き さ つの けん 韓国 ゲーム。 【クラロワ攻略】アジアで3位の男”けんつめし”インタビュー [ファミ通App]

けん玉

き さ つの けん 韓国 ゲーム

記事は、韓国のあるサイト上に「もし中国、日本、韓国が1つの国になったら、どんなことが起きるのか」という質問が出され、たちまち注目を集めたと紹介。 大部分の人が「3カ国には大きな溝があり、そもそもこんなは成り立たない」という見解を示すなか、一部ではにする人も出始めたとした。 そして、あるが「聞くとクーな質問ではあるが、仮にこのが成り立つとすれば、新しい国は超大国となって米国やをに上回る力を持つ」と予測したことを伝えている。 このはまず、国土面積が万キロを超えてに次ぐ世界第2位の広さになるほか、人口も16億0万人で世界人口の21.5%を占めるようになると紹介した。 また、北京、上海、東京、広州、、などの巨大都市を非常に多く抱える国なるとした。 さらに、経済面ではが米国を抜いて世界1位の経済大国になるほか、電子、、船舶、機械、生産などで圧倒的な差をもって世界をする超工業大国になると指摘。 輸出入の規模も莫大で、世界最大の交通の中枢にもなると予測している。 また、軍事的にも日本の技術や中国の膨大な兵力が合わさり、米国の3倍の規模を持つ世界最大の軍事力になると紹介。 「総じて、経済、軍事、政治権力において世界で最強になる」とした。 想像はあくまでも想像であり、現実とは異なる。 現状を考えれば日中韓が1つの国になるなどとまさに空想の産物といっただろう。 ただその一方で、記事が紹介した「空想」は、3カ国が協力できる部分で手を組んだ時には絶大な力を発揮する可能性があることも示しているのではないだろうか。 (編集担当:今関忠馬)(写真提供:RF) ある韓国人が考えた・・・もし日中韓が1つの国になったらどうなる?=中国メディア 関連ニュース•

