カザフスタン 首都。 カザフスタン旅行を最大限楽しむには?日本での準備も旅先での注意も万全で行こう!

日本人がデザインした近未来都市!カザフスタン・アスタナの観光スポット8選

カザフスタン 首都

カザフスタンといえばどのような情景を思い浮かべますか?私は、中央アジアのイメージから、『風の谷のナウシカ』の舞台のような、乾いた山々が続く情景を想像します。 しかし観光スポットに目を向けてみると、近代的な建築物や夜景の数々、とてもうっとりする観光スポットの目白押しだったのです。 いくつかご紹介します。 発展目覚ましい未来都市アスタナ 1997年に以前の首都アルマイトから遷都されたのがカザフスタンの現首都アスタナです。 実はこの都市、日本と縁があります。 といいますのも、首都アスタナの開発は、政府が主催した国際コンペで1位となった日本人の建築家黒川紀章氏の都市開発に基づいているのです。 近代的なこの都市の景観は、日本とはまたひと味違い圧倒されることでしょう。 白く輝く美しいモスク「ハズレット・スルタン・モスク」 アスタナに2012年完成した巨大なモスク「ハズレット・スルタン・モスク」です。 このモスクの敷地は11ヘクタールに及ぶといいます。 この巨大なモスクには、ミナレット(イスラム教の宗教施設にある塔で権威の象徴ともいわれる)が4本もあります。 イスラム信者だけではなく、観光客もルールを守れば施設内を見学することが可能です。 ぜひ、外観だけではなく内部も見学することをオススメします。 「南の首都」アルマトイ 旧首都であるアルマトイはカザフスタン南東部の都市で「南の首都」とも呼ばれています。 同国最大の人口をほこり、唯一の百万都市であるアルマトイは中央アジア最高水準の世界都市ともいえます。 緑の多い街並やまっすぐに走る広い通り、独自の文化が生み出した独創的な建造物など見るべきものは、たくさんありますね。 アルマトイの住所アクセスや営業時間など 名称 ビッグ・アルマティ湖 名称(英語) Big Almaty Lake 住所 Ili-Alatau National Park, Almaty 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 ミニ・グランドキャニオンの異名を持つチャリンキャニオン チャリンキャニオンとはアルマトイ市から車で約3時間ほどの場所にある大きな渓谷です。 ミニ・グランドキャニオンという呼び名も持つこの渓谷は深さ300メートルにもなります。 見渡す景色はまさにグランドキャニオンの小さいバージョンというところでしょうか。 ここでは、キャニオン内を歩いて見て回ることができるので、トレッキングで渓谷を楽しむ人も多いです。 夏には近くを流れるチャリン川の近くでキャンプをする人もいます。 アルマトイから比較的近いため、真冬以外は日帰りでの観光ができます。 チャリン キャニオンの住所・アクセスや営業時間など 名称 チャリン キャニオン 名称(英語) Charyn Canyon 住所 in Kazakhstan on the Charyn River, 200 kilometres east of Almaty 営業時間・開場時間 24時間 利用料金や入場料 無料 ツアー約4000テンゲ) 参考サイト 最新情報は必ずリンク先をご確認ください。 ウィンタースポーツが盛んなメデウ 中央アジアの気候には、どのようなイメージがあるでしょうか?国土が広大なため一概には語れませんが、アルマトイでは真冬の最高気温が氷点下ということもあり、寒さが厳しいです。 アルマトイ郊外にはメデウという町があります。 このメデウはウィンタースポーツが盛んでスケートリンクやスキー場を有しています。 アルマトイは2022年の冬季オリンピック開催地に立候補したことも、ウィンタースポーツが盛んなことを表しています。 メデウの住所・アクセスや営業時間など.

次の

Chevron

カザフスタン 首都

公式の表記は、 Republic of Kazakhstan。 通称、 Kazakhstan。 の表記は、 カザフスタン共和国。 通称、 カザフスタン。 漢字表記は 哈薩克斯坦 [ ]。 カザクは、で「独立不羈の者」「放浪の民」を意味する。 、大統領は周辺の同じく「スタン」を国名に持つ旧諸国との差別化により、国際的な認知度をアップさせるため、国名を変更する考えとともに新たな国名の候補として「カザフエリ(カザフ語でカザフ人の土地を意味する)」を挙げたと報じられたが 、6月には ()外相がそのような動きを否定している。 歴史 [ ] 詳細は「 ()」を参照 イッセドネス人、アリマスポイ人 [ ] 古代ギリシアのや ()らによる歴史書では、伝承ではあるものの、最古のにや ()人(一眼族)といった諸族がいたことを記録している。 イッセドネス人は故人の肉を食すであり、アリマスポイ人は一つ目の民族であるという。 アリマスポイ人は絶えず近隣の民族を攻撃しており、そのため西隣のイッセドネス人は西へ移動し、その西にいた人は西へ移動し、さらに西(南ロシア草原)にいたを追い出すこととなった。 スキュタイ、マッサゲタイ [ ] 古代ギリシアのによる『』によれば、もともとアジアの遊牧民であったスキュタイがに追われてを渡河し、当時の(現在の南ウクライナ)に移ったという。 のがを越えて中央アジア征服に及んだ際、の女王に殺され、征服は失敗に終わった。 サカイ、ソグディアノイ [ ] 古代ローマの地理書には、といった民族が記されている。 サカイはスキュタイと同じ遊牧民族であり、ペルシアの史料ではサカと呼ばれ、の属民であった。 の侵入時もその存在が確認でき、ヤクサルテス川()をはさんで対峙した。 ソグディアノイはのちに交易の担い手となるソグド人として有名であるが、このころはアケメネス朝やアレクサンドロスの属民として歴史に登場する。 康居、奄蔡 [ ] からにわたり、中国の歴史書にはやといった遊牧民族が記されている。 康居ははじめ、東の、南のといった強国に臣従していたが、になると、栗弋国、厳国、阿蘭聊国といった諸国を支配下に入れるほど強盛する。 奄蔡は西方史料のいうに比定されたり、のちに阿蘭と改名したことからに比定されたりするが、記録が少なく、康居と同族であること以外わかっていない。 悦般、エフタル [ ] はから追われたが行き着いた地で建てた国であり、その場所は康居の北にあったとされる。 言語・習俗はと同じであり、周辺民族の中でも清潔であったという。 この悦般がのちのであるとする説もある。 エフタルはその出自が不明で、から南下してきたとも、にいたとも言われている。 西突厥 [ ] 、エフタルの国家はとの挟撃に遭って滅ぼされ、中央アジア全土は突厥の領土となった。 突厥はに東西に分離し、カザフ草原はが支配することとなる。 西突厥は内紛が相次ぎ、一時はの支配下に入ってともにアラブ・イスラーム勢力と戦うも、には王族であるが滅び、その帝国はそれぞれの部族に分散してしまう。 からにかけては西突厥の構成民族であった ()(テュルギシュ)、、、、、 (、)、、などが割拠した。 カラハン朝、カラ・キタイ [ ] は初のイスラーム王朝であり、その母体はともとも言われている。 東西の文化が融合したことで、文化面では大いに発展し、「 ()」と呼ばれるを使って記されるの文語が生まれた。 