エクセル シート挿入 ショートカット。 行挿入・列挿入のショートカットキー−Ctrl+Shift++キー:Excel(エクセル)の使い方/キーボード操作

【Excel エクセル】シートの挿入、削除のショートカットキー

エクセル シート挿入 ショートカット

Office には、小さい変化だけれど使いやすくなったなーと感じる機能があります。 逆に、昔から変わらないから覚えてしまえばずっと使える効率のよい操作というものもあります。 今回はそんな 2 つが含まれるシートの操作についてご紹介します。 短くまとめると、 「アクティブ シートの左側に新しいシートを挿入するショートカット キーは [Shift] + [F11] です。 」 「Excel 2013 以降の [新しいシート] ボタン は右側にシートを追加できます。 」 なんですが、興味があれば使い分けや詳細を本文でご覧ください。 紹介をするにあたって、勝手ではありますが、Excel 2007、2010 を「グループ A」、Excel 2013 と 2016 を「グループ B」とします。 ということは、2013 を境にして違いがあるってことですね^^ 新しいシートの挿入 極端な例かもしれませんが、Excel 2010 を使って 2 つのパターンを比較します。 パターン 1 たとえば、「青森」シートと「宮城」シートの間に、「岩手」シートを追加したいとき、下記が代表的な方法だろうと思うのですが、みなさんだったらどれを使いますか?• ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「宮城」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「宮城」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 考えるより先に手が動いているかもしれません。 ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「鹿児島」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「鹿児島」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 逆にいうと、大昔 Excel 2003 以前 はなかった [ワークシートの挿入] はうれしい機能ではあるのですが、これもどんな場面でも便利、というわけではなさそうです。 [ワークシートの挿入] と [新しいシート] は違う グループ A の [ワークシートの挿入] とグループ B の [新しいシート] には違いがあります。 "新しいシートを挿入する" というアクションは同じなのですが、"どこに" が違います。 Excel 2007、2010 の [ワークシートの挿入] [ワークシートの挿入] は、どのシートを選択していても 末尾 右端 に新しいワークシートが挿入されます。 勝手に正式名称をつけるとしたら、「末尾に新しいワークシートを挿入」かな。 Excel 2013、2016 の [新しいシート] [新しいシート] は、 選択しているシートの右側に新しいワークシートが挿入されます。 こちらの勝手な正式名称は「アクティブ シートの右側にシートを挿入」ですかね? ながいなー。 たとえば、「愛知」シートを選択して [新しいシート] をクリックすると、「愛知」シートの右側に新しいシートが追加されます。 アクティブ シートの右側に追加できる、というのは、地味にすごいんですよ。 ショートカット キーも、右クリックからの操作も、リボンからの操作も、基本的にシートの挿入はアクティブ シートの左側!というのが当たり前で、「すばやく右側に追加したい」というリクエストには、マクロを作成して対応していたのですから。 グループ A の [ワークシートの挿入] は、右端のワークシートのさらに右側にあったので、使うためにそこまで移動しなければならなかったのですが、[新しいシート] は、いつでも表示されているので、使うために右端まで移動する必要はないです。 昔から変わらない [Shift] + [F11] というショートカット キーを知っていればすばやく確実にシートを追加できます。 ただ、これだけではまかなえない、"右側に追加したい" という部分を新しい機能がフォローしてくれます。 昔からのよいところ、変わることのよいところ、両方を上手に使い分けられるといいですね。 石田 かのこ.

次の

【Excel時短】ブックやシートの切り替えをスマートにこなす!大量に開いたアプリの中からエクセルのウィンドウだけを切り替えるテク

エクセル シート挿入 ショートカット

Q a b c d....... 1行目 : ヘーダー 1 2 3 4........ 2行目以降: データ 5 6 7 8......... 一行目は項目が入力してあり、2行目以降はデータが入っています。 このようなシートがあったときに、一行目の項目の文字を縦表示にして(通常はマウスで行を選択して書式設定から変更しています)、さらにそれぞれの列の横幅をデータの幅に合わせて調整(通常はシート全体を選択した状態で境目をダブルクリックして調整しています)し、さらに一行目にオートフィルターを入れるという動作をショートカットキーのみでやりたいと考えています。 残りの、縦表示への変更、列の幅調整のショートカットキーを教えてください。 [Shift]と方向キーで A1:E1 を選択します。 [Alt]を押しながら [O]、[E] の順に押します。 方向キーで"配置"タブを開きます。 [Alt]を押しながら [O]、[C]、[A] の順に押し、セル幅を最適化し、 [Alt]を押しながら [O]、[R]、[A] の順に押し、行高を最適化します。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー デスクトップのアイコン選択の方法は、 ウィンドウズキー+Dキーで、デスクトップへフォーカスを 移し、矢印キーとシフトキーで複数選択できます。 但し、マウスで選択するように、並んでいないものを複数 選択することは出来ません。 (私が知らないだけかもしれません) スタート横のアイコンとは、クイックランチのことでしょうか。 これらは、ランチャーで、すべてショートカットです。 従って、コレをキーボードで選択は出来ないと思います。 デスクトップを表示したいときは、 「ウィンドウズキー+Dキー」 フォーカスウィンドウを変えたいときは、 「Altキー+Tabキー」 IEを起動したいときはデスクトップ上のアイコンにフォーカス を合わせEnterキーを押すか、スタートメニューを出してプ ログラムから選択するかで起動します。 A ベストアンサー CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。 その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが) 印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。 いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。

