コンパス おすすめカード。 【#コンパス攻略】おすすめURカードと評価まとめ [ファミ通App]

イオンコンパス旅行お引き換え券(永年勤続)、イオンコンパストラベルカード(退職記念品)がご利用できるツアーのご紹介

コンパス おすすめカード

ブッシュクラフト、狩猟、ULスタイル、沢登りなど様々なアウトドアに取り組む。 海外生活の経験もあり銃器やトイガンにも造詣が深い。 アウトドア料理やビンテージアウトドアアイテムのレストア、道具作りにも造詣が深く自作アイテムのみでの山行も行う。 フェールラーベンのアンバサダーとしても活動している。 ハイキングやトレッキング、低山から高山まで登山を楽しみたい時の必需品といえば登山用コンパスです。 とはいえ、登山スタイルによって適した登山用コンパスは異なります。 そこで、今回は山岳写真家・荒井裕介さんへの取材をもとに、プロの視点からの登山用コンパスの選び方、さらにおすすめ製品を5つご紹介しています。 初めての登山で登山用コンパス選びに悩んでいる人も、ぜひ役立ててください。 商品名 SILVA『No. 足首を守ってくれたり、石や岩場の上でも滑らないようにしてくれたりと、安全に登山を楽しむのに欠かせないアイテムです。 しかし、登山靴を選ぼうと思っても、アッパーの素材やソールのかたさ、ハイカットやミッドカット、ローカットなどの形状、ゴアテックスをはじめとした透湿防水性素材が使われているかなど、気にするポイントが多く、どんなものを買えばいいか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事を参考に、自分の足にあったトレッキングシューズを見つけてください。