の韻文作品『(幸福になるための智恵)』や、のテュルク諸語の語彙を集めた辞典『 ()(テュルク諸語集成)』が登場し、テュルク・イスラム文化の先駆けとなった。 カラハン朝はに東西に分裂し、初頭には率いる軍によって征服され、カラ・キタイ()の属国となった。 モンゴル帝国 [ ] カザフ草原の西の大部分はテュルク系のの領土であり、東の大部分はカラ・キタイの領土であった。 カラ・キタイはにのによって乗っ取られるが、まもなく東の遊牧民族を統一したの軍によって征服され、にはキプチャクも率いるモンゴル征西軍によって征服される。 の遊牧民騎馬民族はすべてモンゴル帝国の支配下に入ることとなった。 モンゴル第2代皇帝が没すると、にバトゥは下流のに都を置いて、カザフ草原(当時はと呼ばれた)を中心とする自立政権を築いた。 カザフ・ハン国 [ ] 近郊のロシア人入植者 末、ジョチ・ウルスの東部(現在のカザフ草原)において、と呼ばれる遊牧集団からが頭角を現し、を建国させる。 一方でとの2人によって率いられた遊牧集団がウズベク・ハン国より分離する。 アブルハイル・ハンの死後、カザフの集団は分裂状態に陥ったウズベクの集団を吸収し、を形成、アブルハイル・ハンの孫にあたるによって率いられたと対立する。 カザフ・ハン国は(在位: - )の時代に強盛となり、対外戦争を行い、周辺国から恐れられた。 になると、カザフ・ハン国は政治的統一を失い、東部の( )、中部の( )、西部の( )という3つの部族連合体に分かれて草原に居住するようになる。 初頭、が襲来したため()、1730年代から1740年代に小ジュズと中ジュズはに服属を表明し、その傘下に入った。 になると、カザフのハンは権威を喪失しており、ロシア帝国による直接統治を受け入れていた。 同じころ、残る大ジュズもロシア帝国の統治を受け入れる。 こうしてロシア帝国に組み込まれたカザフ草原は、、、、、、の6州に区分され、その東半分はにの管轄下に置かれた(セミレチエ州は1897年にトルキスタン総督府へ移管)。 カザフ・ソビエト社会主義共和国 [ ] では、北部はの支配下に入り( - )、1920年に南部はの支配下に入りの構成下において ()が誕生(首都は)、1925年には( - )が樹立された(1929年に首都がになる)。 に( - )に昇格したあと、ソビエト連邦の共産党政権のコントロール下に置かれた。 領内にはソ連のの中心地としてが、の中心となるが作られた。 カザフスタン共和国 [ ] ソビエト連邦崩壊後の、「カザフスタン共和国」としてし、1991年に(CIS)に加盟した。 2月、「」の共同議長は運転手とともに、で射殺体で発見された。 5人の国家保安委員会のメンバーが、サルセンバエフの殺害に関わっているとして逮捕された。 によると、犯人は1人あたり2万5,000ドルを受け取っているという。 1人もに関わったとしてされている。 カザフスタンでは、反対派のアルマトイ前市長のも射殺体で発見されている。 の議会選挙では、「」がによる全98議席を獲得、その他9議席を直属のが指名するため、与党が107議席をすべて独占することとなった。 5月には改正が行われており、改正によって初代大統領に限り、3選禁止の規定が除外されている。 地理 [ ] 詳細は「 ()」を参照 カザフスタンのは、直接選挙により選出される任期5年のである。 大統領は政府を組閣し、・長・総長・を任免、を実施し、を導入する権限を有する。 5月から軍最高司令官であり、同年7月からはが直属している。 1993年12月、最高会議は解散させられ、1995年3月、憲法裁判所は1994年3月実施の選挙が違憲であったとの決定を下した。 その後は議会不在のままである。 建国以来、ヌル・オタン(輝く祖国党)が単独過半数を占めており、事実上の一党独裁体制である。 は、議会の同意により大統領がする。 閣僚は、首相の提案により大統領が任命する。 政府は、大統領の任期満了とともに総辞職し、新大統領によりされる。 閣僚の70パーセントは人口の約65パーセントを占めるカザフ人である。 詳細は「」を参照 現在の大統領は。 のだった共産党第一書記・同共和国大統領(それぞれ、に就任)からそのまま1991年12月にカザフスタン共和国大統領に就任したが、独立以来2019年まで一貫して大統領の地位にあり、強力なリーダーシップを発揮した。 1995年4月に大統領の任期を延長し、2000年12月までとしたが、同年8月には新憲法草案が国民投票にかけられ、圧倒的賛成で可決された。 この1995年憲法はカザフスタンを大統領制国家であると規定し、大統領に大幅な権限を与えた。 そして、最高会議を廃止して二院制議会を新設し、1995年12月に議会選挙を実施したが、反対派はほとんどボイコットした。 1998年10月に憲法改正が行われ、大統領の任期は5年から7年に延長、65歳までとされていた候補者の年齢制限が撤廃された。 には議会がナザルバエフを終身大統領とする議決を行うが、本人はこれを拒否した。 2019年3月19日、ナザルバエフは電撃辞任を表明し、翌20日に正式に退いた。 主要政党 [ ] 詳細は「 ()」を参照 与党:(輝く祖国) 野党:(明るい道)、 治安 [ ] 2015年の10万人あたりの殺人(既遂)率は、約4. 8件(認知件数:853件)であった。 かつては10. 0件以上あったが、減少して2010年以降は10. 0件を切っている。 強盗は、68. 7件(認知件数:1万2,197件)であった。 強盗は、2009年 - 2012年の間に急増したが、2013年以降は減少している。 窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く)は、約1177. 0件(認知件数:20万8,907件)であった。 窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く)に関しては、2010年 - 2014年の間に急増し、2014年以降は高止まりしている。 6月5日、市内の店や施設が攻撃されるが発生。 との間の銃撃戦で、6名が死亡、10名が負傷した。 このテロ事件を受け、治安当局はアクトベ市のテロの脅威度を「赤」(3段階中最高位)に設定した。 また,アクトベ市を除くカザフスタン全土を「黄」(3段階中1番目)にした。 6月12日、カザフスタン当局はアクトベ市のテロの脅威レベルを「赤」から「黄」に引き下げ、カザフスタン全土がテロの脅威レベル「黄」となった。 8月14日、カザフスタン国家保安委員会はテロの脅威レベル「黄」を1月15日まで延長した。 メディアの検閲 [ ] インターネットは2014年時点で国民の70. 8パーセントに普及している。 「マスメディアに関する法律」の中で、インターネットはマスメディアと法的に定められた。 これによりフェイスブックやツイッターなどのSNS、インターネット掲示板での言動は新聞、テレビと同等のものとなった。 亡命者が政権批判をするブログサイト は国内からアクセス不可であり、政府の視点とは異なるニュースチャンネルも規制がかけられている。 NGOのはカザフスタンを「部分的自由」と評価を下している。 