生き て いく の が しんどい。 しんどいのは何故だろう?生きてるだけでしんどい人へ贈るメッセージ

しんどいのは何故だろう?生きてるだけでしんどい人へ贈るメッセージ

生き て いく の が しんどい

自分に向けられた愛に気づかれていますか。 それとも自分に向けられた愛に気づかれていませんか。 「自分に向けられた愛に気づきましょう」とはどういうことなのか。 スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんから学ばせていただきましょう。 私が守る番であることを自覚して生き続けていきたい 自分に向けられた愛に気づきましょう あなたがもし、「自分は誰にも愛されていない」と思っているなら、それは大きな間違いです。 「友達も恋人もいないのに誰に愛されていると言うんですか?」と疑問に思う人がいるかもしれません。 でも、これだけは言えます。 あなたは愛されて育ったのです。 「親には何もしてもらっていない」と、自分への愛を勝手になかったことにしないでください。 親だけではありません。 おじいさん、おばあさん、きょうだい、親戚の人、近所の人------。 幼いあなたのそばには、必ず誰かがいたはずです。 幼い頃のアルバムを開いてみてください。 あなたの隣にいるその人は、誰のために笑っているのでしょうか? あなたのためです。 そこにはあなたへの愛がある。 その愛が仮に1%だとしても、あなたに注がれた愛であることに変わりはありません。 120%の愛を求めれば、どんな人でもそれに応えることは無理でしょう。 けれど、1%の愛がわからない人は、たとえ120%の愛でもわからないのです。 投げやりな気持ちになって、「もう死んでしまいたい」と思ったときでも、その写真を見れば、「自分を愛してくれるこの人を悲しませたくない」、「この人の愛を裏切りたくない」と思うはずです。 これが本当のプライドです。 プライドを持って生きるということは、自分を愛してくれている人の愛を守ることなのです。 江原 啓之. 江原さん、こんなしんどい世の中で生きていくにはどうしたらいいですか?. 祥伝社, 2019, 304P 私は親に愛されてきました。 アルバムを開けたら、わかります。 父は私の笑っている姿、泣いている姿、怒っている姿、悲しんでいる姿など、すべての表情を写真に収めています。 もともと、父はカメラが好きなこともあって趣味的な部分もあるかもしれません。 それでも、アルバムを見ていると、懐かしい思いと同時に、あの頃は楽しかった・・・。 と、ウルっときてしまいます。 父も母も平等に私を愛してくれました。 近所のおじさん、おばさんも愛してくれました。 親戚の人たちにも愛されてきました。 私の誕生日や運動会の日まで来てくれるくらい・・・。 父が私が寂しくならないようにと、親戚に声をかけてくれたり、近所の人たちに声をかけてくれるのです。 そうやって、父は人脈を活かすのが得意でした。 愛されているのが、当たり前みたいな感じになって育ってきましたが、スピリチュアルカウンセラー江原啓之さんは「プライドを持って生きるということは、自分を愛してくれている人の愛を守ることなのです。 」と書かれています。 自分を愛してくれる人たちを守るのが私の生きる使命であるのかもしれないと感じました。 私を愛してくれた人たちを、これからは、私が守る番であることを自覚して生き続けていきたいと思います。

