アップリカ 抱っこ 紐 コアラ。 正しい新生児抱っこ方法!学会推奨の縦抱き「コアラ抱っこ」でM字開脚がベスト

【価格.com】抱っこひも・ベビーキャリー

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

アップリカの新抱っこ紐「コアラ」の特徴とおすすめ機能 アップリカの抱っこ紐の定番といえばコランシリーズですが、 今回は新たなるシリーズ「コアラ」です。 「子守熊」という別名もあるコアラ。 コアラの赤ちゃんはわずか1〜2cmの大きさで誕生し、およそ6〜7ヶ月もの間、ママのお腹の中で大切に育てられます。 ママの愛情いっぱいに育つコアラの赤ちゃん。 そんなコアラの子育てを理想としてコアラは生まれました。 「赤ちゃんが、大好きなママとずっと一緒にいられるように。 」 とのことです。 (アップリカ公式HPより抜粋) サッと着けてスッと抱っこできるように、かなりユニークな抱っこ紐の形になっています。 赤ちゃんを抱っこしやすい! 今までのどの多機能抱っこ紐と比較しても、「コアラ」は赤ちゃんを抱っこしやすい!と思われます。 抱っこ紐の背中部分が二重構造になっていて、 右肩ベルトを降ろせば赤ちゃんを横から抱っこ紐に入れることができるんです。 この構造は他では見かけません。 これは、クロス抱っこ紐並みに、抱っこ紐に赤ちゃんを入れやすいかと思います。 多機能抱っこ紐って、使い始めの時は「どうやって我が子を抱っこ紐に入れれば良いのだろう。 」と考えたものです。 「コアラ」であれば、自分に抱っこ紐をセットして、赤ちゃんを抱き上げて横から入れるだけなので簡単。 特に歩き始めは、「歩きたい!」と言ってグズって降りる割には、 すぐに「疲れた、抱っこ。 」と両手をあげるんですよ。 私はを使用していましたが、手で支えなければ行けないし、片側の肩に負担がかかるので、 両肩腰で支えて抱っこできて、気軽に抱っこ紐に入れやすい「コアラ」はうらやましいです。 (クロス抱っこ紐は片手で支える必要があるため、買い物の時など両手フリーにしたいときは不向きでした。 ) 首が座らない時期に横抱きできる! アップリカ公式HP さすがアップリカの抱っこ紐です。 コアラもコランシリーズ同様、首の座らない時期から使用できて、横抱きができます。 コランシリーズはコランハグだけが両肩支えで横抱きができ、その他は片側の肩のみで横抱きします。 片側の肩のみで横抱きすると、すごーく肩に負担がかかります。 () 「コアラ」は、両肩、腰ベルトを利用しつつも横抱きが可能です! コランシリーズと異なるのは、ヘッドサポートの頭の部分がないところ。 コランシリーズは、ヘッドサポートで頭が保護されるのは良かったのですが、 大きい赤ちゃんだと入りきらないという口コミもありました。 「コアラ」であれば、ヘッド部分が覆われていないので、 大きな赤ちゃんで入らないということもなさそうです。 横抱きの安定感も、コランシリーズより安定してそうなのもおすすめポイントです。 あしらくサポート、通気性抜群など 「コアラ」は、「あしらくサポート」で 股幅調節が可能になっています。 これはコランシリーズにはなかった機能です。 赤ちゃんの足は抱っこ紐で抱かれている時にM字になっているのがベストだそうで、 股幅調節機能があると、低月齢からでも赤ちゃんに負担なく使用することができるのでおすすめです。 背中部分が2重になっているので暑そうかな?と思ったのですが、 実際にイオンで実物を見て触ってきましたが、 背中のほとんどが薄手のメッシュになっていました。 これならそこまで暑くはならなさそうです。 また、 「コアラ」は洗濯機で丸洗いできます。 汚れても洗えるのは赤ちゃんが使うものですし良いですね。 長さを調節する紐が収納されているのもおすすめなところです! 抱っこ紐「コアラ」のこうあって欲しかったポイント 抱っこしやすさをおすすめポイントとして作られている「コアラ」ですが、 構造上、 ヘッドサポートがありません。 後付けで取り付けることができるかは不明です。 というか、こういうヘッドサポートをつけてしまったら、 せっかくの「コアラ」の2重構造の抱っこしやすさを失ってしまいます。 結構下の子をおんぶしていて赤ちゃんが寝ちゃって首かっくんになっている子を見るので、 この構造でなんとかヘッドサポートをつけれたら最強の抱っこ紐になるだろうな、と思いました。 サポートハーネスがなく脇ベルト これはコランビギの写真ですが、 サポートハーネスが付いているので、おんぶの時も安心です。 「コアラ」は抱っこしやすい構造上、この サポートハーネスがありません。 その代わり?でしょうか、脇ベルトが付属しています。 抱っこする時に脇ベルトの下に足がきて、脇ベルトの上に腕が来るのが正しい抱っこ方法のようです。 (参照:YouTubeの「アップリカ公式|コアラ 取扱動画 タテ抱っこ) 「コアラ」はおんぶに向いてない? 将来複数人子を産みたいと思うお母さんは、下の子をおんぶする機会が増えると思いますので、 コアラでおんぶで納得できるか店頭などで試しておくことをおすすめします。 どうやら「コアラ」は、ヘッドサポートがつけるのが難しかったり、サポートハーネスではなく脇ベルトだったりするので、 コランシリーズよりはおんぶより向いていないのかもしれません。 思うより赤ちゃんは仰け反るので、おんぶ中心を考えているなら、 コランシリーズやエルゴADAPTなどのヘッドサポート付きの抱っこ紐がおすすめかと思われます。 エルゴADAPTもサポートハーネスではなくベルトなのですが、ヘッドサポートは付いているので。 (>>) 抱っこ紐「コアラ」は抱っこしやすくておすすめ.