軍事 [ ] 詳細は「 ()」および「」を参照 全般 [ ] 隣国であり、旧ソ連時代には同じ国であったとともにを提唱し、ロシアと経済統合を進めてを設立するなど政治・経済両面で密接な関係を持つ一方、で使われるの廃止(後述の「言語」の項を参照)を進めるなど、過度のロシア依存は避けている。 ロシア、、ほかの中央アジア諸国とともに(SCO)の創設メンバーであり、またなどを含むのメンバーでもある。 諸国やを含むアジア諸国とも良好な関係を築いている。 とを提唱、さらにのの議長国に選出されているなど、積極的に国際機構への参加を図っている。 トルコを含むイスラム諸国とロシアのいずれとも緊密な関係にあることから、首都アスタナはの停戦・和平に関する協議の場となっている。 核不拡散への協力 [ ] ソ連崩壊後、カザフスタンはを放棄した(2006年にを締結)。 も閉鎖したが、ソ連時代の地上によるや健康被害の問題は依然として残っている。 一方でカザフスタンはであるの大産出国でもあるため、核兵器開発につながる技術やに使われかねないの拡散防止に積極的である。 2017年8月、(IAEA)は、新興国に用の低濃縮ウランを供給し、技術の拡散を防ぐ「核燃料バンク」をカザフスタン東部に開設した。 対日関係 [ ] 1991年12月28日国家承認。 とは互いにを置き()、8月には首相が、10月には首相が訪問した。 、カザフスタン政府によって実施された新首都の設計についての国際指名コンペにおいて、の・案が1位に選ばれ、その都市計画案に基づき開発が続けられている。 駐日カザフスタン大使館 [ ]• 住所:東京都港区麻布台一丁目8-14• アクセス:2番出口、または2番出口• 詳細は「 ()」を参照 の統計によると、のカザフスタンのは1,594億ドル、1人あたりのGDPは推計8,762ドルであり、独立直後の経済状況(一人あたりGDP[1992年]:169ドル)に比べ、著しい飛躍を遂げている。 後の厳しい経済状況の中、民営化を中心とする経済改革を推進、米国企業が参加する開発の始動などにより、1996年には独立以来初めてプラス成長を記録した。 1998年には農業・重工業の低迷およびによりマイナス成長(前年比マイナス2. 5パーセント)に転じたものの、1999年以降は再びプラス成長に転じ、世界的な石油価格の上昇を追い風に、2000年以降年平均10パーセントという好調な経済成長を維持した。 ただし、2007年以降は金融危機による世界的な景気の減退とともに経済成長率は鈍化し、2010年 - 2013年は5パーセント前後の成長率で推移していた。 この経済成長は、の輸出によるものであり、依存型である。 また、1人あたりGDPが1万ドル以上になり(ごろ)、に並ぶとなった。 しかし、2014年ごろから原油価格が下落していった。 さらに原油価格やロシア通貨ルーブル下落の影響を受け、2015年8月、為替相場をからへ移行すると発表し、その後の1年間で、テンゲの対米ドル為替相場は4割も下落した。 こうしたテンゲの為替相場急落の影響でインフレ率が急上昇し、これによる大幅減少のため、が落ち込んでしまい、景気は大きく失速し、2016年の1人あたりのGDPは推定1万ドルを割った。 2017年は前述した推計8,762ドルとなり、とほぼ同等となった。 通貨はである。 石油・天然ガス [ ] カスピ海パイプライン (テンギス油田 - 間) 国営企業が中心となって、豊富な・資源を開発・輸出している。 2016年11月、新たにカスピ海のが商業生産を開始した。 () その他鉱業 [ ] カザフスタンは石油、天然ガス、石炭、ウラン、銅、鉛、亜鉛などに恵まれた資源大国である。 金属鉱業はカザフスタンにおける重要な経済部門のひとつであり、GDPの約1割(石油・ガスは3割弱)を占め、石油・ガスを含む天然資源は、工業生産・輸出・国家歳入の約6割を支えている。 その埋蔵量は、(USGS)によるとウランが世界の18パーセント、クロムが同10パーセント、マンガンが同5パーセント、銅が同5パーセント、銀が同5パーセント、鉛が同9パーセント、亜鉛が同8パーセントであり、さらなる開発ポテンシャルを有している。 ウランは恒常的に生産量が増加しており、特にを経てからは伸びが著しく、2010年の間には1万7,803tU(金属ウラン重量トン)を産出して以降 、カザフスタンはウラン生産で世界第1位(1997年は13位)となった。 今後、炭化水素・クロム・鉄は50 - 80年、ウラン・石炭・マンガンは100年以上の生産が可能であると言われている。 一方、輸出の主要部分を占める非鉄金属および貴金属鉱山の開発・生産は12 - 15年程度で枯渇する可能性が指摘されている。 カザフスタンは資源に恵まれている一方、品位の低さなどから開発に至った鉱山は確認埋蔵量の35パーセントにすぎず、10種の鉱物(ダイヤモンド、錫、タングステン、タンタル、ニオブ、ニッケル、ボロン、マグネサイト、マグネシウム塩、カリウム塩)はいまだ開発されていない。 鉱床探査の不足により、近年は埋蔵量減少分が補填されず、質・量ともに低下していると指摘されており、地質調査部門の発展促進が課題となっている。 カザフスタンの鉱業における主要企業は、Tau-Ken Samruk(金属)、KAZ Minerals(銅、銀など)、Kazakhmys Corporatiopn(銅など)、 Kazzinc(亜鉛、銅など)、Eurasian Resources Group(旧:ENRC、クロム、鉄鉱石、アルミニウム、発電事業)、ArcelorMittal Temirtau(鉄鋼)、(ウラン採掘を含む国営原子力公社)などである。 資源では、(約10,600万トン、世界第10位、世界シェア1. 4パーセント) が優位である。 品質が高いため、同国で産出すると組み合わせてを生産している。 燃料に向く低品質のはほとんど採れない。 (約8,800万トン)の産出量は世界シェア2. 0パーセントに達する。 は約300億と多くはない。 2017年時点における鉱物資源の採掘量、世界ランキング、世界シェアは以下の通りである。 色と面積で示したカザフスタンの輸出品目• 鉱(22. 2千トン、 世界第1位、世界シェア39. 鉱(745. 1千トン、世界第9位、世界シェア3. 鉱(112. 3千トン、世界第8位、世界シェア2. 鉱(347. 0千トン、世界第9位、世界シェア2. 鉱(4,843. 2千トン、世界第9位、世界シェア1. 鉱(6,261. 5千トン、 世界第2位、世界シェア18. 鉱(1,612. 8千トン、世界第9位、世界シェア2. 鉱(0. 5千トン、世界第12位、世界シェア0. 鉱(18,330. 9千トン、世界第12位、世界シェア0. 鉱(85. 3トン、世界第13位、世界シェア2. 鉱(400. 0トン、世界第9位、世界シェア0. 鉱(0. 1トン、世界第9位、世界シェア0. 鉱(50. 0トン、世界第5位)• 鉱(1,028. 5トン、世界第10位、世界シェア4. のような電力事業も鉱業の傘下である。 農業 [ ] 詳細は「 (、)」を参照 社会 [ ] 家族 [ ] カザフ人は父系の出自を大きなアイデンティティとしている。 父系の氏族「ルゥ」に帰属を持ち、44の主要なルゥがある。 このルゥは民族の成立以前からあるものもある。 