小説 を 読 もう。 センセイ。(お知らせ必読)

小説幻冬 30%OFF

小説 を 読 もう

今回のテーマは「読前感、読中感、読後感について」である。 見慣れない単語の中に見慣れた単語が混ざっていてものすごい違和感があるかもしれないが、なにせこの連載なものだから…… まずは用語の定義から というわけで、まずはこの見慣れない単語の定義をしないと何も始まらない……とはいえ、漢字というのは便利なもので、読んで字のごとく、大体の意味は分かってもらえると思う。 ・読後感 … 小説を読んだ後の感想 ・読中感 … 小説を読んでいる最中の感想 ・読前感 … 小説を読む前の感想 といったところだ。 ……しかし、今回の講座では、もう少し踏み込んだことを考えたいので、単語の定義を、それに合わせて少々狭めたいと思っている。 三つの語の意味は、いずれも「感想」という単語が共通している。 だが「感想」という言葉の意味するところは、あまりにも広い。 特に今回の場合「感想」が一次元的に表現できない点が、少々都合が悪い。 一次元的に表現できない、とは我ながら持って回った言い方だが、要するに、私は今回、話を単純にするため「感想」をある種の「点数」として扱いたい。 普通「読後感が最高」と言っただけでは、その小説が本当に最高かどうかは分からない。 小説の感想など人によって異なるし、同じ人でもその時の気分によって「いつもは純文学好きな俺だけど、今日だけはラブコメが読みたい」「最近SFを読んでないから、今日はSFを読みたい気分だ」なんて具合にころころ変わるからだ。 だから「この小説は百点満点で言うと九五点ですね」とかいう発言ほど胡散臭いものはない。 ……わけなのだが、今回だけはこの「感想を点数として扱うこと」をOKとしたい。 そうやって単純化することで、見えてくるものもあるかもしれない、と思うからだ。 これを踏まえて、主題の三単語を、以下のように定義し直したい。 ・読後感 … 小説を読んだ後の「(この小説を読んで)良かった」感の強さ ・読中感 … 小説を読んでいる最中の「続きが読みたい」という期待感の強さ ・読前感 … 小説を読む前の「読みたい」という期待感の強さ このように「~の強さ」と表現することによって、単純には比べられない「感想」を単純に「強い・弱い(良い・悪い)」と評価することが可能になる。 前回の記事「小説を書く上で目指すべきものは何か?」では「読者に「読みたい」「読んで良かった」と思わせること」が大事だと結論づけた。 これを先ほどの言葉で言い換えると「小説を書く上で目指すべきこととは、読者の読後感、読中感、読前感を最大化することである」となる。 その上で、今回は「読後感、読中感、読前感とは何か」とか「読後感、読中感、読前感の間の関係性」とか「読後感、読中感、読前感を高めるにはどうすればいいか」といったことについて考えてみたい。

次の

もう一度読みたい少女小説の世界 (双葉社スーパームック)

小説 を 読 もう

現在、ひらどーはTwitterの利用をやめています。 そのため、このときのアンケート結果が見られない状態になっています。 こちらからより詳しいアンケートで再調査していますので、ご協力お願いします。 「たまに書く」という人も、全体の4%しかいません。 それよりも、 書かない派の人の方が遥かに多いです。 このアンケートを見ていると、書く派と書かない派が同じくらいいるように見えますが、大きく分けると違います。 書く派と 書かない派の二つで分けると、実際はこんな感じです。 書かない派の方が多いですね。 読者のほとんどが書かない派なのだから、感想を書かれない方が多いのは必然といえます。 感想を書かない理由 読者が感想を書かないのには、いくつかの理由があります。 このアンケートを取った際に、一緒に「書かない理由」についても聞きました。 好き過ぎて語彙力消失• 誤字脱字や内容の指摘はしたくない• 公開された場で書きたくない• 争いになりたくない 多くの人が共通して感じているのは「 争いになりたくない」という気持ちのようです。 感想を書いても、作者によって、感想が指摘として誤解されたり、誤字脱字の報告だけでも嫌がられたり、と 嫌な経験をされている方が多いです。 その経験を経て、読者は「感想は書かない」あるいは「感想は書かないけど評価・ブクマはする」という方向へとシフトしています。 評価や ブクマは「 争いはしたくないけど、小説のことは応援したい」という気持ちの表れです。 感想を書いてもらうためにはどうしたらいいの? 感想を書かない派の人に感想を書いてもらうのは 至難の業です。 ですから、元から感想を書くつもりのある、 感想を書く派を狙います。 感想を書く派の人に小説を読んでもらう• 感想をたまに書く派の人に、感想を書いてもらえるだけの小説を書く の二つが、主な手段です。 閲覧数が増えれば、その読者の中に感想を書く派の人が混じってきます。 そして、感想を書かれるだけの小説を書ければ、その小説にも感想が書かれるようになります。

次の

投稿した小説に読者からの感想がもらえないのには理由があった|もうエタるのはやめた!

