザをタップします。 次に、 AirDropでコンテンツを受け取る方法です。 だれかが AirDrop を使って写真を共有してくれた場合、その写真のプレビューが付いた通知が表示されるので、「受け入れる」または「辞退」を選んでタップします。 「受け入れる」をタップした場合、写真が送信元と同じAppの中に入ります。 例えば、写真は写真Appに表示され、WebサイトはSafariで開きます。 AirDropの設定次第で、不特定多数と情報が共有される つまり、iPhoneなどApple製デバイスのBluetoothやWi-Fiの通信範囲であれば、AirDropを使ってワイヤレスで写真やビデオなどを送信できるんですね。 Appleによれば半径9mまで可能なようです。 AirDrop を使えば、写真、ビデオ、Webサイト、位置情報などを近くの iPhone、iPad、iPod touch、Macにワイヤレスで送信できます。 デバイスが AirDrop の送信先として表示されない場合、送信元と送信先の両デバイスで Wi-Fi と Bluetooth がオンになっていて、互いに 9 メートル以内の位置関係にあるか確認してください。 出典:Appleホームページ() ここで 問題となるのがAirDropの設定です。 受信しない• 連絡先のみ• すべての人 とありますが、 "すべての人"に設定してあると不特定多数の人とAirDropで繋がってしまう恐れがあるんですね。 急増しているAirDrop痴漢犯罪 知り合いどおしであれば、画像や動画の共有がすぐにできるので大変便利なAirDropですが、これを逆手に取った痴漢犯罪が急増しているようです。 よくあるケースが、女性が電車に乗っていてiPhoneを見ていたら、突然スマホの画面上に男性の〇〇の画像が表示された、というもの。 iPhoneのAirDrop設定を"すべての人"に設定していると、自分の端末のユーザー名が半径9m以内のApple端末に「(名前)のiPhone」などと表示されてしまうんです。 犯人は、それらの中から女性の名前を狙って不適切な画像を送りつけるんですね。 iPhoneの名前をフルネームで登録していれば、犯人は画像を見たときの女性の反応などから、その人の氏名を特定できてしまうんです。 これは電車の中に限ったことではありません。 イベント会場、飲食店、デパートなど不特定多数が集まる場所であればどこでも起きる可能性があります。 もしもAirDrop痴漢の被害に遭ったら もしも、あなたがAirDrop痴漢の被害に遭ってしまったら、突然の出来事なのでビックリすることは間違いないと思います。 それまで普通にiPhoneを使っていて、いきなり変な男の〇〇画像が飛び出して来たら驚きますよね。 画像を送り付ける方もどんな精神状態なのか分かりませんが、毎日のようにニュースの片隅を騒がしている痴漢事件の犯人と同じです。 それほど混んでいない電車の車内など、比較的閉鎖された空間であれば、車掌さんに状況を説明して同じ車両にいる男性を一網打尽にして犯人を探し出す方法も考えられますが、何にも関係のない善良な男性市民も巻き添えになってしまいますから難しいですね。 そういう画像が送られてきたら、こっちから返信して犯人のスマホに着信音が鳴るような仕組みでも出来れば犯人が特定できて、被害も少なくなると思いますがまだ無いですよね。 まとめ(AirDrop痴漢の対策) AirDrop痴漢被害に遭わないための対策は現在のところAirDropの設定です。 それから、 iPhoneに登録する名前も「本名以外にする」ことが重要です。 毎日のように電車内の痴漢事件やエスカレーターなどでの盗撮事件が報道されていますが、AirDropによる痴漢行為も各自治体が制定している「迷惑行為防止条例」に抵触するれっきとした犯罪です。 携帯各社でもこういった事件への対策を積極的に考えてほしいと思います。

次の