結婚後もルゥは変わることはない。 ソ連時代は家父長制度であると批判されたが、抗議による家畜屠殺、それにともなう膨大な餓死者(一説には220万人)も発生し集団化は見直され、ルゥを元にした組織となった。 婚姻 [ ] 婚姻時に、婚姻前の姓を保持する()か、共通の姓(夫婦同姓)か、複合姓に改姓することから選択することが可能である。 すでに複合姓である場合にさらに追加することはできない。 改姓した場合、離婚時には、婚姻時の姓を保持することも元の姓に戻すことも可能である。 交通 [ ] 詳細は「」を参照 構成はが67. 47パーセント、が19. 76パーセント、が3. 18パーセント、が1. 53パーセント、が1. 46パーセント、が1. 11パーセント、が0. 99パーセント、その他4. 5パーセント(2018年)となっている。 「その他」の中にはが入っているが、彼らの多くは現時点で3、4世代目となっており、民族的教育も育まれることがないため、母語であるを話せない場合が多い。 ソ連時代の名残りにより、国内では現在もロシア語風の姓名を用いる世帯が多い。 現在、ロシア人はロシアへの移住により減少傾向にある。 以前はカザフ人よりロシア人の割合の方が高かったが、独立以降多くのロシア人が転出し、カザフ人の割合が徐々に増加し逆転した。 さらにカザフスタン政府が在外カザフ人の帰還を進めており、1991年から2014年1月1日までに94万4,500人のカザフ人が移住してきている。 在外カザフ人は本国のカザフ人と比べ、よりカザフ文化を受け継いでいるが、それは本国はソ連時代にロシア化が進んだためである。 しかし、それに反してソ連時代の名残りが根強いため、本国のカザフ人同様に人名にはロシア語風の姓名を用いる割合が非常に高いことが特徴ともなっている。 言語 [ ] 憲法ではが国家語、カザフ語とがと定められている。 カザフ語は国語とされるが、カザフスタンにおいてカザフ語を話すことができるのは全人口の64. 4パーセントに過ぎない。 一方、ロシア語はロシア系のみならず、ソ連時代から95パーセントの住民が使用しており、間の交流語として、カザフ語と同様の地位を与えられている。 とりわけ都市部においてはロシア語をとし、カザフ語をまったく話せないカザフ人も多いなど、カザフ語よりもはるかに広く使われているのが実情である。 はを通してカザフ語の普及を図り、政府機関などでは積極的に使用されているものの、効果は現れていない。 たとえば外国映画は、主にロシアで作られたロシア語版が上映されている。 これに対し2012年、文化法改正法が施行され、外国映画にカザフ語が義務づけられた。 カザフスタンはロシア系住民が約20パーセントと中央アジアでは最多であるにもかかわらず、この法律により、カザフスタンでを原語で上映できなくなる可能性があった。 しかしこの法律は吹き替えコストの問題で空文化し、カザフ語吹き替え映画は政府の資金援助を受けた12本ほどにとどまった。 そのため2016年、カザフ語でもよいと緩和した上で改めて義務づけられた。 カザフ語に関しては、同じ中央アジアの旧ソ連国家であるやがやに行ったような、からへの切り替えを進めており、ナザルバエフ大統領はまでの完了を命じている。 当然ながら、カザフ語とともに公用語である国内ではもっとも広範囲に使われているロシア語はキリル文字表記のままであり、公用語から除外されるわけでもない。 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2018年10月. 2019年3月10日閲覧。 2018年1月13日閲覧。 田中洋之 2014年2月8日. の2014年2月22日時点におけるアーカイブ。 2017年3月6日閲覧。 Tengrinews. 2014年6月13日. 2017年3月6日閲覧。 ヘロドトス『歴史』巻4-13• ストラボン『地理誌』、アッリアノス『アレクサンドロス大王東征記』• 『史記』(大宛列伝)、『漢書』(西域伝)、『後漢書』(西域伝)、『三国志』(裴注『魏略』西戎伝)• 『魏書』(列伝第九十 西域)、『北史』(列伝第八十五 西域)• 松田壽男『古代天山歴史地理学研究』• 岩村 2007,p118• 山田信夫『北アジア遊牧民族史研究』• 小松 2005,p166-167• 国連統計局「人口年鑑」 2014年 による• カザフスタンを知るための60章 312頁• UNODC. 2019年2月24日閲覧。 UNODC. 2019年2月24日閲覧。 UNODC. 2019年2月24日閲覧。 外務省 2016年6月6日• 外務省 2016年6月15日• Qnewニュース 2016年8月16日• Blogspot. com,Wordpress. com• 『毎日新聞』朝刊2017年11月1日• 2017年8月30日• 外務省. 2019年3月5日. 2019年3月10日閲覧。 堀江 正人 2017年9月28日. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部. 2019年3月10日閲覧。 (JOGMEC). 2018年12月26日. 2019年3月10日閲覧。 Enerdata. 2017年. 2019年3月10日閲覧。 PDF. 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC). 2018年3月. 2019年3月10日閲覧。 Enerdata. 2017年. 2019年3月10日閲覧。 Department of the Interior U. Geological Survey(アメリカ地質調査所). 2019年. 2019年3月10日閲覧。 , Legal information system of Regulatory Legal Acts of the Republic of Kazakhstan. ハーバービジネスオンライン 2016年7月13日. 2016年8月24日閲覧。 eurasianet. 2019年10月30日閲覧。 【から】カザフスタン/ローマ字移行 ロシアに背「欧米追従」一部に批判『』2017年7月20日アジア・グローバル面• The results of the national population census in 2009 The Agency of Statistics of the Republic of Kazakhstan 参考資料 [ ] 歴史の項• 訳『世界古典文学全集 10 ヘロドトス』(、、)• 『北アジア遊牧民族史研究』(、、)• (訳:大牟田章)『アレクサンドロス大王東征記 上』(、、)• 『世界各国史4 中央ユーラシア史』(、、)• 『文明の十字路=中央アジアの歴史』(、)• 鵜山智彦・藤本透子『カザフスタンを知るための60章』 2015年、、 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カザフスタンに関連する および があります。 政府等• (カザフ語) (ロシア語) (英語)• (カザフ語) (ロシア語) (英語) 日本政府• (日本語) 大使館• (英語)• (日本語) その他• (日本語).