次の

「好きなことだけで生きていく」の裏にある弊害

生き て いく の が しんどい

スポンサーリンク 人生とは繰り返すもの 人生は、同じことの繰り返しです。 朝起きたら、学校や会社に向かうために移動し、夕方になったら帰宅する……。 これを毎日行います。 休みの日もあると思いますが、1週間の疲れのせいで朝が遅くなったりすると、結局、自宅でゆっくり過ごして終わりになりがちです。 そうして休日を終えてしまうと、変わり映えしない明日が再びやってきます。 こういった生活を平穏と例えることもできますが、確実に飽きてきますよね。 人間は同じ動作を繰り返すことで、無意識でも行えるようになります。 つまり、このような生活を繰り返していると無意識のまま生きるようになってしまいます。 何も考えずに行動する……まるでロボットみたいですね。 こんな日常が楽しいかと聞かれれば、やはり楽しくないと答えてしまうでしょう。 ただし、人生の繰り返しをいきなり変えるのはよくありません。 生活のリズムが狂ってしまうからです。 ただ生きているだけの人生はしんどい 人間は、適度な食事があれば生きていくことができます。 どんな業種であれ、働くことができれば生きていくだけの稼ぎは得ることができるでしょう。 しかし、忙しい毎日を無意識で生活するようになると、ただ生きているだけの人生になってしまいます。 喜怒哀楽がほとんど起きない人生……。 これってしんどいと思います。 問題なのは、これが大人になることだと諦めてしまっていることです。 確かに、生きるためには社会の一部になる必要があるため、こういった生活が正しいと思い込んでしまいがちです。 しかし、そんなつまらない生活をあと何年我慢する気ですか? 人生は10年後、20年後も続きます。 そう考えると、もうしんどいどころの騒ぎではないはずです。 人生は、あなたが想像している以上に楽しいものに溢れています。 人生の楽しみ方を覚える 人生の楽しみ方を覚えれば、ただ生きているだけの人生から簡単に抜け出せます。 楽しみの好みや年齢、立場によっても最善の方法は変わってくると思いますので、一通りの楽しみ方を紹介しておきます。 その中で、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。 日常に変化をつける 大事なのは、無意識にただ生きているだけの人生をやめることです。 それは、日常に変化をつけるだけでも簡単に抜け出すことができます。 本来なら、旅行のような行動が最適なのですが、仕事が忙しい人は難しいと思います。 それなら、小さなことから変化させると良いです。 例えば、毎日コンビニ弁当を買って帰る生活をやめ、たまにはレストランに足を運んでみるのです。 おいしいものを食べると気持ちが上がりますので、それがきっかけで食べ歩きが趣味になるかもしれません。 これはランチでも可能ですので、夜が忙しい人でも今から変えられる方法となります。 ちなみに、この方法は 人生にも休憩が必要という考え方から紹介しています。 実は、休憩の質を高めることで、毎日の人生が楽しめるようになるのです。 これは、必ずしも人生のパートナーである必要はありません。 「ただ生きているだけの人生がしんどい……」という悩みを 相談できる相手がいないことが問題なのです。 1人で悩みを抱えるのは、本当にしんどいです。 それを分かち合ってくれる相手がいるだけで、人生は楽になります。 気の合う相手なら、楽しい時間を共有することもできるでしょう。 そして、他人の言動は予想できないことが多いため、他人と行動しているとサプライズが起こりやすいです。 それがハプニングになってしまうのが玉に瑕ですが、どちらであっても喜怒哀楽が起こりやすいため、人生のスパイスになります。 少なくとも、変化のない『ただ生きているだけの人生』からは抜け出せるのです。 お金を稼ぐ ちょっと意外かもしれませんが、ただ生きているだけの人生から抜け出すなら、お金を稼ぐのが手っ取り早いです。 趣味が充実していれば、人生は楽しく過ごすことができます。 でも、趣味を見つけられない人っていますよね。 だったら、お金を稼ぐことを趣味にすればいいのです。 お金を増やすことなら、興味がない人はいないはずです。 つまり、お金を稼ぐことが人生を楽しむ近道といえるのです。 「でも、今の仕事で精一杯……」と思ってしまう方は多いでしょうが、現在は副業も進化しており、自宅で手軽に行えるものが増えてきました。 そのため、学生や主婦でも社会人並みに稼いでいる時代なのです。

