桜井誠 税理士。 桜井誠 (活動家)

【「最強節税法」著者が脱税】8億円超 所得隠し 税理士の志賀公斗氏(38)

桜井誠 税理士

桜井誠のヘイトスピーチについて。 桜井誠氏が都知事に立候補してるようで、公約なんか見てましたが、今日の虎ノ門ニュースで外で街宣 というなの殴り込み をしているシーンがあります。 演説を見るに、外国人 とりわけ朝鮮人 を嫌っているのは見てとれますが、非常に理路整然と話してますし、感情的に「殺してやる!」と言うような印象が持てません。 虎ノ門ニュースで過去の発言として出された内容のソースが毎日新聞と書かれていたので気になって探しているんですが、動画や音声で全く見当たらず…。 47:37 桜井氏がどんなふうにヘイトをしていたのか自分で動画や音声データで確かめたいんですが、テレビで放送されたり、ネットにアップされてたりしませんか? 桜井誠の情報については ウィキペデアをみたほうがいい。 「行動する保守運動」代表。 「在日特権を許さない市民の会」元 初代 会長。 韓国をテーマにしたウェブサイト「不思議の国の韓国」の管理を行っていた。 略歴 福岡県北九州市出身。 高校時代、同市八幡西区に住んでいた。 実家のあった地域は在日コリアン集住地区に隣接し九州朝鮮中高級学校と至近距離にあった。 福岡県立中間高等学校を卒業後、地元でアルバイト生活を送り、1997年に上京し、家賃3万5千円のアパートを借りて警備員、江戸川区役所の非常勤職員などの仕事に就いた。 2002年の日韓共催ワールドカップの頃、インターネットを通じて初めて韓国問題にかかわった「韓国という国は、知れば知るほど嫌いになる希有の国」という認識に到った。 中央日報翻訳掲示板 ハンドルネームは「konkon」 やNAVER日韓翻訳掲示板 ハンドルネームは "Doronpa"などで韓国人たちを相手に、時事問題や歴史問題について議論を重ねた。 2003年頃、ネット掲示板「日韓翻訳掲示板」で "Doronpa" というハンドルネームを使用し韓国や北朝鮮を批判する投稿を繰り返して注目を集めた。 2005年1月、日本テレビの討論番組「ジェネジャン!」に朝鮮問題に詳しいブロガーとして「会社員・木村誠 32 」の名前でゲスト出演した。 2005年初頭、日本文化チャンネル桜に出演し、同チャンネルのオピニオン番組の常連となった。 ネット以外のメディアに露出したことにより、桜井の知名度は更に増し、右派の若き論客、ネット言論界の「カリスマ」として地歩を固めていった。 2009年以降、桜井はチャンネル桜に出演していない。 2010年(平成22年)に取材を受けたニューヨーク・タイムズ紙に、当時の本業は税金関係(a 38-year-old tax accountant(直訳すると「38歳の税理士」 )と報じられたが、安田浩一からの取材で「あなたの職業が税理士というのは本当か」と尋ねると、桜井は「そんなこと答えた覚えはない」と否定している。 さらにニューヨーク・タイムズ紙の取材に対して、自らの活動をネオナチと比較されることを拒んだうえで、米国のティーパーティー運動を手本に活動していることを明かした。 外国人やリベラル系メディア、左派系政治家が国を支配しているせいで道を誤るという、茶会と同じ危機感を持つことがでてきたためという。 反中デモ 2012年の反中デモでは「ゴキブリシナ人を日本から叩き出せ」などといった声と合さりデモ終了後に桜井誠らは「パトロール」と称して、華僑の商店の多い一角に向かって、そこで「日本が戦前大陸に行ったことが侵略なら、てめえらが日本にいること自体が侵略なんだよ!」と絶叫した。 しばき隊との抗争 2013年6月16日、東京・新宿で行われた他団体のデモに参加しようと新宿駅に来た所、待ち伏せしていたしばき隊のメンバーらとと小競り合いになり、しばき隊のメンバーにメガネを奪われたため被害届を新宿署に提出しに行った所、しばき隊側が桜井のつばがかかったため相被疑であると主張して、共に現行犯逮捕されたが、勾留延長はされず48時間以内に釈放され不起訴となった。 橋下徹との公開討論会 2014年10月20日、当時大阪市長であった橋下徹と大阪市役所で公開討論会を行った。 会談は互いに相手を罵り合うという緊張状態の中で開始され、議論が白熱しつかみ合いになりそうな場面も見られたが関係者が間に入った。 討論は予定時間より大幅に短い10分で打ち切られた。 