東京駅 ホテル 今日。 今日泊まれるホテル・宿

Top Hotels in Tokyo from ¥4,774 (FREE cancellation on select hotels)

東京駅 ホテル 今日

今日で3日目の東京です。 明日の朝、大阪に戻るので、昨日までの吉祥寺から東京駅前に移動してきました。 仕事の終了時間がわからなかったので東京駅前宿泊にしまにしたが、無理すれば帰れる時間でした。 今日のホテルは『スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口』です。 東京駅の八重洲中央口から徒歩5分くらいにある便利なホテルです。 以前から、一度泊まってみたかったホテルですが、場所もよくてスーパーホテルと言ってもPremierなので、会社規定の宿泊費では泊まれませんでした。 新コロナ問題の影響で少しリーズナブルになっていたので、この機会に宿泊してみました。 Premierというだけあって、スーパーホテルチェーンの中でも趣きが違います。 ホテル玄関を入るとすぐにフロントになっています。 1階にはフロントの他に小さなロビーとレストラン(朝食会場)があり、うまくスペースを使っている感がありました。 フロントのお姉さんがとても親切で、本来なら自分で扱うことになる精算機も、お姉さんが代わりにやってくれたり、色々、話しかけてくれたり、メッセージカードをくれたりと、普通のビジネスホテルとは一味違ったサービスを味わいました。 今日の部屋は13階です(ちなみに最上階は14階です)。 エレべーターで13階まで上がり、部屋は回廊のような廊下をぐるりと回りエレベーターの裏側だったので少し探してしまいました。 廊下は少し狭い感じがしましたが、東京駅前の立地で部屋を取ると、共用部分が少し狭くなるのは仕方がないのかな。 ちなみにエレベータは3基ありこのフロア構成ではかなり行き届いていると思います。 スーパーホテルは部屋の鍵がなくて、暗証番号で開けるタイプです。 この番号がなかなか覚えられないので、外出する時には領収書を持ち歩くことになります。 部屋に入ると靴を脱ぐスペースがあるのもスーパーホテルの特徴です。 ダブルのルームなので大きなベッドがど~んと置いてあります。 ベッドマットレスの上にマットレスがもう一枚弾いてあり、快眠をPRするチェーンならではの設定になっています。 確かに気持ち良さそうなので、ゆっくり休もうと思います。 机は写真の様に横に広くなっているタイプで、PCでの作業をするのに不満はありません。 十分な広さが取られています。 コンセントは机の上に3ヶ所あるのと、ベッドサイドにはコンセント1か所とUCB口が1つあります。 さらに机の上には携帯(スマホ)充電コードがコンセントとは別にあり、PC、スマホ2台、ipad、ポット等、十分に対応できました。 部屋が一般的な造りのホテルとは違い、バスルームが部屋の奥側(窓側)に設置してあります。 バスルームとしては一般的な大きさでした。 バスタブの広さは十分ありますが、昨日までのホテルと比べるとバスタブの長さが短くて、足は延ばせないです。 ただ、決して狭いということはありません。 それに、このホテルには大浴場がついています。 この大浴場(温泉)はホテルの売りの一つになっています。 疲れて寝てしまったので入る機会を逸してしまいました。 24時間は入れるので便利です。 朝食を終えてからのぞいてみましたが、その時間からでも入浴する人が結構いました。 朝食付きのプランなので、朝、会場に行ってみると、いわゆるバイキング、ビュッフェスタイルの朝食でした。 新コロナ問題でプレートに替えているホテルの多かったのですが、元の形に復帰したのでしょうね。 メニューの種類も内容も十分で、楽しく味逢うことができました。 特に、お茶漬け用の出汁が用意してあり、朝からご飯を2膳も食べてしまいました。 通常のスーパーホテルの一つ上の質感を出しているイメージです、部屋もきれいだし、フロントの方々の応対も行き届いています。 普通のビジネスホテル慣れしている私にとってはビックリするくらいでした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口|とめごろー|note

