実施 の 可否。 「札幌市内宿泊促進キャンペーン」業務公募型プロポーザルを実施します。/札幌市

「可否」の意味と使い方、類語、「是非・有無」との違い、英語表現

実施 の 可否

催物(行事等)の実施可否の目安について(更新日:6月2日) 緊急事態宣言が解除されたことに伴い、国より5月25日付け「移行期間における都道府県の対応について」の方針が出されました。 市では、催物(行事等)の可否を検討する上での目安が必要であると考え、国・県の方針に準拠し、以下のとおり目安を設定しました。 開催基準等• 日置市内で行われる催物(行事等)については、イベント等段階的緩和の目安に基づき開催することとし、リスクへの対応が整わない場合、原則中止または延期とする。 基準内での実施(事業内容の縮小など)に向けた検討を十分協議した上で、中止または延期の判断をすること。 留意事項• 密閉・密集・密接(3密)の防止。 開催する場合は、「3. リスク把握事項」に沿って確認し、必要な感染リスク防止策を講じること。 (注)催物の形態や場所によってリスクが異なる場合には、十分留意すること。 例えば、密閉された空間において大声での発声、歌唱、声援、または近接した距離での会話等が想定される催物は、上記開催基準等に関わらず中止とする。 (注)上記基準を満たした実施内容に変更する場合は可能である。 リスク把握事項• 開催規模(参加人数・出演者人数・来場者数等)• 開催場所(屋内・屋外・換気の状態)• 開催時間(同一空間での滞在時間)• 参加者同士の距離・接触の有無(近距離・対面の有無)• 不特定多数か否か• 感染防止策を講じているか• 参加者名簿の作成及び連絡先の把握• 入退場時の制限や誘導• 待合場所等における密集の回避• 手指の消毒• マスクの着用• 室内の換気• 相互接触・対面機会を減らす(実施内容等の変更) 4. その他• 移行期間については7月31日までとなるが、8月1日以降は感染状況により段階的緩和の目安について変更あり。 市が主催する催物以外の実施団体に対しても、本基準を参考に検討するよう周知する。 イベント等段階的緩和の目安 イベント等段階的緩和の目安(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長通知より抜粋) 月日 期間 イベント等 (屋内) イベント等 (屋外) 県をまたぐ移動 観光 地区自治会等行事 6月1日から6月18日 人数上限100人 収容率50%以内 人数上限200人 収容率 十分な間隔 2m 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県との間の不要不急の移動は慎重に 観光振興は県内で 人との間隔は確保 100人または50%以内(屋外:200人) 特定の地域からの来場を見込み、人数を管理できるものは可 6月19日から7月9日 人数上限1000人 収容率50%以内 人数上限1000人 収容率 十分な間隔 2m 移動制限なし 観光は県をまたぐものも含めて徐々に 人との間隔は確保 特定の地域からの来場を見込み、人数を管理できるものは可 7月10日から7月31日 人数上限5000人 収容率50%以内 人数上限5000人 収容率 十分な間隔 2m 観光は県をまたぐものも含めて徐々に 人との間隔は確保 GoToキャンペーンによる支援(7月下旬より) 8月1日以降 人数上限なし 収容率50%以内 人数上限なし 収容率 十分な間隔 2m GoToキャンペーンによる支援 (注)移行期間については7月31日までとなるが、8月1日以降は感染状況によって段階的緩和の目安について変更あり (注)(GoToキャンペーン)観光・運輸業、飲食業、イベントなどに関する支援として、新型コロナウイルス収束後に、国内の人の流れや街のにぎわいを創出し、地域活性化を図る官民一体のキャンペーン.

