時差出勤 勤怠管理。 時差出勤について

東京都が取り組む時差Bizとは?時差出勤で快適な通勤を実現しましょう!

時差出勤 勤怠管理

通勤時間をずらすことで交通混雑を緩和できるとして、大企業などを中心に取り組みが進んでいる「時差出勤」。 2020年夏に開催を控えた東京オリンピックによる交通機関への影響を懸念し、その対策の一つとして今後導入したいと検討している企業もあるのではないだろうか。 時差出勤を導入する際、人事総務担当者としては、企業におけるメリットを理解しスムーズな運用をすることが求められる。 今回は、時差出勤が注目されている理由や導入することで得られるメリット、導入時に注意すべきポイントを見ていく。 実際に、時差出勤とはどのようなワークスタイルなのだろうか。 ここでは、時差出勤が注目されている理由やフレックスタイムとの違いについて見ていこう。 時差出勤制度とは 時差出勤とは、従業員が勤務時間を自由に選択できる制度だ。 導入方法にはいくつかあるが、一般的には「8時~17時」「10時~19時」など、企業が定めるいくつかの始業および終業時間の中から、社員自身が自分の生活スタイルに合わせて選ぶことができる。 企業が定める1日の実労働時間を守る範囲で出退勤時間を選択するため、基本的には、時差出勤を導入しても1日の労働時間や月の総勤務時間に変わりはないだろう。 時差出勤が注目される理由 時差出勤が注目されている理由の一つとして、2020年夏に実施される東京オリンピック、パラリンピックの影響が挙げられる。 大会時に想定される交通混雑を回避する施策としても推奨されており、2019年夏には、都庁や首都圏の企業においても大規模なテスト導入と検証が行われた。 また、導入の際に業種や職種が限定されやすいテレワークと比べ、さまざまな企業で取り入れやすいという面からも注目が集まっていると言えそうだ。 フレックスタイムとの違い フレックスタイムは「年」「月」「週」単位で勤務時間が定められている。 コアタイムやフレキシブルタイムなど、一定のルールを設ける企業もあるが、定められた勤務時間を守ればスケジュールの組み方は自由だ。 出退勤時間を社員にゆだねるため、より自由で柔軟な働き方を実現することを目的とした制度と言えるだろう。 一方、時差出勤は1日の労働時間を定めるのはあくまで企業であり、社員はその範囲内で出退勤時間を選択することになる。 交通混雑を回避するためにつくられた制度であり、フレックスタイムとは目的が異なる点も踏まえておきたい。 <関連記事> 時差出勤を導入する3つのメリット 時差出勤を導入することによって、企業や社員にとってどのような効果があるのだろうか。 ここでは、期待できるメリットを見ていく。 時差出勤を導入することで、社員はラッシュ時を避けて通勤することが可能となり、ストレスの軽減にもつながる。 毎朝のストレスから解放されることで日中の業務に注力しやすくなることも期待できそうだ。 会社全体で見れば、社員ひとり一人のストレス軽減によって、少なからず生産性がアップするケースも考えられるだろう。 その時間を、資格取得や自己啓発の時間に充てることも可能だ。 社員がスキルアップすることで、それを仕事に活かせる場合もある。 本人だけでなく企業にとっても有益な時間と言えそうだ。 育児や介護などの都合で短時間勤務を選択するしかなかった社員がいた場合、始業と終業の時間調整が可能になることで長時間勤務が可能となるケースもあるだろう。 送迎や通院など育児や介護との両立がしやすくなることで、ライフワークバランスの向上も期待できそうだ。 時差出勤を導入する際に注意すべきこと3つ 時差出勤を社内制度として導入する際には、社員が混乱しないためにも、就業規則に選択可能なすべての「始業時刻」「終業時刻」を記載するなど、事前の準備が欠かせない。 また、トラブルにつながらないよう運用することも重要だ。 ここでは、時差出勤の導入において注意すべきポイントを紹介する。 「一定の時間帯に必ず多忙となることが予想される部署」「来客、電話対応を必要とする部署」「顧客の営業時間と社員の勤務時間にずれが生じる」など、自社の各部署における業務内容をしっかりと理解し、導入方法とその対象者を検討することが重要だ。 時差出勤に適さない部署や社員がいる場合、交代制のシフトを指定するなど不公平感が生まれないよう配慮したい。 深夜労働や実労働時間の把握、残業代の計算など、正確に勤怠を管理できる仕組みも考えておくと良いだろう。 早朝出勤など、時差出勤に慣れないうちは、社員が生活リズムを崩してしまうケースも考えられるため、健康や体調への配慮も忘れずにしよう。 この場合、コミュニケーション不足が発生する可能性があることも念頭に置き、業務上不都合が生じないよう対策をとることも必要だ。 時差出勤対象者だけでなく、他の社員でも対応できるように業務を平準化、マニュアル化するなどの対策も効果的だろう。 まとめ 時差出勤を導入することで、社員が感じる通勤の負担やストレスが軽減されるだけでなく、企業においても生産性の向上などさまざまな効果が期待できそうだ。 一方、労働時間の管理がしにくくなる、コミュニケーションが不足するといったリスクが生じる可能性もあるため、十分な対策を考えておく必要もあるだろう。 また、2020年に開催される東京オリンピックの影響として危惧される交通機関の大混雑を踏まえ、時差出勤を対策の一つとして検討するのも良いかもしれない。 自社に適した時差出勤のスタイルを検討し、スムーズな導入を目指してみてはどうだろうか。 (参考:) (参考:) <関連記事>.

