真犯人 ドラマ ネタバレ。 ザヘッドアキ死んだのは嘘で真犯人?スピンオフは小説で過去のネタバレ

ザヘッドアキ死んだのは嘘で真犯人?スピンオフは小説で過去のネタバレ

真犯人 ドラマ ネタバレ

ドラマ『テセウスの船』第6話のあらすじ・ネタバレ 鈴の告白 心(竹内涼真)のスマホに連絡が入り、鈴(貫地谷しほり)が目を覚ましたことを知らされます。 由紀(上野樹里)とともに病院に向かうと、警察の姿を見かけます。 鈴(貫地谷しほり)は松尾(芦名星)を殺した犯人として、木村さつき(麻生祐未)に仕立て上げられようとしていました。 鈴はさつきから脅されていたことを告白すると、心と由紀は驚いた表情を見せます。 心はさつきが音臼小事件の犯人だと考え、入院している病室へと向かいました。 しかしそこには、口から泡を吹いて亡くなっているさつきの姿がありました。 ベッドの横にはオレンジジュースが置いてあり、犯人の仕業だと分かります。 しかし心は自分が疑われると考え、とっさに病院から逃げ出しますが、その姿が防犯カメラに写ってしまいます。 奇妙な絵 心が慌てて自宅へと帰ると、郵便物が届きます。 封筒を開けてみると、たくさんの人が倒れている姿を描いた、奇妙な絵が入っていました。 数えてみると21人おり、心は犯人からのメッセージだと確信します。 心と由紀はみきお(安藤政信)に呼び出され、さつきの自宅へと向かいます。 さつきの部屋には一面に奇妙な絵が貼られていました。 そして、青酸カリ(シアン化カリウム)の瓶が見つかります。 みきおは自分の母が犯人だということを知り、衝撃を受け、怒りに震えていました。 母は真犯人に操られていたと憤るみきおは、病室から走り去る小太りで眼鏡の人物がいたと話し始めます。 「僕は絶対に犯人を捕まえる…」と拳を握りしめるみきおに、心は犯人を必ず突き止めると伝えます。 さつきの手帳を見せてもらうと、住所録には音臼村の関係者の住所と、みきおとさつきの昔の写真が入っていました。 心と由紀 眼鏡をかけていて小太りの人物を探すため、心と由紀は住所録を手に訪ね歩きます。 その途中に浜辺で休憩していると、心は由紀がはめている指輪を目にします。 心は昔、由紀が砂浜で指輪を無くしたことがあったことを思い出し、その話を友人の話として語り始めます。 その日心はプロポーズをしようと、由紀を浜辺に呼び出していました。 しかし、由紀が祖母の形見の指輪を無くしてしまい、それどころではなくなってしまいます。 一生懸命に指輪を探す由紀を呼び止めた心は、左手に婚約指輪をはめ、「見つけたよ」と言ってプロポーズをしました。 その話を聞いた由紀は、その友人はロマンチストだと笑いました。 そして心と初めて会った気がしないと、不思議そうに微笑みます。 文吾の手がかり 心に弁護士の岡島から連絡が入り、文吾(鈴木亮平)が会いたいと言っていると聞かされます。 文吾に会いに行った心は、当時金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)が明音(あんな)の首についたあざの形をずっと気にしていたことを聞かされます。 心はその手がかりを元に必ず犯人を見つけると伝えます。 すると文吾は「俺の息子が心さんでよかった」と微笑みました。 心は金丸の部下・森刑事に会おうとしますが、既に亡くなっており、妻から当時の資料を手渡されます。 由紀とともに段ボール箱いっぱいの資料を調べていると、明音の首にあったあざの写真が見つかります。 しかし写真の謎は分からず、2人は森刑事の家を後にします。 編集長から記事へのクレームが入ったと連絡が入り、由紀は雑誌社へと戻っていきました。 さつきの手帳を元に心が家を回っていると、小太りで眼鏡をかけた人物として、田中正志(せいや)を紹介されます。 田中正志のアパートへ 心が正志の住むアパートへと向かいますが、ノックをしても誰も出てきません。 鍵が開いており中へと入ると、奥の部屋に電気が灯っています。 ふすまを開けてみると、正志が畳の上に倒れていました。 首にはひもで絞められた跡があり、心は動揺します。 そこへ警察が訪ねてきて、心は犯人として身柄を拘束されてしまいます。 由紀はネットニュースで、田中正志が殺され、心が警察に捕まったことを知ります。 心は刑事に事情を説明しますが、自分の無実も、父の無罪も信じてもらえません。 