次の

ショートカットキーでセルにコメントを挿入する

エクセル シート挿入 ショートカット

薄い格子で区切られた集計表がワークシートです。 選択しているセル 太い線で囲まれたセル を アクティブセルと呼びます。 アクティブセル:操作対象のセルのこと。 エクセルを起動すると、初期状態ではワークシートが3枚 sheet1〜sheet3)表示されます。 この3枚のシートをまとめて「ブック」といいます。 「ファイル」と同じです。 複数のシート = 1ブック = 1ファイル となります。 [全般]タブをクリックし、の「新しいブックのシート数」を「3」から変更します。 【OK】をクリックします。 マウスでの操作方法• シート見出しを 右クリックします。 ショートカットメニューの【挿入】を選択します。 【挿入】ダイアログが表示されます。 【標準】タブで、【ワークシート】が選択されているのを確認します。 【OK】をクリックします。 新しいシート『Sheet4』が開いていたSheet1の左側に追加されます。 メニューバーでの操作方法• 新しいシート『Sheet4』が開いていたSheet1の左側に追加されます。 マウスでの操作方法• 削除したいシート見出し上で 右クリックします。 ショートカットメニューの【削除】を選択します。 シートにデータがある場合は警告のダイアログが表示されます。 【削除】をクリックするとシートが削除されます。 メニューバーでの操作方法• 削除するシート見出しをクリックして、シートを表示します。 シートにデータがある場合は警告のダイアログが表示されます。 【削除】をクリックするとシートが削除されます。 作業用のシートなど表示させたくないときには、非表示にします。 【操作手順】• 表示しないシートを選択します。 【解除方法 再表示 】• 【再表示を禁止したい 】• パスワードを入力します。 注 パスワードを忘れると解除できなくなります。 シート構成:シートの挿入・削除やシートの表示・非表示ができなくなる。 ウィンドウ:ウィンドウのサイズの変更やシートの整列・分割などができなくなる。 ワークシートは左からSheet1、Sheet2、Sheet3と見出しが並んでいます。 この順番を変更して、Sheet2、Sheet3、Sheet1とするには? ワークシートの移動 マウスでの操作方法• Sheet1の 見出し上からSheet3の見出しの 右までドラッグします。 シート見出し上で 右クリックします。 右クリックメニューの「シートの移動またはコピー」を選択します。 下と同じダイアログが出ます。 以下は下の操作と同じ• Sheet1が一番右に移動しました。 メニューバーでの操作方法• 【挿入先】で『(末尾へ移動)』を選択し、【OK】をクリックします。 Sheet1が一番右に移動しました。 ワークシートのコピー マウスでの操作方法• 【Ctrl】キーを押しながらドラッグします。 シート見出し上で 右クリックします。 右クリックメニューの「シートの移動またはコピー」を選択します。 下と同じダイアログが出ます。 以下は下の操作と同じ• コピー「Sheet1 2 」が追加されます。 メニューバーでの操作方法• 挿入先を選択します。 「コピーを作成する」にチェックを入れます。 コピー「Sheet1 2 」が追加されます。 マウスでの操作方法• 見出しの Sheet1をダブルクリックします。 シート名「Sheet1」が黒く反転しますので、キーボードから名前を入力します。 メニューバーでの操作方法• 見出しのSheet1が黒く反転します。 キーボードから変更したい 名前を入力します。 【関連情報】• microsoft. 同じブックのシートを参照しながら作業する時に便利です。 【左右に並べて表示】を選択しました。 同じブックのシート2枚が左右に表示されました。 同じシートが表示されたら、シート見出しで表示するシートを切り替えます。 作業グループ• 全く同様式のシートが複数ある時など、一度に入力したり、書式を設定したりする方法です。 【操作手順】• シート見出しをクリックして選択します。 二つめからは【Ctrl】キーを押しながらシート見出しを選択すると、とびとびに選択できます。 【Shift】キーを押しながらシート見出しをクリックすると連続したシートを選択できます。 タイトルバーに[作業グループ]と表示されます。 アクティブなシートの方にはシート名に実線の下線が付きます。 表示されているシートのセルに入力します。 または書式の設定をします。 【解除方法】• シート見出しを右クリックして、【作業グループ解除】を選択します。 選択していないシート見出しをクリックしても選択は解除されます。 多くのシートがある時、目的のシートを表示するにはシート見出しのスクロールバーを使います。 シート見出しのスクロールバーを右クリックします。 表示された一覧表からシート名を選択します。 シート全体を誤改変されないようにパスワードで保護することができます。 許可する操作を選択します。 パスワードを入力します。 「パスワードの確認」ダイアログが表示されるので、もう一度同じパスワードを入力します。 パスワードを忘れると解除できなくなるので注意してください。 【解除方法】• シートを保護した状態ではロックしたセルの編集ができませんので、保護を解除してから編集などを行います。 設定したパスワードを入力します。

次の