次の

KISHO KUROKAWA

カザフスタン 首都

公式の表記は、 Republic of Kazakhstan。 通称、 Kazakhstan。 の表記は、 カザフスタン共和国。 通称、 カザフスタン。 漢字表記は 哈薩克斯坦 [ ]。 カザクは、で「独立不羈の者」「放浪の民」を意味する。 、大統領は周辺の同じく「スタン」を国名に持つ旧諸国との差別化により、国際的な認知度をアップさせるため、国名を変更する考えとともに新たな国名の候補として「カザフエリ(カザフ語でカザフ人の土地を意味する)」を挙げたと報じられたが 、6月には ()外相がそのような動きを否定している。 歴史 [ ] 詳細は「 ()」を参照 イッセドネス人、アリマスポイ人 [ ] 古代ギリシアのや ()らによる歴史書では、伝承ではあるものの、最古のにや ()人(一眼族)といった諸族がいたことを記録している。 イッセドネス人は故人の肉を食すであり、アリマスポイ人は一つ目の民族であるという。 アリマスポイ人は絶えず近隣の民族を攻撃しており、そのため西隣のイッセドネス人は西へ移動し、その西にいた人は西へ移動し、さらに西(南ロシア草原)にいたを追い出すこととなった。 スキュタイ、マッサゲタイ [ ] 古代ギリシアのによる『』によれば、もともとアジアの遊牧民であったスキュタイがに追われてを渡河し、当時の(現在の南ウクライナ)に移ったという。 のがを越えて中央アジア征服に及んだ際、の女王に殺され、征服は失敗に終わった。 サカイ、ソグディアノイ [ ] 古代ローマの地理書には、といった民族が記されている。 サカイはスキュタイと同じ遊牧民族であり、ペルシアの史料ではサカと呼ばれ、の属民であった。 の侵入時もその存在が確認でき、ヤクサルテス川()をはさんで対峙した。 ソグディアノイはのちに交易の担い手となるソグド人として有名であるが、このころはアケメネス朝やアレクサンドロスの属民として歴史に登場する。 康居、奄蔡 [ ] からにわたり、中国の歴史書にはやといった遊牧民族が記されている。 康居ははじめ、東の、南のといった強国に臣従していたが、になると、栗弋国、厳国、阿蘭聊国といった諸国を支配下に入れるほど強盛する。 奄蔡は西方史料のいうに比定されたり、のちに阿蘭と改名したことからに比定されたりするが、記録が少なく、康居と同族であること以外わかっていない。 悦般、エフタル [ ] はから追われたが行き着いた地で建てた国であり、その場所は康居の北にあったとされる。 言語・習俗はと同じであり、周辺民族の中でも清潔であったという。 この悦般がのちのであるとする説もある。 エフタルはその出自が不明で、から南下してきたとも、にいたとも言われている。 西突厥 [ ] 、エフタルの国家はとの挟撃に遭って滅ぼされ、中央アジア全土は突厥の領土となった。 突厥はに東西に分離し、カザフ草原はが支配することとなる。 西突厥は内紛が相次ぎ、一時はの支配下に入ってともにアラブ・イスラーム勢力と戦うも、には王族であるが滅び、その帝国はそれぞれの部族に分散してしまう。 からにかけては西突厥の構成民族であった ()(テュルギシュ)、、、、、 (、)、、などが割拠した。 カラハン朝、カラ・キタイ [ ] は初のイスラーム王朝であり、その母体はともとも言われている。 東西の文化が融合したことで、文化面では大いに発展し、「 ()」と呼ばれるを使って記されるの文語が生まれた。 の韻文作品『(幸福になるための智恵)』や、のテュルク諸語の語彙を集めた辞典『 ()(テュルク諸語集成)』が登場し、テュルク・イスラム文化の先駆けとなった。 カラハン朝はに東西に分裂し、初頭には率いる軍によって征服され、カラ・キタイ()の属国となった。 モンゴル帝国 [ ] カザフ草原の西の大部分はテュルク系のの領土であり、東の大部分はカラ・キタイの領土であった。 カラ・キタイはにのによって乗っ取られるが、まもなく東の遊牧民族を統一したの軍によって征服され、にはキプチャクも率いるモンゴル征西軍によって征服される。 の遊牧民騎馬民族はすべてモンゴル帝国の支配下に入ることとなった。 モンゴル第2代皇帝が没すると、にバトゥは下流のに都を置いて、カザフ草原(当時はと呼ばれた)を中心とする自立政権を築いた。 カザフ・ハン国 [ ] 近郊のロシア人入植者 末、ジョチ・ウルスの東部(現在のカザフ草原)において、と呼ばれる遊牧集団からが頭角を現し、を建国させる。 一方でとの2人によって率いられた遊牧集団がウズベク・ハン国より分離する。 アブルハイル・ハンの死後、カザフの集団は分裂状態に陥ったウズベクの集団を吸収し、を形成、アブルハイル・ハンの孫にあたるによって率いられたと対立する。 カザフ・ハン国は(在位: - )の時代に強盛となり、対外戦争を行い、周辺国から恐れられた。 になると、カザフ・ハン国は政治的統一を失い、東部の( )、中部の( )、西部の( )という3つの部族連合体に分かれて草原に居住するようになる。 初頭、が襲来したため()、1730年代から1740年代に小ジュズと中ジュズはに服属を表明し、その傘下に入った。 になると、カザフのハンは権威を喪失しており、ロシア帝国による直接統治を受け入れていた。 同じころ、残る大ジュズもロシア帝国の統治を受け入れる。 こうしてロシア帝国に組み込まれたカザフ草原は、、、、、、の6州に区分され、その東半分はにの管轄下に置かれた(セミレチエ州は1897年にトルキスタン総督府へ移管)。 カザフ・ソビエト社会主義共和国 [ ] では、北部はの支配下に入り( - )、1920年に南部はの支配下に入りの構成下において ()が誕生(首都は)、1925年には( - )が樹立された(1929年に首都がになる)。 に( - )に昇格したあと、ソビエト連邦の共産党政権のコントロール下に置かれた。 領内にはソ連のの中心地としてが、の中心となるが作られた。 カザフスタン共和国 [ ] ソビエト連邦崩壊後の、「カザフスタン共和国」としてし、1991年に(CIS)に加盟した。 2月、「」の共同議長は運転手とともに、で射殺体で発見された。 5人の国家保安委員会のメンバーが、サルセンバエフの殺害に関わっているとして逮捕された。 によると、犯人は1人あたり2万5,000ドルを受け取っているという。 