東京駅 ホテル 今日

こんにちは、レゴあやこです。 今日は東京の丸の内にあるをご紹介。 前から行ってみたかったホテルのひとつで、コロナウィルスの影響か、価格が一休で4万円台 通常8万円台はザラ まで下がっていたので予約してみました。 そして当日、トラストタワーにあるシャンデリアの分かりやすいゴージャスなシャングリラ用エレベーターで、28階ロビーに移動。 フロアにつくと、コロナウィルス対策で体温をカメラで測られたが、問題なく入館。 そしてチェックイン時にも、今回の対策の一貫で施設 サウナ、ブラアバス等 の営業をしていないことを告げられる。 正直シャングリラは、これ目当てだったこともあり、初っ端から打撃。。 また、朝食もビュッフェは現在とりやめていて、注文形式にしているとのこと。 これはあり。 ショックを隠し切れないまま、ンされた部屋に移動。 今回は35階の部屋です。 廊下をスタスタ。 シャングリラ独特のエキゾチックな甘い香りが心地よい。 つきました、3516号室なり。 玄関まわりは広く、 でっかいアートがある贅沢な作り。 第一声、広い! より先に、窓の大雪に驚き 外、桜さいていたのに。。 東京駅が目の前にあるので、時々列車の発車音も聞こえます。 こういう、ゴロンとなれるコーナーソファ。 いつか家に欲しいと、いつも思う。 ベッドはキングサイズ、シーリーで寝心地よしでした。 ベッド横のスイッチでカーテンや照明を細かく調節できます。 お次はテーブルで、カレンダーが、ちょいダサで草。 でも好感。 ウェルカム茶菓子もありました。 和を意識した、おかき。 近辺ホテルの やパレスホテルにもあり、意識してると思われます。 ドックステーション。 モバイルケーブルもあり、忘れても問題なし。 セット。 使わなくても、なぜかあがる。 テレビはで50型くらい。 ネットフリックスも見れます。 またオーディオもで音声よし。 blue toothでモバイルから音もつなげます。 雪で静かだったので、とかテクノミュージックを流してました。 パウダースペースはこな感じです。 アメニティ。 基礎化粧品は大好きなのand。 シャングリラ系ではお馴染み。 ドライヤーは、みたことがないメーカー。 中華系であろうか。。 スモークガラスの扉は、 お手洗いで、 こちらにもアートですねん。 お風呂は大理石で高級感。 オーバーヘッドシャワーがないのは、ちょっと残念。 シャンプー類。 冷静に考えて、2人で予約をしたので、2セットあってもよい気もしてしまった。 シャングリラ特性のがあるのはよい。 よい香りでした* バースペースはこんな感じで、ミネラルウォーターに茶セット、ネスプレッソに、 スナックやグラスが揃っています。 冷蔵庫の中身はすこし寂しく、あたりがあるとよい。 施設にいけることもなく、ひたすら友人と語る。 友人はコロナでwork from home続きのようで、ストレスも溜まってそう 私も来週からだな。。 そして自分の学歴とかバックグラウンドを無視したら何をやりたいかという話題が、かなり盛り上がった。 定期的にこういう、こと考えるの大事かも、ね! 雪もやんで、東京タワーもお目見え。 ルームサービスを頼む。 正直これは久しぶりにいただけない味でした。 特に外れないと思った 香港系ホテルなので 雲呑麺の麺が伸びて固まっていたのにショック。 ?でもポテトは美味しかったです。 翌朝、昨晩の雪とはうってかわって快晴。 気持ちがよいので、朝食もルームサービスでなく、部屋から出てレストランでとることに。 コロナの影響でビュッフェスタイルではなかったですが、 ひとり4000円で、サイドメニューにあるものを、 このように運んできてくれたり、 メインメニュー 撮るのを失念。。 からも色々選べ大満足でした。 私の鉄板、和朝食も選べます。 納豆もあり、ホテルの和朝食としては、よいよい。 お腹がいっぱいで部屋に戻り、ごろんごろんしていたら、はーい、12時のチェックアウト。 最近ダイヤモンド会員特典とかでレイトチェックアウトに慣れてたから早く感じる。 シャングリラホテル、コロナウィルスの影響でいつものサービス提供でなかったと思われるので、評価しづらいが、正直通常通りの価格であれば次はいかないかな。。 ルームサービスの味がいまいちだったのと、高級ホテルにしてはサービスがカジュアルすぎた気も。 期待値高すぎたせいもあり。 といいつつ、また案件が終息したら施設を楽しみにいきたい気もする。 スパのみの利用もありかも。 と、イレギュラーな内容の宿泊記になりましたが、しょうがないか。 See you! ayakokops.