次の

人事総務担当者必見!時差出勤のメリットと導入時に注意すべきこと

時差出勤 勤怠管理

青丸リスト 時差出勤の概要 時差出勤とは、満員電車の回避や各社員の家庭事情に柔軟に対応することを目的として、通勤・退勤時刻を前後にずらすことができる制度です。 社員はいくつかの選択肢から自分に合う出勤パターンを選び、会社に時差出勤の申請を行います。 ここでは、よく耳にする「フレックスタイム制度」との違いや、東京都が推進している「時差Biz」プロジェクトを紹介しながら、時差出勤の概要を説明します。 フレックスタイム制度との違い 時差出勤制度とフレックスタイム制度の違いは、勤務時間と目的にあります。 近年多くの会社が導入している「フレックスタイム制度」は、1日のうちで決まっているコアタイムにさえ勤務していれば、勤務時間や出勤・退勤時刻を自由に調整できる制度です。 社員の自主性を重んじ、生産性を向上させたりストレスを緩和させたりすることを目的としています。 一方、「時差出勤制度」は、会社が定める出勤パターンの中から社員が選択して勤務する制度であり、勤務時間は一定です。 出勤・退勤時刻についても完全に自由というわけではなく、数時間ずつ前後にずらして運用します。 これは主に通勤・退勤ラッシュの緩和を目的としています。 時差Biz 「時差Biz」は「朝が変われば、毎日が変わる」をコンセプトに、東京都が推進する時差出勤奨励プロジェクトです。 働き方改革の一環として、通勤ラッシュに伴うストレスの緩和を目的にスタートしました。 時差Bizには都内の鉄道会社が参加し、各社が独自の施策を行っています。 例えば、早朝時間帯に電車の本数を増やしたり、オフピーク時の乗客に対してオリジナルポイントを付与したり、混雑を少しでも解消できるようにと工夫を凝らしています。 また、時差Bizに合わせて社内制度を整備し、時差出勤に積極的に協力した企業に対しては、東京都が時差Biz推進賞を表彰します。 時差出勤のメリット 満員電車の回避 時差出勤制度をうまく活用すれば、満員電車を回避して通勤することができます。 国土交通省が2019年に発表した都内通勤ラッシュの混雑率調査によれば、もっとも混雑している区間の混雑率は199%に達し、社員は毎日大きなストレスを感じながら通勤していることが分かります。 早朝の電車や、ピークの少し後の電車を利用することで、通勤時間を読書や勉強などの自己研鑽にあてることができます。 また、満員電車の回避はウイルスの蔓延予防や生産性向上にもつながります。 家庭と仕事の両立 時差出勤制度を利用することで、これまで諦めていた家庭と仕事の両立が可能になる場合があります。 女性の社会進出は年々進んでおり、以前にも増して育児・介護と仕事の両立を望む社員が増えています。 共働き家庭では男性が子供の送り迎えや親の介護を行う場合もありますが、例えば女性が早朝出勤する代わりに男性が朝やらなければいけない家事を担当し、夕方は女性が早く帰宅して子どもの迎えや家事を行うこともできます。 時差出勤の導入方法 時差出勤にはメリットばかりあるように思えますが、導入にあたってさまざまな社内規則を整備する必要があります。 従業員のストレス緩和や家庭と仕事の両立は重要ですが、クライアントとの関係性や職務の性質から時差出勤ができない社員のことも考えて、慎重に規則をつくりましょう。 勤務パターンの整備 時差出勤制度は、自由に勤務時間や出勤・退勤時刻を調整できるフレックスタイム制度と異なり、一定の勤務パターンに従って通勤する制度です。 企業がいくつかのパターンを用意し、社員が選べるようにすることをおすすめします。 例えば1日の労働時間が8時間ならば、休憩時間を1時間含めて、パターンA:8時~17時、パターンB:9時~18時、パターンC:10時~19時のように設定します。 対象者の選定 時差出勤を導入する際には、時差出勤を許可する対象に関する規定が必要です。 取引先とのスケジュールやシステムの都合で特定の時間帯に出勤していなければならない社員は、時差出勤を利用できない場合があります。 また、家庭と仕事の両立に主眼を置いて時差出勤制度を導入する企業は、対象者を「幼稚園・保育園に送り迎えが必要な子供がいる」「18時以降にデイケアに迎えにいく必要がある家族がいる」などと具体的に規定することで、社員間の不公平感を抑えることができます。 勤怠管理の注意点 労働基準法には時差出勤についての定めがなく、会社がある程度自由に就業規則を定めることができます。 しかし、社員の勤務時間帯が変更された際に注意すべきポイントがいくつかあります。 ここでは主に時間帯別の賃金や休憩時間に関して定められている法律に言及しながら、勤怠管理の注意点を紹介します。 時間帯別の賃金 時差出勤制度を導入する際には、働く時間帯によって異なる「労働賃金」について頭に入れておくことが必要です。 労働基準法第37条では、22時〜5時の労働に対しては「深夜労働割増賃金」を支払う必要があると定められています。 例えば14時~23時で8時間勤務と設定した社員に対しては、1時間分の深夜割増賃金を支払う必要があります。 極端に時間をずらす企業は少ないと思われますが、該当する社員がいる場合は勤怠管理システムの変更が必要になる場合があるため注意しましょう。 休憩の適用除外 時差出勤制度を整備する際には、休憩時間に関しても注意が必要です。 労働基準法34条では、基本的に事業場単位で「一斉に」休憩を取ることが義務付けられています。 個別に休憩時間を設ける場合は、労使協定を締結して適用除外を行う必要があります。 時差出勤対象者は出勤・退勤時刻だけではなく、休憩時間まで明記した上で申請書類を提出しましょう。 勤怠管理をサポートするツール 時差出勤制度を利用する社員の勤務実態を正確に把握する上で便利なツールが、「クラウド型勤怠管理システム」です。 さまざまな勤怠管理システムがありますが、中でも「」は労働条件の設定や労使協定対応など、時差出勤に必要な機能が備わっている便利なツールです。 「」や「」などクラウド型勤怠管理システムは増えてきているため、自社のニーズにあった機能を持つシステムを選びましょう。 まとめ 朝の通勤電車は既に200%近い混雑率になっていますが、オリンピックが始まればより一層の混雑が予想されます。 毎日の満員電車で疲弊しているなら、時差出勤制度を活用して生産性の向上を図ってはいかがでしょうか。 時差出勤制度には、ウイルス感染予防や、家庭と仕事の両立などの効果もあります。 今回紹介した導入手順や注意点を参考に、時差出勤制度の採用を検討してみましょう。

