読書 感想 文 中学生 おすすめ。 何を読もうか迷ったコレ!中学生におすすめの本

中学生の読書感想文 本のおすすめは?選んではいけない本も紹介!

読書 感想 文 中学生 おすすめ

こんにちは! みなさん、夏休みの宿題は終わりましたか? …たぶん、この記事をご覧になっているということは、 あの宿題がまだ残っているのではないでしょうか? そう。 読書感想文です! 読書感想文って、 自由研究並みにラスボス感の強い、ボリューミーな課題ですよねw めっちゃわかります。 私も最後の最後まで残してました。 ただ、もし 「読む本は自由に決めていい」と言われているなら あなたはスーパーラッキーです! なぜなら読書感想文は、読む本によるところがものすごく大きいからです。 社会科の授業で習う人権問題とは比較にならないほど リアルで、残酷で、重い人権問題を学ぶことができます。 内容が内容なので、「よし!やるぞ!」と気合を入れないと 途中でツラくなって挫折してしまいがちですが、 読み終えた暁には読書感想文を書く手が止まらなくなること必至です。 もう、原稿用紙5枚とか一瞬で書けてしまいますよw それくらい、読みごたえは抜群ですし、 学べることも多く、ついでに先生からの評価も高くなると思います。 タイトルからわかるように食べ物のお話しですが、 ご当地のおいしいものガイドや世界中のグルメ紹介本などではありません。 世界の食糧事情を書いたルポルタージュで、 こちらも結構重めの内容となっています。 この本が書かれたのは1990年代初頭なのですが、 数十年たった今読んでも、古めかしさや時代に遅れているといった印象は受けません。 かなり衝撃的な内容ですので、こちらも『アンネの日記』同様 気合を入れて取り組むべき課題図書になりますが、 その分、思うところも多いはずです。 私としては、読書感想文とか関係なしに1度は読んでほしい名著だと思っています。 それくらいおすすめです。 ——————————————————————- いかがですか? 「う~ん 重い話はちょっと…」という方や、 もう少しハードルの低い本を探しているという方は、次の章も合わせてご覧ください。 笑って、泣けて、そしてためになる、素晴らしい作品だと思います。 もし、良ければなんですが、 ドラマ放送時に主題歌として起用された、 SEAMOさんの「Continue」という曲を用意して、 曲を聴きながら読んで頂けると、より一層ガツガツ読めますw 「Continue」という曲が、クラシックの「威風堂々」のメロディを そのまま使っており、それに力強いメッセージが乗っかり、 とても背中を押される1曲に仕上がっているんです。 たしかに、この本を読んで感想文を書いたところで、 何かしらの賞をもらったり、先生からの評価が上がることはないかもしれません。 アニメやドラマ、映画など、映像化されたものを最初に見ることで とっかかりをつかむことができ、感情移入も格段にしやすくなります。 これにより、感想も浮かびやすくなるというわけなのですが、 映像を見るだけで終わりにせず、ちゃんと本も読んでください。 なぜかというと、 本を読まずに提出した読書感想文は高確率でバレます。 そんなことになるくらいなら、この後の章で紹介する ラクに仕上げるためのオススメ作品を選んでください。 映像を見るのは 作品への導入として見たり、作品の理解を深めたりするのにはもってこいですが、 映像だけで完結させてしまわないよう、くれぐれもご注意くださいね。 さてさて、 ここまでいくつかご紹介してきましたが、 「学びとか、面白さとかは二の次でいいから、とにかく短い本教えてよ!」 という方、お待たせしました。 次の章で、それ、ご紹介します。 「でも、短い本って、大概子ども向けだし…」なんて悩む必要はありません! うってつけの本がありますよ。 それは… 短編集です! 短編集で特にオススメなのは、 芥川龍之介の作品集ですね。 『蜘蛛の糸』、『蜜柑』、『トロッコ』、『羅生門』など様々な種類があり、 基本10分程度で読み切れてしまう内容にもかかわらず、 内容が濃いため、読書感想文にもピッタリなんです。 また、芥川龍之介ということで、先生からの評価も良くなることが期待でき、 それでいて難しい漢字なども少ないので、 一石四鳥のオススメ作品になってます! 最初に読んだ作品が「どうも自分に合わないな」と感じても、 すぐに別の作品に移れるというのも短編集の魅力ですね。 課題図書選びに行き詰った時の最後の砦として、是非ご参考にしてみてください! まとめ 今回は、 読書感想文の課題図書について、目的別にオススメをいくつかご紹介しました。

