ご丁寧にご連絡いただきまして。 「わざわざ」「ご丁寧に」

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

ご丁寧にご連絡いただきまして

ビジネスで「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えることは多いでしょう。 ビジネスだからこそ、ちょっとした一言を忘れないようにしたいです。 いくつか例文をご紹介します。 ビジネスの場合、相手の忙しさや忙しそうな時間帯などにも配慮し、文の中に言葉を入れることで気持ちが伝わるでしょう。 連絡に対してのお礼の言葉と、連絡に対しての返事などを明確にできればきちんとした対応に繋がります。 お礼を伝えることで、感謝の気持ちと連絡を受け取ったという確認にもなります。 相手にも安心感を与えられるでしょう。 冒頭に使うことが多い文ですが、最後に使うこともあるでしょう。 文末に使う場合は「ご連絡いただきありがとうございました」に変えて締めくくると良いでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」例文1 「ご連絡いただきありがとうございます」を上司に使う場合、どんな使い方があるのでしょう。 「ご連絡いただきありがとうございます」は敬語になっていますので、そのまま使っても失礼ではありません。 上司ですので、一言思いやりの言葉を付け加えるとさらに丁寧に感じられるでしょう。 朝早くの連絡なら「お忙しい中、ご連絡いただきありがとうございます。 」や、仕事終わりの時間帯の連絡なら「お疲れのところ、ご連絡いただきありがとうございます。 」など時間帯によって言葉を選ぶと良いでしょう。 折り返しで早い連絡なら「早速の」を付け加えると良いでしょう。 ほんの一言ですが、あるのと無いのではずいぶん印象が変わります。 その一言で、上司にもしっかりと伝わるでしょう。 連絡に対してお礼を伝えることは面倒だったり忘れがちでもあります。 しかし、確認の意味でも早めに連絡のお礼を伝えたいです。 すぐに電話に出られなかったり、連絡に気付くのが遅かったときなどもお詫びの言葉と共にお礼を伝えましょう。 あまりにも長い間返事が無いと、伝わっていなかったのではないかと相手に心配させてしまいます。 連絡をいただいたことに感謝して、一言付け加えるとさらに気持ちが伝わるでしょう。 相手も忙しい中、わざわざ連絡をしてくれたんだと感じると自然に言葉が出てきます。 日頃の何気ないやりとりではありますが、その小さな積み重ねによって信頼感系を築けたり、信用にも繋がります。 絆も強くなることでしょう。 小さな連絡にも「ご連絡いただきありがとうございます」と伝えられると良いでしょう。