次の

テレワークや時差出勤の導入で出退勤管理が大変

時差出勤 勤怠管理

「ライフ・ワーク・バランスの実現」に「残業代の削減」、時差通勤のあらゆる効果に注目 このたびセブン&アイ・ホールディングスが実施する時差通勤では、通常午前9時の始業時刻を「午前8時」「9時」「10時」の3つから選べるようにします。 1日の 勤務時間は従来通り「7時間45分」とし、社員はあらかじめ一週間分の出勤時刻を事前申告しておきます。 2017年の試験導入時には、 通常の始業時間をずらして出勤した社員の時間外労働が20~30%程度削減されたとのこと。 例えば、夕方開始の会議に対応するために出勤時間を遅らせる等の調整が可能になった、退勤時刻が皆異なるので上司よりも先に帰りやすくなった等の効果があったようです。 参考:日本経済新聞「」 この他、時差通勤が可能になることで育児との両立がしやすくなる、朝の時間又は夕方の時間を自分のために使いやすくなる、家族と朝食や夕飯をとれるようになる等、ライフ・ワーク・バランスの実現が可能になります。 労働者にとっては 働く意欲の向上につながるでしょう。 また、通勤ラッシュ時の混雑を回避できるようになることで、心身への疲労が緩和される効果も期待できます。 東京都は「時差ビズ」で時差通勤を奨励 時差通勤といえば、2017年夏より東京都で「 時差ビズ」の取組みが始まっているのをご存知でしょうか? 参考:東京都「」 当初は東京オリンピック・パラリンピック開催時の公共交通機関の混雑緩和に向けた取り組みとして始まりましたが、現在ではすっかり「働き方改革」への取組みとしてPRされています。 では、実際の企業の取組みや参加者の声が紹介されています。 もっとも、紹介されているのは大企業の事例が中心ですが、中小企業にとっても時差通勤導入のヒントとして役立てることができそうです。 時差通勤導入に伴い、必要な労務管理とは 実際に時差通勤を導入するためには、「社内体制の整備」を進めるのが先決です。 なぜかというと「労働時間」は就業規則の絶対的記載事項に該当し、 すべての出勤・退勤時刻のパターンを明記しておく必要があるからです。 万が一、就業規則への規定を怠れば、イレギュラーなシフトパターンを適用するための根拠がないことになりますから、未払い残業代の請求対象となることもあります。 加えて、時差通勤をする際の申請フローについて規定し、社員が混乱なく制度を利用できるようにしておく必要があります。 新たな制度導入を機に、勤怠管理の方法そのものを見直すことも視野に入れるのが得策です。 クラウド勤怠システムIEYASUなら、社員のシフト登録や上長への申請・承認にもしっかり対応。 しかも、社員の勤怠状況を表やグラフで出力できるレポート機能を活用すれば、時差通勤の効果を目で見て確認できます。 職場環境を良い方向に変えていくために、御社における時差通勤制度のメリットに注目されてみてはいかがでしょうか? IEYASUは、あらゆる働き方に対応可能な勤怠管理システムの提供により、中小企業の働き方改革を全力で支援します!.

次の