さだまさし 雨 やどり 歌詞。 雨やどりの歌詞・楽曲情報

世界一幸せな雨の歌、さだまさし「雨やどり」(1977年)~この人をお嫁さんにちょうだいませませ♪

さだまさし 雨 やどり 歌詞

(16って、ぼくのせがれの今の年齢だ) 照れずに言えば「恋に恋する年頃」です。 そのころ少女漫画をがむしゃらに愛読していたことも、 ついでに告白しておきましょう。 『りぼん』と『なかよし』は、 ぼくにとっての青春の書です。 クラスの親友と毎月1冊ずつ買っては、 とりかえっこして読んでいました。 ちなみに通っていたのは男子校です。 「ドジっ娘がすてきな男性にめぐり逢う、 この歌は良質なラブコメなのだよ!」 親友に向かって熱く語る、学ランに坊主頭の自分。 それは、恥と微熱がぎっしりと詰まった、 ぼくのたいせつな青春の恋歌です。 「どうかお許しくださいませ」 2 丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。 「ごめんくださいませ」 [補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。 また、「まし」となることもある 出典: 「ませ」は語尾につけて、丁寧さを相手に伝えたい時に使うよね 「ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形です だから、「ませませ」はより丁寧な使い方ってことだよね いやいやいや・・・ まあ、正しい文法がどうであれ(笑)、こういう、アレ?って思うような言葉使いを歌詞にさらっと入れるところが上手いよねえ・・・ さだまさしさんの「雨やどり」は(検索中)・・・ 自身初のオリコンチャート1位獲得曲ですか! さだまさし「雨やどり」はソロ・デビュー後2枚目のシングルで、自身初のオリコンチャート1位獲得曲 「雨やどり」(あまやどり)は、シンガーソングライターさだまさしが1977年3月10日に発表したシングル。 雨宿りで出会った男性に恋をしてしまった女性の、彼との再会、家族への紹介およびいきなりのプロポーズに至るストーリーをコミカルに唄った作品。 落語研究会出身のさだらしく、最後はまるで落語のオチの様な終わり方になっている。 ソロ・デビュー後初の東京公演である1977年1月29日、渋谷公会堂でのコンサートで、「昨日こんな変な歌作っちゃって」と披露したところ聴衆から好評を博したため、急遽シングル発表が決定された。 レコーディングは2月11日、熊谷会館(埼玉県熊谷市)のコンサートのライブ収録であり、一部編集が加えられたものである。 そのためこの録音には聴衆の笑い声が入っている。 当時ライブ録音のシングルのヒットは大変珍しいことであった。 なおさだはこの後も「親父の一番長い日」「恋愛症候群 — その発病及び傾向と対策に関する一考察 -」「建具屋カトーの決心 — 儂がジジイになった頃 — 」「関白失脚」などライブ録音のシングル盤を発表している。 詩の女性のモデルは さだの妹の佐田玲子であり、「雨やどり」はその後の「秋桜」「親父の一番長い日」などへ続く妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものである。 さだにとってはソロになって初のヒットであるが、同時に本作品によって「軟弱である」、「こういう歌を歌う男がいて、こういう歌を喜ぶ女がいるから、女性は解放されない」、「シンデレラ・コンプレックスのあらわれである」といった批判も受けた。 さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 出典: さだまさしで一番好きな曲かもしれない 印象的な曲ですよね 「さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 」ってのがいいよね(笑) その後、さだまさしは「関白宣言」で、女性蔑視とバッシングされるもんね さだまさしさんは、歌詞が物議をかもすことが多いんですね それだけ歌詞が面白いところを突いてくるってことよね.

