生理周期 数え方。 正しい生理周期の数え方を知ろう|子宮筋腫と生理の関係

生理周期の正しい数え方とは!生理が長い時、短い時の原因は病気!?

生理周期 数え方

自分の生理周期を把握してますか? 生理周期を教えて下さいと質問すると、9割の人が「28日です」と答えるそうです。 でも、それは単なる平均周期であって、その人個人の生理周期ではないはずです。 生理周期とは本来25日~38日が正常な周期と言われています。 生理は単に一か月に一回、28日日間に一回というものではないのです。 生理周期の数え方 個人差があり、正常な周期の幅もある生理周期はどう数える事が正しいのでしょうか。 まず、自分の生理開始日のデータを2回分用意します。 1回目の生理開始日を一日目として、2回目の生理開始日の前日までを数えます。 そこで出てきた日数が、自分の生理周期になります。 例えば、1回目の生理開始日が10月1日で、2回目の生理開始日が10月30日の場合、10月1日は一日目となり、 10月30日の前日までを数え、29日周期となります。 また、もっと詳しく生理周期を出したい場合は、生理開始日データを4回分ほど集める事がオススメです。 正常な生理周期と生理期間 どんな生理周期やどんな生理期間がいったい正しいの? 上記にある様に正常な生理周期とは25日~38日と、その幅は広いのです。 また、次の生理まで6日以内の前後は正常なものです。 前回は29日目に次の生理が来たけれど、今回は37日間もかかってしまったというのは異常ではないのです。 正常な生理期間は3日~7日です。 量は、20~140mlです。 この様に正常な生理周期や期間には人によってかなりの差があります。 人と違うとつい心配になりがちですが、生理の基本を知っておけばむやみに怖がる事もなくなりますね。 ただ、生理が長すぎる、短すぎるというのには少々原因もある様です。 生理が長い 過長月経 原因 生理の周期や期間は体調やホルモンバランスに左右されやすく特にホルモンバランスの整っていない10代などは生理トラブルが多いものです。 ただ、心配なのが成人してからの生理不順です。 加齢によるホルモンバランスの乱れやストレスなどが影響していたり、病気の恐れもあります。 ホルモンバランスの乱れによるもの。 過長月経の最も大きな原因がホルモンバランスの乱れです。 女性のカラダは非常に繊細でストレスや体調不良の影響でホルモンバランスは簡単に乱れてしまいます。 茶色い血や、黒っぽい血が続く場合はこの原因である事が多く考えられます。 生理不順による過長月経生理不順のせいで2~3か月生理が遅れると、その分の経血が一度に排出されてしまうので生理の血の量は多く、 日数も長くなってしまいます。 膣周辺の筋肉の低下によるもの。 生理の出血は子宮が収縮して排出されます。 そのため膣周辺の筋肉が衰えてしまうとスムーズに出来なくなってしまい、生理が長引いてしまいます。 経血量が少ない場合は、この原因が考えられます。 その他、生理が長引くうえに経血量が多い場合は子宮筋腫、常に生理が強く吐き気まで伴う場合は、子宮内膜症、 生理期間以外にも出血する場合は子宮内ポリープなどの疑いもありますので、そういった時は婦人科で診察を受ける事をオススメします。 生理が短い 過短月経 原因 生理の正常な期間は3日~7日であり、3日で終わってしまうなんていう人も正常だったりするのです。 また、年齢と共に量や日数は減っていくためどこからが異常と判断するのかは難しいものです。 それでも、いつもより明らかに生理期間が短いなどの心配もあるでしょうし、原因もあるのです。 卵巣機能低下による過短月経。 この場合は、卵巣の働きが悪くなり排卵がうまく行われなくなってしまい、そのため無排卵の生理がきてしまうのです。 無排卵の生理はホルモンが十分に出ず、経血量が減り日数も減ってしまうのです。 量が少なく日数も短い生理が何度か続くようなら、膣周辺の筋肉を鍛えれば改善されます。 度重なる不正出血。 不正出血が度々起こると日数の少ない出血期間を生理と勘違いして短かったと思いこんでしまう事があります。 度々不正出血がある時は、クラミジア感染や、子宮に関わる病気が原因である事もあるので、婦人科での診察を受ける事をオススメします。 妊娠、切迫流産、切迫早産の影響も。 この場合、上記の3つによる出血と生理を勘違いしてしまう事が見受けられます。 妊娠による出血は、卵子と精子が受精し卵子が子宮に着床する時に絨毛というものが子宮壁を傷つけそのため出血する事があります。 着床出血と言います。 この着床出血の血の色は茶色で、おりものが混じった様なドロッとしたものです。 2日~3日の出血期間がある事が多いです。 性行為があって、少量の月経が続く場合は妊娠などを疑って婦人科での診察を受ける事をオススメします。 生理の遅れや、生理期間の変化はとっても心配なものです。 子宮や卵巣に何か問題があるのでは? などとあらぬ疑いを持ってしまったりと。 でも、生理の基本知識や自分の生理の周期や生理期間などをしっかり踏まえておけばむやみに心配する事もなくなりますよね。

