街コン 外国人。 街コン参加で出会おう!初心者向け街コン攻略法(2019年完全版)

期待外れ!街コンが外国人との出会いにおすすめでない3つの理由

街コン 外国人

以前は、日本人しか参加できない企画ばかりでしたが、近頃は、 「国際交流パーティー」「国際交流会」などと銘打った、男女問わず外国人の方の参加を呼びかける街コンも多く開催されています。 このような企画の街コンを選んで参加すれば、外国人の男性・女性と出会える確率はぐっと高まることでしょう。 日々自宅と会社を往復する中で、偶然にも外国人男性と出会い、恋に落ちる確率はゼロにも等しいもの…。 「外国人と恋がしたい!」という明確な目標があるのなら、このように、外国人との出会いの場を提供してくれる婚活・恋活イベントに積極的に参加すべきです。 日本で開催する街コンに外国人の方々が参加しているのは、日本人との出会いを目的としているからこそ。 外国人に出会いたい日本人と、日本人と出会いたい外国人ということで、まさに お互いの希望がマッチしているので、気の合うお相手と出会えれば、恋愛に発展する確率も高いというメリットもありますよ。 婚活パーティーや結婚相談所などの婚活サービスでは、参加・入会条件が厳しかったり、結婚への真剣度が高かったりで、外国人の方にとってはハードルが高く感じられてしまうもの。 飲食を楽しみながら気軽に参加できるイメージの強い街コンであるからこそ、外国人の方も参加しやすく、外国人の異性との出会いが得られると言えるでしょう。 外国人の方との出会いを希望していても、「英語が話せないからな…」とご自身の語学力について心配になり、外国人と出会える街コンへの参加を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。 しかし実際の参加者の口コミをみると、 「英語が話せなくても楽しめた!」「カタコトの外国語でもボディーランゲージを使えばちゃんと相手に伝わりました」という意見が多く見受けられるため、心配する必要はありません。 というのも、前述したとおり、国際交流パーティーに参加する外国人男性は日本人女性との出会いを希望しています。 よって 多少英語が不自由であったり、日本語が中心の会話になってしまったりしても、外国人側もあなたの伝えたいことを理解しようと努力してくれるからです。 ご自身の立場で考えてみてください。 あなたが外国人男性との出会いを希望しているのなら、相手が日本語でなんとかコミュニケーションを取ろうとしていれば、一生懸命に耳を傾け理解しようと努力しますよね。 このように、外国人の方もあなたの言葉を受け取ろうとしてくれるので、ときにはジェスチャーを交えたり、英語ができるまわりの日本人の方にフォローしてもらったりすれば、案外外国人の方々とのコミュニケーションは取れるものなのです。 言葉の壁について気にしすぎることなく、まずは思い切って街コンに参加してみることをおすすめします。 外国人と出会うなら街コンがおすすめですが、参加にあたっては注意点もあります。 参加前にチェックしておきましょう。 しかし、その中で日本人との出会いを求めていて、かつ「国際交流パーティー」という特別な企画の街コンを開催している地に住んでいる外国人という条件に絞ると、そこまで人数は多くないかもしれません。 そのため、いざ街コンに参加しても、参加者の割合は日本人のほうが多くなってしまう可能性も。 しかし 街コンで外国人の男性とつながりができれば、紹介から出会いを得るチャンスを作り出すことができます。 街コンに参加することは外国人男性との出会いを掴むための第一歩としましょう。 基本的な街コンでは、男性より女性の参加費が抑えられているように、 外国人もまた参加費が抑えられていることが多いようです。 ときには日本人男性の参加費が、日本人女性・外国人の参加費の2倍以上高く設定されていることも。 外国人男性と日本人女性の出会いに限られている企画であれば、男性より女性の参加費の方が高く設定されていることもありますよ。 しかしこれは、それだけ外国人男性との出会いには希少価値があるということだと理解しましょうね。 よって、このような企画の街コンが開催されるのは、基本的に東京や大阪、名古屋などの主要都市となることを覚えておきましょう。 自分の住んでいる地域から飛び出してでも「外国人に出会いたい!」という熱意があれば、県を越えて会いにいくことも検討してみてはいかがでしょうか。 そのため「いますぐ結婚相手を見つけたい!」という婚活意欲が強い方では、少々じれったさを感じてしまう可能性もあるでしょう。 まずは外国人男性と友だちになり、ゆっくりとコミュニケーションを取りながら、 ゆくゆくは結婚できたらいいなと長い目で外国人男性との交流を楽しみたい方にとっては、街コンへの参加はとてもおすすめですよ。

