極 ツクヨミ 制限 解除。 【FF14】極ラクシュミ討滅戦!攻略方法のおさらい!極蛮神でも一番優しいって本当?

【FF14】極ツクヨミ討滅戦

極 ツクヨミ 制限 解除

ちなみに、見ていただくと感づかれるかと思いますが、極蛮神戦にも関わらず予習なしでチャレンジしています。 というのも、極ラクシュミは極蛮神シリーズの中でも 一番簡単なコンテンツだと言われている為、予習なしでも大丈夫だろうと考えてしまい、無謀にもそのまま攻略に挑んでしまったのです。 これが 完全な間違いでしたw (ご一緒していただいた皆様、ありがとうございました!) 極ラクシュミが簡単と言われる理由 では、なぜ極ラクシュミが簡単だと言われているのか。 その理由は、ラクシュミが放つ 範囲攻撃の待機時間にあるのです。 通常の極蛮神戦では範囲攻撃の前兆が表示されると、すぐさま回避移動を開始しないと攻撃を食らってしまう程、時間の猶予が少ないというのが特徴でした。 極タイタンなんかが、良い例です! これに対し、極ラクシュミが放つ範囲攻撃は 非常に待機時間が長く、初見でも周りのパーティーの動きを見ながらでも対処できるという特徴があったのです。 とはいえ極蛮神レベルの難易度なのです。 よって、上記のような情報を掴んでいた私は予習もせずに、そのまま突撃する事に・・・。 そして動画の通り、訳が分からず 何回も死亡してしまう羽目に 汗 もちろん結果的に、死にはしましたが、パーティーの皆様のおかげでギブアップなしにクリアする事が出来ました。 しかし、簡単と言われているとはいえ、極蛮神は極蛮神なので舐めてかかると何度も死んでしまい、PTに迷惑をかける事になるのです。 極ラクシュミ攻略のコツ では、いよいよ極ラクシュミ討滅戦で重要な 攻略方法のコツをご紹介いたします。 これから紹介する内容さえ知っていれば、私の初見での極ラクシュミ戦のような失態を晒す事なく攻略が可能かと思いますので、これからチャレンジされる方、どうしても死んでしまう場合は参考にして頂ければと思います。 ラクシュミエーテルの使い所 まずは、ラクシュミ戦オリジナル要素である「 ラクシュミエーテル」について。 ラクシュミエーテルは敵からの大ダメージ攻撃の威力を軽減してくれる効果があるので、このエーテルの使い所は確実に覚えておくようにしましょう。 即死攻撃 極ラクシュミ戦では、中盤に即死攻撃を使ってきます。 (詳細は後ほど) この即死攻撃はその名の通りエーテルを使用しないと 一撃で即死です。 ただし、この攻撃が発動される前にはターゲットできる敵が居なくなり、特殊なシーンが流れるのでかなり分かりやすいので、まず使い忘れの心配はないでしょう。 吹き飛ばし攻撃 こちらは「完全なる拒絶」という 吹き飛ばし攻撃で、ラクシュミがマップ中央に移動し、PT全員を崖下へ落とす攻撃を使用してきます。 この攻撃の時にエーテルをしっかりと使用していれば、吹き飛ばしの距離も短く、落下死する事はなくなるでしょう。 引き込み攻撃+ペイン 次は反対に「完全なる誘引」という技で、同じくマップ中央に移動し詠唱を行い発動する攻撃になります。 この攻撃の特徴は、中央のデバフ付与フィールドにPT全員を 引き寄せ、ダメージ+ペインを与えられるのです。 よって攻撃される前に、ラクシュミエーテルを使用し、引き寄せられる距離を短くするようにしましょう! 混乱付与 次は「完全なる惑乱」という 混乱のデバフを付与してくる攻撃です。 ここがギミックを知っていないと突破できない部分なのですが、この 雑魚敵にトドメをさすタイミングが非常に重要なのです。 トドメをさすタイミングは、この画像の様に雑魚敵の一体を 丸いエーテルが囲っている状態の時です。 この状態の敵にトドメをさす事でラクシュミエーテルの回収が出来、この後にやってくる即死攻撃を防ぐ事が出来るのです。 しかし、このタイミングが意外と難しく、一定時間でエーテルが別の敵に移動するので、まずは全ての雑魚敵を攻撃を数発打ち込むだけで倒せる状態にしておき、その準備が整ったらエーテルが付いている雑魚敵から順番に倒していくのです。 極ラクシュミ攻略まとめ 実際にプレイしてみて感じた事ですが、 極ラクシュミが一番簡単と言われる理由は確かに正しいと思いました。 しかし、それはギミックをしっかりと把握し、理解している事が前提になりますので、私の様にギミックを全然理解していない状態でチャレンジするのは、PTにかなり迷惑をかけてしまう事になるでしょう。