次の

中学生の読書感想文におすすめの本ランキングTOP13

読書 感想 文 中学生 おすすめ

出版当時、ベストセラーになったお笑い芸人の麒麟・田村さんの自叙伝です。 家も保護者もないホームレス中学生…… 本を読んでいる自分と対比させればスラスラと筆も進むと思います。 日常の大切さ、親兄弟や周囲の人たちの愛情の尊さなどに気付かされる一冊です。 主人公は中学生よりも一つ年下の小学六年生。 小学生最後の夏休みを過ごす少年たちとおじいさんの物語です。 夏休みの宿題にぴったりですね。 生きること、死ぬことについて考えさせられます。 主人公は中学生になった女の子です。 読書感想文の本としては定番ですが名作なのは間違いありません。 「いちばん大切なのは、意志の力。 自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力」生きるのに大切なことを教えてくれます。 中学生という多感な時期の女の子には特におすすめの本です。 この本は戦争、広島の原爆について書かれています。 戦争の悲惨さ、戦争後も苦しむ人々の姿が日記調で描かれています。 題材が暗く、中学生には少し取っつきにくいかもしれませんが、この機会にぜひ一読して欲しい本です。 文章量はかなりありますが、映画と合わせて読むと分かりやすいと思います。 14歳の少女が書いた日記をまとめたものですが、本を読んでいる中学生と変わらない年齢なので共感できる部分や、今現在の自分の境遇と比べて考えさせられることも多いと思います。 実は前述した「ホームレス中学生」「西の魔女が死んだ」「夏の庭」「黒い雨」なども映像化されています。 「君の膵臓をたべたい」という題名は読んでみたいと思わせるインパクトがありますね。 心の成長や生きるということが描かれた恋愛青春小説で、中学生でもすらすらと読めるでしょう。 アニメを見ず小説だけでも楽しめますが、合わせて見るとより分かりやすく、頭に映像が浮かびやすくなると思います。 美しい情景描写と切ない恋の物語です。