心は刑事に怒りをぶつけ、逃げようと暴れだします。 しばらくして、由紀が怪しい人物の写った防犯カメラを提出してくれたことが分かり、無事に釈放されます。 フードを被っていたその犯人の素性は分かりませんでしたが、心は自宅に戻ることができました。 そこへチャイムが鳴り、また怪しげな封筒が送られてきます。 宛名には木村さつきの名前があり、心は驚いて開けてみました。 すると、明日3月8日の日付が刻まれた音臼小の慰霊碑が描かれた絵が入っていました。 心は犯人に会いに・・・ みきおに絵を見せにいくと、みきおも絵に描かれているのが慰霊碑ではないかと語ります。 みきおは心のことが心配だと言って、一緒についていきたいと話します。 しかし心は危険だからと断り、藍(貫地谷しほり)にも伝えないようにと告げました。 みきおは涙をぬぐい、心に真犯人捜しを託すことにしました。 心は自分の命を懸けて、犯人と対峙することを決意します。 由紀への告白 心は由紀を呼び出すと、特ダネを持ってきたと話し始めます。 タイムスリップした男の話だと前置きし、その男は平成元年に殺人犯の息子として生まれ、妻だった女性を亡くし、事件現場を訪れた時に、タイムスリップしてしまったことを話していきます。 父の無実を確信したものの、事件を止められないまま戻ってきた男には、現代で最悪の未来が待っていました。 しかし、亡くなったはずの妻に出会うことができ、救われたと語ります。 由紀は自分が心の妻だったと察し、その話を信じてくれました。 心は由紀に自分の結婚指輪を渡すと、そこには由紀と心の名前が入っていました。 心は信じてくれてありがとうと微笑みます。 由紀は超得ダネだと涙ぐみながら、指輪を心の手へと戻しました。 心は明日、一人で大事な用があると切り出し、それが終わったらまた会いに来ると告げます。 心はもう一度会えたら、また一緒に生きていきたいと伝えることを決意しながら、由紀と別れました。 真犯人の正体 翌日、音臼小の慰霊碑の前にやってきた心は、人の気配を感じて振り向きます。 そこには車椅子を漕ぐみきおの姿がありました。 驚く心に、みきおはどうしても犯人を許せなくて、ここまで来てしまったと語ります。 決着をどうやってつけるのかと尋ねられ、心は自首をさせ、一生をかけて償わせると語ります。 すると「それは無理だよ、心先生」という声が聞こえます。 振り返るとみきおが目の前に立っていました。 みきおは手に持っていたナイフで、心の腹を刺しました。 倒れた心の首元にナイフを突きつけ、馬乗りになるみきお。 心は「今すぐ自首しろ!!」と叫びますが、みきおは聞く耳を持ちません。 子供時代に音臼小事件を起こしたことを明かされ、心は明音の首の跡が子供の手によるものだったことに気付きます。 さらにさつきと正志を殺したことを告白したみきおは、心を殺そうとナイフを振りかざします。 そこで遠くにパトカーのサイレンが聞こえ、その隙に心が逃げ出します。 心は警察を呼び、さらにレコーダーでみきおの声を録音していました。 あきれたように笑うみきおは逃げていき、心が追いかけようとすると周囲が霧に包まれます。 霧が晴れると、そこは音臼小のグラウンドになっており、心は再びタイムスリップしていました。 レコーダーを手にして倒れている心に、何者かが近づいていきます。 二度目のタイムスリップ 心が目を覚ましたのは、病院のベッドでした。 カレンダーの日付は1989年の3月10日になっており、事件発生まであと2日に迫っています。 焦って起き上がると、目の前にはオレンジジュースが置いてありました。 その頃、みきおの告白を録音したレコーダーは、子供の加藤みきお(柴崎楓雅)の手に渡っていました。 ドラマ『テセウスの船』第6話の感想 ついに真犯人が判明しましたね!犯人への怒りに震えていた みきお(安藤政信)が、ラストにあそこまで豹変するとは!! 原作で犯人は分かっていたはずなのですが、中盤で田中正志(せいや)が殺されたりして、最後まで本当に犯人なのかとドキドキしました。 安藤政信さんの優し気な演技に、すっかり騙されてしまいました・・・ 心は由紀と会うことを約束したシーンも、時空を超えた告白が切なかったですね。 2人の気持ちが通い合っているのに、告白までには至らないもどかしさがありました。