次の

「好きなことだけで生きていく」の裏にある弊害

生き て いく の が しんどい

うまく生きられない・・・しんどいと思うのはどうして? 今の生き方が限界に来ているサイン 今の生活をこのまま続けていくと、あなたの体も心も耐えられなくなってしまう。 あなたが感じているのと同じように、 あなたの体も悲鳴を上げている、そのサインを送っているのでうまく生きられない、と感じるということ。 あなた自身も、もう自分が限界に来ているとわかっている、感じているけれど 変わることができない事情がある。 それは収入の面であったり、あなたがいる家族環境であったり・・・、それはいろいろです。 ここまであなたの人生は順調だったのでしょうか?少なくともこれ以上続けていくことは困難になっています。 仮にあなたが自分で順調だったと思っていても、本当は辛くて大変な負担が少しずつ溜まっていたということです。 無理をしながら生きている あなた自身は気づいていないかもしれませんが、 毎日をとても無理して生きているのです。 もっともっと頑張らないといけない、自分はまだまだだ、と周囲からもあなた自身でも 自分を追い込んでいる。 でもそれは仕方のないこと・・・、 みんなが無理をしないと生きていけない世の中になっているから。 厳しいノルマや職場での人間関係、心の底から本音で話し合える友人もいない、どんどん自分を追い込んでいかざるを得ない。 すべての責任は自分にあると思ってしまうような社会になっています。 どうすれば「うまく生きれない・・・しんどい」から抜け出せる? 自分に対するプレッシャーを捨てる それにはあなたが今強く感じている「 努力しなければ幸せになれない」という先入観を捨てることです。 みんなもっと頑張らないといけないと自分を鼓舞しながら毎日を生きていますが、もう限界ギリギリのところまで来ているのです。 あなたにとっての 本当の幸せとは何か?をよく考えてください。 もちろん社会的に成功して、いわゆる「勝ち組」に入り収入面での充実を得ることは、多くの人が望んでいること。 しかし そのために体を壊し、心を病んで働くことすらできなくなっている人は本当に多い。 自分が 望んでいたことを実現しようとして、頑張っただけなのに・・・。 そうなっても誰も手を差し伸べてくれません。 差し伸べるどころか働けなくなったあなたを会社はもう必要としなくなる。 あなたがいなくても会社は回っていくから。 なので自分の 限界を超えた努力をしようとはしないで欲しいのです。 会社は家族みたいなもの・・・とか、例えられるところもありますが、そこはいざとなったらそうなることを理解しておくべき。 自分を成長させないといけないという先入観 仕事でもプライベートでも何か大変なトラブルや難題があると「 自分を成長させるチャンスだから」と言われますが、限度というものがあります。 あなたの 許容量をはるかに超えた量や質のトラブル、仕事はあなたを壊してしまう。 あなたが対応できるものかどうかを常に見極めることが大事。 そして時には そこから離れることも必要なのです。 立ち向かうことも大切ですが、 ときには逃げましょう。 逃げることは自分を守ることです。 卑屈になることはまったくありません。 自分を成長させなければいけない、という気持ちは悪くないのですが、そのためにあなたがつぶれてしまっては本末転倒。 人生気楽に生きた方がよほど幸せになれる、という考え方も一緒に頭の中に置いておいてください。 いろんな欲を捨てる 出世したい、女性にもてたい、経済的に裕福になりたい、いい車に乗りたい・・・、人には様々な欲求があります。 そういう欲や欲求があるから活発な購買活動が行われ、経済が回っている。 ということは本当に必要ではないものも、 あなたが欲するように日頃からあなたを意識付けしている社会です。 派手な看板にCM、勝ち組・負け組、お金を儲けていろんなものを買って身に着けて、それが成功者という イメージを付けないと社会は回らないのです。 みんなが 物を買わないと息が止まる社会だから。 そこにどっぷり、敢えて入っている人もいますが、あなたぐらいは冷静に本当にそれが必要なものか? 自分を背伸びさせて大きく見せようとしていないか?それをしないといけないのか?を考えてみてください。 今の自分を認める あなたは 今の自分ではだめだと思い込んでいますが、本当にそうでしょうか? 全部自分の責任だと自分を責めていませんか ?時には無責任になることも必要。 少しでもレールを外れると大変なことになる、と思い込んでいますが案外何も起こらない、大した影響はなかった、ということもあります。 少し気持ちを休めて、ゆっくりすることも大事。 あなたが思っているほど、あなたはダメな人間ではありません。 むしろ 周囲から見るとそういう人ほど、自分に厳しく頑張っている人と見られていることが多いのです。 自分もそんな人間と思われている、と言い聞かせて必要以上に自分を責めることはやめましょう。 今の自分は十分に頑張っていると。 最後に すごく複雑な社会になっています。 仕事の仕方も企業の構造も人間関係も家族関係も、そして周囲とのコミュニティなんかについても、昔の高度経済成長時代はわかりやすかった。 ただひたすら何も考えずに働くこと、それですべてがうまく回っていた。 今は働き方改革とか言いながらブラック企業もいっぱいあったり、いろんな国のいろんな人と一緒に働くことになったり・・・。 安泰だ、と持っていた会社が急になくなったり。 本当に生きるのが大変な時代、 人に厳しい社会になっている。 人を出し抜いて頑張らないと生きていけない。 うまく生きられないと感じる人が多いのも当然。 だからこそ 自分を大事にしないと、流れに身を任せるとどこに行ってしまうか自分でもわからない。 しっかりと自分はどういう人間なのか?を考えながらも、自分を大切に自分に優しくしてください。 あなたの一番の理解者はあなたなので。 ブログランキングに参加しております。 よろしければご協力をお願いします!.

次の