次の

Lv80制限解除で行く極ツクヨミ・タンク編

極 ツクヨミ 制限 解除

記載内容に間違い・説明不足・わかりにくい箇所が有りましたら下記コメント欄にてお教えください。 ツクヨミが銃を持つ 後方に全員集まり頭割り• ツクヨミが槍を持つ 上記、散開位置に展開。 ロールごとにダメージを頭割り。 新月がついたら明るいフィールドに。 満月がついたら暗いフィールドに立つ。 タンクは明るいフィールドと暗いフィールドの真上にボスを誘導。 玉後にドーナツ型範囲攻撃。 玉の乗っているフィールドに立つ必要がある場合は、安置の玉の下に居ること。 隕石 【一番のPT壊滅ポイント】 下画像が付いた対象者はフィールド端に隕石を捨てる。 ただし、以下に注意• ただし、離しすぎると範囲攻撃の逃げ場がなくなる。 どのように捨てるか要相談。 マーカー対象者はスプリントを使って移動必須。 白い床と暗い床に最低1つずつ置くこと。 黒い床に置くと黒い岩ができる。 隕石時の移動方法はやり方が様々ある。 次いで頭割り範囲攻撃• ツクヨミが銃を持つ 後方に全員集まり頭割り• ツクヨミが槍を持つ 上記、散開位置に展開 なぶり殺しMTへ向かっての前方範囲攻撃。 被ダメージ上昇デバフ 詠唱中にSTはスイッチ 前方範囲攻撃が終わるまで、STはボスの前に行かないこと、MTは前方から退避しないこと。 フィールド変形フィールドが変形したらタンクは西か東の白黒ライン上へボスを誘導 隕石マーカー付与宵の早着替え 銃or槍 後、マーカーが付いた対象者は指定位置に移動 ・北へ移動するタンクは事前に広い方のデバフをスタックしておくこと。 マーカーが付いたら1か2の近い方へ。 この際必ず面積が小さい方に岩を置くようにする。 隕石マーカーが付かなかった者は広い範囲でデバフをリセットすること。 ・ヒーラーは隕石マーカーが付いたら広い方のAかBのマーカーの上に隕石を捨てる。 隕石マーク消滅安全地帯に移動 隕石爆発後移動ドーナツ型範囲が2回来た後、隕石が爆発。 終了したら、MTはボスを中央へもどす。 攻略動画ご紹介.