次の

「可否」の意味と使い方を解説|参加可否や要否の正しい使い方

実施 の 可否

ビズネスシーンやビジネス文章でよく耳にしたり目にする「可否」という言葉は、 1. 「 できる・できない」 2. 「 する・しない」 3. 「 賛成・反対」 の3つの意味を持っています。 プライベートではあまり使うことがありませんが、ビジネスシーンでは案外多く使われるのでしっかりと理解しましょう。 「可否」は「可」と「否」の合わさったもの 「可否」という言葉は「可」という肯定を意味する文字と、「否」という否定を意味する文字が合わさってできています。 そのため肯定か否定か、可能か不可能かなど相手に意見を求める場合などに用いることが多くなります。 意味1:「できる」「できない」 「可否」は「できる・できない」といった意味を持って使うことがあります。 例えば「電子マネー、クレジットカード可否一覧表」といったような表示が店にあった場合は「利用できるカード、利用できないカード」の一覧表といった意味になります。 意味2:「する」「しない」 「可否」は「しますか?しませんか」といった意味を持って使うことがあります。 例えば「出欠の可否をお知らせ願います」といったようなメールを受け取った場合は、「出席しますか?出席しませんか?」といった意味になります。 意味3:「賛成」「反対」 可否は「賛成ですか?反対ですか?」といった意味を持って使うことがあります。 例えば会議の場などで「このプロジェクトに対する可否を問いたい」と問われた場合は、「このプロジェクトは賛成ですか?反対ですか?」といった意味になります。 ビジネスシーンでは依頼した仕事が「できるか、できないか」、会議などに「出席するか、しないか」、提案に対して「賛成か、反対か」を確認するときに「可否」を使う事が多くあります。 具体的な「可否」を使うケースを3つ紹介していきます。 ケース1:仕事の依頼 仕事の依頼の確認を取りたい場合、「できるかできないか教えて下さい」と尋ねるのは、少し上から目線にも聞こえてしまいます。 上司など目上の方や取引先などに依頼した仕事の確認を取りたい場合は「可否」を使うことで文章も短く、簡潔に、丁寧な印象で尋ねることができます。 「受注する」か「受注できない」かを確認する 取引先などに発注した仕事を、受注するか受注できないか確認するとき「発注した仕事は、受注しますか?受注できませんか?」という言い回しも、受け取り方によっては上から目線で不快に感じてしまうこともあります。 受注するかしないの確認をする場合は「ご依頼した案件の可否をご連絡下さい」といった感じで「可否」を使った文言にすると、丁重な印象になります。 ケース2:出欠の確認 「出席」か「欠席」を確認する 出席か欠席かを確認したい場合は「可否を連絡下さい」「可否を返信下さい」といった感じで使います。 例えば「企画会議の参加可否を返信願います」と社内メールで送信すれば、「参加」「不参加」のどちらかの返信があります。 受け取る側も短文で何を確認したいか明確に伝わりますし、返信も短文で出欠の答えが返ってくるので便利です。 ケース3:議題・提案についての意見を確認する 会議の議題・提案についての意見を確認する場合にも「可否」を使う場合があります。 「可否を問いたい」「可否を聞きたい」などと使いますが、単に賛成か反対かを問われている場合と、賛成意見、反対意見を聞きたいといった意味の場合もあります。 「賛成」か「反対」かをきく 会議中に「この件に関しての可否を問いたい」といった感じで、「可否」を使うこともあります。 「可否を挙手でお願いします」などと続けば賛成なのか反対なのかの確認の意味で使います。 また議論中に「可否を聞きたい」といった感じで問われた場合は賛成意見、反対意見を求めている場合もあります。 ビジネスシーンでは、「可否」以外にもプライベートではあまり使わない言葉も多くあります。 また敬語もプライベートでは使う場面が限られてしまいますが、ビジネスシーンでは言葉遣い一つで判断されてしまうことも多くあります。 下記に紹介する「敬語ハンドブック」ではビジネスシーンでそのまま使える敬語の実例が豊富に紹介されています。 「可否」と意味が混合しがちな言葉に、「要否」・「是非」・「有無」があります。 しかし「要否」は必要か必要でないか、「是非」は良いことか悪いことか、「有無」はあるかないかという意味になるので「可否」とは意味が異なります。 「要否」は「必要か必要でないか」 「要否」の「要」は必要という意味を持ち、「否」は「要」を否定して「必要ない」という意味を持ちます。 そのため「必要か必要でないか」を問う場合に使います。 この言葉も日常会話などで使う機会はそうそうなく、主にビジネスの場で会議や書面で用いる言葉です。 「追加予算の要否を問う」というような使い方をします。 「是非」は「良いことか悪いことか」 「是」は正しいことという意味で、「非」は「不正」という意味があります。 そのため「是非」は「良いことと悪いこと」という意味になります。 「この意見の是非を問う」といった感じで使用します。 「有無」は「あるかないか」 「有無」の「有」は有るの意味を持ち、「無」は無いの意味を持ちます。 そのため「有無」は「あるかないか」という意味になります「有無を言わせない」という言葉は反論はさせないといった意味でプライベートでも案外多く使われます。 「可否」は答えがシンプルで誤解を生みにくい.

