電気 通信 工事 施工 管理。 令和2年度1級電気工事施工管理技術検定試験の延期について

1級電気通信工事施工管理技術検定試験

電気 通信 工事 施工 管理

1級は、特定建設業の営業所専任技術者または監理技術者になりえます。 また、一般建設業の営業所専任技術者または主任技術者になりえます。 2級は、一般建設業の営業所専任技術者または主任技術者になりえます。 受験資格 学歴または資格に加えて、一定の実務経験が必要 たとえば大学の指定学科卒業者は3年以上の実務経験が必要 学歴または資格に加え一定の実務経験が必要 たとえば大学の指定学科卒業者は1年以上の実務経験が必要。 ただし学科試験のみの受験は17歳以上の者(実務経験不要 ) 受検者数 令和元年度 *学科:13,538名 *実地:5,781名 *学科[前期]:2,725名 *学科[後期]:7,015名 *実地:4,790名 合格率 令和元年度 *学科:43. 1% *実地:49. 5% *学科[前期]:50. 5% *学科[後期]:57. 7% *実地:41. お問い合わせ先 (一財)全国建設研修センター 試験業務局 〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2 電気通信工事試験部 Tel. 042-300-0205 URL: (一財)全国建設研修センター 試験業務局 〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2 電気通信工事試験部 Tel. 042-300-0205 URL:.

次の

電気通信工事施工管理技士の一発合格を狙えるオススメ問題集と勉強法を解説

電気 通信 工事 施工 管理

学科試験 4つから1つマークシート方式• 実地試験 経験記述あり 学科試験から1問、実地試験から1問を紹介します。 無線通信において,アンテナの入力インピーダンスと給電線の特性インピーダンスの整 合が必要となる理由に関する記述として,適当でないものはどれか。 引用元:一般財団法人全国建設研修センター「」 【問題 1】 あなたが経験した電気通信工事のうちから,代表的な工事を1つ選び,次の設問1から設問3の答えを解答欄に記述しなさい。 〔注意〕 代表的な工事の工事名が工事以外でも,電気通信設備の据付調整が含まれている場合は,実務経験として認められます。 ただし,あなたが経験した工事でないことが判明した場合は失格となります。 〔設問1〕 あなたが経験した電気通信工事に関し,次の事項について記述しなさい。 〔注意〕 経験した電気通信工事は,あなたが工事請負者の技術者の場合は,あなたの所属会社が受注した工事内容について記述してください。 従って,あなたの所属会社が二次下請業者の場合は,発注者名は一次下請業者名となります。 なお,あなたの所属が発注機関の場合の発注者名は,所属機関名となります。 ただし,安全管理については,交通誘導員の配置のみに関する記述は除く。 〔設問3〕 上記工事を施工することにあたり「品質管理」上,あなたが特に重要と考えた事項をあげ,それについてとった措置又は対策を簡潔に記述しなさい。 引用元:一般財団法人全国建設研修センター「」 学科試験は選択問題あり 学科試験は選択問題があります。 1~12問目:12問から9問を選択• 13~32問目:20問から7問を選択• 33~44問目:12問から7問を選択• 45問目:必須問題• 46~52問目:7問から3問を選択• 53~65問目:必須問題 つまり、 65問中40問に答える感じです。 不得意な問題を飛ばせる点では、 難易度は少々低めです。 実地試験は経験記述あり 前述の過去問のとおり、実地試験には経験記述があります。 つまり、 あなたが今まで経験した工事を記述する問題です。 経験記述は、 ぶっつけ本番は危険です。 勉強中にある程度パターンを作っておきましょう。 文量的には、 2~3文でOK。 「簡潔に記述しなさい」とあるので、 ダラダラと長文を書くのはNGです。 合格率から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 続いて、2級電気通信工事施工管理技士の合格率を見てみましょう。 令和元年試験 合格率 学科 57. 令和元年は1回目の試験だったので対策しにくかったはずですが、約半分が合格。 2級電気工事施工管理技士の試験問題は、 そこまで難しくなさそうです。 参考:国土交通省「」 試験内容から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 2級電気通信工事施工管理技士の試験問題は、下記のとおり。 学科試験 電気通信工学等 施工管理法 法規 実地試験 施工管理法 電気通信設備の施工図の作成、機材の選定や配置など 学科試験はマークシートなのでマグレ正解もあり得ますが、 実地試験は記述式なのでマグレはありません。 しかも2級は、 試験が年2回あるので、チャンスも多いです。 年2回の試験スケジュールは下記のとおりです。 学科試験 前期 実地試験 後期 ・学科と実地 願書の申込み 3月 7月 試験 6月 11月 合格発表 7月 学科のみ受験者1月、学科と実地受験者3月 その他の試験情報 詳しくは 一般財団法人全国建設研修センターのサイトを見てほしいですが、その他の試験情報は下記のとおり。 試験 受験地 学科 前期 札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇 学科 後期 ・実地と学科同時受験 札幌・釧路・青森・仙台・東京・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇 また、受験料は下記のとおりです。 学科と実地:13000円• 学科のみ:6500円• 実地のみ:6500円 参考: 受験資格から見る2級電気通信工事施工管理技士の難易度 2級電気通信工事施工管理技士は、誰でも受験できる試験ではありません。 なので、 受験資格からみる難易度は高め。 受験資格は下記のとおりです。 最終学歴 実務経験年数 指定学科卒業後 実務経験年数 指定学科以外卒業後 大学・専門学校「高度専門士」 1年以上 1年6ヶ月以上 短期大学・高等専門学校・専門学校「専門士」 2年以上 3年以上 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校 3年以上 4年6ヶ月以上 その他 8年以上 8年以上 参考: ちなみに、上記の 「実務経験」についても、に記載があります。 学科試験だけに合格すると翌年の学科試験が免除• テキストで基礎を勉強• あとはひたすら過去問を解く ただし、令和元年にできた資格なので、まだ 過去問のデータが少ないです。 「」で、すべての過去問と解説を勉強できるので効率的です。 ちなみに、おすすめのテキストは「 」です。 まだテキストも問題集も少ないですが、 要点を絞って勉強できるので効率は良いかと。 最初は法規から勉強するのがおすすめ。 とにかく丸暗記なので、点数を稼げます。 暗記系を覚えたら、技術系を勉強しましょう。 学科である程度の基礎を固めたら、実地の勉強に移る感じでOKです。 とりあえず学科に合格すれば、実地に落ちても翌年免除なので、やはり 学科で基礎固めが重要です。 また、実地試験の経験記述は、前述のとおり文章のパターン・型を作っておくと楽です。 2級電気通信工事施工管理技士の講習会もあるがまだデータが少ない【独学でいいかも】 2級電気通信工事施工管理技士の試験は、 資格系のスクールが講習会を実施しています。 まだ試験自体の回数が少ないのでデータは多くないですが、一応参加しておくのがおすすめ。 講習会に参加すると、 実地試験の経験記述に使えるテキストをもらえるところがあるので、役立ちます。 ただし、どうしても忙しければ独学で学びましょう。 他の電気系資格と2級電気通信工事施工管理技士の難易度比較 ちなみに、他の電気系視覚と2級電気通信工事施工管理技士の難易度を比較してみました。 受験する順番などの参考にしてください。 2級電気工事施工管理技士とは、ほぼ互角の合格率 2級電気通信工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の合格率は、下記のとおり。 学科の合格率 実地の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. もちろん試験問題が違うので難易度は人によりますが、 合格率だけで見るとほぼ同じです。 ちなみに、電気工事施工管理技士については、 にまとめています。 電気通信主任技術者より簡単 電気通信主任技術者と比較すると、 電気通信主任技術者の方が難しいとわかります。 学科 伝送交換 の合格率 実地 線路 の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. ネット環境の進化で電気通信主任技術者が不足したこともあり、 電気通信工事施工管理技士が新設された背景があります。 ちなみに、電気通信主任技術者については、 にまとめています。 第二種電気工事士よりは難しい 第二種電気工事士の合格率を比較すると、 第二種電気工事士の方が合格率が高いです。 学科 筆記 の合格率 実地 技能 の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. ちなみに電気工事士については、 にまとめています。 まとめ【2級電気通信工事施工管理技士の難易度を知って勉強しよう】 この記事をまとめます。 2級電気通信工事施工管理技士の合格率は、学科57. 学科試験に合格、実地に不合格だと、翌年の試験で学科試験が免除される• 過去問対策は「 」が良い• まずは法規など暗記系を固めて、次に技術系の勉強に移る• 実地の経験記述は、文章のパターンや型を作っておくと楽• 講習会に参加すると、実地の経験記述に役立つテキストをもらえるところがある•