次の

コンパス新キャラ:デルミンの強さとおすすめカード!だいとも流WPLでの活用術

コンパス おすすめカード

コンパスのヒーロー、アダムのおすすめカードを紹介していこうと思う。 忠臣に比べてやや耐久は低いものの足が速く通常攻撃も使いやすいのが特徴になっている。 アビリティで 水属性の攻撃カード、水属性状態の通常攻撃が強化されるので積極的に青カードを採用していこう。 イェーガーに比べて攻撃ステが格段に高いためワンパン圏内が飛躍的に広がり通常攻撃の火力も出る。 これ一枚でいろいろな使い方ができるので本当に便利。 敵の攻撃カードに合わせる使い方が基本なので上級者向けなのが難点か。 自信がないならイェーガーでも全然問題ない。 カット時間が長いので初心者でも使いやすいのが特徴。 カード自体が強すぎて適当に使っても割となんとかなってしまうのが怖い。 敵のカノーネには気を付けよう。 攻撃ステはちょっと低め。 うまいこと使えば攻撃できる回数が増えるのが特徴。 コクリコ対策にもなるので地味に便利。 ステータス自体はメグメグモチーフのバーゲンセール戦争のほうが強いので凸数と色で決めよう。 使うならほかのカードから繋げて発動短のデメリットを打ち消すように使いたい。 一応攻撃ステータスは最高なのでフルカノや通常の火力がさらに増すというメリットもある。 即時回復しつつ化け物みたいな火力を出せるようになる。 ある程度の凸数がある or イベアリだったら間違いなく入れておきたい。 普段の属性を木に設定しておき相手が火に変えた瞬間水でボコるという運用が基本。 ただでさえ強いキャラがさらに強くなるので相手たら地獄。 こちらは木で弱点を突こうとしてくる相手に火でカウンターするという使い方が主。 あまりギアメと変わらない。 ギアメがないならこれを使おう。 ディーバやカノーネとも色がかぶってしまうのも悩みの種 といっても青なのでそこまで悪くはないのだが.... しかし体力は高くコラボカードに比べたらだいぶ入手は楽。 バトアリならこれでok。 前線に出れない場面が増えてしまうのでやや苦しい。 妥協カードではあるもののガブがないなら全然代用可。 ステの低さも気になるところ。 囲まれたときに耐久しやすいのは長所。 近距離 発生0. 9秒 全ヒーロー中5位 硬直2. これが一枚あるだけで大きくキル数が変わってくる。 フルークより断然ダメージが出て、カノーネより断然打てる回数が多いのがポイント。 どんな状況でも使いやすくワンパン圏内も広い。 素の攻撃ステが低いのでフルークに比べて通常攻撃などのダメージが多少下がるという欠点もあるがまったく気にならないレベルで強い。 持っているなら絶対入れよう。 実はカノーネよりも優先順位が高かったりする。 前述したとおり通常攻撃のダメージではシンに勝っているので完全に下位互換というわけでもない。 アダムでとりにくい火属性を補えるのもメリットだ。 開幕で目の前にダメカを張ってドア飛びされても剥がせるというのはフルークにはできない芸当だ。 色々な場面に対応できるのであったら便利。 しかし基本的にどのキャラもダメカを 張っていない時間のほうが長いのでフルークのほうが当てられる機会は多い。 アダムに必須と思われていることも多いが案外そうでもない。 さすがにフルークには及ばないもののアダムのアビリティと相まってなかなかの火力がでる。 フルークもカノーネも持っていないという初心者には超おすすめなカード。 アダムの周囲はそこまで早くないもののオレンジ自体が強いので普通に使える。 イェーガーレンジの連切りは多対一でも戦えるくらい強く、CTも短いのでいろんな場面で使える。 カノーネがないならこっちでも全然ok。 CTがとにかく長いのでそこを工夫する必要がある。 もう一枚の攻撃カードとどう組み合わせていくのかを考えるのがポイントになってくる。 裏取り対処が容易になるのはもちろん初動もいい動きができるようになり援護も早くなる。 またフルークやカノーネを格段に当てやすくなるのがとにかく長所 相手たらまず避けられない。 欠点は攻撃カード一枚で戦わなければいけないということと攻撃ステが低いので通常攻撃などがかなり弱くなってしまうこと。 選択肢のひとつとしてあり。 アダムが得意としている通常攻撃のダメージがかなり上昇して敵を倒しやすくなる。 フルカノのワンパン圏内も飛躍的に上がり鬼相手でも戦いやすい。 長所も多いがやはり攻撃カードが一枚減ってしまうのが欠点。 初心者やUR難民におすすめ。 4倍のダメージが出るので倒せる範囲がとても広い。 しかしレンジと違って 1. こかせない 2. ダメカを貫通しない などの短所がある。 特に1は大きく、敵をこけさせたあとに 味方と連携して 追撃を入れたほうが結果的にダメージがでる場合がほとんど。 これをいれるぐらいならレンジのほうがおすすめ。 当然全然強くない というかアダムのテンプレデッキが強すぎるだけのような気もするが... ので勝ちを目指すならやめておこう。 一応攻撃力はめちゃくちゃ上がる。 この差は非常に大きく、相手に避けられる可能性が大幅に上がり隙も大きくなってしまう。 ランク帯が高くなればなるほど当たらなくなってくるのが残念ポイント。 なるべく採用はしないほうがいい。 当てる難易度も高く、しかも当てたところでそこまで効果があるわけでもない悲しいカード。 よほどのことがないかぎり採用はやめておこう。 まとめ 通常攻撃のダメージも考えて青属性カードを最低でも一枚は確保しておきたい 青が入っていれば無理に3色そろえる必要はない。 発生が早く硬直も少ない近距離カードがデッキ構成の軸になってくる。 最強カードであるシン なければフルークなど を一枚確定で入れておき、残り一枠を手持ちのカードと相談していこう。 asahi4.

