渡辺 謙 英語。 渡辺謙の英語力が気になったので英会話講師に解説してもらった結果…

渡辺謙が英語を短期間で習得した勉強法がヤバい!実は英会話は下手?

渡辺 謙 英語

米国で高い評価を受ける 渡辺謙。 渡辺謙といえば、2004年アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた映画「 ラストサムライ」に出演。 演技力が評価され、一気に海外でも有名な俳優となりました。 そこで、今回は「 渡辺謙の演技や英語力に海外の反応は?王様と私でトニー賞2015受賞なるか?」と題しまして、「王様と私」についても掘り下げてみたいと思います。 Sponsored Link 渡辺謙主演「王様と私」とは? Sponsored Link 「王様と私」の原作について 原作は、1944年に発表されたマーガレット・ランドンによる小説 「アンナとシャム王」。 「王様と私」として、何度もリメイクされているとのことです。 今回のミュージカル「王様と私」では、 演技や英語力について海外ではどのような評価となっているのでしょう? 演技や英語力について海外の反応は、下記のようになっていました。 「王様と私」の英語力について ミュージカル「王様と私」の英語力については・・・ 「彼の話は分かりにくい時がある」 (ニューヨーク・タイムズ紙) 「英語は粗く、独唱も乱雑」 (ニューヨーク・ポスト紙) 「日本語アクセントはきついが、ささいなことだ」 (ウォールストリート・ジャーナル紙) 各紙評価は違うようですね。 聞き手によっては・・・という感じなのでしょうか。 「王様と私」の演技について ミュージカル「王様と私」の演技については・・・ 「肝心な時はちゃんとする」 (ニューヨーク・タイムズ紙) 「全てのシーンと歌に壮大さと優美さが詰まっている」 (デーリー・ニューズ紙) 肝心な時はちゃんとするってw 英語力と演技力の評価をまとめると・・・ 各紙の渡辺謙主演「王様と私」の英語力については、辛口ととれるコメントがあるのは否定できないようですね。 今回は、映画と違いミュージカルなので、 発声や音量などもセリフを話すのとは全く違うのでしょう。 一方で、「王様と私」の演技に関しては評価が高く、俳優としての海外の反応はこれまで以上に良さそうです。 ただ、渡辺謙の英語力については、ちょっとした意図があるのかも知れません。 渡辺謙は、2014年7月8日のハリウッド版「GODZILLA」のワールドプレミヤに出席した際に、英語の発音に近づけてほしいという監督の指示を拒否。 「ガッジーラ」を「ゴジラ」と発音したという過去があります。 監督の指示を拒否するほど「言葉」に対してのこだわりがあるということでしょう。 渡辺謙はなぜ海外で人気なのか?.

次の

俳優

渡辺 謙 英語

ちなみに『ラストサムライ』出演時は約500万円という低いギャラでした。 しかし、この映画に出演したことで箔が付き、年収が大幅にアップしたといわれています。 以降は海外からのオファーも増え、国内でも仕事が激増。 ひと頃は年収10億円ともささやかれました。 その後は徐々に落ち着いてきたようで、推定年収は約3億円とのこと。 ハリウッド制作の『バットマン」では1億円、『GODZILLA』では5億円のギャラを手にしたといわれますが、邦画の出演料となると、渡辺謙さんクラスでも3000万円前後なのだとか。 とはいえ、ギャラが高額すぎてオファーがこなくなるという皮肉なケースもあるので、あまり年収が高額になるのも考えものですね。 渡辺謙の英語は? ハリウッド進出にあたり、40歳を過ぎてからの猛勉強で英語を身につけた渡辺謙さん。 インタビューも通訳なしで受け答えしていますね。 ハリウッド版『GODZILLA』で芹沢猪四郎博士役を演じた際、作中のセリフ「GODZILLA」を英語発音で言ってほしいと監督から指示されたそうですが、渡辺謙さんはこれを拒否。 「ガッジーラ」ではなく「ゴジラ」と日本語で発音しました。 ゴジラを生んだ日本人としての譲れない思いがあったのでしょう。 後にエドワーズ監督は、 映画史に残る名場面になった。 と、このシーンを評価。 そんな渡辺謙さんも、映画のセリフとは全く違う舞台特有の英語には苦労したようです。 歌が大変で、早口言葉みたいで… 何度もダメ出しをされ、「登校拒否になるくらい」に精神的な限界がきてしまいました。 ミュージカル『王様と私』の英語力について、海外の反応を拾ってみます。 彼の話は分かりにくい時がある(ニューヨーク・タイムズ紙) 英語は粗く、独唱も乱雑(ニューヨーク・ポスト紙) 日本語アクセントはきついが、ささいなことだ(ウォールストリート・ジャーナル紙) 評価は若干分かれるようですね。 観る者によって異なるという印象なのでしょうか。 逆にとらえれば、こぞってこき下ろされていないところがすごいと思います。 渡辺謙の演技は海外でどう評価されてる? 日本では俳優がハリウッド進出すると大々的に報じられますが、現地の評価はあまり日本には届いてきません。 かつては松田優作さん、今では工藤夕貴さんなどもそうですね。 再び『王様と私』の演技について、海外の声を拾ってみましょう。 肝心な時はちゃんとする(ニューヨーク・タイムズ紙) 全てのシーンと歌に壮大さと優美さが詰まっている(デーリー・ニューズ紙) 演技についてはおおむね好評のようです。 演技力はもとより、顔だちや表情の作り方が大きくてわかりやすいところも評価に結びついているのでしょう。 仕事についての渡辺謙の名言! やはり芝居や俳優業に関する言葉が多いですが、ここでは一般人にも共通する名言を選んでみました。 結局、仕事が上手くなるというのは、スキルを習得するうんぬんよりも、どれだけ自分や他人の人生に対して真摯に向き合えているかってことではないでしょうか。 仕事って全人格的な表現だから、その人の人生との向き合い方が如実に現れてしまう。 付け焼刃で誤魔化すことはできません。 例えば、私生活で真面目できちんとした人が仕事面ではいいかげんというケースはあまり聞いたことがありません。

