ご 自愛 ください ビジネス。 正しい「ご自愛ください」の使い方と返事の仕方を学ぼう!

「ご自愛ください」の意味と使い方|ビジネスにて目上の人への使い方

ご 自愛 ください ビジネス

「ご自愛ください」の目上の人への使い方 「ご自愛ください」という表現は相手の健康を気遣う言葉なので、年齢や性別を問わず使える丁寧な表現です。 もちろん、目上の人にも使えます。 むしろ、親しい友人や年下の人よりも目上の人へ使う方が多いかもしれません。 相手をいたわる表現なので、目上の人に対して積極的に使いましょう。 「お体にご自愛ください」という表現は間違っている お体にご自愛くださいという表現を見かけることがありますが、この表現の仕方は実は間違っています。 以下では、「お体にご自愛ください」がなぜ間違っているのかを解説していきます。 ご自愛は体を大切にしてという意味がある 相手の健康を気遣う言葉なので一見正しいように思えますが、「自愛」は「自分の体を大切にする」という意味なので、「お体に」という部分を付けると、「体」という意味を二重に表現していることになってしまいます。 「ご自愛ください」で「自分のお体を大切にしてください」という意味であることを頭に入れておきましょう。 手紙の結びの言葉に「お体にご自愛ください」を使うのもマナー違反 手紙の結びの言葉として、「お体にご自愛ください」を使用するのもマナー違反です。 二重表現の言葉を使用するのは相手に対しても失礼な行動になります。 結びの言葉に使用するのは控えましょう。 「ご自愛」は元気な人に使う表現 相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。 しかし、「ご自愛ください」という表現は、 体調が悪くない人に対して「体調を崩さないように気をつけて」という意味で使うのが一般的です。 体調を崩してしまっている人に対しては「1日も早い回復をお祈り申し上げます」といったような表現に変えます。 早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。 「ご慈愛」は全く違う意味 「じあい」と読む言葉に「慈愛」があります。 似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。 「慈愛」は「自分への深い愛情」という意味があるので、「ご慈愛ください」というと「私を大切にしてくださいね」という反対の意味になってしまいます。 相手の健康を気遣う表現は「ご慈愛ください」ではなく、「ご自愛ください」です。 「ご自愛」のビジネスメールで使える鉄板フレーズ・例文4選 「〜ので、ご自愛ください」.

次の

「ご自愛ください」の意味と使い方|ビジネスにて目上の人への使い方

ご 自愛 ください ビジネス

相手の身体や体調を気遣う意味を持つ「ご自愛ください」という言い回し。 身体を気遣われて嫌な思いをする人は少ないでしょうし、挨拶のような感覚で使ったら、便利そうだと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、「ご自愛」という言葉は、使えるシーンが限られています。 つまり、「使ってはいけない」場合があるということです。 特に気を付けたいのが、「既に体調を崩している方には使ってはならない」という点です。 相手が体調を崩している場合は、「ご自愛ください」ではなく、「一日も早い回復を心からお祈り申し上げております。 」などの、別の挨拶をするようにしましょう。 上記でもご紹介したように、月や季節によって、「ご自愛」と組み合わせて使われる言葉は異なります。 「ご自愛」の言い回しとして、1パターンだけを暗記するような使い方をしていると、「夏なのに冬の挨拶をしてしまった」といったミスをしてしまう可能性も。 手紙などで「ご自愛」を使う場合は、季節の挨拶を調べてから使うことをおすすめします。 会話などで使う場合は、無理に季節の挨拶などと共に使おうとせず、「ご自愛ください」「くれぐれもご自愛くださいませ」といったシンプルな言い回しで十分ですよ。

次の

「ご自愛ください」の意味・使い方・ビジネスで使えるメール例文4選

ご 自愛 ください ビジネス

相手の身体や体調を気遣う意味を持つ「ご自愛ください」という言い回し。 身体を気遣われて嫌な思いをする人は少ないでしょうし、挨拶のような感覚で使ったら、便利そうだと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、「ご自愛」という言葉は、使えるシーンが限られています。 つまり、「使ってはいけない」場合があるということです。 特に気を付けたいのが、「既に体調を崩している方には使ってはならない」という点です。 相手が体調を崩している場合は、「ご自愛ください」ではなく、「一日も早い回復を心からお祈り申し上げております。 」などの、別の挨拶をするようにしましょう。 上記でもご紹介したように、月や季節によって、「ご自愛」と組み合わせて使われる言葉は異なります。 「ご自愛」の言い回しとして、1パターンだけを暗記するような使い方をしていると、「夏なのに冬の挨拶をしてしまった」といったミスをしてしまう可能性も。 手紙などで「ご自愛」を使う場合は、季節の挨拶を調べてから使うことをおすすめします。 会話などで使う場合は、無理に季節の挨拶などと共に使おうとせず、「ご自愛ください」「くれぐれもご自愛くださいませ」といったシンプルな言い回しで十分ですよ。

次の