宮崎 県 えびの 市 大河 平。 えびの市大字大河平(宮崎県)周辺の販売・卸(食料品)に関する店舗情報

宮崎県えびの市大河平

宮崎 県 えびの 市 大河 平

事件の概要 [ ] 大河平地区の焼亡 [ ] 1877年(明治10年)、士族のに対する不満から西南戦争が勃発した。 飯野(以降に宮崎県へ編入)の大河平地区は後期より薩摩藩の領内にあり、大河平地区の壮年の士族らも薩軍に加わっていたのであるが、官軍との戦闘による負傷に伴い帰郷する者が少なくなかった。 大河平地区の領主である14代の嫡子も戦傷に伴い、鹿児島の本邸ではなく大河平の別邸へ戻って、妻である歌、長男の立夫(5歳)と次男の左彦(3歳)の二人の男子、長女の久米(10歳)と次女の英(8歳)、三女の時(7歳)、および生後数ヶ月の乳児だった四女の悦と共に在った。 その最中、官軍がに及び、薩軍はに本営を置きつつ、を挟み対峙する形となる。 薩軍は官軍が大河平に入ることを危惧し、鷹丸へ大河平の全村を焼亡するよう命じた。 の戌亥の刻(20時から22時頃)、各村ではちょうど、に向けての造りの最中にあり、また鷹丸と同じく薩軍に参加し戦傷により戻った者も少なくなかったが、鷹丸は従者数人を伴いまずは自らの別邸を焼くと、元屋敷・平木場までの60余村を次々と全焼させた(鍋倉の村のみ、明け方となったために実行されず)。 、飯野越えを守備していた薩軍が敗戦し、参加していた大河平家の臣下の・らは大河平へ帰り着くが、彼らは村々の焼亡に関して全く聞かされておらず、灰燼に帰した郷村に驚愕する。 特に大河平家の山林・原野・田畑の管理の一切を任されていた川野の憤激甚だしく(以前に材木の盗難のことで鷹丸に叱責されており、宿怨を持っていたともされる)、鷹丸一行を追いかけて、翌日に才谷の陣の岡にて追いついた。 すると、清藤が鷹丸の従者一人を斬殺、川野も鷹丸へ斬りかかる。 鷹丸はどうにか逃げ遂すと、残る従者一人を連れて鍋倉の親戚の家へと逃げ込んだ。 一家斬殺 [ ] 、鷹丸の妻・歌と子供らは異変を察し、従者8名と共に鷹丸の逃れた鍋倉の家へ向かったのであるが、敢え無く川野らに発見された。 川野らは凶徒と化し、鷹丸の妻子へ斬りかかる。 鷹丸はこれを阻止すべく川野らへ斬りかかったが、返り討ちにあい逆に斬り殺された。 妻の歌は自らの乳児を抱きかかえて逃げるも、追いつかれて斬殺され、乳児も首を切られて殺された。 長女は3歳の次男を背負って逃げるところを、重ね合わせて突き殺され、5歳の長男は喉を貫かれて絶命した。 辛うじて生き延びたのは次女の英と三女の時、更に従者のセツの三名のみであった。 英は時を逃がすべく凶徒に立ち塞がり、断崖より飛び降りたが木の枝により命拾いし、逃亡する途中で偶然セツと出会う。 二人は日が暮れてから小林へ向かい、小林の薩軍により鹿児島の本邸にいた祖父・隆芳の元へ送り届けられた。 一方の時も、凶徒に殺されんとした折に薩軍と出くわし、同じく鹿児島へ無事に送り届けられた。 また、鷹丸の従者が川野らの襲撃前に家の裏口より逃れ、小林からを東回りに迂回して鹿児島入りしており、事の仔細は隆芳、並びに鹿児島の薩軍の知るところとなった。 一方、鷹丸らを斬殺した川野らは、に官軍へ投降した。 隆芳の報復 [ ] 隆芳は一族郎党を率いて大河平へ急行、惨劇の有様を目の当たりとする。 隆芳らは鷹丸の仇と称して、また薩軍は川野らが官軍に投降したことから大河平士族の官軍内通を疑い、大河平士族の拿捕を決定する。 それを知った大河平士族の村岡十郎左衛門・渡辺七郎兵衛の二人は、小林の薩軍本営へ出向くと、自身の子らは薩軍に参加し各地を転戦しており、官軍に内通する筈がないと述べたが、大河平士族と言う理由だけで斬殺された。 薩軍の攻撃に抵抗した者は討ち死に、そうでない者は逃亡に及んだ。 また、隆芳は士族の妻子を捕えるとへ送って処断、更に米穀を奪い牛馬をした。 無事に逃れた者のうち、を越えた老人・女・子供30余人は坪屋村の官軍に投降した。 また、官軍に投降するのを危惧した者達は、の大畑方面へ逃れて農家の世話になり、そこで田植えや雑草取りなどを手伝いながら9月頃まで匿われた。 凶徒らの処分 [ ] 西南戦争終結後、隆芳は鷹丸を殺害した者達をする。 このとき、川野は密かに逃亡しており、それを除く全員がされた。 但し、清藤はその収監中に脱獄する。 (明治12年)、首謀者である川野・清藤の二人を欠いたままにて判決、凶徒らに懲役1年が言い渡される。 隆芳はこれを不服としへ、更に多額の私財を投じて、逃亡中である川野と清藤を探索させた。 うち川野は、の山中に潜んでいるところを発見されて引き渡された。 川野には(明治14年)9月、三度目の裁判にてが宣告された。 また、隆芳は裁判費用ならび、川野・清藤捜索費用捻出のために、所有していた7,800haの領地のうち立木200haを実業家のに売却するのであるが、後にこれが、宮崎県初のとなるへと繋がっていく。 参考文献 [ ]• 『えびの市史 上巻』 えびの市郷土史編さん委員会• 『諸県の歴史散歩』 橋口与蔵著.