1人もに関わったとしてされている。 カザフスタンでは、反対派のアルマトイ前市長のも射殺体で発見されている。 の議会選挙では、「」がによる全98議席を獲得、その他9議席を直属のが指名するため、与党が107議席をすべて独占することとなった。 5月には改正が行われており、改正によって初代大統領に限り、3選禁止の規定が除外されている。 地理 [ ] 詳細は「 ()」を参照 カザフスタンのは、直接選挙により選出される任期5年のである。 大統領は政府を組閣し、・長・総長・を任免、を実施し、を導入する権限を有する。 5月から軍最高司令官であり、同年7月からはが直属している。 1993年12月、最高会議は解散させられ、1995年3月、憲法裁判所は1994年3月実施の選挙が違憲であったとの決定を下した。 その後は議会不在のままである。 建国以来、ヌル・オタン(輝く祖国党)が単独過半数を占めており、事実上の一党独裁体制である。 は、議会の同意により大統領がする。 閣僚は、首相の提案により大統領が任命する。 政府は、大統領の任期満了とともに総辞職し、新大統領によりされる。 閣僚の70パーセントは人口の約65パーセントを占めるカザフ人である。 詳細は「」を参照 現在の大統領は。 のだった共産党第一書記・同共和国大統領(それぞれ、に就任)からそのまま1991年12月にカザフスタン共和国大統領に就任したが、独立以来2019年まで一貫して大統領の地位にあり、強力なリーダーシップを発揮した。 1995年4月に大統領の任期を延長し、2000年12月までとしたが、同年8月には新憲法草案が国民投票にかけられ、圧倒的賛成で可決された。 この1995年憲法はカザフスタンを大統領制国家であると規定し、大統領に大幅な権限を与えた。 そして、最高会議を廃止して二院制議会を新設し、1995年12月に議会選挙を実施したが、反対派はほとんどボイコットした。 1998年10月に憲法改正が行われ、大統領の任期は5年から7年に延長、65歳までとされていた候補者の年齢制限が撤廃された。 には議会がナザルバエフを終身大統領とする議決を行うが、本人はこれを拒否した。 2019年3月19日、ナザルバエフは電撃辞任を表明し、翌20日に正式に退いた。 主要政党 [ ] 詳細は「 ()」を参照 与党:(輝く祖国) 野党:(明るい道)、 治安 [ ] 2015年の10万人あたりの殺人(既遂)率は、約4. 8件(認知件数:853件)であった。 かつては10. 0件以上あったが、減少して2010年以降は10. 0件を切っている。 強盗は、68. 7件(認知件数:1万2,197件)であった。 強盗は、2009年 - 2012年の間に急増したが、2013年以降は減少している。 窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く)は、約1177. 0件(認知件数:20万8,907件)であった。 窃盗(強盗・侵入盗・自動車盗は除く)に関しては、2010年 - 2014年の間に急増し、2014年以降は高止まりしている。 6月5日、市内の店や施設が攻撃されるが発生。 との間の銃撃戦で、6名が死亡、10名が負傷した。 このテロ事件を受け、治安当局はアクトベ市のテロの脅威度を「赤」(3段階中最高位)に設定した。 また,アクトベ市を除くカザフスタン全土を「黄」(3段階中1番目)にした。 6月12日、カザフスタン当局はアクトベ市のテロの脅威レベルを「赤」から「黄」に引き下げ、カザフスタン全土がテロの脅威レベル「黄」となった。 8月14日、カザフスタン国家保安委員会はテロの脅威レベル「黄」を1月15日まで延長した。 メディアの検閲 [ ] インターネットは2014年時点で国民の70. 8パーセントに普及している。 「マスメディアに関する法律」の中で、インターネットはマスメディアと法的に定められた。 これによりフェイスブックやツイッターなどのSNS、インターネット掲示板での言動は新聞、テレビと同等のものとなった。 亡命者が政権批判をするブログサイト は国内からアクセス不可であり、政府の視点とは異なるニュースチャンネルも規制がかけられている。 NGOのはカザフスタンを「部分的自由」と評価を下している。 軍事 [ ] 詳細は「 ()」および「」を参照 全般 [ ] 隣国であり、旧ソ連時代には同じ国であったとともにを提唱し、ロシアと経済統合を進めてを設立するなど政治・経済両面で密接な関係を持つ一方、で使われるの廃止(後述の「言語」の項を参照)を進めるなど、過度のロシア依存は避けている。 ロシア、、ほかの中央アジア諸国とともに(SCO)の創設メンバーであり、またなどを含むのメンバーでもある。 諸国やを含むアジア諸国とも良好な関係を築いている。 とを提唱、さらにのの議長国に選出されているなど、積極的に国際機構への参加を図っている。 トルコを含むイスラム諸国とロシアのいずれとも緊密な関係にあることから、首都アスタナはの停戦・和平に関する協議の場となっている。 核不拡散への協力 [ ] ソ連崩壊後、カザフスタンはを放棄した(2006年にを締結)。 も閉鎖したが、ソ連時代の地上によるや健康被害の問題は依然として残っている。 一方でカザフスタンはであるの大産出国でもあるため、核兵器開発につながる技術やに使われかねないの拡散防止に積極的である。 2017年8月、(IAEA)は、新興国に用の低濃縮ウランを供給し、技術の拡散を防ぐ「核燃料バンク」をカザフスタン東部に開設した。 対日関係 [ ] 1991年12月28日国家承認。 とは互いにを置き()、8月には首相が、10月には首相が訪問した。 、カザフスタン政府によって実施された新首都の設計についての国際指名コンペにおいて、の・案が1位に選ばれ、その都市計画案に基づき開発が続けられている。 駐日カザフスタン大使館 [ ]• 住所:東京都港区麻布台一丁目8-14• アクセス:2番出口、または2番出口• 詳細は「 ()」を参照 の統計によると、のカザフスタンのは1,594億ドル、1人あたりのGDPは推計8,762ドルであり、独立直後の経済状況(一人あたりGDP[1992年]:169ドル)に比べ、著しい飛躍を遂げている。 