次の

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

極 ツクヨミ 制限 解除

極ツクヨミ討滅戦 主な技の概要 特筆すべき技を一覧しますので、チェック用にどうぞ! なぶり殺し…MTへ大ダメージ。 詠唱中にスイッチし、以降は次のなぶり殺しまでMTチェンジ? 折檻…全体大ダメージ 宵の早替え…槍か銃に持ち変える(これだけでは攻撃ナシ) ・黄泉の銃弾…銃を持っているときに発動する頭割攻撃。 MT以外がボス背面に集合して受ける。 弾込め音や「泣いておくれよ」が合図。 ・黄泉の穂先…槍を持っているときに発動するボスからの扇型範囲攻撃。 各ロールにランダムでくるので、各ロールが指定位置へ散開して受ける。 時間差攻撃なので、ヒーラーに着弾するまで動かない。 ジャキーン音や「いつまでもつかねぇ」が合図。 デバフが踏んでいるほどスタックされ、5になると即死。 5になるまでにフィールドを移動してデバフの付け替えを行おう。 満月なら黒い床を踏んでリセット、新月は白い床を踏んでリセットできる。 最初にデバフが付与された時にスタックが4なので、すぐに付与されたデバフと反対になるフィールドを踏みリセットする必要がある。 頭上に出ている月のアイコンでも確認が可能。 この時光の玉を中心にドーナツ範囲も出現するが、中心の安地を意識するよりもデバフの解除を優先しよう。 玉月光…玉が出現し、ドーナツ型範囲攻撃 隕石…対象者に赤い槍のようなマーカーがつき、一定時間後円型大範囲攻撃(月時雨)。 対象者は指定位置に捨てる。 範囲が出たらダッシュで安地に駆け込もう。 この時 フィールドの広い方の色に捨てるロールはスプリントで早めに移動しなければ間に合わないので要注意。 白ならボス中心の円範囲なので外周で回避、黒なら反対にドーナツ範囲なので内周で回避 (画像はボスの向きが北である場合) 月天心…全体大ダメージ 座敷遊び…外周に舞扇が8つポップ。 扇とボスを中心とした円範囲攻撃で、先に落ちてきた扇から攻撃が発動する。 最後に出現した扇の位置で待機し、ボスの範囲が発動して安地ができたところに駆け込む。 1つずつ順に落ちて順に発動するパターンと、グループで落ちて発動するパターンがある。 前者なら最後に落ちた場所、後者なら後で落ちた側の中心が待機場所なので考え方は同じ。 (下図の緑の数字は落ちた順番) 月下繚乱…頭割攻撃 破月…ランダムに赤マーカー付与後範囲攻撃(ロール1人ずつ)。 グループ分けの座敷遊び中にくるので、指定位置へ散開して捨ててから中央へ移動 《フィールド三日月について》 フィールドが半分白黒になってからしばらくすると、どちらかの色が広く片方が狭くなった三日月状のフィールドになる(どちらになるかはランダム)。 このままデバフに注意しつつ戦うが、そのうち全てが広かった方の色になる。 ギリギリまで狭い色のフィールドで待機しておけば、一色になってもデバフのスタックが5になるまでには隕石の跡地で解除できる。 隕石は落ちたエリアと反対の色のエリアを形成する(隕石の色でも判断可能)。 画像は白が広い、黒が狭いパターン。 色と東西が逆パターンもあるのでそれぞれ判断しよう。 《隕石の処理方法について》 隕石前に銃か槍が発動する。 銃なら頭割りを処理してからスプリントで位置へ。 槍の場合はヒーラーへの着弾が遅いので、ヒーラーは隕石がマーカーつく前に広い方の中央あたりまで移動しておき、マーカーが付いた方はそのまま散開位置へ。 つかない方は槍の着弾まで待機し、着弾を確認したら安地へ。 ここで 隕石マーカーがついていない方が焦ってすぐに安地へ駆け込むと、槍の対象になっている場合他メンバーを巻き込む恐れがあるので気をつけること。 スポンサードリンク 極ツクヨミ討滅戦タイムライン 筆者が挑んだときに把握できたタイムラインです。 1回目は西に遠隔雑魚が出現するので、MTは東の雑魚とまとめる。 2回目は南に遠隔雑魚が出現するので、MTは西の雑魚とまとめる。 ヨツユと線で繋がれた雑魚はタゲ固定なので適当に倒す ゼノス戦のみ一旦ノックダウン。 ゼノスを倒すまでは剣気波動(全体大ダメージ)が連続してくるので、ヒーラーは要注意。 怨念ゲージが100になるまでにゼノスを撃破すること。 極ツクヨミ戦のポイント ヒーラー視点 隕石の散開位置ですが、野良だとヒーラーがもっとも遠い位置へ捨てに行くことが多いようです。 相方の負担を抑えるため、範囲が確定したタイミングで救出を使えるとベスト。 扇の回避時に大きなダメージをくらう場面があると思うので、バリアヒーラーは事前に全体軽減をかけておくと良いでしょう。

次の