フォートナイト キーボード おすすめ。 ニンテンドースイッチ用キーボードのおすすめ10選。無線から有線までご紹介

【フォートナイト】おすすめのキーボード設定(キー配置)とマウス設定【FORTNITE】

フォートナイト キーボード おすすめ

フォートナイトはTPSとFPSの要素が混ざったバトルロワイヤルゲームで、正確に銃撃を当てることや敵の位置を把握する事が大事なため、 ゲームデバイスの性能がかなり関わってきます。 特に戦闘に関しては「建築」という要素があるため、建築の形を瞬時に選択して構築していく複雑な操作が要求され、 操作性・視認性の良いデバイスが圧倒的に有利です。 経験的な部分の攻略情報を知りたい方はコチラの記事がおすすめです。 Ninja愛用 — ロジクール G502RGB 個人的に おすすめなのは上記の2つのコントローラーです。 ゲームパッドをSwitch版フォートナイトで使用する場合、 ジャイロ操作という、コントローラーを傾けることによる直感的なエイム操作が可能になります。 もちろん設定でOFFにすることも可能ですが、ジャイロ操作をしたい場合には センサが搭載されたゲームパッドを購入する必要があるので注意が必要です。 ホリパッドは、公式のジャイロ搭載コントローラーに比べるとジャイロセンサが非搭載なのと有線ではありますが、価格が3分の1程度なので、ジャイロが必要ない人にとってはとても コスパの良いコントローラーです。 私自身もジャイロ操作がいらない派の人間なので、Switchでフォートナイトをプレイする時はこのホリパッドを使っていますし、基本的に コントローラーは消耗品だと思った方がいいのでコスパが良いのは嬉しいですよ。 PS4でプレイする場合は初期コントローラーで問題ないですし、PCの場合には自分が今まで プレイしてきて慣れているコントローラーに近い形のモノを選べばOKです。 XBOX・PS4・Switchなど様々なデバイスのコントローラーに近いモノが多くありますし、もちろんPS4・SwitchのコントローラーをそのままPCで使う事も可能です。 ヘッドホン・ヘッドセット ヘッドホンは敵の位置を把握するのに 必須のゲームデバイスです。 たまに音を聞かずに対戦ゲームをする人を見かけますが、音の有無・音の質でかなりゲームプレイの上手さが変わることは体感できると思います。 NInja愛用 — beyerdynamic オープン型ヘッドホン DT 990 PRO• 描画の速度• 入力情報の遅延速度 描画の速度に関しては、PCやゲーム機で処理した映像をどの程度連続で表示できるかという速度が違っていて、この速度が速いほど滑らかに映像が描写出来ます。 カクカクな状態よりヌルヌル動いた方が確実にプレイしやすいですよね? 入力情報の遅延に関しては、クリックやボタンを押した後に映像に反映されるまでどの程度遅れがあるか示します。 正確なエイムをするのであれば、遅延も少ない方が良いに決まっています。 このような点がゲーミングモニターは普通のモニターより優れているので、本格的にゲームをする人や プロゲーマーはゲーミングモニターを使っていることが多いです。 24インチサイズで144Hz・入力遅延も抑えられるモデルで、暗い部分の視認性を高める独自の機能も搭載しているので、 パフォーマンスとしては申し分ないです。 Ninjaのモニターよりコストがだいぶ抑えられているので、 コスパはかなり良好だと思います。 ただ、必ずしもゲーミングモニターが必須なワケではなく、 通常のモニターでも充分にフォートナイトを遊べるので、余裕があれば購入を検討するレベルで大丈夫だと思います。 ゲーミングチェア ゲーム環境を支えるモノとして、良質なイスの存在があります。 良いモノを買うと良い生活品として「ベッド」が挙げられますが、デスクワーク・ゲーム好きの人には 「イス」も良い品を買うのがおすすめです。 Ninja愛用 — DXRACER ゲーミングチェア RW0-RD レッド レーシングシリーズ 私自身はデスクワークも多いので、ゲーム以外にも最適性を求めて「 オカムラ オフィスチェア バロン」を使用していますが、ゲームでも何時間座っていても疲れません。 オフィスチェアは良いモノを選ぶといい値段するものが多いですが、長く使えるモノですし、長時間自分の身体に触れるものなので 座り心地の良いアイテムを購入するのがおすすめです。 フォートナイト・FPSにおすすめのゲームデバイスまとめ 今回は人気配信者「 Ninja」の使っているゲームデバイスを中心に、特にフォートナイト・FPSゲームにおすすめのモノを紹介してきました。 フォートナイトのプレイに必要な PCスペックとおすすめゲーミングPCは下記記事で紹介しています。 どのデバイスも良いモノに変えてみると、驚くぐらい今までのデバイスと性能が違ったりして感動するので、 ぜひその驚きを味わってみてもらいたいです。 個人的に、悪いモノから良いモノに変えて特に 感動するのはヘッドホン・モニタ辺りなので参考にしてもらえればうれしいですね!.