次の

雨やどり さだまさし 歌詞情報

さだまさし 雨 やどり 歌詞

解説 [ ] 雨やどり [ ] 概説 [ ] 「雨やどり」はさだの代表作の1つ。 ソロ・デビュー後2枚目のシングルであり、自身初の1位獲得曲である。 雨宿りで出会った男性に恋をしてしまった女性の、彼との再会、家族への紹介およびいきなりのに至るストーリーをコミカルに唄った作品。 出身のさだらしく、最後はまるでのの様な終わり方になっている。 ソロ・デビュー後初の東京公演である1977年、でのコンサートで、「昨日こんな変な歌作っちゃって」と披露したところ聴衆から好評を博したため、急遽シングル発表が決定された。 レコーディングは、()のコンサートのライブ収録であり、一部編集が加えられたものである。 そのためこの録音には聴衆の笑い声が入っている。 当時ライブ録音のシングルのヒットは大変珍しいことであった。 なおさだはこの後も「」「」「建具屋カトーの決心 - 儂がジジイになった頃 - 」「」などライブ録音のシングル盤を発表している。 詩の女性のモデルはさだの妹のであり、「雨やどり」はその後の「」「」などへ続く妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものである。 シングル売上は83万枚を記録した。 さだにとってはソロになって初のヒットであるが、同時に本作品によって「軟弱である」、「こういう歌を歌う男がいて、こういう歌を喜ぶ女がいるから、女性は解放されない」、「のあらわれである」といった批判も受けた。 さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 ワン・コーラスのメロディが"A-A-B-A"という構成ので書かれている。 連続して聴くと同じメロディが繰り返されているように聞こえるが、実際は2コーラスのみで構成されている。 余談 [ ]• は刑務所でこの曲を聴いて更生を決意したと語っている。 がアマチュア時代(中学生)にしており、当時のライブ音源を収録したアルバム「」に収められている。 さだにとっては同郷の後輩に当たるは、この歌が好きでよくで歌うのだが、歌うとなぜか泣いてしまう、と語っている。 2015年の福山のアルバム『』には、カバー版が収録されている。 前述のように最後がオチのようになっているため、フル・コーラス聴かないと意味が分からない。 かつての『』でがこの曲を紹介したが時間の都合で途中までしか流せなかった。 そのため聴取者から「続きが聴きたい」という声が多く寄られ、後の放送でフル・コーラスをかけ直している。 「雨やどり」は妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものではあるが、実際のさだの妹・はこの曲の発表から40年以上経った今でも独身である。 は、高校時代にこの曲を聴いてになることを目指した。 続編・パロディ [ ] もうひとつの雨やどり 「雨やどり」に続くシングル盤、「」のB面曲としてリリース。 その後アルバム『』に収録された。 出だしは同じだが、途中から歌詩が変わり、本作は、自分に自信のない女性が男性から想いを寄せられることに対する不安を含んだ気持ちを語る内容になっている。 アルバム『風見鶏』の解説でさだは「『雨やどり』がお笑いに染まって本質が見えなくなっていく現状に、ながらも答えを出してしまった」と述べている。 雨どりや 『』には「休憩中の余興」として「雨 どりや」という「雨やどり」の替え歌が収録されている。 こちらはオリジナルの「雨やどり」の詩のギャグをさらに強めたもの。 雨昴(あますばる) にとさだが行ったジョイント・コンサートを行った際に発表したである。 「」と「雨やどり」をつなげ、お互いのの少なさを笑いにした作品。 ライブ・アルバム『』に収録。 アルバム『』の収録曲「虫くだしのララバイ」には「雨やどり」の歌い出しの旋律がパロディ的に引用されている。 「」は本作の続編と呼べるものであり、また「」や時代の「」(この曲の方が作られたのは先だが)は彼氏・夫の視点から、「」やのアルバム『』収録の「涙のストロガノフ或いはご来訪」は兄の視点から語った内容になっている。 絵はがき坂 [ ] 活水女子大学前のオランダ坂 ソロ・デビューアルバム『』からのシングル・カットである。 歌詩中に 活水の名前( 活水学院のことで、この曲の発表当時は、現在は。 玲子の母校でもある)が登場し、実際にこの活水女子大に隣接してがあるので、さだの出身地を歌ったものと考えられる。 しかし、長崎市に「絵はがき坂」という坂はなく、架空の舞台設定である。 この歌がリリースされてから実際に長崎市で「絵はがき坂」を探す人もいたという。 また、さだの学生時代の友人から届いたが、にあるのの写真であり、写真の裏に書かれていたな文章に接し、絵はがきのナンセンス性について深く考えたことと、観光都市長崎の代表的な『絵はがき』の被写体であるオランダ坂とをイメージしたものであると、後年さだ本人がライナーノートで語っている。 収録曲 [ ] SIDE 1 [ ] 「雨やどり」(作詩 ・作曲:さだまさし、編曲:) SIDE 2 [ ] 「絵はがき坂」(作詩・作曲:さだまさし、編曲:渡辺俊幸) アルバム『帰去来』収録曲 脚注 [ ].

