さいたま 市 コロナ 対策。 【浦和】阿部勇樹が埼玉を守る。コロナ対策のさいたま市防災無線に登場「このアナウンスが流れなくなった時に――」

【悲報】さいたま市立中の生徒コロナ感染 休校期間が短すぎる件・・・・・・・・: 燃えよVIPPER

さいたま 市 コロナ 対策

埼玉県内で24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに9人発表された。 1人はさいたま市が発表した同市立中学校の女子生徒で、県内で確認された感染者は延べ1073人となった。 教室の消毒などのため、さいたま市はこの中学校を25、26日に臨時休校とする。 市保健所の調査では今のところ校内に濃厚接触者はいないという。 さいたま市保健所によると、女子生徒に発熱などの症状はないが、同居する40代の自営業の父親が23日に感染が判明したためPCR検査を受けた。 残る家族5人は陰性だった。 女子生徒は23日まで登校していたという。 市は父親から感染したとみているが、父親の感染経路は不明という。 父親の職場は市内だが、父親は市の聞き取りに対し、マイカーで最近、東京都内に出かけたと話しているという。 その際はマスクを着用し、食事はしていないという。 県発表の感染者は5人。 越谷市の20代男性と三郷市の30代女性は三郷中央総合病院(三郷市)の医療従事者で同僚にも感染者がいるという。 ほかは蕨市の40代の外国籍の無職男性と同居の調理員の女性で、残る1人は「調査中」。 また、23日に「調査中」とした7人は20~60代の男女で、同じ職場に陽性者がいた人が1人いたと明らかにした。 川口市は3人の感染を発表。 うちトルコ国籍の50代と20代の無職男性2人は22日に感染が発表された同国籍の男性の同居人という。

次の

さいたま市保健所、「病床不足で」ウイルス検査の件数抑制 新型コロナ:時事ドットコム

さいたま 市 コロナ 対策

埼玉県のさいたま市教育委員会は、「新しい学校様式における熱中症事故の防止について」を市立学校の各校長に通知した。 新型コロナウイルスの感染防止で、マスクの着用が求められている中、暑さや息苦しさを感じた時など状況に応じてマスクを外すことを求めている。 また、直射日光を遮って一定の距離を保てることから、登下校時に日傘の使用を初めて認めた。 通知は19日付。 市教委健康教育課によると、通知には、新しい生活様式における熱中症予防行動のポイントと学校管理下における指導上の留意点が記されている。 マスクについては、児童生徒が暑さで息苦しいと感じた時には、マスクを外すなど、自身の判断でも適切に対応できるように指導する。 朝の会などで担任教諭らが、熱中症の危険性を含めて教えていく。 エアコンについては、使用しながら定期的に換気をして、温度設定も状況に応じて調整するよう求めている。 日傘の使用については、小学校低学年は所持品が多くなり危険との指摘もあり、可能な限り負担を減らせるように、学校に教材などを置く指導も行う。 ほかに帽子や水分を補給するための水筒の持参、冷却グッズなどの使用、登下校時と教育活動中の服装について、体育着などを認めている。 同課は「子どもたちの命を守ることが最優先。 例年以上に熱中症に気を付けることが重要。 マスク着用は状況に応じて柔軟に対応してほしい」と話している。

次の

さいたま市 コロナ対策など約28億円補正予算可決/埼玉県(テレ玉)

さいたま 市 コロナ 対策

【市民の皆さまへ】 〇 新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安が改訂されました(令和2年5月8日) ・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 ) (妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 厚生労働省作成: 【新型コロナウイルスに関する誤った情報や噂にご注意ください】 〇 新型コロナウイルスに関する様々な情報や噂がインターネットやSNS等で流れていますが、その中には事実と異なる情報もあります。 市民の皆さまにおかれましては、厚生労働省や県、市が発信する正確な情報に基づき、落ち着いて行動していただくようお願いします。 また、新型コロナウイルスを題材とした攻撃メールが出回っていますので、併せてご注意ください。 〇 〇 〇 〇厚生労働省Q&A 〇厚生労働省作成: 〇厚生労働省の電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル) 受付時間:9時~21時 ・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方は、FAX(03-3595-2756)をご利用いただくか、をご覧ください。 【新型コロナウイルスに関する相談窓口】 <1 一般的なお問い合わせなどの相談窓口> お住まいの区役所保健センターに御相談下さい。 〇相談窓口(平日昼間 8:30~17:15) ・西 区保健センター TEL 048-620-2700 FAX 048-620-2769 ・北 区保健センター TEL 048-669-6100 FAX 048-669-6169 ・大宮区保健センター TEL 048-646-3100 FAX 048-646-3169 ・見沼区保健センター TEL 048-681-6100 FAX 048-681-6169 ・中央区保健センター TEL 048-840-6111 FAX 048-840-6115 ・桜 区保健センター TEL 048-856-6200 FAX 048-856-6279 ・浦和区保健センター TEL 048-824-3971 FAX 048-825-7405 ・南 区保健センター TEL 048-844-7200 FAX 048-844-7279 ・緑 区保健センター TEL 048-712-1200 FAX 048-712-1279 ・岩槻区保健センター TEL 048-790-0222 FAX 048-790-0259 <2 帰国者・接触者相談センター> 〇帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安 ・少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。 ) 〇相談窓口(土・日休日も相談を受け付けています) (1)昼間(8:30~17:15) さいたま市保健所 疾病予防対策課 TEL 048-840-2220 FAX 048-840-2230 (2)夜間(17:15~8:30) 新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター TEL 0570-783-770 〇利用にあたっての注意事項 夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。 極力昼間の時間帯での相談をお願いします。 (FAXよる御相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります。 ) 保健医療部保健医療政策課 FAX 048-830-4808 関連ダウンロードファイル.

次の