小説 を 読 もう

おはようございます、こんにちは、こんばんは! どうも藍田()でございます。 今の自分を作っているモノやコンテンツを紹介するシリーズ、『33の〇〇』。 第27回は『ダレン・シャン』についてお話ししていきたいと思います! 20代後半〜30代前半の方は、見覚えのある方が多いのではないでしょうか? 『ダレン・シャン』は小学館から出版された児童文学作品です。 著者は同名の小説家、ダレン・シャン氏。 バンパイアがテーマとなったダークホラー小説です。 もうバンパイアっていうだけで小学生男子はワクワクが止まらない訳ですよ(笑) カッコよさを求めて読んでいたきらいもありますが、大人になった今読んでも(そして振り返っても)めちゃめちゃよく出来ている物語だと思います。 ダレンシャンシリーズについて是非皆さんも思い出してみてください。 キャラと設定が本当にカッコいい 冒頭にも書いたとおりダレン・シャンは主人公のダレン・シャンがバンパイアの仲間(正確には半バンパイア)となり冒険を繰り広げる物語です。 この物語に出てくるバンパイアは実際のバンパイア伝説で言われている能力とは少し異なります。 人間の血を飲むことと太陽の光が苦手なことは変わりませんが、コウモリには返信できませんし、にんにくも弱点ではないです(食べるのが苦手なバンパイアはいるかもしれませんが)。 ダレン・シャンシリーズのバンパイアは、10年に1歳しか歳を取らず、掟を重視する誇り高い一族です。 フリットと呼ばれる高速移動の能力や高い身体能力を持ち、唾には傷を治す力があります。 長く生きるため、バンパイアは危険な事にどんどん挑戦していきますし、一族のために戦います。 ここまででも十分カッコいい。 そしてキャラクターそれぞれもめちゃめちゃカッコいい。 主人公ダレンの師匠であるクレプスリーはとってもクール。 翻訳の口調も相まって好きなキャラクターの1人です。 真っ赤なコートを常に着ているのはどうかと思いますがね! 他にも、自分の信念を貫く強さのあるカーダ・スモルトや、ダレンのガールフレンドになる人間のデビーなど、魅力あるキャラクターがこれでもかと出てくるんです。 彼らがどう動くのかを想像するだけで楽しくなりますし、そこがファンタジー小説の楽しみ方の1つかなと思います。 カッコいい冒険活劇だけではなく、ダークファンタジー故のむなしさや悲しさもきちんと描かれているのも好きです。 裏切りや死が突然出てくるのにはビックリもしますし、心が痛くなるのですが、子ども向けだからと言ってそこを誤魔化さないのはとっても好感を持ちます。 (時折暗すぎだろ!という展開もあるのですが・・・。 ) 最後に待ち受ける大どんでん返し! 基本的には物語は坂道のごとく二転三転していくのですが、最後には大どんでん返しが待っています。 オチの部分を読んだのは中学生の頃でしたが、子どもながらに思わず唸ってしまいました。 お前がそこにもそこにも繋がっているの!?という驚きは今でも覚えています。 それと同時に最終巻のその後にも想いを馳せられるような、そんな終わり方だったなと思います。 是非最初から読むのをオススメします!! 読んでいてワクワクするものはやっぱり大好き ダレン・シャンに限らずそうなのですが、小説を読んでいて1番楽しい瞬間は、『登場人物達が頭の中で動き回っている時』だと僕は思っています。 それは文章の為せる技なのか、キャラクターの魅力が故か、理由は分からないのですが、その境地に入ってしまうといつまでも読み続けられますね。 僕がファンタジーものやSFものが好きなのも、ここに要因があるのかもしれません。 ワクワクが止まらないのは、小説でもエッセイでも実用書でも一緒ですが、できるだけそんな自分にとっての良書を探して行きたいな、なんて思うのです。 まとめ 小説は苦手だな・・・というあなたには、漫画版も出版されています! 漫画版でも魅力は満載なので、是非ダレン・シャンについて知って欲しいなと思います。 もしも気に入ったら、どのキャラが好きか是非教えてくださいね! 『死してなお勝利の栄冠に輝かんことを!』。

次の