討論会については「居酒屋で酔っ払いが言い合いをしている」と酷評された。 2014年(平成26年)11月11日、桜井は同月30日をもって会長を辞任した。 2016年都知事選出馬 2016年(平成28年)6月、かつての方針を一転し2016年東京都知事選挙に出馬を表明、出馬にあたっての肩書は「元在日特権を許さない市民の会会長」。 出馬にあたり政治団体「都政を国民の手に取り戻す会」(略称:都取会)を設立。 選挙では無所属で立候補し、生活保護受給を日本国籍保有者限定とする、パチンコの違法化などを公約に掲げた。 結局、5位で落選したが、約11万票の支持を集めた。 桜井誠の獲得票に対して、古谷経衡は「想定内の健闘」、「特定の区議会や、市議会レベルに集中して投下すれば、地方議会に数議席を獲得するのは夢物語ではない。 」としつつも2014年の東京都知事選における田母神俊雄の得票数(610,865票)と比較して、「大多数のネット保守層からの支持を得ることはできなかった」「田母神氏の6分の1程度(約18. 7%)しか得票できず、2割に満たない」「潜在的に桜井氏と親和性に高いネット保守からの支持の、その大部分を取り逃がした計算」と分析している。 「AbemaTV」公式チャンネル閉鎖 2016年9月23日、AbemaTVで開設された番組チャンネル「桜井誠のズバリ言ったわよ!!」は、わずか1日で運営側が閉鎖した。 これに対しては、C. などの対抗勢力が、共同出資したサイバーエージェントとテレビ朝日やスポンサーに電凸を行うように呼びかけていた。 ツイッターアカウント凍結 2017年11月7日、桜井のツイッターアカウントが「新しい規約に違反」として凍結された。 2020年東京都知事選挙 2019年8月15日には、2020年に予定されている東京都知事選挙への出馬を表明した。 「日本第一党推薦候補」として出馬している。 今回の選挙で掲げた公約は前回2016年都知事選の7つよりも大幅に減らしており、「都民税・固定資産税ゼロ」「パチンコ規制」「外国人生活保護の即時停止」の3つとなっている。 2020年6月18日からの選挙活動については、新型コロナウイルス感染症の影響を懸念して従来の屋外で人を集める街宣演説を取り止め、ネット配信によるバーチャル街宣・対談を主とした。 例外的に、人を集めないよう事前予告をしない形で中国大使館などへの現場へ赴く抗議街宣を行っている。 これに対し、虎ノ門ニュース側は桜井の過去の問題発言を理由に取り上げていなかったと説明し、今後も取り上げる予定はないとしている。 ただ、虎ノ門ニュースが当日の番組内で桜井を非難するにあたって事前に用意していた桜井本人の問題発言とする情報については、本来虎ノ門ニュースが非難していた朝日新聞や神奈川新聞らが過去に記事として取り上げたものであり、加えてそれらの問題発言は桜井自身が述べたものではない。 裁判 2016年9月27日、ネット上の民族差別発言で精神的苦痛を受けたとして在特会と元会長の桜井に対し、李信恵が計550万円の損害賠償を求めた裁判で、一審・大阪地裁の増森珠美裁判長は、桜井がネット動画やツイッターで、李を「朝鮮ババア」「差別の当たり屋」などと表現し「ドブエ」と連呼したことを指摘し、「社会通念上許される限度を超える侮辱行為で、原告の人格権を侵害した」と批判した。 また、桜井の一部発言について「在日朝鮮人に対する差別を増幅させる意図で行われた」として人種差別撤廃条約に違反すると認定し、在特会と連帯して77万円を支払うよう命じた。 2017年6月19日、大阪高裁はフリーライターを容姿を貶める発言と認定、民族・性差別の複合差別との判断を下した。 その後、桜井側は上告する。 2017年11月29日、最高裁判所は上告を棄却して、77万円の損害賠償を認め桜井は敗訴した。 参議院議員の有田芳生に「存在そのものがヘイトスピーチ」とツイートされた事は人格の否定にあたるとして、有田を提訴したが、東京地裁は桜井の過去の発言をヘイトスピーチと認定し、ある程度の批判は甘受すべきとし、有田のツイートには違法性はないとして訴えを退けた。 桜井は控訴したが、翌2018年東京高裁は一審の判決を支持。 自身の著作物はヘイトスピーチや差別の扇動と無関係ではないと判断。 有田の「存在そのものがヘイトスピーチ」「差別に寄生して生活を営んでいる」は真実と判断された。 同年9月、最高裁判所は桜井の上告を棄却、一審、二審の判決が確定した。

