三井生命保険。 三井生命保険株式会社の営業店舗一覧(1/2)

三井住友海上プライマリー生命、「やさしさ、つなぐ+介護」を販売開始

三井生命保険

生命保険商品におけるリスクについて 生命保険商品は預金とは異なり元本および利回りの保証はありません。 また、預金保険制度ならびに投資者保護基金の対象ではありません。 解約返戻金がない商品や、解約返戻金が払込保険料の合計額よりも少なくなる商品があります。 また、積立利率・予定利率等は、支払保険料全体に対する実質的な利回りを示すとは限りません。 生命保険商品には、商品ごとの特性に応じた次のようなリスクがあります。 詳しくは商品ごとの「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」等でご確認ください。 変額保険 払込保険料は投資信託等を投資対象としている特別勘定で運用され、その運用実績に基づいて将来の年金額、死亡保険金額、積立金額および解約返戻金額等が増減します。 特別勘定の資産は、主に国内外の株式・債券等に投資する投資信託等を通じて運用されるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。 特別勘定のスイッチングが可能である商品の場合、お客さまが選択された特別勘定の種類によって、基準となる指標やリスクの種類が異なります。 定額保険 払込保険料は国債等を中心に運用されるため、解約の際には市場金利の変動に応じ、運用資産の価格が変動する場合があります。 このため、市場金利の変動により解約返戻金額が払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。 具体的には、中途解約時の市場金利がご契約時と比較して上昇した場合には、解約返戻金額は減少し、逆に、低下した場合には増加することがあります。 外貨建保険 為替相場の変動による影響を受けるため、死亡保険金額、解約返戻金額、年金額等の円換算後の金額が、払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。 外貨建での最低保証がある商品の場合でも、為替相場の変動により、円換算後の金額では損失が生じるおそれがあります。 市場価格調整(MVA)を利用した保険 市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金額に反映されるため、市場金利の変動により、損失が生じるおそれがあります。 生命保険商品にかかる費用について お客さまにご負担いただく費用には以下のものがあります。 費用等の合計は、以下を足し合わせた金額となります。 ご契約時にかかる費用 払込保険料に所定の経費割合を乗じた金額が契約の締結に必要な経費として差し引かれる費用です。 保険契約関係費用 保険期間中、年金受取期間中の費用等、ご契約の締結・維持・管理等に必要な経費です。 運用関係費用 投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。 解約控除 契約日から一定期間内の解約または一部解約の場合に積立金額から控除される金額です。 その他 為替手数料(外貨建保険の場合) これらの手数料の種類やご負担いただく費用の項目、具体的な金額・計算方法等は商品ごとに異なるため、一律に記載することができません。 各商品にかかる費用の詳細は最新の契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)等でご確認ください。 その他重要なお知らせ 引受保険会社が経営破綻した場合には、生命保険契約者保護機構の保護措置の対象になりますが、この場合にも死亡保険金額、解約返戻金額、年金額等が削減されることがあり、損失が生じるおそれがあります。 三井住友信託銀行は、お客さまと引受保険会社との保険契約締結の媒介を行いますが、保険契約の引き受けや保険金等の支払いは、引受保険会社が行います。 法令等の規制により、お客さまのお勤め先や融資のお申し込み状況等によりお申し込みいただけない場合がございます。 保険商品によっては被保険者さまの健康状態について、書面による告知や医師による診査をお受けいただく必要があります。 告知の内容や診査の結果によっては、契約をお引受けできない場合があります。 また、健康状態等について正しく告知されない場合等、保険金や給付金が支払われないことがあります。 ご契約のお申し込みにあたっては、最新の契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)、商品パンフレット、ご契約のしおり・約款等を事前にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認の上、お客さまご自身でご判断ください。 保険契約のお申し込みの有無により、当社との他のお取引に影響が及ぶことは一切ありません。 お申し込みにあたって、万一、説明義務違反等の法令等に違反する保険募集を行ったことによりお客さまに損害が生じた場合には、当社が募集代理店としての販売責任を負います。 詳しくは、生命保険の販売資格を持った生命保険募集人にご相談ください。 本資料は三井住友信託銀行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。 三井住友信託銀行株式会社.

