はくじさんもうやめて。 もう若作りはやめて…「おじさんLINE」あるあるが共感しすぎ!

「おかーさん、もうやめて!息子と娘に酷いことするのやめてー!!」 : おうち速報

はくじさんもうやめて

母との絆を描いた作品は、多く存在しているが、こういった絆を描いた作品は珍しい。 最悪の方向へ向かうが、母と子との距離感、世界の中では圧倒的に無力の第3者の視点が辛い。 秋子も周平も望めば、救われる道はあったし、劇中でも幸せになれるチャンスは何度か訪れてるのだが、不幸を好むかのように助けを拒み続けた結果、孤立してしまう。 なぜ…という言葉が思わず口からこぼれそうになるぐらいの心をえぐられるかのようなシーンの数々は、 最終的な着地点に誘導する映画的ご都合主義ではなく、現実世界にも、自分から孤立してしまう人というのはいるのだ。 その理由は、明確に答えられない部分もあって、あえて不幸に進む人に理由づけをするのは難しいのだ。 秋子の母親像を知らない周平にとって、秋子が全てであり、虐待されても罵倒されても殺人を強要されても、それに従うことこそが息子である自分の役割であると認識させられていて、そう信じるしかなかった人生の中で、一般的常識という概念からはかけ離れている生活環境を改善させるための周りからの親切や優しさは時に雑音でしかないという残酷さは心に度々刺さる。 何故こんなに歪んだ母子関係になってしまったのだろうか…秋子が同じような悲惨な環境で育ってきたというわけではない。 秋子の両親や妹は健在であり、言葉ではキツイことを言うようではあるが、心の底では秋子を心配していたりもする。 子供時代に虐待をされていたという描写などもない。 比較的学校の成績がよかった妹の方が家庭内で優遇されていたという家庭内格差は、よくありがちな話だが、ここまで屈折した人物像を作り出した直接的要因ではないようにも感じられる。 もちろん、描かれていない部分があるため、一概には言えないが、定義にもよるが、ごく一般的な家庭環境である。 歪んだ感情をもつ人間に対して、家庭環境や過去のトラウマを結びつけることは多いが秋子の場合はそうではない。 あえて不幸の道に進むような行動をするのと同じく、一般的家庭環境やその後の人生においての挫折などで芽生えていまう歪んだ感情は個人差があり、全てが説明のつくこととは限らないのかもしれないからこそ、人間の恐ろしさがあるのだ。 ごく一部ではあるが、悲惨な環境や極限状態にこそ、自分の居場所や快楽を感じる人間もいる。 この映画を見ていて、何で!何で!と思うシーンが多いかもしれない。 酷い子供の扱いにいら立ちも感じるだろうが、それはあなたが正常だからである。 理解しようとして理解できない世界観かもしれない、しかし、こういった世界が実際にあるという現実は知っておいてほしいのだ。 その中で自分はいかに恵まれているのかということにも気づかされる 実際の殺人事件をベースとしているため、着地点として、その結末に向かっていくのはわかっているのだが、心から「もうやめて! 」と言いたくなるほど、観ているのが辛いし、長澤まさみの目がどんどん死んでいくのが印象に残る。 長澤まさみの最高潮の演技といっても過言ではないだろう。 俳優陣の点では、周平役の新人・奥平大兼の演技も素晴らしいが、阿部サダヲの地方B級ホスト感がリアルである。 イケメンで小綺麗なホストではなく、地方の寂れたホストクラブにいそうなB級感が絶妙で不の連鎖、貧困を描くうえでは、絶妙なスパイスとしての役割を果たしている。 あえて物語として言うことがあるとすれば、半年後、5年後…と省かれている空白の企画に割と大事な出来事が起きていたりするのに、それを描いていないという点だ。 中でも娘を出産するシーンが省かれているのは、残念だ。 秋子は娘を下ろすこともできたが、自らの意志で産むことを決心している。 ここには、秋子なりの母親像というか母親としての意志が感じられるのだが、それがどんな歪んだ形であれ、提示されなかったのは残念だった。