次の

「可否」の意味と使い方、類語、「是非・有無」との違い、英語表現

実施 の 可否

催物(行事等)の実施可否の目安について(更新日:6月2日) 緊急事態宣言が解除されたことに伴い、国より5月25日付け「移行期間における都道府県の対応について」の方針が出されました。 市では、催物(行事等)の可否を検討する上での目安が必要であると考え、国・県の方針に準拠し、以下のとおり目安を設定しました。 開催基準等• 日置市内で行われる催物(行事等)については、イベント等段階的緩和の目安に基づき開催することとし、リスクへの対応が整わない場合、原則中止または延期とする。 基準内での実施(事業内容の縮小など)に向けた検討を十分協議した上で、中止または延期の判断をすること。 留意事項• 密閉・密集・密接(3密)の防止。 開催する場合は、「3. リスク把握事項」に沿って確認し、必要な感染リスク防止策を講じること。 (注)催物の形態や場所によってリスクが異なる場合には、十分留意すること。 例えば、密閉された空間において大声での発声、歌唱、声援、または近接した距離での会話等が想定される催物は、上記開催基準等に関わらず中止とする。 (注)上記基準を満たした実施内容に変更する場合は可能である。 リスク把握事項• 開催規模(参加人数・出演者人数・来場者数等)• 開催場所(屋内・屋外・換気の状態)• 開催時間(同一空間での滞在時間)• 参加者同士の距離・接触の有無(近距離・対面の有無)• 不特定多数か否か• 感染防止策を講じているか• 参加者名簿の作成及び連絡先の把握• 入退場時の制限や誘導• 待合場所等における密集の回避• 手指の消毒• マスクの着用• 室内の換気• 相互接触・対面機会を減らす(実施内容等の変更) 4. その他• 移行期間については7月31日までとなるが、8月1日以降は感染状況により段階的緩和の目安について変更あり。 市が主催する催物以外の実施団体に対しても、本基準を参考に検討するよう周知する。 イベント等段階的緩和の目安 イベント等段階的緩和の目安(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長通知より抜粋) 月日 期間 イベント等 (屋内) イベント等 (屋外) 県をまたぐ移動 観光 地区自治会等行事 6月1日から6月18日 人数上限100人 収容率50%以内 人数上限200人 収容率 十分な間隔 2m 北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県との間の不要不急の移動は慎重に 観光振興は県内で 人との間隔は確保 100人または50%以内(屋外:200人) 特定の地域からの来場を見込み、人数を管理できるものは可 6月19日から7月9日 人数上限1000人 収容率50%以内 人数上限1000人 収容率 十分な間隔 2m 移動制限なし 観光は県をまたぐものも含めて徐々に 人との間隔は確保 特定の地域からの来場を見込み、人数を管理できるものは可 7月10日から7月31日 人数上限5000人 収容率50%以内 人数上限5000人 収容率 十分な間隔 2m 観光は県をまたぐものも含めて徐々に 人との間隔は確保 GoToキャンペーンによる支援(7月下旬より) 8月1日以降 人数上限なし 収容率50%以内 人数上限なし 収容率 十分な間隔 2m GoToキャンペーンによる支援 (注)移行期間については7月31日までとなるが、8月1日以降は感染状況によって段階的緩和の目安について変更あり (注)(GoToキャンペーン)観光・運輸業、飲食業、イベントなどに関する支援として、新型コロナウイルス収束後に、国内の人の流れや街のにぎわいを創出し、地域活性化を図る官民一体のキャンペーン.

次の