次の

三井住友海上きらめき生命保険とは

三井生命保険

本社() 市場情報 非上場 略称 大樹生命 本社所在地 〒135-8222 一丁目1番20号 (オフィスタワー) 本店所在地 〒100-8123 二丁目1番1号 設立 (3年) (高砂生命保険株式会社) 9838 代表者 社長執行役員 資本金 1,672億80百万円(2017年3月末) 発行済株式総数 1万株(2017年3月末) 純利益 301億07百万円 (2017年3月期) 純資産 4,775億34百万円 (2017年3月末) 総資産 7兆958億10百万円(2017年3月末) 従業員数 連結10,342人(2017年3月末) 主要株主 82. に社名変更するまでの名称は「 三井生命保険」。 歴史 [ ] 、 高砂生命保険株式会社として、東京・街の商店主たちを主な発起人として、日吉町12番地(現・東京都銀座8丁目)に創業。 11月、同社の大株主となったは、ほか6名の新役員を選んで経営権を掌握。 翌2月、を 三井生命保険株式会社と改めることを決議。 同年3月、そのを完了した。 戦後、となり、、 三井生命保険相互会社として営業を開始する。 の影響で、同年10月から1952年6月までは 中央生命保険相互会社の商号で営業していたが、その後、三井生命保険相互会社に戻る。 4月、相互会社から株式会社にし、 三井生命保険株式会社となる。 かつては、も持っており、トップリーグで活躍していたが、は1999年、も2002年に休部となった。 財閥系であったもののやと並ぶ業界中位の規模であり、期から保険料収入の減少と運用損失計上により業績は低迷を続けるようになり、2004年には財閥系生保では初となる相互会社から株式会社への転換を行った。 当初は生き残りかけて財閥の枠を超えたやの発足を起因とした、同じ融資系列にあるとの連携あるいは、やのようにを睨んだものとされていたが特に進展は無かった。 しかしながら2008年の発生による運用損失の拡大により財務基盤が脆弱化したため、三井住友銀行・住友生命保険・・ら・企業を引受先とする600億円のを実施し、三井住友銀行が筆頭株主となった。 なお、株式会社転換時の契約者には一定条件のもとで株式が割当てられている。 一方、投資運用を主業務とする子会社の三井生命グローバルアセットマネジメントは2002年に住友生命、三井住友海上、三井住友銀行の各子会社と統合してになった。 また、住友生命とは2009年に医療保険を主に扱うを共同出資で設立した。 2010年に本社を三井生命大手町ビルからと三井生命御茶ノ水ビルに、2013年にはオフィスタワーに移転した(ただし、本店は大手町野村ビルに留まる)。 8月、が買収に乗り出して交渉中であることが報道された。 同年9月11日に両社の経営統合が基本合意され 、日本生命保険は同年11月9日から12月21日までを行い、同年12月29日付で普通株式の92. その後優先株式の普通株式への転換により日本生命保険の議決権割合は96. 、三井グループの社長会であるを退会した。 三井系の77社が所属する月曜会には残り、引き続き三井グループには留まるものの、社名を使い続けることが難しくなったため、、商号を同社が扱っている保険ブランド「大樹」(たいじゅ)から 大樹生命保険株式会社(たいじゅせいめいほけん)に変更。 英文表記は「TAIJU LIFE INSURANCE COMPANY LIMITED」。 社名変更により、終戦後の一時期を除き約90年間名乗ってきた「三井」の名称に幕を下ろした。 三井グループ関連の保険会社 [ ]• 直販系損保である「」は、当社も出資しているがが設立母体であり、現在は(旧:三井住友海上ホールディングス)の子会社である。 1996年のの規制緩和時に当社が設立した生保系損保子会社である「三井ライフ損害保険株式会社」は、2003年に保険契約を三井住友海上火災保険へ移転し、清算となった。 逆に三井海上火災保険が設立した損保系生保子会社である「三井みらい生命保険株式会社」は、2001年に住友海上ゆうゆう生命保険と合併し三井住友海上きらめき生命保険となり、2011年にと合併しとなった。 関連会社 [ ]• 三生保険サービス株式会社 - 保険契約確認業務• 株式会社三生オンユー・インシュアランス・マネジメント - 保険代理業務• 三生キャピタル株式会社 - 業務• 三友サービス株式会社 - 物品販売業務• 株式会社 - ビル管理業務• エムエルアイ・システムズ株式会社 - システム開発・運行等のシステム関連業務• 三生収納サービス株式会社 - 収納代行業務• 日本企業年金サービス株式会社 - 企業年金の契約管理・システム開発にかかる業務 番組スポンサー [ ] 殆どが番組終了、および過去である。 また、正月の特番に提供する事がある。 『』(系) - 当番組の特番(映画のテレビ放送や1時間スペシャルなど)にてスポンサー。 『』(TBS系) - 2014年10月4日より番組スポンサー。 2016年9月24日放送をもって降板。 同年10月1日放送より親会社の日本生命が後任スポンサーを務める。 ただし、2017年3月末をもって降板。 『』(制作・系)- 同社とがスポンサー。 『』(テレビ朝日系) - からにかけて番組スポンサーだった。 『』(系) - 同社とがスポンサー。 『』(系)• 『』(TBS系)• 『』(日本テレビ系)• 『』(制作・TBS系)- 2014年4月5日から末期にかけて番組スポンサー。 CM出演者 [ ] 現在• ほか 脚注 [ ] []• 日本経済新聞. 2015年8月26日. 産経新聞. 2015年8月26日. 日本経済新聞. 2015年8月26日. 『』2016年4月2日号、43-44頁。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2019年4月1日. 2019年4月4日閲覧。 三井生命 2019年1月29日. 2019年11月3日閲覧。 日本経済新聞. 2018年11月21日. 産経新聞. 2018年11月29日. プレスリリース , 三井生命保険, 2018年11月29日 , 2019年1月2日閲覧。 参考文献 [ ]• 『』号 関連項目 [ ]• - 日本のテニス黎明期の名選手で、から三井生命へ転籍し、神戸支店長や本社取締役を務めた。 - 実写版映画では三井生命が協賛した。 - 2019年より冠スポンサー。 外部リンク [ ]•