次の

ザヘッドアキ死んだのは嘘で真犯人?スピンオフは小説で過去のネタバレ

真犯人 ドラマ ネタバレ

こんにちは、まろです。 2018年9月23日からWOWOWでドラマ「真犯人」の放送が始まります。 主演に 上川隆也が抜擢されており、大人なミステリードラマとして注目されています。 全5話にしっかりと詰め込まれたミステリー作品だと思います。 WOWOWはこういう見応えのある作品が多いから良いですよね。 映画やドラマにWOWOWおすすめします。 放送日の予定は• 放送日:2018年9月23日• 曜日:毎週日曜日・祝日• 時間:22:00~ からスタートとなっております。 今回はそんな秋ドラマとして10月から始まる~の 「キャスト」「あらすじ」「ネタバレ」「主題歌」「ロケ地」について詳しく紹介していきますね。 そしてメインキャストが上川隆也。 これで番組が面白くないわけがありません。 それではいきます。 1.のキャストを紹介! それではキャストの紹介です。 上川隆也 重藤成一郎 役 特別捜査班 管理官 小泉孝太郎 日下悟 役 富士裾野署 刑事課 警部補 内田有紀 尾畑理恵 役 守の姉 田中誠人 尾畑守 役 尾畑守 尾美としのり 須藤勲 役 守の父 長野里美 尾畑小枝子 役 守の母 北見敏之 尾畑清三 役 守の祖父 甲本雅裕 小此木晴彦 役 特別捜査班 警部補 田中要次 勝田久作 役 特別捜査班 警部補 でんでん 辰川忠雄 役 特別捜査班 警部補 高嶋政伸 榛康秀 役 県警本部長 モロ師岡 寺嶋正志 役 三島中央署刑事課長 浜田学 庄司修 役 特別捜査班 巡査部長 森岡龍 間島健二 役 特別捜査班 巡査部長 清水伸 白石聡 役 特別捜査班 警部補 近藤芳正 佐藤文也 役 駿河新聞記者 なかなかこれだけ演技派の役者さんたちが集まるミステリードラマってなかなかないんじゃないでしょうか。 全5話のドラマですが、1話1話が見応えのある作品になっているのではないでしょうか。 これは楽しみです。 スポンサーリンク 2.のあらすじをチェック! 「真犯人」は翔田寛の大人気のステリー小説をドラマ化したもので、動画サイトで限定配信されています。 あらすじは、 平成20年、静岡県の国道高架下で須藤勲(尾美としのり)の殺人事件が発生。 この事件を捜査する静岡県警富士裾野署の刑事・日下悟(小泉孝太郎)は、須藤が昭和49年に離婚した妻との間にできた、当時静岡在住の幼い息子・尾畑守を誘拐事件で亡くしていたことを知る。 この事件は時効成立の1年前となる昭和63年に、静岡県警本部長の榛康秀(高嶋政伸)の指示により特別捜査班を編成。 ノンキャリアながら警視にまで昇進した重藤成一郎(上川隆也)が管理官となり、有能な刑事6人を率いて再捜査が行なわれた。 それから20年後に東京在住の須藤が静岡で殺されたことを不可解に感じる日下は、昭和の誘拐事件を掘り下げることが須藤殺害の解明につながると直感し、警察から離れて久しい重藤を訪ねて事件解決の手掛かりを探る。 さらに、日下は尾畑守の遺族である母親の小枝子(長野里美)や姉の理恵(内田有紀)にも接触、次第に真相へと近づいていく・・・。 公式ページより このあらすじを読んだだけでも、とても奥が深い入り組んだ伏線がたくさんありそうなストーリーですよね。 スポンサーリンク 3.のネタバレ注意! (ネタバレ注意!) ドラマ「真犯人」では、主人公の重藤成一郎と、刑事の日下悟が現代に起きた殺人事件を捜査します。 被害者が息子を誘拐事件で亡くしていることに気づき、昭和に起こったこの誘拐事件の陰惨な真相を調べて行きます。 この昭和の誘拐事件の謎を紐解くうち、「昭和と平成をつなぐ事件の糸」が段々つながり始めます。 この辺りが、このドラマの真骨頂。 最終的には、被害者の妻が過去の誘拐事件の時に持った夫に対する恨みが動機となり犯行に及んでいたことが分かります。 そこに至るまでに伏線も多く、一筋縄ではいかないミステリー作品となっています。 平成に起こったある殺人事件と、昭和の時代に起こった誘拐事件とのつながりが所々見え隠れし、だんだんと真相に近づいていきます。 人間の情念と刑事の執念が絡み合った重厚なストーリーと実力派の俳優たちが贈る、珠玉の現代警察ミステリーだと言えるでしょう。 これは観て間違いないミステリードラマになるでしょう。 スポンサーリンク 5.のロケ地はどこ? ドラマ「真犯人」の撮影やロケ地は、都市部、山中、海辺など時代と舞台が非常に広いため広範囲でロケが行われています。 ただ、具体的な場所や地名は公表されていないのが残念です。 現在、目撃情報なども探しているところです。 分かり次第、どんどん追記していきますよ。 ただ、大自然の中での撮影や再現映像のため、ロケ地として用いられた中部地方での撮影は困難の連続であったそうです。 しかし、この苦労が映像にリアリティーを持たせており作品の醍醐味ともなっています。 実際の警察の内部を用いた撮影もあり、臨場感あふれる取り調べのシーンなどは圧巻です。 こういった情報を持ってみるとドラマをさらに興味深く鑑賞できるでしょう。 ロケ地情報も分かり次第、追記していきます。 新情報をお楽しみに。