次の

電気通信工事施工管理技士と電気工事施工管理技士の違いは何?

電気 通信 工事 施工 管理

サポート 合格までを完全フォロー"受講生サポート" 当センターでは、毎年、施工管理技士合格をめざす1万人もの受講生の合格指導を実施させていただいております。 だからこそ、受講生と密接に関わりサポートする体制を常に万全に整えています。 受講生が合格までの道のりで不安や疑問点が出たときは、電話やメールでの質問に対して教務スタッフを中心としたスタッフ全員が"全力合格サポート"の精神で対応させていただきます。 今年度の合格が万が一叶えられなかった受講生に対しても、翌年の再受講割引など合格まで二人三脚でバックアップしていきます。 "すべての受講生の合格"までを完全フォローするために、今後ともバックアップ体制を充実させていきます。 受験生はそれぞれの理由で学習環境と時間が制限されます。 例えば、学生の方であれば学校後の時間を十分利用できる。 一方、社会人の方は仕事を終えた後の時間しか使えない、といった理由です。 通学講座に通える方もいれば通えない方もいる。 また、どうしても通学したいが土日しか通えない方など、その事情は一人一人様々です。 CICは一人でも多くの受験生が受講しやすいよう、通学と通信の受講形態をご用意しています。 上手に受講形態を選択すれば、環境や時間のハンデを克服するだけでなく、味方につけることさえ可能です。 お一人お一人のご都合や性格に合わせて、無理なく集中・継続できる学習方法をお選びください。 通学 会場で受講するスタイルです。 集中して一気に学習したい方にオススメです。 周りに受講生がいるので適度な緊張感が保て自然に勉強の体勢を確保できます。 通信 忙しくても通信講座ならできる! 限られた時間を有効に活用し自分のスケジュールに合わせて受験対策ができます。 自宅や外出先でCICの講義が受講できるスタイルです。 自分のペースで学習したい方にオススメです。

次の