富川 悠太 コロナ。 『報ステ』富川悠太アナ、新型コロナ感染 テレ朝が経緯発表

富川悠太コロナ感染で降板確定? 感染源はどこ?徳永有美やウッチャンにも感染?

富川 悠太 コロナ

テレビ朝日は12日、『報道ステーション』のメインキャスターを務める同局のアナウンサー(43)が新型コロナウイルス検査で陽性と確認され、入院中であることを発表した。 同局によると、富川アナは在宅勤務だった今月3日と休日だった4日の朝に検温したところ38度の発熱があったが、両日中に平熱に戻った。 7日には『報道ステーション』本番中に痰(たん)が絡む症状があり、8日ごろから息切れを感じるようになったという。 9日は平熱だったものの階段の上りや速歩きで息苦しさを感じ、10日の朝も同じ症状が続いたため都内の病院に入院。 肺炎の症状があったため、11日にPCR検査を受け陽性と診断された。 なお、富川アナには現在、せき・発熱・倦怠感・味覚や嗅覚の異常といった症状はないとのこと。 既に社内では富川アナと接触したスタッフの自宅待機や消毒など必要な措置を行い、「引き続き保健所など関係各所と連携し社内及び社外への感染拡大防止と番組出演者、業務にあたる社員・スタッフの安全確保に努めてまいります」としている。 その後すぐに平熱に戻る。 (在宅勤務) 4月4日(土) 朝、体温が38度。 その後すぐに平熱に戻る。 (休日) 4月5日(日) 平熱。 (休日) 4月6日(月)〜9日(木) 平熱、通常出勤。 4月7日(火) 『報道ステーション』本番中に痰がからむ。 4月8日(水) 少し息が切れるようになる。 4月9日(木) 階段を昇ったり速歩きすると息苦しさを感じる。 4月10日(金) 朝、自宅で階段を昇る際に前日と同じ症状があり、都内の病院に入院しCT検査を受けたところ、肺炎の症状がみられた。 4月11日(土) PCR検査を受け、陽性を確認。 現在入院中。

次の

富川悠太アナがコロナ感染!ガラガラ声の報ステ動画に心配の声

富川 悠太 コロナ

日本でも新型コロナウイルスの感染が拡がるなか、再び衝撃のニュースが飛び込んできました。 【陽性】『報道ステーション』富川アナ、新型コロナ感染 テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターを務める富川悠太アナ 43 が、新型コロナの感染検査で陽性と確認されたことが分かった。 — ライブドアニュース livedoornews テレビ朝日の『報道ステーション』でおなじみの富川悠太アナウンサーが新型コロナウイルスに感染して入院しました。 『報道ステーション』のメインキャスターである富川悠太アナが感染ということで、視聴者を始めテレビ関係者も騒然としてます。 報道する側として最新の注意を払っていたと思われる富川悠太アナが新型コロナウイルスに感染したということは、次に心配されるのは同じ『報道ステーション』のメインキャスター・森川夕貴アナや、更に森川夕貴アナの夫でタレントのウッチャン 内村光良 への影響するのではと言われています。 新型コロナウイルスに感染した富川悠太アナの新型コロナウイルスの症状や現在の容体、感染経路についてもお伝えします。 そのた4月6日からは通常出勤し報道ステーションに出演しています。 しかし 4月7日の報道ステーション本番中に痰が絡む症状がみられ、 4月8日ごろには息切れを感じるようになったそうです。 4月9日の体温は平熱でしたが階段を昇ったり早歩きすると息苦しさを感じ4月10日の朝も同じ症状が続き、都内の病院でCT検査を受け肺炎と診断され、 4月11日にPCR検査を受け感染が確認され、現在は入院しています。 現在の容体は、咳、発熱、倦怠感、味覚や臭覚の異常はないそうです。 重度化していないようで、ひとまず安心しました。 テレビ朝日内では、富川悠太アナと接触したスタッフの自宅待機や消毒等の必要な措置を行い、引き続き保健所などと連携し社内、社外への感染拡大防止と出演者、社員・スタッフの安全確保に努めていくことを明かしています。 これ以上、感染拡大しないことを祈るばかりです。。 富川悠太アナのプロフィール 新型コロナウイルスに感染した富川悠太アナのプロフィールを見てみましょう。 名前 富川 悠太 とみかわ ゆうた 愛称 トミー 生年月日 1976年9月3日(43歳) 血液型 A型 出身地 愛知県名古屋市 家族 妻、子供2人(二人とも息子) レギュラー番組 『報道ステーション』(2016年4月11日~) 富川悠太アナは現在43歳です。 年齢的にはまだ若いですが、新型コロナウイルスは若い方も重症化するケースも見られるため心配ですね。 今はゆっくりと休んで、一刻も早く回復することを願っています。 ちなみに『報道ステーション』は週明けの4月13日から欠席で、一緒にメインキャスターを務める徳永有美アナも濃厚接触の疑いがあるため同日から欠席するそうです。 よって4月13日からの『報道ステーション』は代役として金曜日を担当する同局の小木逸平アナと、フィールドリポーターの森葉子アナが出演予定とのことです。 森川夕貴アナの夫は、タレントのウッチャン(内村光良)ですので、もし森川夕貴アナに感染が確認されたら、ウッチャンへの感染が懸念され、テレビ番組だけでも6本のレギュラーを抱えるウッチャンに感染拡大したら、芸能界でも計り知れない影響が出そうです。 しかし一部推測では、先日新型コロナウイルスへの感染が判明したタレントの黒沢かずこさんからウッチャン、そして森川夕貴アナからの富川悠太アナへの感染という説もあります。 (あくまで推測ですが).