次の

ドラマ『SPEC スペック』2話ネタバレあらすじ 千里眼を持つ男

真犯人 ドラマ ネタバレ

プロフィール• 名前 増田貴久(ますだ・たかひさ)• 相性 まっすー• 生年月日 1986年7月4日• 年齢 33歳• 身長 171㎝• 血液型 O型• 出身地 東京都練馬区• 職業 男性アイドルグループ・NEWSおよびテゴマスのメンバー、俳優• 事務所 ジャニーズ事務所• 好きな食べ物:餃子 1998年に、母親・姉・姉の友達が履歴書を送ったことがきっかけで、ジャニーズ事務所に入所(小学校6年生の時)。 2000年の『怖い日曜日』で俳優デビュー。 2003年に「NEWS」のメンバーになり、2016年11月から手越祐也さんと「テゴマス」を結成。 2007年の『本当にあった怖い話』でドラマ初主演。 アイドルと俳優の両方で活躍する増田さんですが、 最近では2018年7月期のドラマ『ゼロ 一獲千金ゲーム』で親友を裏切って殺そうとする山口カズヤ役が印象的。 内通者になった経緯 3年前、石川(増田貴久)は、樋口(唐沢寿明)の妻(菊池桃子)が殺された事件で忙しくしていました。 そんな中、石川は父親から「人を車でひいて死なせてしまった」という電話を受けます。 当時、父親は本郷辰夫(伊武雅刀)のバス会社で運転手をしていたのです。 遂に樋口にバレる! 橘と樋口は、どんどん真犯人(本郷雫)に接近。 石川は、本郷辰夫に呼び出されて 「樋口が本郷家に害を及ぼさないように手を打つんだ」と命令されます。 このことが雫にバレて、 石川は大ぴーんち! そんな中、樋口が石川が「内通者」であることに気付きます。 樋口は「この大馬鹿野郎が!何故だ? 」と責めますが、「俺と兄貴を守るためだよ。 この事件から手を引けば、兄貴には危害を加えないと約束してくれているんだ」と石川。 さらに石川は 「怖かったからだ!助かりたかったからだ!」と訴えます。 「兄貴は後先も考えずに夢中で奴らを追ってるけど、俺たちが叶う相手じゃない。 本郷雫を現行犯で捕まえてもお偉方どもが逃がせと圧力をかけてくる! 俺たちとは次元の違う奴らだ」 化け物=本郷雫を目の前にしたら誰だってビビりあがるよね。 そんな石川に「全く情けない奴だ。 たとえそうでも、結果が見えていても、俺たちは屈しちゃダメだ」と樋口。 石川:「兄貴は強くてうらやましいよ」 樋口:「強いからじゃない!怖くてもそれじゃダメだと思うからだ。 未希(菊池桃子)が教えてくれた」 (もはやぐうの音も出ない石川は、立ち去る) 石川が一人で真犯人に立ち向かう 樋口は、キツイ言葉を言ったものの、石川のことが心配でたまりません。 石川は本当に優しい心の持ち主で、だからこそ奴らに利用されたのだから。 そんな中、石川から「ごめん兄貴、俺は借りを帰すよ」のメッセージが届きます。 すぐに病院に運ばれますが、最終回になっても石川は目を覚ましません。 でも樋口が窓ガラス越しに呼びかけた時、少し手を動かしたような……。

次の