次の

渡辺謙の年収が減った?海外評価は英語が微妙&演技は良好

渡辺 謙 英語

大人の習い事ランキングで、必ずといっていいほど上位にあるのが英語。 ビジネスでの必要性からだけではなく、あらゆる場面で 「英語を話せたらなー」と感じることが増えてきているからだと考えられます。 そしてスポーツ選手や俳優が、 より幅広い活動を目指し、 キャリアアップとして挑戦するもの。 その選択肢のひとつとして注目されるようになったのが、海外進出です。 実際イギリス留学を経て、アメリカ・UAEでの赴任経験がある私のところにくる「海外進出」に関する相談数もここ数年で激増しています。 そこで今回は、俳優の海外進出の先駆者のひとり、渡辺謙さんの英語力に焦点をあてて、 短期間で英語力アップを実現した秘密を探ってみたいと思います。 世界的な活躍をしている渡辺謙さんの英語習得法から、 「伝わる」英語を身に付けるコツをピンポイントで学びましょう! 英語力ゼロから5カ月で実現したハリウッド映画出演 舞台演劇から俳優としてのキャリアをスタートさせた渡辺謙さん。 日本で大河ドラマや映画で活躍を続けていました。 その後、1989年と1993年に急性骨髄性白血病を発症し闘病する中、俳優としての方向性に悩むようになったと語っています。 そしてキャリアの大きな転機となったのが2003年。 当時43歳で、それまで英語での演技はもちろん、英語力ゼロの状態だった渡辺謙さんのもとに舞い込んだチャンス。 それが「ラストサムライ」への出演依頼でした。 「ラストサムライ」といえば、世界的に有名なトム・クルーズ製作・主演のハリウッド映画で、当然ながら 全編英語の作品です。 それまでも海外からのオファーはあったものの、「英語ができないから」という理由で断り続けていたとか。 俳優としての新たな一歩として、ハリウッドへの挑戦を決意します。 年齢を言い訳することもなく、英語そして海外での生活と向き合い続け、ハリウッド映画で重要な役を見事に演じました。 この「ラストサムライ」への出演をきっかけに、「SAYURI」や「バットマン・ビギンズ」といった海外作品へのオファーが続きます。 「いつか英語が話せたらいいな…」ではなく、「ハリウッド映画に出演する」という 明確な目的と 強い想いが英語力アップを支えたに違いありません。 「ラストサムライ」公開直後の渡辺謙さんが現地メディアのインタビューを受けた際の映像です。 通訳のヘルプがありながらも、迷うことなくインタービューに答える姿は、英語力で重要なのは 「正しさ」ではなく「伝えようとする熱意」だと教えてくれますね。 「伝わる」英語の秘密・ドラマメソッドとは? ハリウッドからのオファーを受けてからたった5カ月で英語ゼロから英語で演技ができ、現地メディアとのコミュニケーションが取れるようになった秘密は何なのか? 毎日の徹底した「英語漬け」ももちろん大きな理由のひとつです。 それに加えて、渡辺謙さんの英語学習の基盤になっているのが 「ドラマメソッド」といわれる手法。 これは、モデル・ランゲージ・スタジオ(通称MLS)という英語教室で採用されている英語学習メソッドです。 このMLSの代表こそ、「ラストサムライ」のキャスティングを担当した、アメリカ映像・演劇業界では著名なキャスティングディレクター奈良橋陽子さん。 一般的な英語学習法と最も異なる点が、 演劇における俳優の 表現力を身につける訓練方法を英語学習に取り入れていること。 対話文を用いて会話を通して英語を学ぶ。 この手法で「コミュニケーションの道具」としての英語を身につけることができる、という考え方です。 例えば、誰もが教科書で学んだ英語の第一歩ともいえる次の対話。 A: How are you? Thank you. And you? この文章の意味は誰もがわかると思います。 