次の

畑中税理士事務所

桜井誠 税理士

桜井誠氏とは、初代会長、設立者であり、在特会は彼を中心に国内外に約14,000人の会員を擁しています。 (2013年末現在) 桜井誠氏は、1972年(昭和47年)福岡県北九州市生まれで、本名は非公開ですが、韓国関連の本を出版した際に、出版社から安全上の理由からペンネームを勧められ「桜井誠」を名乗るようになったそうです。 在特会の主張は、会の名称が示すとおり、主に在日韓国・朝鮮人を優遇する制度等(いわゆる「在日特権」)を撤廃し、他の外国人と同等に扱うべきだ、というもので、特に在日韓国・朝鮮人が日本に長く居住する根拠となっている「特別永住制度」の見直しにより、彼らを母国に帰国させることを最大の目標としています。 マスコミの報道の影響で、「在特会」と聞いてすぐに 「ヘイトスピーチ」という言葉を連想する方が多いのではないでしょうか。 ですので、このページでは、まず「ヘイトスピーチ」という言葉が、なぜ最近になって「在特会」の名とともにテレビをはじめとするメディアで大きく取り上げられるようになったのか、その辺りから見て行く事にしましょう。 ヘイトスピーチとは、日本語に訳すと「憎悪表現」「差別表現」などとなります。 これは、人種や国籍、宗教などの対立から、相手に対して過激な言葉を投げかける行為をいいます。 海外でも、それらは問題になる事があるようですが、アメリカでは「言論の自由」を尊重するという観点から、大々的にそれらを取り締まるような法律は作らず、ヘイトスピーチにはやや寛容な立場を取る傾向があるという事です。 さて、日本では現在、この「ヘイトスピーチ」という言葉が「在特会」とワンセットで連日テレビをにぎわせています。 この報道の背景をわかりやすく解説しましょう。 「在特会」は、上記のとおり、正式名称を「在日特権を許さない市民の会」といい、「在日韓国・朝鮮人」に対する諸問題に対して真正面から抗議し改善を促してきた団体です。 この、「在日韓国・朝鮮人」という存在については、戦後、我が国では長い間タブーとされてきました。 数ある保守系団体や論客たちも、韓国に対する批判はしても「在日韓国・朝鮮人」に関する問題については口を閉ざして来たのです。 つまり、在特会とは、そのような日本社会最大のタブーに挑戦している市民団体だというわけです。 主要テレビ局や新聞社をはじめとするマスコミ企業には、戦後、多くの在日韓国・朝鮮人たちが関わってきました。 そして、その人々が国内での情報をコントロールする事で、「在日韓国・朝鮮人」に関する問題を「タブー」にしてきたわけです。 マスメディアと密接な関係にある芸能界では、それを「在日特権」と呼ぶか呼ばないかは別として、在日韓国・朝鮮人が優遇される業界であることは有名です。 要するに、テレビ局をはじめとする大手メディアは「在日特権」そのものであると言うこともできるわけなのです。 そのため、現在、そのような「在日韓国・朝鮮人」の力が強く働いている大手マスコミ各社から、マスコミ主導で作り出した「タブー」に挑戦する姿勢を見せている在特会が批判の的にされているというわけです。 つまり、これまでタブーとして闇に葬ってきた彼らの利権が、在特会によって暴かれ、脅かされそうになったため、 「在特会=過激で常軌を逸した差別主義者の集まり」というイメージを与えて世論を操作し、在特会の活動をつぶそうとする動きに他なりません。 マスコミが在特会の主張の内容や、その正否についてはいっさい触れない事がその証拠とも言えるでしょう。 では次に、在特会の主張についてその正否はともかくとして客観的に解説してみたいと思います。 では、なぜ在日韓国・朝鮮人は例外的に日本に永住を許されているのしょうか? この問いへの答えは、我が国ではこれまで長いあいだ、 「日本が朝鮮半島を統治していた時代に、自らの意志に反して日本政府に強制連行されてきた人々の子孫だからだ」という説が一般的でした。 つまり、「在日韓国・朝鮮人の祖先は、戦争の「被害者」である」と、我々日本人は思い込まされて来たのです。 