次の

飲食店経営の皆様へ

街コン 外国人

2012年頃より恋活・婚活を目的とした街コンが流行しましたが、2015年時点ではブームは完全に去っています。 しかし、新たな動きも起き始め、外国人との国際交流・恋活・婚活を目的とした街コンが東京、大阪、名古屋、福岡などで開かれるようになりました。 ただ、「本当に外国人と出会えるの?」というと、正直「?」となります。 ここでは、 街コンでの外国人との出会いに期待できない理由を紹介していきます。 魅力が無い人しか街コンに参加しない アメリカのホームドラマなどで、休日にホームパーティーを開いている場面を見たことがあると思います。 そのため、外国人はパーティーやコンパが大好きと思うかもしれませんが、恋活や婚活が目的となると話は変わってきます。 海外では、 恋活や婚活のために婚活パーティーに参加する人は、「結婚できなくて本気で焦っている奴」と認識されるのです。 つまり、 結婚できない(魅力が無い)人しか行きません。 街コンに参加しようか考えている人は、イケメンが外国人男性や美しい外国人女性との出会いを期待していると思います。 しかし、そういった外国人との出会いが本当にあるか?といえば、確率は低いでしょう。 外国人は合理的・効率的に行動する 日本人と違い、外国人は「無駄なことをしない」「納得しないとやらない」など、合理的に考えて行動するといわれています。 有名な話としては、日本人はダラダラと長時間労働する一方で、外国人は効率的に行動して残業せずに帰社するという話がありますね。 そのため、アメリカのような国では、恋活・婚活ではパーティーのような非効率的な方法は避け、複数の人にアプローチができるネット恋活・婚活サービスの方が主流となっています。 参考: 日本に住む外国人についても同じで、 パーティーや街コンよりも、インターネットを利用した恋活・婚活サービスを利用した方が外国人が多くおすすめです。 寄せ集められた外国人が多い 街コンに参加する外国人はどのようにして集められるのでしょう? 外国人との交流を目的とした街コンを開催するには、外国人の参加者が不可欠。 しかし、無料だからこそ、不参加になってもキャンセル料が取られるわけではないため、 参加するモチベーションが高くない外国人が多いです。 とくに目的がなく参加した外国人や、飲み食いするためだけに参加した外国人と交流してもあまり進展は望めません。 外国人の参加者が日本人に比べて少ない 上で書いた理由から、外国人の参加者が少ない場合が多いです。 そのため、 日本人の参加者の方が多くなり、少ない外国人に群がってしまうため、競争率が高くなってしまいます。 限られた時間の中で、他人よりも自分をアピールして、その後の交流を深めているくのは簡単なことではありません。 日本人の参加料が高い 街コンの開催者は、日本人から参加費を集めることで収益を上げています。 外国人の参加費を無料にする分、日本人の参加費が高くなってしまうのです。 街コンは人数が集まらないときは非開催になってしまうことがあるのですが、 ひどい街コンの場合、非開催になってもお金の払い戻しがされないものもあるのです。 まとめ 街コンでの外国人との出会いは、正直、期待できるものではありません。 出会えるかもしれない外国人の質が悪く、参加するにもお金がかかってしまいます。 外国人と出会うなら、他にも方法はありますので、街コンは避けた方が後悔しなくて済むでしょう。 関連記事•

次の

街コン参加で出会おう!初心者向け街コン攻略法(2019年完全版)