次の

中学生におすすめの本11選!あらすじと読書感想文ようの感想 | ココロータス

読書 感想 文 中学生 おすすめ

*あらすじ ジョセフは中学一年生。 ADD 注意欠陥障害 があり、集中しなくてはいけないときに気が散ってしまう。 そんなジョセフが、陸上競技クラブに入ることになってしまい、クロスカントリーに挑戦する。 大キライな運動。 だけど、最後までやりぬくだけでいい、歩いてもいい、と監督に励まされ、なんとか続けるうちに……読後感さわやかな、楽しい物語。 *読書感想文に書くなら?おすすめは 主人公は、中学校1年生のジョセフ。 ADDの傾向があり運動が大きらい。 苦手なこと、嫌いなことは誰しも一つぐらいありますよね? 読書感想文に書くなら、「サイド・トラック:走るのニガテなぼくのランニング日記」を読んで印象に残った場面と自分の経験を照らし合わせて書いてみてはいかがでしょうか? 苦手なことを頑張った経験や今まで苦手なことから逃げていたけれど「サイド・トラック:走るのニガテなぼくのランニング日記」を読んで最後までやりにく大切を学んだのように書く方法もありますね。 一〇五度 (あすなろ書房) 著者:佐藤まどか・著 本体価格:1,400円 ISBN978-4-7515-2873-0 ・課題図書:一〇五度あらすじ イスのデザイナーを目指す真と、モデラーを目指す梨々がタッグを組み 「全国学生チェアデザインコンペ」に挑戦する2人の真っ直ぐな姿勢が描かれている。 また、父親との進路に関する対立や、クリエイターという仕事の難しさなどもわかる。 また、進路もテーマの一つになっているので、自分の進路を決めている、決めていないに関わらず、進路について考えなければならない中学生にはおすすめの一冊でもあります。 自分のことだけではなく周りの人の気持ちを考えるきっかけにもなるかもしれません。 太陽と月の大地 (福音館書店) 著者:コンチャ・ロペス=ナルバエス・著 宇野和美・訳 松本里美・画 本体価格:1,600円 ISBN978-4-8340-8162-6 ・課題図書: 太陽と月の大地あらすじ マリアとエルナンドは互いに惹かれ合いますが、2人の宗教、身分が異なるという理由で引き裂かれてしまいます。 キリスト教とイスラム教が対立し、戦争がはじまり、家族や友人をも失うことになってしまうのです。 16世紀のスペイン、グラナダの史実に基づいたフィクション。 ・読書感想文に書くなら 物語の歴史的背景を学んだ上で読むと理解がより深まります。 また、16世紀のスペインだけではなく、異なる宗教や身分、民族間での紛争は世界各国で繰り広げられています。 その事実やその紛争の裏ではどのようなことが起きていたのか、ということを物語と照らし合わせて書いてみるのもいいかもしれませんね。 自身の戦争に対する考えがこの本を読む前と読んだ後でどう変わったかも書いてみましょう。 奇跡の風景を謎解いていくノンフィクションです。 ・読書感想文に書くなら 歴史や謎解きが好きなお子さんには是非オススメしたい一冊です。 いつだれがなんのために作ったものなのか。 歴史と照らし合わせて謎を解いていくので、その時代の歴史も調べてみるといいかもしれません。 また、教科書には載っていない、当時の人々の生活の様子や工夫を垣間見ることができます。 今の暮らしと比べてどうなのかも書いてみるといいかもしれませんね。 読書感想文が、書けない時の簡単な書き方は? 読書感想文がどうしても書けないというときは、本を選び直すのもひとつの手です。 自分の興味・関心があることだと書きやすいです。 習い事や部活に関連することや、将来の夢に関連することなどの内容の本を選べば読みやすいですし、読書感想文も書きやすいと思います。 また、テーマをしぼって本を選ぶのもおすすめです。 たとえば、友情や家族がテーマになっている本なら身近なテーマで誰でも書きやすいですよね。 他にも自然や歴史、戦争など興味のあるテーマの本を見つけてみてはいかがでしょうか。 読書感想文を書くときのポイントは、その本を読む前と読んだ後ではどのように自分の考えが変わったのかということを書くことです。 自分が実際に経験したエピソードなどの具体例を一緒に書くようにすると書きやすいですし、読み手にも伝わりやすくなるかもしれませんね。 読書感想文課題図書2018:まとめ 読書感想文の中学生の課題図書2018とあらすじ、読書感想文を書くなら?と、感想文を書けない時の簡単な書き方は?についてご紹介してきました。 中学生の課題図書に選ばれた本は興味がある、ないにはっきりとわかれそうな本も入っているように感じました。 課題図書だからと、無理に読み始めてもなかなか読み終えられなかったり、感想文を書こうとしてもなかなか進まないことがあります。 読書感想文を書く上で自分が興味をもてそうな本選びはとても重要です。 好きなことなら頭に入ってきやすいし、感想文も書きやすいですよね。 その本に関することを自分で調べてみると、学びがより深まりますし、感想文も書きやすくなるのでおすすめですよ。 自分に合った一冊を選んでみてくださいね。

次の