次の

【音声入手】「どこまで頭悪いんだよ!」報ステ富川悠太アナ コロナ療養の自宅に警察・児相が緊急出動

富川 悠太 コロナ

テレビ朝日「報道ステーション」のメインキャスターを務める同局の富川悠太アナウンサー(43)が、新型コロナウイルスの感染検査で陽性と確認されたことが11日、分かった。 テレビ界では先月末にタレントの志村けんさん(享年70)が新型コロナによる肺炎で他界するなど、感染が拡大。 報道番組でも初めて感染者が出た衝撃は大きく、今後の放送態勢に影響が出るのは必至だ。 富川アナに異変があったのは今月7日。 政府が緊急事態宣言を発令した日で、番組途中から明らかなかすれ声になり、苦しそうな表情も見せた。 終了後には視聴者から心配する声が上がるほどだった。 スポニチ本紙の取材ではこの日までに感染を調べるPCR検査を受け、陽性と確認された。 感染経路は分かっていないという。 報道番組に携わっていることもあって本人に公表する意志があり、テレ朝が12日に発表する方向で調整している。 富川アナは報ステの月~木曜を担当。 直近の6~9日も休むことなく出演しており、コロナ関連のニュースを連日報じていた。 その詳しい報道内容が注目され、番組は2月27日放送で平均視聴率が20%の大台を突破。 現在も同様の数字を維持し、富川アナはその立役者の一人でもあった。 感染拡大を受け、各局の報道番組では出演者がスタジオ内で距離を取って座るほか、出演者を別の場所から中継出演させるなどの対策を取っている。 報ステでも、富川アナとフリーの徳永有美アナ(44)が2メートル以上の間隔を空けて出演している。 ただ、関係者は「放送中はマスクを着けることができないし、打ち合わせで徳永アナやスタッフと接する機会がある」と指摘。 徳永アナが濃厚接触者と判断されれば、しばらく出演は難しく番組はメインキャスター2人を欠く事態となる。 さらに、テレ朝のアナウンス部内で濃厚接触者がいた場合、ほかの番組に影響が広がる可能性もある。 テレビ界では、3月29日に志村けんさんが新型コロナによる肺炎で他界し大きな衝撃が走った。 さらにバラエティーの一線で活躍する「森三中」黒沢かずこ(41)も今月3日に感染が判明し、テレビ各局は感染防止対策を一層強化した。 今月9日には、毎日放送(大阪市)の東京制作局を管轄する岡田公伸取締役(享年60)が感染判明からわずか2日後に急逝。 感染拡大が続く中で、報道番組は「使命」として放送を続けている。 富川アナの感染は今後、どのような報道態勢で続けていけばいいのか、極めて難しい問題を突きつけている。 横浜国大卒業後、99年にテレビ朝日入社。 04年4月から「報道ステーション」の現場キャスターとして取材を重ねた。 都国立高時代は野球部でショートを守った。 1メートル75。 血液型A。

次の