街コン 外国人

開催中は何百人という参加者男女が目印となるリストバンドを付けて飲食店を何店舗も巡っていたんですよ。 しかしながら1人参加ができなかったり、コミュニケーション力がないと参加しても異性と仲良くなれない、また婚活パーティー・婚活サイト・マッチングアプリの流行により徐々に街コンの形態も変わってきました。 現在では、 複数の店舗の合同開催から1店舗で開催、また人数も20〜30人規模となっています。 1人参加も可能で着席して軽く飲食をしながら男女が会話し時間が着たら席移動という婚活パーティーにも似た形式になっています。 婚活パーティーのように専用の会場でお互いプロフィールカードみながら2〜5分ずつ会話し次の人…というより、軽く飲食をしながら複数人で20〜30分間話す、といったもう少しカジュアルな出会いが街コンの特徴です。 本気の婚活の前に、まずは幅広い出会いを求めている人は街コンがおすすめです。 \街コンRooters/ 毎日全国で開催中 街コンの選び方 以前と形態が変わってきた街コンですが、現在はどんな街コンがおすすめなのでしょういか。 街コン初心者向けに街コンの選び方をご紹介します。 自分の年齢・趣味に合った街コンへ 街コンも細かく分かれてきており、「27歳〜35歳まで」「20代限定」「30代限定」「アニメ好き街コン」「映画好き向け街コン」といったように、年齢・趣味別に開催されています。 「20代〜40代、誰も参加OK」という街コンより 自分の年齢・趣味に合った街コンのほうが異性とも話が弾みます。 自分が得意とするジャンルの街コンを選びましょう 女性の参加費が男性参加費の半分程度である 街コンも婚活パーティー同様に男性の方が参加費が高く設定されています。 あまりに男性のほうが参加費が高く設定され、女性が安い(もしくは無料)街コンだと、軽い気持ちで参加している女性が増えて出会いにつながらなかったり、男性が必死になりすぎて会話が盛り上がらなかったりします。 できるだけ男女の金額の差がない(半額程度)の街コンがいいでしょう。 15分以上会話ができる 婚活パーティーの場合、1人あたり2〜3分しか話せないことが多いのですが、街コンでは20〜30分くらい異性と会話ができます。 1組あたりの会話時間が短いと仲良くなる前にシャッフルになってしまうので最低でも15分以上異性と話せる街コンがおすすめです。 スポンサーリンク 街コンで連絡先を交換したら 街コンで連絡先交換した後の流れについてご紹介します。 街コンで連絡を無事交換できたら 街コンで無事に連絡先交換はLINEを使うことが多いはずです。 連絡先交換したら一度その場でLINEをおくりましょう。 そのときに 自分の特徴や会話をした内容を送るとお相手の記憶にも残りやすくなります。 街コンでは複数人が出会い、何人もと連絡先交換をすることがあります。 後日交換した連絡先を見てみると「あれ??この人ってどんな人だっけ」となることが多いんです。 相手に忘れられないよう自分の特徴や相手と話した内容をメッセージとして送っておきましょう。 気になる相手とは1週間以内に会いましょう 街コンでの出会いは鮮度がとても大事です。 時間が経つほど、お互いのことを忘れていきます。 また別の街コンや婚活パーティーに参加されてしまうと以前会った人のことを忘れられてしまいます。 そうならないよう「鉄は熱いうちに打て」と言われるように、早めに2回目会うようします。 シンプルに「今度、食事にでも行きませんか?」と誘えばいいのです。 街コンで会って連絡先交換した相手です。 早めに誘えばうまくいく可能性も高いはずです。 経験上、1週間以内に2回目会うと親密度が上がります。 2週間以上空いてしまうとお互い気持ちが下がってまい、うまくいかないことが多くなります。 もちろん街コンでの連絡先交換なので断られることも多いでしょう。 気にすることはありません。 婚活での出会いはうまくいかないことのほうが多いのです。 うまく行かなくても気にせずまた次の出会いの場に参加しましょう。 社交辞令のような感じで連絡先交換することもありますが、それでもときどきメッセージ交換していれば、別の相手を紹介してくれることもあります。 街コンでの出会いから小規模の合コンになることもあります。 タイプじゃないとフェードアウトせずに、気が合いそうな人なら連絡をとっておきましょう。 残念ながら異性と連絡先が交換できかった場合 残念ながら気になる相手と連絡先が交換できなかった、もしくは交換したいと思う相手がいなかった、そんなこともあるでしょう。 そんな時は思い切って、婚活する仲間を見つけましょう。 なんで婚活の場にきてまで同性と仲良くする必要性がるのか、と思う方も多いと思いますが、ちょっと待って下さい。 実は同じ目標を持ったと共に婚活をしたほうが出会いのチャンスが増えるのです。

次の