次の

お父さん もうやめて:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

はくじさんもうやめて

鬼滅の刃「153話引かれる」のネタバレ 前号のラストで猗窩座(あかざ)の首に刃が届いた炭治郎。 猗窩座の脳裏に「闘気のない人間を、この数百年見たことがない」と思いがよぎります。 赤ん坊にすら、うっすらと闘気があったと。 猗窩座VS炭治郎、義勇ついに決着!? 猗窩座は、そこにいるはずのない異物と対面しているような状態になり、感覚が混乱を起こしたのです。 けれど、戦いの場においては予期しないことや初めて遭遇することすべてを、即座に理解して対処しなければいけません。 本来、猗窩座にはそれはできたんです。 でも、炭治郎の成長は猗窩座の速度を上回ったんです。 猗窩座の首を切る一瞬、炭治郎には一切の闘気がありませんでした。 闘気どころか、憎しみも怒りも、殺気もなかったのです。 それは猗窩座が求めていた『至高の領域』。 『至高の領域』とはすなわち、『無我の境地』のことです。 まだだ!まだ戦える! 猗窩座は切られた首が落ちないように、両手で抑えてつなげようとします。 瞬間、義勇が折れた刀を投げつけ、猗窩座の額を貫き首を落とします。 首が落ちても体が崩れない猗窩座 胴体から離れた頭が崩れ落ち、炭治郎はこれで終わったと安堵します。 とたんに激しいめまいに襲われ、体も痙攣しはじめる炭治郎。 でも、義勇は猗窩座の体が崩れ落ちないのを不安げに見つめます。 すると・・・! 猗窩座の体は大きく足を床に打ち付け、動き出します。 首の断面が閉じ、体だけで動いているのです。 限界に達していた炭治郎は、猗窩座の体に強烈な蹴りを喰らい、壁に叩きつけられます。 上弦の六だった妓夫太郎たちのように、死なないことに何か条件があるのかと考えますが、頭は崩れて消えたことで、猗窩座も短時間で変わった炭治郎のように「変わろうとしている」のだと考えます。 無惨と同じように、頸が弱点ではなくなろうとしているんです。 戦いはまだ終わってはいない・・・と立ち上がろうとしますが、力尽き失神してしまう炭治郎。 義勇が水の呼吸で打ち潮を繰り出し、一太刀浴びせますが、頸が落ちているにもかかわらず、驚異の速度で再生してしまいます。 返り討ちされ傷つくも、「炭治郎を殺したければ、まず俺を倒せ・・・!」と身を挺してかばいます。 猗窩座の体は、そんな義勇を「目障りだ・・」と思い、向かおうとしますが手を掴まれ立ち止まります。 そこには「狛治(はくじ)さん、もうやめて」と涙する女性の姿が・・・。 鬼滅の刃「153話 引かれる」の感想 猗窩座VS炭治郎、義勇編も佳境ですね! 153話「引かれる」は、頸が落ちても死なない猗窩座と力尽きる炭治郎。 炭治郎をかばい戦う義勇という前号からの続きでした。 いや、もう頸が弱点じゃなくなるとかマジやめてほしいですw どうあっても、体力に限界のある人間が不利なんだから・・・。 とはいえ、猗窩座は無惨に「失望した」と言われ、上弦の弐と壱にもバカにされ(バカにしているつもりはないのかもだけど)、プライドも傷ついて後がない状態でした。 強さにずっとこだわっていた自分が、数百年経ってもたどり着けていない『至高の領域』に炭治郎がたどり着いたことで触発されたんでしょうね。 でも・・・永遠に生きられる鬼ではなくて、命限りある炭治郎だからこそ、たどり着けるものなんだと思います。 至高の領域にたどり着いた炭治郎ですが、やはり体力の限界で失神してしまいます。 とっくの昔に倒れていてもおかしくはなかったですよね。 でも、あんなに傷ついて、これからの戦いは大丈夫なんでしょうか? 心配です・・・! 腕を掴んで止めた女の子は、猗窩座が人間だった頃の彼女とか? 人間の頃の猗窩座は狛治という名前だったんですね~。 まとめ 猗窩座(あかざ)の頸を切ることに成功した炭治郎。 猗窩座が数百年かかってもたどり着けなかった「至高の領域」に炭治郎は届いたのか? 猗窩座(あかざ)の首を切る瞬間、炭治郎には一切の闘気がなかった。 猗窩座は頸が落ちても胴体が崩れることがなく、体だけで動き、なお炭治郎と義勇に攻撃を仕掛けてくる。 炭治郎は限界が来て失神してしまい、義勇が炭治郎をかばい戦う。 攻撃しようとする猗窩座の目に、一人の女声の姿が・・・。 次回で対猗窩座編はようやく決着かな?.

次の

もう若作りはやめて…「おじさんLINE」あるあるが共感しすぎ!

はくじさんもうやめて

久留米市は野菜を中心に農業が盛んですが、今回の豪雨では広い範囲で田畑が水につかり、大きな被害を受けました。 このうち久留米市北野町の香月勝昭さん(41)は3. 5ヘクタールの農地でパクチーを生産しています。 今回の豪雨で76棟の農業用ハウス、すべてが泥水につかりパクチーが出荷できなくなりました。 被害額は少なくとも1000万円にのぼるとみられています。 香月さんが今月8日にドローンで撮影した動画では一面が水につかり、農地と道路の境目が見えなくなっています。 香月さんの農地が水につかる被害は4年連続です。 この一帯には筑後川に流れ込む支流の陣屋川が流れています。 大雨で筑後川の水位があがると、支流への逆流を防ぐために水門が閉じられますが、支流の水があふれ、周囲が水につかる被害が続いているということです。 香月さんは去年までの浸水被害を受け、水を防ぐブロック塀をあらかじめかさあげしていましたが、今回はそれを上回る水が流れ込みました。 香月さんは「毎年の被害でもうやめてくれという気持ちです。 筑後川が大雨を受けきれていないので、抜本的な改修が必要ではないか」と話していました。 さらに、泥水につかった農地は乾燥させたあと消毒する必要があり、再び農産物を収穫できるまでに少なくとも3か月はかかります。 香月さんの農地では従業員など9人が働いていて、厳しい経営を迫られるとしています。 今回は新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んでいた外食向けの野菜の需要が戻り始めたやさきの被害でした。 香月さんは「新型コロナウイルスと豪雨のダブルパンチの被害から農家が前を向けるよう、行政には次の作付けのための支援をお願いしたい」と話していました。

次の