後の厳しい経済状況の中、民営化を中心とする経済改革を推進、米国企業が参加する開発の始動などにより、1996年には独立以来初めてプラス成長を記録した。 1998年には農業・重工業の低迷およびによりマイナス成長(前年比マイナス2. 5パーセント)に転じたものの、1999年以降は再びプラス成長に転じ、世界的な石油価格の上昇を追い風に、2000年以降年平均10パーセントという好調な経済成長を維持した。 ただし、2007年以降は金融危機による世界的な景気の減退とともに経済成長率は鈍化し、2010年 - 2013年は5パーセント前後の成長率で推移していた。 この経済成長は、の輸出によるものであり、依存型である。 また、1人あたりGDPが1万ドル以上になり(ごろ)、に並ぶとなった。 しかし、2014年ごろから原油価格が下落していった。 さらに原油価格やロシア通貨ルーブル下落の影響を受け、2015年8月、為替相場をからへ移行すると発表し、その後の1年間で、テンゲの対米ドル為替相場は4割も下落した。 こうしたテンゲの為替相場急落の影響でインフレ率が急上昇し、これによる大幅減少のため、が落ち込んでしまい、景気は大きく失速し、2016年の1人あたりのGDPは推定1万ドルを割った。 2017年は前述した推計8,762ドルとなり、とほぼ同等となった。 通貨はである。 石油・天然ガス [ ] カスピ海パイプライン (テンギス油田 - 間) 国営企業が中心となって、豊富な・資源を開発・輸出している。 2016年11月、新たにカスピ海のが商業生産を開始した。 () その他鉱業 [ ] カザフスタンは石油、天然ガス、石炭、ウラン、銅、鉛、亜鉛などに恵まれた資源大国である。 金属鉱業はカザフスタンにおける重要な経済部門のひとつであり、GDPの約1割(石油・ガスは3割弱)を占め、石油・ガスを含む天然資源は、工業生産・輸出・国家歳入の約6割を支えている。 その埋蔵量は、(USGS)によるとウランが世界の18パーセント、クロムが同10パーセント、マンガンが同5パーセント、銅が同5パーセント、銀が同5パーセント、鉛が同9パーセント、亜鉛が同8パーセントであり、さらなる開発ポテンシャルを有している。 ウランは恒常的に生産量が増加しており、特にを経てからは伸びが著しく、2010年の間には1万7,803tU(金属ウラン重量トン)を産出して以降 、カザフスタンはウラン生産で世界第1位(1997年は13位)となった。 今後、炭化水素・クロム・鉄は50 - 80年、ウラン・石炭・マンガンは100年以上の生産が可能であると言われている。 一方、輸出の主要部分を占める非鉄金属および貴金属鉱山の開発・生産は12 - 15年程度で枯渇する可能性が指摘されている。 カザフスタンは資源に恵まれている一方、品位の低さなどから開発に至った鉱山は確認埋蔵量の35パーセントにすぎず、10種の鉱物(ダイヤモンド、錫、タングステン、タンタル、ニオブ、ニッケル、ボロン、マグネサイト、マグネシウム塩、カリウム塩)はいまだ開発されていない。 鉱床探査の不足により、近年は埋蔵量減少分が補填されず、質・量ともに低下していると指摘されており、地質調査部門の発展促進が課題となっている。 カザフスタンの鉱業における主要企業は、Tau-Ken Samruk(金属)、KAZ Minerals(銅、銀など)、Kazakhmys Corporatiopn(銅など)、 Kazzinc(亜鉛、銅など)、Eurasian Resources Group(旧:ENRC、クロム、鉄鉱石、アルミニウム、発電事業)、ArcelorMittal Temirtau(鉄鋼)、(ウラン採掘を含む国営原子力公社)などである。 資源では、(約10,600万トン、世界第10位、世界シェア1. 4パーセント) が優位である。 品質が高いため、同国で産出すると組み合わせてを生産している。 燃料に向く低品質のはほとんど採れない。 (約8,800万トン)の産出量は世界シェア2. 0パーセントに達する。 は約300億と多くはない。 2017年時点における鉱物資源の採掘量、世界ランキング、世界シェアは以下の通りである。 色と面積で示したカザフスタンの輸出品目• 鉱(22. 2千トン、 世界第1位、世界シェア39. 鉱(745. 1千トン、世界第9位、世界シェア3. 鉱(112. 3千トン、世界第8位、世界シェア2. 鉱(347. 0千トン、世界第9位、世界シェア2. 鉱(4,843. 2千トン、世界第9位、世界シェア1. 鉱(6,261. 5千トン、 世界第2位、世界シェア18. 鉱(1,612. 8千トン、世界第9位、世界シェア2. 鉱(0. 5千トン、世界第12位、世界シェア0. 鉱(18,330. 9千トン、世界第12位、世界シェア0. 鉱(85. 3トン、世界第13位、世界シェア2. 鉱(400. 0トン、世界第9位、世界シェア0. 鉱(0. 1トン、世界第9位、世界シェア0. 鉱(50. 0トン、世界第5位)• 鉱(1,028. 5トン、世界第10位、世界シェア4. のような電力事業も鉱業の傘下である。 農業 [ ] 詳細は「 (、)」を参照 社会 [ ] 家族 [ ] カザフ人は父系の出自を大きなアイデンティティとしている。 父系の氏族「ルゥ」に帰属を持ち、44の主要なルゥがある。 このルゥは民族の成立以前からあるものもある。 結婚後もルゥは変わることはない。 ソ連時代は家父長制度であると批判されたが、抗議による家畜屠殺、それにともなう膨大な餓死者(一説には220万人)も発生し集団化は見直され、ルゥを元にした組織となった。 婚姻 [ ] 婚姻時に、婚姻前の姓を保持する()か、共通の姓(夫婦同姓)か、複合姓に改姓することから選択することが可能である。 すでに複合姓である場合にさらに追加することはできない。 改姓した場合、離婚時には、婚姻時の姓を保持することも元の姓に戻すことも可能である。 交通 [ ] 詳細は「」を参照 構成はが67. 47パーセント、が19. 76パーセント、が3. 18パーセント、が1. 53パーセント、が1. 46パーセント、が1. 11パーセント、が0. 99パーセント、その他4. 5パーセント(2018年)となっている。 