次の

「送らせていただきます」は正しい敬語?意味と目上への使い方、言い換え表現を紹介

ご丁寧にご連絡いただきまして

Thank you for contacting me. I appreciate your contacting me. どちらともにある動詞の「contact(コンタクト)」は「連絡する(コンタクトを取る)」という意味になります。 また、『』の記事でも色々と解説していますが、「appreciate」は「thank」より、より丁寧でフォーマルな言い方となります。 今回は「contacting me」と代名詞を「me」としていますが、会社自体に何かしらの問い合わせが来た場合は、「us(私たちに)」という代名詞を使います。 そして、次で解説するように、「ご連絡ありがとうございます」に付け足して表現することもあります。 お忙しいところわざわざご連絡ありがとうございます。 「お忙しいところわざわざ」を直訳して英文にするとすれば、「Thank you very much for contacting me out of your busy schedule. 」などとなります。 しかし、もっと短く簡潔に表現するとすると、 「Thank you very much for your time to contact me. 」(直訳:私に連絡するために割いていただいた時間に感謝します)というのがいいでしょう。 シンプルですが、ストレートに相手に伝わります。 ご丁寧に連絡ありがとうございます。 「ご丁寧に」はどのような表現がいいのでしょうか? 基本的に「Thank you very much for conotacting me. 」か「Thank you very much for your contact. 」などでもいいのです。 しかし、あえて「丁寧に」を言うなら 「Thank you very much for your kind contact. 」か 「Thank you for kindly contacting me. 」など 「kind(kindly)」を付け足すといいでしょう。 「contact」を今回は名詞としても使っています。 ご連絡ありがとうございます。 承知しました。 「分かりました。 ご連絡ありがとうございます。 」という場合もありますね。 しかし、『』の記事でも書いている通り、「thank you for contacting me. 」という表現だけで、そのことについては了解しました(承知しました)という表現が含まれていると考えてOKです。 ご丁寧に、お忙しいところ、などの表現は特に日本語では丁寧に聞こえて相手に対しても失礼のない言い方なのですが、英語では「ご連絡ありがとうございます」のみの表現でも全然問題ないので留意しておきましょう。 2.その他の英文で「ご連絡ありがとうございます」を表現できる? 先ほどは「ご連絡ありがとうございます」をそのまま直訳した表現を中心にご紹介しましたが、それだけの表現だけではありません。 それぞれの状況などに応じて変更することが可能です。 一つのパターンよりも様々なな表現を知っておくことで英語の幅が広がります。 お知らせ頂きありがとうございます。 相手に何かしらの情報を知らせてくれたことに対してのお礼となる言い方ですね。 次のような表現でOKです。 Thank you for your kind notice. I really appreciate your information. 」となります。 メールありがとうございます。 メールで連絡することはビジネスでは多いですね。 よってそのままのお礼を言うことで「ご連絡ありがとうございます」と表現できます。 単純に、 「Thank you for your e-mail. 」でOKです。 ご返信ありがとうございます。 『』の記事でもあるように、返信は「reply(リプライ)」という単語をよく使います。 「メール受領のご連絡ありがとうございます」というニュアンスも含みますね。 その時は、 「Thank you for your kind reply. 」などでも十分な言い方になります。 お電話ありがとうございます。 メールだけではなく電話で連絡がくることもありますね。 その場合は、 「Thank you veru much for your call. 」でOKです。 まとめ:ワンパターンにならないことが大切! ここまでご紹介した表現を参考にして、色々な場面で活用してみて下さい。 先ほども申し上げたように、ワンパターンにならないように注意しましょう! 相手の印象も変わります。 ビジネスシーンで「ご連絡ありがとうございます」を使い分けれるようになるとかっこいいですよ!是非、ご参考下さい。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「ご連絡」の正しい使い方とは?間違えやすい敬語表現も解説!