次の

PS4版フォートナイトで勝つためのお勧めのキーボードとマウスはこれだ!【PS4で使えるキーボードとマウス】

フォートナイト キーボード おすすめ

おすすめの設定 画面 画面設定でマストなのは、 Vsyncとモーションブラーのオフ。 この2項目をオンにすると表示遅延が発生したり余計なエフェクトがかかるため、あらゆるプレイヤーがオフにすることを推奨しています。 他には、「 最大フレームレート」をディスプレイのリフレッシュレートに合わせておきましょう。 ディスプレイの詳細設定から確認できるはず。 合わせないとどうなるかは知りません。 「 描画距離」~「 ポストプロセス」は全部最低でやってるプロもいるそうなので、処理落ちしない範囲でお好みです。 描画距離なんてエピック必須みたいな気がしますけど、そうでもないのが驚き。 ゲーム ゲームタブは、感度をしっかり調整しましょう。 「 マウスのX軸・Y軸感度」は通常時の感度で、「 マウスターゲット感度」はスナイパー以外の照準(覗き込み)感度、「 スコープ使用時マウス感度」はスナイパーの照準(覗き込み)感度となっています。 下の方にスクロールして、「 ターボ建築」と「 素材自動切り替え」はオン必須で、多分初期でオンになっています。 一番下にある「 消耗品を右側に自動ソート」は、開幕時に敵の目の前で武器と間違ってポーション飲んじゃった、なんて事故を減らせるので私はオンにしています。 オーディオ フォートナイトは足音で相手の位置を判断するので、しっかり足音が聞こえるレベルまで「 効果音の音量」を上げておきましょう。 私が設定でいじったのはこれくらい。 おすすめのキー配置 続いてキー配置。 前半は初期のまま。 この辺はややこしいんですけど、「 武器スロット1」はマウスホイール・押す、「 武器スロット2」はマウスホイール・引くを使用しています。 何故左側に置いていないのかというと、アイテムスロットが横に間延びして見づらいため。 (設定すると分かります) これによりマウスホイールをコロコロしても武器スロット1か2しか選択できなくなるので、「 武器スロット3」はC、「 武器スロット4」はVで、それぞれ人差し指と親指で押す形。 「 武器スロット5」は数字の5のままで、もはや咄嗟に押せません。 回復アイテム専用スロットと化しています。 「 Toggle Harvesting Tool」はツルハシへの切り替えでTab。 翻訳はよ。 「 壁・床・階段・屋根」は、フォートナイトのキモである 建築のキー。 色々と試して、自分の押しやすいキーを探すのが一番です。 私も何回か配置変えてコレに落ち着いてます。 この時、滑らかに切り替えられるよう「薬指は壁、人差し指は階段」といった具合に、1本の指に対して1種類の建築物を割り当てることをおすすめします。 「 建築物の回転」は完全に捨ててます。 下手に押せるキーにしたら暴発して変な方向の階段とか建てちゃうので・・・。 その後は特に特筆すべき点は無く~ こんな感じでフィニッシュ。 まとめ フォートナイトって初期設定こそぶっ飛んでるものの、「必ずこうすべき」という設定はそんなに多くありません。 なんせマウス探し中な私は現在3ボタンマウスを使っており、本来マウスのサイドボタンに割り当てたい項目も無理矢理キーボードに配置しています。

次の

【2020年最新】おすすめゲーミングキーボードの紹介や各メーカーのキースイッチの違い・選び方について解説します

フォートナイト キーボード おすすめ

目次 気になる項目をクリック• フォートナイトは画面の動きが激しいゲーム フォートナイトは、数あるゲームの中でも、トップクラスに画面を激しく動かすゲームです。 このような画面を激しく動かすゲーム用に使うモニターは、以下の2つを意識する必要があります。 リフレッシュレート• 応答速度 もちろん画面の大きさなども、多少は考慮しなければなりませんが、まずはこの2つをしっかりと抑えて、モニターを選びましょう! リフレッシュレート リフレッシュレートは、「ゲームの映像をどれだけ早く切り替えられるか」という数値になります。 こちらの画像のように、リフレッシュレートが高いほど、ヌルヌル滑らかな映像を楽しむことができます。 フォートナイトのような激しいゲームでは、このリフレッシュレートが非常に重要で、高ければ高いほど、ゲームは非常にやりやすくなります。 応答速度 フォートナイトのような、画面の動きが激しいゲームでは、「応答速度」を重視することも非常に重要です。 こちらの画像でも説明している通り、応答速度はディスプレイの残像感に関係しています。 画面を激しくフォートナイトでは、残像感はかなり気になります。 本記事では、しっかりと応答速度が速いモニターを紹介していますので気にしなくても大丈ですが、自分で選ぶ際には、なるべく応答速度が速いモニターを選ぶことをおすすめします! 応答速度は上で解説したリフレッシュレートによって、最低限必要な値が決まっていますので、こちらの表を使い、応答速度を確認することをおすすめします! リフレッシュレート 最低限必要な応答速度 60Hz 約16ms 75Hz 約13ms 144Hz 約7ms 165Hz 約6ms 240Hz 約4ms 応答速度に関する詳しい解説は、こちらの記事をご覧ください。

次の