が、昨今では、その「在日韓国・朝鮮人=戦争の被害者説」が 全くの事実無根であった事が明白になっており、在日韓国人の専門家ですらも認める所となっています。 では、その辺りを詳しく見ていきましょう。 朝鮮の日本統治時代(1910〜1945年)に、朝鮮半島から日本へ渡って来た朝鮮人の総数は、約2,695,000人でした。 そのうち、彼らが 「強制連行」と呼んでいる、当時の日本政府が国民に工場等で労働を強いた「徴用」により日本へやって来たのは約220,000人であり、それ以外の者のうち約2,028,000人は自由渡航(就労・留学・結婚などの個人的な理由)によるものだった事が明らかになっています。 つまり、そのうちの、「徴用」により日本へやって来た朝鮮人220,000人についてが問題になっているわけですが、これらの人々は終戦後、朝鮮半島への帰国が許され、政府の調査によると1959年の時点で日本国内に残っていたのはその220,000人のうち、わずかに245人だった事も判明しています。 その245人についても、特に帰国が許されなかったわけではなく、帰国が強制されたわけでもなかったので、何らかの事情により当人たちの意志で日本に残ったものなのです。 以上見てきたように、戦後日本にとどまった朝鮮人たち(現在の在日韓国・朝鮮人の祖先たち)は、そのほとんどが本人たちの自由意思で日本にやって来て、戦後も本人たちの自由意思で日本国内にとどまった人々なのです。 当時の朝鮮は、日本のおかげで様々なインフラ整備が進んでいたとはいえ、日本国内よりも遥かに貧しく、さらに日本の敗戦で今後社会がどうなるのかも分からない状況で、このまま日本に居続けたいと考えた朝鮮人が大くいたというのが真相だというわけです。 それでは、なぜそんな状況であったにもかかわらず、戦後の日本では「在日韓国・朝鮮人=戦争の被害者」などというデタラメが長きにわたり定説と化していたのでしょうか? その答えは、ひとえに「在日韓国・朝鮮人=戦争の被害者」というイメージが在日韓国・朝鮮人たちにとって日本で暮らすうえで非常に都合が良かったからにほかなりません。 彼らは、そのイメージを振りかざす事で、戦後、敗戦国民として弱い立場におかれていた我々日本人から利益を引き出し、それに味を占めてマスコミや反日的な日本の文化人、政治家らを利用して、そのイメージを国内に定着させ、不当な要求を重ねてきたのでした。 そして、そのような「被害者」という立場を利用して、政府や地方自治体などに要求し続けて実現した彼らの成果が、まぎれもなく在特会の主張する「在日特権」だというわけです。 通常、外国人が日本に永住する場合には、「永住許可申請」を行い、審査を受け、それ相応の要件を満たす事で得られる永住資格の取得が必要となります。 が、在日韓国・朝鮮人らに対しては彼らが「戦争被害者である」という虚偽の理由を背景にして、事実上無条件で無期限の「特別永住資格」が与えられています。 これはつまり、その他の外国人には与えられていない「特権」を無根拠に与えられているということであり、他の外国人の立場から見ればこれは立派な「差別」だというわけです。 ちなみに、通常、外国人が永住許可を得る際の審査では、日本国内で職に就き、生活して行ける状況にあるかどうかや、本人および三親等内の親族の犯歴の有無などが審査の対象となりますが、在日韓国・朝鮮人らの「特別永住資格」の取得には、そのような審査がありません。 ということは、現在の日本では、国内で職に就く事が出来ず、犯罪を犯した事がある人物でも在日韓国・朝鮮人の子孫だというだけで定住が許される事になっているのです。 そのことが、在日韓国・朝鮮人の生活保護の不正受給や、在日韓国・朝鮮人による凶悪犯罪事件の多発などをはじめとする、在日をとりまく諸問題に直接つながっているという次第なのです。 つまり「特別永住制度」が諸悪の根源だというわけですね。 1)在日韓国・朝鮮人は1円も年金保険料を払っていないのに「年金」を受け取っている?! 高齢化社会の到来により、制度そのものの存続さえ危ぶまれている「国民年金」ですが、「国民年金」はその名のとおり「日本国民」のための制度であり、外国籍の人たちは加入出来ない制度になっています。 