次の

生理周期の正しい計算方法は?

生理周期 数え方

生理周期の数え方 子宮筋腫は、生理とも密接な関係があります。 ここでは、まず生理周期の数え方について、まとめています。 正しい生理の周期の数え方 だいたい1ヶ月サイクルで繰り返される生理の周期。 とはいえ、その期間には個人差があります。 自分の周期をきちんと把握することは、妊娠への準備だけでなく、体調管理にも役立ちます。 生理の周期は、 出血が始まった日を1日目とし、次の出血が始まる前日までを数えます。 例えば、今月の1日に生理が始まって、次の生理が同じ月の29日に始まったのであれば、28日周期となります。 また、生理開始日からだいたい14日目が排卵日となりますので、この場合は14日が排卵日となります。 妊娠を望む場合には、 14日の前後5日間あたりがもっとも妊娠しやすい時期ですので、ここに合わせて性交すると妊娠の可能性が上がります。 卵子の寿命は約24時間ですが、精子は子宮内で数日間生きているので、ジャストの排卵日でなくても、妊娠の可能性はあります。 こうした自分の生理の周期を把握するには、まず 基礎体温を測るようにしましょう。 ホルモンが定期的に分泌されていれば、 高温相・低温相がきちんと二つに分かれます。 基礎体温を測れば、体調の変化や妊娠にも気づきやすくなりますし、婦人科を受診する際にも、大切な資料となります。 周期を知って生理と上手に付き合いましょう 生理の周期は、エストロゲンとプロゲステロンのふたつの女性ホルモンによって作り出され、全部で4周期、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期に分かれます。 それぞれの周期別に、付き合い方を紹介します。 月経期• 体温:低温相• 期間:1~6日 月経期とは、生理の時期です。 生理の時期は、多くの女性が、 生理痛やイライラなど心身ともに苦労の多い時期です。 なるべくストレスをためないように、無理をしない生活を心がけましょう。 卵胞期• 体温:低温相• 期間:6~13日 卵胞期は、卵巣内にある卵子が育つ期間です。 エストロゲンの影響で、子宮内膜が厚くなります。 この時期は 肌の調子も良く、心身のバランスが整う期間です。 ダイエットや新しい仕事などにも向いており、様々な面で充実した生活が送れます。 排卵期• 体温:高温相• 期間:13~16日 排卵期には、妊娠に向けて、卵巣から卵子が飛び出してきます。 排卵痛という、生理痛に似た痛みを感じることもあるので、体に負担を感じたら無理は避けましょう。 排卵すると、体温が高温相に入ります。 黄体期• 体温:高温相• 期間:17~28日 黄体期はプロゲステロンの影響で、 肌荒れやむくみが酷くなったり、体重が増えやすくなったりもします。 イライラしがちにもなりますので、心身のバランスを上手に取りましょう。 無理をせず、マッサージや半身浴などでゆったり過ごしたり、アロマでリラックスしたりするのもよいですね。 エストロゲンとプロゲステロンの主な働きを解説 「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、いずれも卵巣から分泌される女性ホルモンのことで、これらの女性ホルモンは 「ステロイドホルモン」とも呼ばれます。 ここでは、それぞれのステロイドホルモンの働きについて解説していきます。 エストロゲンの働き 排卵のために必要なホルモン エストロゲンは、排卵前の 「卵胞期」に必要となるホルモンです。 脳下垂体から卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されて卵巣に届くと、エストロゲンの分泌が増えます。 血中のエストロゲンが増加すると、再び脳下垂体に働きかけ、今度は脳下垂体から黄体化ホルモン(LH)が分泌されます。 黄体化ホルモン(LH)が卵巣に届くと、排卵が起こります。 「美人ホルモン」とも言われる そのほか、エストロゲンは 「美人ホルモン」とも言われ、美肌や女性らしい体を作るために役立つほか、骨の強さを維持したり、コレステロール値を調整するなど、さまざまな働きがあります。 逆に、エストロゲンの分泌が少なくなると、乳腺の発達が泊まる、肌や髪のつやがなくなる、 認知症のリスクが上がるなど、さまざまな影響があります。 city. shinjuku. pdf プロゲステロンの働き 着床と妊娠維持のために必要なホルモン プロゲステロンは、受精後に着床と妊娠維持のために必要なホルモンです。 プロゲステロンは排卵後の卵胞から作られ、子宮内膜を柔らかくし、妊娠しやすい状態を作りだしてくれる働きがあります。 妊娠しなかった場合には、プロゲステロンの分泌量は 2週間ほどで減少していき、子宮内膜が剥がれていきます。 これが生理です。 体温を上げて高温期をつくり出す プロゲステロンには体温を上げる働きもあり、プロゲステロンの分泌が多いときは体温が高くなります。 基礎体温はこの体温の変化によって女性のメカニズムを判断することができるものなので、基礎体温は プロゲステロンが大きく関わっています。 プロゲステロンはほかにも、乳腺の発達を促す働きや、利尿作用を促す働きを持っています。 プロゲステロンの分泌が低下してしまうことで、更年期障害の症状が起こるといわれています。 2つのホルモンのバランスで月経の周期が作られる 排卵をスムーズに起こす手助けをするエストロゲンと、妊娠の準備や維持の働きをもつプロゲステロン、この2つの女性ホルモンがバランスよく分泌と減少を繰り返すことで、生理の周期が作られます。 生理の周期が乱れるのは 女性ホルモンの乱れが原因だといわれていますが、これらの分泌のバランスが狂ってしまうことで、生理周期も乱れてしまうのです。 2つのホルモンの分泌と減少には、そのほかのホルモンも大きく関わっているので、さまざまなホルモンがバランスよく働くことで、エストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが取れ、女性の体を守ってくれているということになります。