次の

[B! けんすう] flatfiveのブックマーク

き さ つの けん 韓国 ゲーム

じゃんけんは、手だけを使って3種類の指の出し方(グー、チョキ、パー)で三すくみを構成し、勝敗を決めるゲームです。 日本国内では「じゃいけん」「いんじゃん」など地域によって様々な呼び方がります。 英語圏の場合、イギリスでは "Scissors Paper Stone" などと表現されることもありますが、世界じゃんけん協会のあるイギリス 現在の本拠地はカナダ やアメリカ合衆国を含めて多くは "Rock-paper-scissors" という呼称が使われています。 日本じゃんけん協会の英語表記はJapan Rock Paper Scissors Societyとしています。 日本のじゃんけんについての研究は少なく、現在は 「伝承遊び考4じゃんけん遊び考」(2008年)加古里子、「拳の文化史」セップ・リンハルト 1998年 が重要な文献となっています。 じゃんけんの「けん」は中国語の「拳」であることは確かで、拳遊びの多くは江戸時代に日本に伝わりました。 それ以前にも拳あそびが伝承されていたと推測は出来ますが、確かな文献は江戸以降になります。 まず、数拳( 長崎拳、 豁拳)という数を言い当てるゲーム、今でいう親指を立てて、いっせーのーせ2!と当てるゲームのようなものが少なくとも江戸時代(1650年代)には中国から九州・長崎に伝わったとされています。 この頃には、拳仲間の間で派閥ができたり、お座敷遊びとしての型ができたりと、色気のある拳あそびが考えだされたりと、大人の遊びとしての広がりがでてきました。 元々、数拳も負けた人が酒を飲む罰ゲームなど、大人の遊びとして広がりました。 確たる記録はないですが、日本の三すくみ拳の源流であった可能性のある「虫拳」は、中国が唐の時代に伝来した可能性があります。 この三すくみブームの頃に「石拳」があり、のちの「じゃんけん」となるのですが、大きな広がりを見せることもなく、少なくとも大人が遊ぶものではなく、記録もほとんどありません。 しかし、大正から昭和に移る頃、藤八拳などの三すくみ拳ブームが終わりに向かっていると同時に、石拳=じゃんけんがこどもを中心に広がりを見せてきます。 そして、昭和に入り「じゃんけん」は、さらなる広がりを見せ、現在、大人もこどもも出来る拳あそびとして認識されています。 じゃんけんはなぜブームもなく、大きな広がりを見せたのかというのは、この「石、ハサミ、紙」という三すくみこそ、最高にシンプルでわかりやすく、手軽な動きで出来るからだと考えます。 このシンプルさに、江戸時代の大人は見向きもしませんでしたが、結局一番のひろがりをみせ、存続したのは「じゃんけん」と呼ばれる石拳でした。 「じゃんけん」はこどもが発見、伝承し、拡散していった「最終発展形の三すくみ拳」といえるのではないでしょうか。 ギリシャ・ローマ時代にも数拳があったとされているので、現在の西洋のじゃんけん Rock-paper-scissors と日本のじゃんけんがルールは同じでありますが、直接的関係があるかないかははわかっていません。 しかし、世界的に見てもこの 「石、ハサミ、紙」という三すくみの形が一番多く用いられ存続しています。 やはり「じゃんけん」こそ、拳あそびの最終形態と考えられるのではないでしょうか。 親指を他の四本の指の中に入れるかどうかは任意です。 グーは 「石」の象徴であるとされています。 を伸ばし、それ以外を全て曲げます。 チョキは 「鋏(はさみ)」の象徴であるとされています。 パーは 「紙」の象徴であるとされています。 じゃんけんは「5本指の片手」を基本形にしています。 しかし上記の前提が困難な場合は、その限りではありません。 足でも、身体でも、眼球の動きでも、言葉でも、そのじゃんけんにおける参加者がお互いにグーチョキパーの意思表示、判断が出来ると判断すれば「5本指の片手」である必要はありません。 その他の型 上記三つの型の他に、チョキの型にさらに親指を伸ばし、握られた小指と薬指がグー、中指と人差し指でチョキ、伸ばした三本の指でパーを表し、必ず勝てるというものであります(ピストル、グーチョキパーなどと呼ばれたりする)。 グーに親指を立てて爆弾など、、、これらは原則的に反則手となり無効とみなし、やり直しになります。 「じゃん、けん、ぽん!」の三拍子のかけ声のまえに「最初はグー!じゃんけんぽん!」と参加者が声を発し合わせる事で、タイミングのずれやあとだしを防ぐ事ができます。 この「最初はグー」が生まれた事により、日本のじゃんけん文化は大きく飛躍しさらなる広がりをみせました。 それまでじゃんけんは「タイミングのずれ」という問題をずっと抱えたまま行われてきました。 厳密な「あとだし」の境界が参加者自体にも分かりずらかったのです。 この「最初はグー」で声を合わせることにより、参加者はタイミングがずれる事はなくなり、より厳密にじゃんけんというゲームを楽しむことが出来るようになりました。 現代の日本におけるじゃんけんの広がりはこの「最初はグー」が生まれた事に他なりません。 この最初はグーを発明したのは日本の偉大なるコメディアン「志村けん」さんです。 志村さんがTV「8時だョ! 全員集合」の中で「最初はグー」を使いじゃんけんをしていた事で日本中に「最初はグー」が広まりました。 志村さんがやっているラジオ「夜の虫」に会長が問い合わせをした所、、、 「昔、収録 「8時だョ! 全員集合」 が終わるといつも飲みに行っていた。 最初の頃 はパトロン的な羽振りのいい一人に勘定は任せていが、 毎回それでは悪いので、最後にじゃんけんをして誰が払うか決めるようになった。 しかし皆ベロベロでタイミングが全然合わない。 そこで「最初はグーで合わせましょう!」という事でタイミングを合わせた。 これはいいと思い、番組でも使った。 」 志村けんさん:談 との事でした。 親切にお答えいただきありがとうございました! 今の素晴らしきじゃんけん文化は志村けんさんの発明があったこそなのです。 ハサミで石は切れないから、石の勝ち。 紙はハサミで切れるから、ハサミの勝ち。 石は紙でくるめるから、紙の勝ち??? じゃんけんのルールで、ここで違和感を覚える人は多いかもしれません。 確かにそうです。 しかし、ここにこそ、じゃんけんの持つ大きなロマンあると主張します。 じゃんけんとは、三すくみ。 3者が共存関係を保っている状況です。 それは二元論より複雑且つ、お互いを存在を認め、互いの関係により自己が存在しているのです。 つまり、じゃんけんとは、相手を征服させ撃破するのではなく、強弱の「関係」をもつのです。 その意味で、は、「石」という相手を取り込み、形を破壊することなく包み込み一体となる「紙」はむしろ最強といえるでしょう。 石は強い。 しかし、その石に唯一包み込む事ができるのは、ハサミで軽く切れてしまう、薄く大きい紙なのです。 ちなみに、上海では、パーは「爆弾」を意味します。 手の開きが爆発を想像しやすいですね。 ハサミはその導火線を切って、勝ちます。 こちらの方が圧倒的にわかりやすいです。 しかし、じゃんけんに思いを馳せれば馳せる程、私は日本の「紙」のパーを誇りに思いたいです。 じゃんけんはとても優れた文化といえます。 無形文化の極みといえるこの文化は、道具も知識も殆ど必要ありません。 極めてシンプル。 人種・言語・年齢・性別を超え、遊ぶ事のできるゲームなのです。 カナダに本拠地をおく世界じゃんけん協会がその理念の一つとして、「紛争・論争を楽しく安全に解決する手段として・・・」というのがあります。 イギリスから本部をカナダに移した理由も、当時のイギリスの危険な情勢から逃れるためと記載されています。 戦争では往々に自己防衛という先制攻撃が有利とされ、繰り返されます。 じゃんけんでは先手攻撃、先に手を出せば確実に敗北します。 相手を動きを見て、自分の手を出す。 そしてその都度手を変えてかなければなりません。 上の「パーの意義」でも述べましたが、じゃんけんは、「関係」で相手に勝利します。 そして関係により、自己が存在します。 絶対価値ではなく、価値の相対。 立場の循環がじゃんけんゲームシステムの要といえます。 「グーの人」ではなく、「その時だした手はグー」。 10人10色ではなく、1人10色がじゃんけんのマインドといえます。 これこそ、これからの世界文化として、大切になっていくのではないかと我々は思っています。