次の

アダム カード考察

コンパス おすすめカード

コンパスのヒーロー、アダムのおすすめカードを紹介していこうと思う。 忠臣に比べてやや耐久は低いものの足が速く通常攻撃も使いやすいのが特徴になっている。 アビリティで 水属性の攻撃カード、水属性状態の通常攻撃が強化されるので積極的に青カードを採用していこう。 イェーガーに比べて攻撃ステが格段に高いためワンパン圏内が飛躍的に広がり通常攻撃の火力も出る。 これ一枚でいろいろな使い方ができるので本当に便利。 敵の攻撃カードに合わせる使い方が基本なので上級者向けなのが難点か。 自信がないならイェーガーでも全然問題ない。 カット時間が長いので初心者でも使いやすいのが特徴。 カード自体が強すぎて適当に使っても割となんとかなってしまうのが怖い。 敵のカノーネには気を付けよう。 攻撃ステはちょっと低め。 うまいこと使えば攻撃できる回数が増えるのが特徴。 コクリコ対策にもなるので地味に便利。 ステータス自体はメグメグモチーフのバーゲンセール戦争のほうが強いので凸数と色で決めよう。 使うならほかのカードから繋げて発動短のデメリットを打ち消すように使いたい。 一応攻撃ステータスは最高なのでフルカノや通常の火力がさらに増すというメリットもある。 即時回復しつつ化け物みたいな火力を出せるようになる。 ある程度の凸数がある or イベアリだったら間違いなく入れておきたい。 普段の属性を木に設定しておき相手が火に変えた瞬間水でボコるという運用が基本。 ただでさえ強いキャラがさらに強くなるので相手たら地獄。 こちらは木で弱点を突こうとしてくる相手に火でカウンターするという使い方が主。 あまりギアメと変わらない。 ギアメがないならこれを使おう。 ディーバやカノーネとも色がかぶってしまうのも悩みの種 といっても青なのでそこまで悪くはないのだが.... しかし体力は高くコラボカードに比べたらだいぶ入手は楽。 バトアリならこれでok。 前線に出れない場面が増えてしまうのでやや苦しい。 妥協カードではあるもののガブがないなら全然代用可。 ステの低さも気になるところ。 囲まれたときに耐久しやすいのは長所。 近距離 発生0. 9秒 全ヒーロー中5位 硬直2. これが一枚あるだけで大きくキル数が変わってくる。 フルークより断然ダメージが出て、カノーネより断然打てる回数が多いのがポイント。 どんな状況でも使いやすくワンパン圏内も広い。 素の攻撃ステが低いのでフルークに比べて通常攻撃などのダメージが多少下がるという欠点もあるがまったく気にならないレベルで強い。 持っているなら絶対入れよう。 実はカノーネよりも優先順位が高かったりする。 前述したとおり通常攻撃のダメージではシンに勝っているので完全に下位互換というわけでもない。 アダムでとりにくい火属性を補えるのもメリットだ。 開幕で目の前にダメカを張ってドア飛びされても剥がせるというのはフルークにはできない芸当だ。 色々な場面に対応できるのであったら便利。 しかし基本的にどのキャラもダメカを 張っていない時間のほうが長いのでフルークのほうが当てられる機会は多い。 アダムに必須と思われていることも多いが案外そうでもない。 さすがにフルークには及ばないもののアダムのアビリティと相まってなかなかの火力がでる。 フルークもカノーネも持っていないという初心者には超おすすめなカード。 アダムの周囲はそこまで早くないもののオレンジ自体が強いので普通に使える。 イェーガーレンジの連切りは多対一でも戦えるくらい強く、CTも短いのでいろんな場面で使える。 カノーネがないならこっちでも全然ok。 CTがとにかく長いのでそこを工夫する必要がある。 もう一枚の攻撃カードとどう組み合わせていくのかを考えるのがポイントになってくる。 裏取り対処が容易になるのはもちろん初動もいい動きができるようになり援護も早くなる。 またフルークやカノーネを格段に当てやすくなるのがとにかく長所 相手たらまず避けられない。 欠点は攻撃カード一枚で戦わなければいけないということと攻撃ステが低いので通常攻撃などがかなり弱くなってしまうこと。 選択肢のひとつとしてあり。 アダムが得意としている通常攻撃のダメージがかなり上昇して敵を倒しやすくなる。 フルカノのワンパン圏内も飛躍的に上がり鬼相手でも戦いやすい。 長所も多いがやはり攻撃カードが一枚減ってしまうのが欠点。 初心者やUR難民におすすめ。 4倍のダメージが出るので倒せる範囲がとても広い。 しかしレンジと違って 1. こかせない 2. ダメカを貫通しない などの短所がある。 特に1は大きく、敵をこけさせたあとに 味方と連携して 追撃を入れたほうが結果的にダメージがでる場合がほとんど。 これをいれるぐらいならレンジのほうがおすすめ。 当然全然強くない というかアダムのテンプレデッキが強すぎるだけのような気もするが... ので勝ちを目指すならやめておこう。 一応攻撃力はめちゃくちゃ上がる。 この差は非常に大きく、相手に避けられる可能性が大幅に上がり隙も大きくなってしまう。 ランク帯が高くなればなるほど当たらなくなってくるのが残念ポイント。 なるべく採用はしないほうがいい。 当てる難易度も高く、しかも当てたところでそこまで効果があるわけでもない悲しいカード。 よほどのことがないかぎり採用はやめておこう。 まとめ 通常攻撃のダメージも考えて青属性カードを最低でも一枚は確保しておきたい 青が入っていれば無理に3色そろえる必要はない。 発生が早く硬直も少ない近距離カードがデッキ構成の軸になってくる。 最強カードであるシン なければフルークなど を一枚確定で入れておき、残り一枠を手持ちのカードと相談していこう。 asahi4.

次の