では、発音はいかがでしょうか? ドラマメソッドでは、このような会話文を使って、 コミュニケーションを支える表現方法もセットで英語を学んでいきます。 発音記号で一単語ごとの発音を学ぶのではなく、文章全体をまとまりとして学ぶ。 そうすることで、英語ならではのリエゾン(単語のつながり)といったポイントを身につけることができます。 「ドラマ」と聞くと、俳優だけに効果があるように感じてしまうかもしれません。 それでも、「伝わる」英語を身に付けるには 表現力を学ぶことは重要だということは理解できますよね。 英語の発音と流暢さは関係ない! 先ほどご紹介した渡辺謙さんのインタビュー映像をみて、「渡辺謙は英語の発音がいい! 」と感じた人も多いかもしれません。 一方で過去ノーベル賞を受賞した日本人の会見をみて、日本人独特のクセ(アクセント)を感じた人もいるでしょう。 この比較でわかること、それが 「英語の発音の良さ=英語の流暢さ」ではないということ。 英語の流暢さを決めるのは、英語での会話や発言がスムーズにできることです。 」と質問されたときに何も発言できないのであれば、英語が流暢だといえないですよね。 実際、渡辺謙さんも英語学習の経験を語る際に、 周りとのコミュニケーションを積極的に取り、ダメがでたら修正する、という繰り返しについて触れています。 大学受験でセンター試験英語満点だった私も、渡英したての頃は「全く話せない」状況に苦戦しました。 そこで役立ったのが 「パブでのおしゃべり」。 英語の流暢さを手に入れるためには、どれだけ英語でコミュニケーションを実践するかがポイントです。 決して美しいBBCアナウンサーのような発音を身につけることが重要ではなかったんです。 正しい発音への執着は捨て、 英語で話すことそのものを楽しむことが、英語習得の近道です。 バランスの取れたインプットとアウトプットの効果 ドラマメソッドと実践でのコミュニケーションを最大限に活用する。 このポイントをおさえた渡辺謙さんは、表現力の高い英語力を身につけることに成功しました。 ここで注目したいのが、 インプットとアウトプットのバランスです。 まず実際に出演する作品の英語台本を自然に演じられるように、意味や基本的な発音などのインプット。 そして音として口に出しアウトプットする、さらに指摘を受けた箇所をインプットして、再びアウトプット。 どちらに偏ることなく、バランスよくインプットとアウトプットを反復させていく。 このセットを徹底したからこそ、短期間で格段に英語力をアップさせることができたのです。 アプリや書籍などの教材を読み進めて、リスニングをして、、とインプット量だけを増やしても、英語はあなたのものにはなりません。 しっかり自分の声でアウトプットして、 自分の脳に英語をインプットする。 この繰り返しこそが、渡辺謙さんの英語力アップの最大の秘密だったともいえるでしょう。 まとめ ハリウッド映画での活躍を経て、演劇界の最高峰ブロードウェイやウェストエンドでミュージカル主演も果たした渡辺謙さん。 日本語でも英語でも自由にコミュニケーションそして素晴らしい表現力を発揮している姿は、英語という言語を学ぶコツを体現しています。 日頃の何気ないコミュニケーション、ビジネスシーン、洋画を楽しむとき。 どんな場面でも、目の前にいる人の伝えようとしていることを理解し、自分の考えや気持ちを伝えることが重要です。 渡辺謙さんの英語習得方法からわかるコツは2つ。 会話を意識した表現力とセットで学ぶ 2. インプットとアウトプットをバランスよく反復する そして「伝わる」英語を意識した姿勢も上達スピードを後押ししたに違いありません。 渡辺謙さんの英語力アップのコツを取り入れて、英語でのコミュニケーションを楽しみましょう! 同じく海外で活躍している野球選手ダルビッシュ有選手の英語力アップの秘訣は、こちらの記事でご紹介しています。 ダルビッシュ有選手の英語力は? 勉強せずに英語が上達した秘訣.

次の