次の

三井住友海上きらめき生命保険とは

三井生命保険

日本国内における保険料シェアNo. 1の損害保険事業を基盤とする強みがあることで有名な生命保険業界の三井住友海上あいおい生命保険株式会社に関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。 下記4つのトピックに分けてご紹介します。 国内生命保険業界の市場規模は約40兆円。 商品ニーズの変化が顕著に• グループ内生損保事業会社との連携による総合力発揮で目指す世界トップの座• 三井住友海上あいおい生命保険株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ 国内生命保険業界の市場規模は約40兆円。 商品ニーズの変化が顕著に 米国に次ぐ世界第2位の規模を誇る、国内生命保険業界の市場規模は約40兆円。 最新の調査によると、生命保険の世帯加入率は89. 2%という保険大国らしい結果が出ています。 また、最近の生命保険の商品動向としては、医療保険やがん保険が主力商品となっているほか、今後の本格的な高齢化社会の到来で介護保険のニーズが高まっています。 さらに、個人年金保険が公的年金制度への不安が高まる中、堅調に保有契約高を伸ばしています。 また直近では「長生きリスク」に備える保険として、「トンチン性年金」(長生きした人ほどより多くの年金を受け取ることができる年金)の契約件数も増加しています。 そんな同グループが目指すのは、「生命保険・損害保険両方の視点でお客さまの人生に寄り添うこと」。 そして、生命保険のプロフェッショナルとして一翼を担うのが三井住友海上あいおい生命です。 1、国内生命保険会社・グループの中で第8位の保険料収入規模、世界46の国と地域に事業展開し、特にASEAN地域における損害保険事業は総保険料においてNo. 1など、国内最大級の営業基盤と顧客基盤を持っていることが強みとなっています。 三井住友海上あいおい生命の主な販売スタイルは代理店営業。 代理店には「損保代理店」「企業代理店」「生保プロ代理店・来店型ショップ」「金融機関」があります。 これら代理店を介した営業を行うビジネスモデルのため、お客さまから直接、契約を預かることはなく、代理店と一緒に課題解決をしていくことが最も重要な業務となっています。 また、就労不能状態や要介護状態といった「働けなくなるリスク」に幅広く対応した「新総合収入保障保険・新収入保障保険」が好調で、順調に業績を伸ばしており、個人保険および個人年金保険の新契約高は2兆6,395億円と前年度から11%増加。 保有契約高についても23兆8,068億円と2. 6%増加しました。 ソルベンシー・マージン比率(経営の健全性を判断するための指標)は、1,726. 7 %と高い健全性を維持しています。 なかでも、成長を支える重点戦略として、ビジネス全体の変革につながるデジタライゼーションを推進。 人工知能(AI)やロボット技術(RPA)等の先進技術の活用により、問い合わせや保険金の請求に迅速で正確に対応できる体制を構築するなど、顧客の利便性向上や業務効率化を進めているほか、グループ内の国内生損保事業会社との連携をさらに深め、グループ総合力の発揮を図っています。 少子高齢化・人口減少という時代の流れのなか、革新的な対応を求められている生保業界で、損保系生保の最も優れたビジネスモデルを実現を目指す、三井住友海上あいおい生命の取り組みに注目していきましょう。

次の