ご丁寧にご連絡いただきまして

資料、請求書、各種書類、郵便物、データなどビジネスの場ではさまざまなものを送ったり、受け取ったりしています。 仕事上大切なものなので、受け取った場合は、その旨を相手に伝えることがビジネスマナーでもありますが、「受け取りました」だけでいいのでしょうか?「受け取りました」の使い方を詳しくみていきましょう。 「受け取りました」の敬語は? 「受け取る」と同じ意味を持つ言葉で「受領(ものや金品を受け取ること)」があります。 「受け取りました」は同僚や、取引先でもよくやり取りをする同じ立場の相手などでしたら使用しても問題のない敬語ですが、少しカジュアルな感じを持つ言葉です。 ビジネスの場では「受領しました」という敬語のほうが受け取ったことをあらわし、かつ、丁寧な印象を持つため、適しているといえます。 「受領しました」は始めての方や目上の方にも失礼はありませんが、さらに丁寧に「受け取りました」をあらわす敬語として、「拝受しました」があります。 受け取る・受領の謙譲語。 謹んで受け取るの意味です。 ビジネスの場で相手が目上の方であったり、重要な場面で使う言葉になります。 同じ立場の相手などに使うには不自然になりますが、とっておきの場で使える敬語です。 「いただきました」は使える? では、似たような表現で「いただきました」は受け取ると同様の意味として使ってよいのでしょうか。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 また、「食べる・飲む」の謙譲語でもあります。 「美味しくいただきました」や「けっこうな品物をいただきありがとうございました」などと使います。 ここで気をつけなくてはいけないのは「もらう」という意味です。 「もらう」は「自分のものにする、手に入れる」という意味が含まれます。 ビジネス上の書類や荷物は自分のものではなく、仕事上で必要な会社のものであるため違和感が生じます。 「いただきます」は敬語としてはきれいな言葉ですが、個人のものの受け取りに使い、ビジネスでの物品は「受領いたしました」「受け取りました」を使うほうが適しています。 「受け取りました」と「拝受しました」の敬語の使い方は? 「本日、プロジェクトの資料を受け取りました。 ありがとうございます。 まずは受け取り確認のみにて失礼いたします。 」 シンプルに受け取った事実を伝えています。 堅苦しさがなく、やわらかい雰囲気を持つ敬語ですが、初めての方、目上の方にはきちんとした感じが足りない印象を与えることもあります。 何度もやり取りする相手や同僚の立場であれば、逆にシンプルでわかりやすい敬語といえるでしょう。 「お世話になっております。 先日お願いしました資料を本日受領しました。 迅速に対応していただきありがとうございました。 今後ともよろしくお願いいたします。 」 こちらもシンプルに受け取った事実を伝えています。 また「受領」は「受領印」や「受領書」などビジネスの場でも使われる言葉のため、ビジネス要素の強い言葉です。 初めての方や目上の方でも失礼のない、使いやすい敬語です。 「拝受しました」の使い方 メールでの「受け取りました」の敬語の書き方は? ビジネスメールで大切なことは、読みやすくまとめることです。 手紙のルールで「拝啓 敬具」などの挨拶がありますが、メールで挨拶を丁寧にすると文章が長くなり見づらくなります。 メールで大切なことは「受け取った」ということをわかりやすく伝えることといえるでしょう。 同僚や、やり取りが多い相手の場合は「受け取りました」でも敬語としては問題ありません。 一般的なビジネス上の相手の場合は「受領しました」が使いやすい敬語です。 受け取ったものや書類についての内容をメールで伝えると長くなるため、「まずは受け取り確認(受領確認)のみにて失礼いたします」とシンプルに伝えると相手もわかりやすいメールになります。 さらに受け取ったことを丁寧に伝えたいときはお礼の文章を長く書くのではなく、「拝受しました」がメールでは適しています。 「拝受しました」とお礼の一文を入れたメールは丁寧な受け取り確認メールになります。 種類別「受け取りました」の適した敬語は? 請求書の場合 相手から請求書を受け取った場合も書類と同様、「受け取りました」「受領しました」、相手や状況によっては「拝受しました」が適切な敬語です。 また請求書は金銭が関わる、ビジネスでは大切な書類です。 確実に受け取ったことをあらわすため「確かに受け取りました」のように「確かに」をつけると相手に安心感を与えます。 また金銭がかかるため、内容を確認し、早急に対応する旨を伝えるとよりよい印象を与えます。 資料の場合 資料は書類やデータ、サンプル品など物の場合もあります。 どの場合でも「受け取りました」「受領しました」、相手と状況によっては「拝受しました」は適切な敬語です。 資料は相手の伝えたいことです。 確実に受け取ったことをあらわす、「確かに」を入れることもよいでしょう。 また、ゆっくり確認する場合は「受け取り確認のみで失礼いたします」の一文を、確認した場合は「確認しました」「拝見しました」の一文を入れることもこちらの状況を丁寧に表すことができます。 ファイルの場合 ファイルはメールに添付したデータの添付ファイルが主ですが、添付ファイルがきちんと届いたか、きちんとみてもらえたか、が送り主としては知りたいところです。 ファイルを受け取った場合は、「受け取りました」「受領しました」、相手や場合によっては「拝受しました」が適した敬語です。 ファイルの場合は受け取ったことと実際ファイルの内容をみたことも伝える必要があります。 「ファイルを受け取り、確認しました」や「ファイルを拝受し、拝見させていただきました」にするとより、相手への配慮がうかがえる表現となります。 郵便物などの場合 紙の書類やサンプルなどの品物は郵便や宅急便などで送られることも多くあります。 郵便、宅急便だと到着したかどうか、送り主は気になります。 ここでも「受け取りました」「受領しました」「拝受しました」での敬語表現で問題ありません。 確実に受け取ったことを伝える「確かに」も加えて報告するとよいでしょう。 荷物を受け取ったときの「受け取りました」の敬語の言い方は? 荷物はビジネスでのサンプル資料や商品などがあります。 また、個人のお祝いの品やプレゼントなどもあります。 ここではビジネスシーンとプライベートシーンの荷物の「受け取りました」の敬語表現を見ていきましょう。 まずは「確かに受け取りました」 荷物は郵便、宅急便などで送られます。 まずは確実に受け取ったことをあらわす、「確かに」を忘れないことと、受け取ったら早めに連絡して相手に配慮するようにしましょう。 ビジネスで荷物を受け取った場合 受け取るの敬語である、「受け取りました」「受領しました」「拝受しました」は問題なく使える敬語です。 荷物の場合は「着荷しました」と荷物が到着したことをあらわす言葉も適しています。 プライベートで荷物を受け取った場合 プライベートの場合、「受領しました」「着荷しました」は少し堅苦しく、冷たい印象をあたえます。 「受け取りました」のほかには「もらう」ことをあらわす「いただきました」も適しています。 相手が目上の方の場合は「拝受しました」も問題なく使えます。 「頂戴しました」も丁寧で適した表現です。 「受け取りました」は相手のことを考えて使おう.

次の