「その他」の中にはが入っているが、彼らの多くは現時点で3、4世代目となっており、民族的教育も育まれることがないため、母語であるを話せない場合が多い。 ソ連時代の名残りにより、国内では現在もロシア語風の姓名を用いる世帯が多い。 現在、ロシア人はロシアへの移住により減少傾向にある。 以前はカザフ人よりロシア人の割合の方が高かったが、独立以降多くのロシア人が転出し、カザフ人の割合が徐々に増加し逆転した。 さらにカザフスタン政府が在外カザフ人の帰還を進めており、1991年から2014年1月1日までに94万4,500人のカザフ人が移住してきている。 在外カザフ人は本国のカザフ人と比べ、よりカザフ文化を受け継いでいるが、それは本国はソ連時代にロシア化が進んだためである。 しかし、それに反してソ連時代の名残りが根強いため、本国のカザフ人同様に人名にはロシア語風の姓名を用いる割合が非常に高いことが特徴ともなっている。 言語 [ ] 憲法ではが国家語、カザフ語とがと定められている。 カザフ語は国語とされるが、カザフスタンにおいてカザフ語を話すことができるのは全人口の64. 4パーセントに過ぎない。 一方、ロシア語はロシア系のみならず、ソ連時代から95パーセントの住民が使用しており、間の交流語として、カザフ語と同様の地位を与えられている。 とりわけ都市部においてはロシア語をとし、カザフ語をまったく話せないカザフ人も多いなど、カザフ語よりもはるかに広く使われているのが実情である。 はを通してカザフ語の普及を図り、政府機関などでは積極的に使用されているものの、効果は現れていない。 たとえば外国映画は、主にロシアで作られたロシア語版が上映されている。 これに対し2012年、文化法改正法が施行され、外国映画にカザフ語が義務づけられた。 カザフスタンはロシア系住民が約20パーセントと中央アジアでは最多であるにもかかわらず、この法律により、カザフスタンでを原語で上映できなくなる可能性があった。 しかしこの法律は吹き替えコストの問題で空文化し、カザフ語吹き替え映画は政府の資金援助を受けた12本ほどにとどまった。 そのため2016年、カザフ語でもよいと緩和した上で改めて義務づけられた。 カザフ語に関しては、同じ中央アジアの旧ソ連国家であるやがやに行ったような、からへの切り替えを進めており、ナザルバエフ大統領はまでの完了を命じている。 当然ながら、カザフ語とともに公用語である国内ではもっとも広範囲に使われているロシア語はキリル文字表記のままであり、公用語から除外されるわけでもない。 外務省. 2018年11月5日閲覧。 2018年10月. 2019年3月10日閲覧。 2018年1月13日閲覧。 田中洋之 2014年2月8日. の2014年2月22日時点におけるアーカイブ。 2017年3月6日閲覧。 Tengrinews. 2014年6月13日. 2017年3月6日閲覧。 ヘロドトス『歴史』巻4-13• ストラボン『地理誌』、アッリアノス『アレクサンドロス大王東征記』• 『史記』(大宛列伝)、『漢書』(西域伝)、『後漢書』(西域伝)、『三国志』(裴注『魏略』西戎伝)• 『魏書』(列伝第九十 西域)、『北史』(列伝第八十五 西域)• 松田壽男『古代天山歴史地理学研究』• 岩村 2007,p118• 山田信夫『北アジア遊牧民族史研究』• 小松 2005,p166-167• 国連統計局「人口年鑑」 2014年 による• カザフスタンを知るための60章 312頁• UNODC. 2019年2月24日閲覧。 UNODC. 2019年2月24日閲覧。 UNODC. 2019年2月24日閲覧。 外務省 2016年6月6日• 外務省 2016年6月15日• Qnewニュース 2016年8月16日• Blogspot. com,Wordpress. com• 『毎日新聞』朝刊2017年11月1日• 2017年8月30日• 外務省. 2019年3月5日. 2019年3月10日閲覧。 堀江 正人 2017年9月28日. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部. 2019年3月10日閲覧。 (JOGMEC). 2018年12月26日. 2019年3月10日閲覧。 Enerdata. 2017年. 2019年3月10日閲覧。 PDF. 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC). 2018年3月. 2019年3月10日閲覧。 Enerdata. 2017年. 2019年3月10日閲覧。 Department of the Interior U. Geological Survey(アメリカ地質調査所). 2019年. 2019年3月10日閲覧。 , Legal information system of Regulatory Legal Acts of the Republic of Kazakhstan. ハーバービジネスオンライン 2016年7月13日. 2016年8月24日閲覧。 eurasianet. 2019年10月30日閲覧。 【から】カザフスタン/ローマ字移行 ロシアに背「欧米追従」一部に批判『』2017年7月20日アジア・グローバル面• The results of the national population census in 2009 The Agency of Statistics of the Republic of Kazakhstan 参考資料 [ ] 歴史の項• 訳『世界古典文学全集 10 ヘロドトス』(、、)• 『北アジア遊牧民族史研究』(、、)• (訳:大牟田章)『アレクサンドロス大王東征記 上』(、、)• 『世界各国史4 中央ユーラシア史』(、、)• 『文明の十字路=中央アジアの歴史』(、)• 鵜山智彦・藤本透子『カザフスタンを知るための60章』 2015年、、 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 カザフスタンに関連する および があります。 政府等• (カザフ語) (ロシア語) (英語)• (カザフ語) (ロシア語) (英語) 日本政府• (日本語) 大使館• (英語)• (日本語) その他• (日本語).

次の