ですので、国籍が韓国と北朝鮮にある在日韓国・朝鮮人は、年金を受け取る事が出来ません。 その制度に対し「差別である」という趣旨のもと、韓国民団と朝鮮総連が地方自治体に要求する事で実現した「外国人福祉給付金」というものが各自治体に存在します。 (名称や制度の内容は自治体ごとに若干差異があるようです) これにより、在日韓国・朝鮮人は、年金保険料を1円も支払う事なく、年金財源から「給付金」という名の事実上の「年金」を受け取っているのです。 2)在日韓国・朝鮮人は「住民税」が半額?! これは、三重県伊賀市での事例です。 2007年、三重県伊賀市で在日韓国・朝鮮人に対し、住民税を半額に減額していたという事実が発覚しました。 同年、ある在日の人物が、日本に帰化しようと考えました。 そこでその人物は、「帰化することにより住民税は全額払わなければならないのだろうか?」という疑問を持ち、市役所の長谷川正俊総務部長(当時)という人物に問い合わせました。 長谷川は、今後も半額でよいと返答し、これからは直接自分の所へ持って来てくれと伝え、その「半額の住民税」を直接持ってこさせて合計1800万円を着服したのでした。 同年、この事実が発覚し長谷川が逮捕されると同時に、数十年間に渡る在日韓国・朝鮮人に対する税金の不当減額という事実まで明るみに出てしまったというわけです。 逆に言いますと、この税金の不当減額は、このような税金着服事件が発覚しなければ明るみに出なかった不正であり、また、我々の住む自治体においても、表沙汰になっていない同様の不当な税金の減額が今日も行われている可能性があるのです。 気になる方がおられましたら、一度お近くの自治体まで問い合わせてみるといいかもしれません。 この伊賀市の不当な税金減額は、市が韓国民団および朝鮮総連と密約を交わした事により実現したものであったそうです。 3)通名の使用によるさまざまな弊害 在日韓国・朝鮮人は、本名のほかに、日本人の名前(通名)を名乗っている事が多く、特に問題になっているのが、凶悪犯罪を犯した被疑者が、各種メディアでは通名で報道されるある点です。 これは、在日韓国・朝鮮人らが自分たちのイメージ悪化を懸念して、メディアに働きかけたことで行われているといわれています。 そのようにメディアが通名で報道していること自体が、在日韓国・朝鮮人の凶悪犯罪の多さを物語っています。 その他、彼らは、通名での公的な書類を作成する事が可能であり、通名での銀行口座を取得可能であるため、それが脱税や資金洗浄(マネーロンダリング)を可能にしているという事実もあります。 在特会とは、以上のような、誰もが見て見ぬ振りをして来た「在日韓国・朝鮮人に関する問題」に、初めて真正面から切り込んだ団体だというわけです。 それゆえに激しい反撃にも遭っているというわけですね。

次の

奈良県桜井市の税理士一覧

桜井誠 税理士

奈良県桜井市の税理士事務所が9件見つかりました。 このページには「杉本幸弘税理士事務所」「高田雅信税理士事務所」「西岡税理士事務所」などの情報が掲載されています。 詳細な情報ページでは、税理士事務所の住所や最寄り駅やコメント、イベントやセミナー情報、保有資格、弥生会計やfreeeなどの対応会計ソフトを確認することができます。 奈良県桜井市の税理士を初めてお探しの方も、税理士の交替をお考えの方にも、大変役立つ内容となっています。 まずは、気になる税理士事務所の情報を確認し、積極的に資料請求をしてみてください。 税務相談でお困りの方や、費用や流れをとにかく相談したい方など、ご連絡をお待ちしております。 また、創業者を熟知したe税理士の担当者がお客さまのご相談を無料でお受けするサービスも行っております。 顧問税理士探しや資金調達には多数の実績がございますので、是非ご相談ください。 e税理士は、税理士事務所の情報だけでなく、税務、補助金・助成金支援、決算・確定申告、節税、確定申告、年末調整、資金調達などの、お役立ちコンテンツも提供しています。 そちらも併せてご覧ください。

次の