次の

東京のホテルを宿泊予約 | 多数の宿泊施設のキャンセル無料|ホテルズドットコム

東京駅 ホテル 今日

今日で3日目の東京です。 明日の朝、大阪に戻るので、昨日までの吉祥寺から東京駅前に移動してきました。 仕事の終了時間がわからなかったので東京駅前宿泊にしまにしたが、無理すれば帰れる時間でした。 今日のホテルは『スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口』です。 東京駅の八重洲中央口から徒歩5分くらいにある便利なホテルです。 以前から、一度泊まってみたかったホテルですが、場所もよくてスーパーホテルと言ってもPremierなので、会社規定の宿泊費では泊まれませんでした。 新コロナ問題の影響で少しリーズナブルになっていたので、この機会に宿泊してみました。 Premierというだけあって、スーパーホテルチェーンの中でも趣きが違います。 ホテル玄関を入るとすぐにフロントになっています。 1階にはフロントの他に小さなロビーとレストラン(朝食会場)があり、うまくスペースを使っている感がありました。 フロントのお姉さんがとても親切で、本来なら自分で扱うことになる精算機も、お姉さんが代わりにやってくれたり、色々、話しかけてくれたり、メッセージカードをくれたりと、普通のビジネスホテルとは一味違ったサービスを味わいました。 今日の部屋は13階です(ちなみに最上階は14階です)。 エレべーターで13階まで上がり、部屋は回廊のような廊下をぐるりと回りエレベーターの裏側だったので少し探してしまいました。 廊下は少し狭い感じがしましたが、東京駅前の立地で部屋を取ると、共用部分が少し狭くなるのは仕方がないのかな。 ちなみにエレベータは3基ありこのフロア構成ではかなり行き届いていると思います。 スーパーホテルは部屋の鍵がなくて、暗証番号で開けるタイプです。 この番号がなかなか覚えられないので、外出する時には領収書を持ち歩くことになります。 部屋に入ると靴を脱ぐスペースがあるのもスーパーホテルの特徴です。 ダブルのルームなので大きなベッドがど~んと置いてあります。 ベッドマットレスの上にマットレスがもう一枚弾いてあり、快眠をPRするチェーンならではの設定になっています。 確かに気持ち良さそうなので、ゆっくり休もうと思います。 机は写真の様に横に広くなっているタイプで、PCでの作業をするのに不満はありません。 十分な広さが取られています。 コンセントは机の上に3ヶ所あるのと、ベッドサイドにはコンセント1か所とUCB口が1つあります。 さらに机の上には携帯(スマホ)充電コードがコンセントとは別にあり、PC、スマホ2台、ipad、ポット等、十分に対応できました。 部屋が一般的な造りのホテルとは違い、バスルームが部屋の奥側(窓側)に設置してあります。 バスルームとしては一般的な大きさでした。 バスタブの広さは十分ありますが、昨日までのホテルと比べるとバスタブの長さが短くて、足は延ばせないです。 ただ、決して狭いということはありません。 それに、このホテルには大浴場がついています。 この大浴場(温泉)はホテルの売りの一つになっています。 疲れて寝てしまったので入る機会を逸してしまいました。 24時間は入れるので便利です。 朝食を終えてからのぞいてみましたが、その時間からでも入浴する人が結構いました。 朝食付きのプランなので、朝、会場に行ってみると、いわゆるバイキング、ビュッフェスタイルの朝食でした。 新コロナ問題でプレートに替えているホテルの多かったのですが、元の形に復帰したのでしょうね。 メニューの種類も内容も十分で、楽しく味逢うことができました。 特に、お茶漬け用の出汁が用意してあり、朝からご飯を2膳も食べてしまいました。 通常のスーパーホテルの一つ上の質感を出しているイメージです、部屋もきれいだし、フロントの方々の応対も行き届いています。 普通のビジネスホテル慣れしている私にとってはビックリするくらいでした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の