次の

【国際】韓国のゲーム会社が発売した「鬼殺の剣(きさつのけん)」、日本の「鬼滅の刃」に偶然似る★2 [1号の母です★]

き さ つの けん 韓国 ゲーム

shunは三銃士デッキ。 枯渇回しで優勢だったフチに対し、shunがカウンターで左タワーを破壊し返し、勝利。 ・2試合目(勝者 shun:GameWith) フチはディガーとスケルトンバレルの枯渇デッキ。 shunはゴーレムとダクネデッキ。 shunは1試合目同様、細かいダメージの蓄積で劣勢ながら、盾の戦士で粘り強く攻撃を受け止め続け、左のタワーに忍ばせたインフェルノドラゴンによって試合を決した。 そして残り1分の段階でロケットでゴーレム背後のユニットを潰して一気に有利に。 さらに右のタワーをディガーとロケットで削り切り勝利をもぎ取った。 GameWithがPONOS SportsのGPPをしっかり守り切り、ディガーとロケットで左のタワーを削り切った。 会心の相性勝ち。 ・2試合目(勝者 RAD:FAV gaming) どちらも三銃士デッキ。 エリクサーポンプの建てあいから始まった開始1分半、Kooのペッカと逆サイドにRADが出した攻城バーバリアン、ゴブリンの群れが一気にKooのタワーをへし折り勝利。 お互いなかなかダメージが入らない中、多彩なサブユニットの扱いで優勢に立ったFAV gamingの勝利。 FAV gamingは両者でトルネードを持ち、けんつめしがポイズンを、Ozがファイアボールを準備。 延長でDetonatioN Gamingの三銃士とダークプリンスを、トルネファイボでせん滅するなど見事な連携で勝利。 Match3:GameWith vs FAV gaming GameWithが第1セット、第2セットを取り勝利。 RADはスケルトンラッシュデッキ。 開始1分、三銃士のうちの1ユニットとミニペッカの組み合わせで早々に右のタワーを落としアマテラスの勝利。 ・2試合目(勝者 RAD:FAV gaming) RADはゴレダークプリンスデッキ。 アマテラスはホグファルチェデッキ。 両者、右のデッキを落としながら、ゴーレムでしっかり形を作り続けたRADの勝利。 ・3試合目(引き分け) RADはゴーレムデッキ。 アステラスはクロスボウとペッカを軸にしたデッキ。 2分間の長いにらみ合いの後、相性不利なRADがトルネードをうまく使いながらしのいで引き分け。 ・4試合目(勝者 アマテラス:GameWith) 第1セットの勝敗がかかった非常に重要な戦いは、RADがゴブリン軍団とペッカを組み合わせた珍しいデッキ。 アマテラスはゴーレムデッキ。 終盤、不利を悟ったRADが、逆転をかけてペッカで逆サイドからのカウンターを狙ったものの、わずか1秒の僅差でアマテラスがタワーを折り、勝利を収めた。

次の