次の

月経周期の数え方|いま、あなたにできること|妊娠・出産の正しい知識|丘の上のお医者さん 女性と男性のクリニック

生理周期 数え方

排卵日の3日前ぐらいから性交渉を持つと、妊娠の可能性が高まります。 ただし、排卵日の予測はなかなか難しいので、普段の性交渉の回数自体を自然に増やせるといいですね。 タイミング法とは、最も妊娠の可能性が高いと思われる排卵日を予測し、その日に性交渉をもつ方法です。 妊娠するには、排卵が起こったときに、お腹の中のすぐそば(卵管内)に精子がいなければなりません。 卵子の寿命はおよそ1日、精子の寿命はおよそ3日程度と覚えておきましょう。 よって、排卵日の3日前ぐらいから性交渉を持つと、妊娠の可能性が高まります。 ただし、排卵日には個人差があり、予測は少し難しいと思ってください。 通常であれば、月経周期が28日周期の場合、生理が始まった日から約2週間後に排卵が起こると考えます。 月経の始まった日を1日目として数え、14日目が排卵日になりますが、そもそも月経周期が不規則な人は予測しにくいですね。 <基礎体温表で調べる排卵日> 基礎体温は、主に自分のおおまかな体温変化や体調を観察するもの。 最近は基礎体温を入力することによって排卵日を予測してくれるスマホアプリなども出てきています。 基礎体温やおりものの変化などをチェックしておくことで、だいたいの排卵日がわかるようになる人もいますが、「絶対ここ!」という正確な排卵日を特定するのはなかなか難しいものです。 基礎体温は、細かい数値をひとつひとつ気にしてもあまり意味がありません。 ひと月の大きな波のうねりを見ていくようにしましょう。 通常、高温期と低温期の二相に分かれ、排卵が終わると体温が上がります。 「予測した日と実際の排卵日」を、あとで確認する目的で使うのも一案です。

次の