次の

さだまさし作詞の歌詞一覧

さだまさし 雨 やどり 歌詞

(16って、ぼくのせがれの今の年齢だ) 照れずに言えば「恋に恋する年頃」です。 そのころ少女漫画をがむしゃらに愛読していたことも、 ついでに告白しておきましょう。 『りぼん』と『なかよし』は、 ぼくにとっての青春の書です。 クラスの親友と毎月1冊ずつ買っては、 とりかえっこして読んでいました。 ちなみに通っていたのは男子校です。 「ドジっ娘がすてきな男性にめぐり逢う、 この歌は良質なラブコメなのだよ!」 親友に向かって熱く語る、学ランに坊主頭の自分。 それは、恥と微熱がぎっしりと詰まった、 ぼくのたいせつな青春の恋歌です。 「どうかお許しくださいませ」 2 丁寧の気持ちを込めて挨拶する意を表す。 「ごめんくださいませ」 [補説]12とも「いらっしゃる」「くださる」「なさる」などの尊敬語に付いて用いられる。 また、「まし」となることもある 出典: 「ませ」は語尾につけて、丁寧さを相手に伝えたい時に使うよね 「ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形です だから、「ませませ」はより丁寧な使い方ってことだよね いやいやいや・・・ まあ、正しい文法がどうであれ(笑)、こういう、アレ?って思うような言葉使いを歌詞にさらっと入れるところが上手いよねえ・・・ さだまさしさんの「雨やどり」は(検索中)・・・ 自身初のオリコンチャート1位獲得曲ですか! さだまさし「雨やどり」はソロ・デビュー後2枚目のシングルで、自身初のオリコンチャート1位獲得曲 「雨やどり」(あまやどり)は、シンガーソングライターさだまさしが1977年3月10日に発表したシングル。 雨宿りで出会った男性に恋をしてしまった女性の、彼との再会、家族への紹介およびいきなりのプロポーズに至るストーリーをコミカルに唄った作品。 落語研究会出身のさだらしく、最後はまるで落語のオチの様な終わり方になっている。 ソロ・デビュー後初の東京公演である1977年1月29日、渋谷公会堂でのコンサートで、「昨日こんな変な歌作っちゃって」と披露したところ聴衆から好評を博したため、急遽シングル発表が決定された。 レコーディングは2月11日、熊谷会館(埼玉県熊谷市)のコンサートのライブ収録であり、一部編集が加えられたものである。 そのためこの録音には聴衆の笑い声が入っている。 当時ライブ録音のシングルのヒットは大変珍しいことであった。 なおさだはこの後も「親父の一番長い日」「恋愛症候群 — その発病及び傾向と対策に関する一考察 -」「建具屋カトーの決心 — 儂がジジイになった頃 — 」「関白失脚」などライブ録音のシングル盤を発表している。 詩の女性のモデルは さだの妹の佐田玲子であり、「雨やどり」はその後の「秋桜」「親父の一番長い日」などへ続く妹の結婚をモチーフにした作品群の最初のものである。 さだにとってはソロになって初のヒットであるが、同時に本作品によって「軟弱である」、「こういう歌を歌う男がいて、こういう歌を喜ぶ女がいるから、女性は解放されない」、「シンデレラ・コンプレックスのあらわれである」といった批判も受けた。 さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 出典: さだまさしで一番好きな曲かもしれない 印象的な曲ですよね 「さだが様々なバッシングを受けるようになった最初の作品でもある。 」ってのがいいよね(笑) その後、さだまさしは「関白宣言」で、女性蔑視とバッシングされるもんね さだまさしさんは、歌詞が物議をかもすことが多いんですね それだけ歌詞が面白いところを突いてくるってことよね.

次の