次の

えびの市めがね橋 「月の木川橋」(宮崎県えびの市)

宮崎 県 えびの 市 大河 平

もくじ• 宮崎県えびの市大河平のホテルで肝試しで遺体発見 遺体発見の一報があったのは、2020年4月15日(水)の午後0時50分ごろとされています。 宮崎県えびの市大河平にあるホテル跡地を県外から肝試しに訪れた20代の男性2人が、ホテル内にあった死体を発見し、110番によって事件が発覚しました。 110番の通報を受けて駆け付けた宮崎県警えびの署によると、ホテルは9階建てで数十年前に廃業をしており、入口はガラスが割れていて、誰でも入れる状態だったとされています。 肝試しに訪れた2人は、1階から順に上がり、6階の客室で、ベッドにあおむけに横たわる遺体を発見しました。 遺体は腐敗が激しい状態であったとされており、年齢、性別は不明。 身長は170~180センチで白髪交じりで、半袖シャツ、長ズボン姿だったことが分かっています。 所持品は見つかっておらず、同署は事件と事故の両面で調べを進めるとしています。 スポンサーリンク 肝試しの場所は宮崎県えびの市のグリーンヒルズホテル 今回の死体発見の場所となったのは、宮崎県にあるグリーンホテルのようです。 心スポいこうのノリで遺体発見するの怖すぎだろ — r yuaabyby リアルホラーになったホテルはここか。 宮崎県えびの市大河平(おこびら)のグリーンヒルズホテル跡 映画に出てきそうな廃墟っぷり。 名前:不明 年齢:不明 性別:不明 職業:不明 特徴:身長は170~180㎝ 白髪交じり 服装:半袖シャツ、長ズボン 見つかったのが、ホームレスであるといった可能性はありますが、しかしそうすると、日用品などの痕跡が見つかっていないのが気になります。 白髪交じりであったということは、40代後半~50代あたりの年齢ではないかと思われます。 また、所持品を持っていなかったとされる点からも不自然な点がうかがえるため、事件性のある出来事だという可能性のほうが高いと思われます。 スポンサーリンク 肝試しで廃墟に入るのは違法行為? 今回の死体発見となった事件ですが、基本的には廃墟などに入ると違法行為となるようで、それによって逮捕される場合もあり、その違いは管理している建物(管理物件)か否かとなっています。 この、管理物件に立ち入って通報された際に、その建物の管理者が警察に被害届を出すことで「逮捕」となるようです。 逆に、管理物件でない場合(管理者が行方不明の場合)は、警察が管理者を見つけられないため、厳重注意処分で済むこともあるとか。 ただ、どちらにしても違法行為であることには変わりないため、興味本位だけで行くのは避けたほうが良いといえます。 どうしても入りたい場合は自己責任となります。

次の

心霊スポットグリーンヒルズホテルに死体!宮崎県えびの市で肝試し中に発見!|あわづニュース情報流行ネタ

宮崎 県 えびの 市 大河 平

Contents• ニュースでは 県警えびの署によると、 入り口はガラスが割れ、誰でも入れる状態だったそうです。 2人は1階から順に上がり、6階の客室で、ベッドにあおむけに横たわる遺体を発見。 夜中の0時50分ごろに連絡が入ったとのことなので、相当怖いですよね。 遺体は腐敗が激しく年齢、性別不明で身長は170~180センチ。 白髪交じりで、半袖シャツ、長ズボン姿だったそうです。 所持品は見つかっておらず、事件事故両面で調べると報じていました。 宮崎県えびの市大河平の廃ホテルとは? 宮崎県えびの市大河平の廃ホテルは「グリーンヒルズホテル」だそうです。 1980年に開業。 道路沿いにホテルがあり、外観にインパクトがあります。 宿泊部屋は7階までで、8階は円型の展望スペースがあり、9階建てで数十年前に廃業しています。 「グリーンヒルズホテル」に実際に入ってブログにあげている方を見つけましたので、URLを貼っておきます。 怖いのが嫌な方にはオススメしません。 廃墟マニアとかの方にはオススメです。

次の