山梨 キャンプ 場 女児。 女児不明のキャンプ場再捜索 8カ月すぎ、母「後悔募るばかり」―山梨・道志:時事ドットコム

山梨のキャンプ場で行方不明の女児の父親の職業は?なぜ顔出しNG?|SollaStudio

山梨 キャンプ 場 女児

美咲ちゃんはどこへ行ったのか。 山梨県道志村のキャンプ場で千葉県成田市の小学1年生の小倉美咲(みさき)ちゃん(7)が行方不明になって4日目になる。 きょう24日(2019年9月)も警察・消防約70人態勢で捜索活動を続けられている。 キャンプ場は富士山から30キロ離れた山あいにあり、週末や連休には家族連れで賑わう。 美咲ちゃんは先週土曜日の21日に8家族約30人でキャンプ場を訪れた。 考えられる5つのルート全部で目撃者ゼロ 子供たちは到着後、おやつを食べてからキャンプ場から約150メートル離れた河原に遊びに行った。 美咲ちゃんも「遊びに行ってくるね」と母親に言って後を追いかけた。 その後、他の子どもたちはテントに戻ったが、美咲ちゃんは帰ってこなかった。 母親らが周囲を捜したが見つからず、警察に通報した。 母親が美咲ちゃんを最後に見たのは、キャンプ場を下って車が通れる舗装された道の先だ。 レポーターの大竹真が考えられる足取りを追うと、5つのルートが浮かんできた。 (1)母親が最後に目撃した場所から他の子どもたちが遊んでいた河原へ行った。 (2)目撃場所から北西に直進すると、下に川が流れる橋があり、砂利道もある。 (3)目撃場所から北西に進み、分岐を北へ行くと5分でテニスコート。 (4)北東に行くと、別荘地へ行く。 (5)キャンプ場を抜けると、北方面の国道へ続く車道に出る。 大竹がそれぞれ辿ったが、どのルートからも目撃情報はなかった。 警察は「現時点では事件と事故の両面で捜索、捜査しています」と説明している。 大竹「捜索が難航している大きな原因は、まったく目撃情報がないということです」 司会の加藤浩次「空き家や廃車も多くみられますね。 女の子と思いますが、思ったより遠くに行っていることがよくありますよね」 箕輪厚介「目撃者がなぜいないのか不思議でならない」 高橋真麻(フリーアナウンサー)「別荘に住んでいる人も、畑仕事をしていた人も、ほかのキャンプ場の人もいらっしゃったのに、目撃情報が少な過ぎますよね」 加藤「なかなか難航しています。 本当に一刻も早く見つかって欲しい」 一ツ石 外部サイト.

次の

山梨県のキャンプ場で行方不明になった女児の現在は?誘拐の可能性は?|SollaStudio

山梨 キャンプ 場 女児

テレビなどのニュースを見て、勘違いして電話か 「現在発生している女児行方不明の件で、当キャンプ場の電話に多数、問い合わせがきていますが、違うキャンプ場です」 「道志の森キャンプ場」は2019年9月24日、ツイッターでこう訴えた。 クレームもあって困っているとしながらも、「必死の捜索が続いています。 無事に見つかる事を祈っています」と女児の安否を気遣った。 実際、女児が行方不明になったのは、同じ道志村でもまったく違う「椿荘オートキャンプ場」だ。 テレビなどで、「道志村のキャンプ場」と報じられることもあることから、勘違いして問い合わせてくるらしい。 道志の森キャンプ場の訴えは、反響を呼び、9000件以上もリツイートされている。 そもそも「他人が何を問い合わせるんだ」といった疑問が上がり、「無事を祈るにも電話したら邪魔でしかないでしょ」「キレる意味もわからない」などと書き込まれていた。 道志の森キャンプ場の運営担当者は25日、女児が4日前に行方不明になってから、1日で数十件の電話がかかってくるとJ-CASTニュースの取材に答えた。 「大丈夫ですか?」といった電話が大半というが... その内容は様々で、女児の安否などを心配して「大丈夫ですか?」といった電話が大半を占めるという。 「営業していますか?」との問い合わせもあった。 しかし、女児がいなくなったことへのキャンプ場の責任を一方的に問う電話もあるといい、最初からキレた様子で「女の子を早く捜せ!」「何をやってるんだ」と難癖を付けるケースもあるという。 「『こちらはそのキャンプ場ではないです』と丁寧に説明するようにはしています。 とはいえ、長い電話もあって、お客さまの問い合わせにも迷惑がかかると考え、ツイートすることにしました」 その効果もあってか、9月25日になって電話は減ったそうだ。 女児不明の影響がこれから出るかもしれないものの、キャンプ場の利用状況は普段と変わらないとしている。 なお、不明の女児は、25日に自衛隊も加わって捜索が続いているが、正午現在で発見されたという報道はないようだ。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

山梨キャンプ場行方不明女児再捜索、手掛かりなし 母「どこかで耐えている」

山梨 キャンプ 場 女児

千葉県成田市から家族や友人と遊びに来ていた小学1年の小倉美咲さん(7)が9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった。 遭難か、連れ去りか、それとも別の可能性があるのか。 県警は事件・事故の両面で捜査を続けるが、手がかりは得られていない。 「初詣をして、両方の実家に行って、お年玉をもらって……。 年末年始は家族で過ごす大切な時間。 今年は、どう年を越せばいいのか想像がつきません」 行方不明から3カ月がたった今月下旬、美咲さんの母とも子さん(36)は苦しい胸の内を語った。 美咲さんは母や姉、友人ら計27人で椿荘(つばきそう)オートキャンプ場を訪れ、先に遊びに行った友達を追いかけたまま姿を消した。 県警や消防、自衛隊などは16日間にわたり、延べ約1700人を投入して捜索した。 家族は当日の服装などがわかるチラシを作り、全国で情報を求めている。 「どんなささいな手がかりでもほしい」と、家族写真や動画を次々と公開。 週末のたびに山梨県内にも足を運び、村内の「道の駅どうし」のほか、大月市や甲府市のJR駅などでチラシを配っている。 とも子さんは今の姿が少しでも分かるようにしようと、美咲さんと同じ長さに切った髪を伸ばし続けている。 そう願う家族が、肉体的にも、精神的にも追い込まれてしまわないか気がかりだ。 情報は大月署(0554・22・0110)へ。 (野口憲太).

次の