次の

エルゴとベビービョルンどっちがいい?ママ500人に聞いたおすすめ抱っこ紐。

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

抱っこはもっと楽しくなる。 アップリカのだっこも【koala コアラ 】 「子守熊(こもりぐま)」という別名もあるコアラ。 コアラの赤ちゃんはわずか1〜2cmの大きさで誕生し、およそ6〜7カ月もの間、 ママのおなかの袋の中で大切に育てられます。 ママの愛情いっぱいに育つコアラの赤ちゃん。 そんなコアラの子育てを理想としてコアラは生まれました。 「赤ちゃんが、大好きなママとずっといっしょに いられるように。 」 そんな願いから誕生したアップリカ「コアラ」です。 「スッと」抱ける実現したペタル 花びら の構造で抱っこのしやすさと赤ちゃんをしっかり包み込む安全性の両方を実現しました。 腰ベルトを締め抱っこひもをかぶる 2. 右肩のベルトをおろして赤ちゃんを横から入れる 【下部に続きます】 もっと見る 抱っこはもっと楽しくなる。 アップリカのだっこも【koala コアラ 】 「子守熊(こもりぐま)」という別名もあるコアラ。 コアラの赤ちゃんはわずか1〜2cmの大きさで誕生し、およそ6〜7カ月もの間、 ママのおなかの袋の中で大切に育てられます。 ママの愛情いっぱいに育つコアラの赤ちゃん。 そんなコアラの子育てを理想としてコアラは生まれました。 「赤ちゃんが、大好きなママとずっといっしょに いられるように。 」 そんな願いから誕生したアップリカ「コアラ」です。 「スッと」抱ける実現したペタル 花びら の構造で抱っこのしやすさと赤ちゃんをしっかり包み込む安全性の両方を実現しました。 腰ベルトを締め抱っこひもをかぶる 2. 右肩のベルトをおろして赤ちゃんを横から入れる 【下部に続きます】• 獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。 いずれを獲得できるかは「内訳を見る」から各キャンペーンページをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 獲得率の条件や付与上限の詳細は、「内訳を見る」から、各キャンペーンページにてご確認ください。 Yahoo! ショッピングの各種ポイントキャンペーンは対象外です.

次の

アップリカ コアラの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

アップリカ 抱っこ 紐 コアラ

1.腰バックルをゴムベルトに通して、とめる。 2.腰ベルトを調節し、あまったベルトをゴムでまとめる。 3.背あて部を正面にする。 4.左右の肩バックルを外す。 5.右側の肩バックルを左側のゴムベルトに通し、バックルをとめる。 6.右腕と頭を通し、肩ベルトをななめにかける。 7.腰ベルトを右側にまわす。 8.赤ちゃんを抱き上げて、抱っこ紐に乗せる。 右側の肩ベルトを腰にまわす。 9.肩バックルをゴムベルトに通し、バックルをとめる。 10.肩ベルトを調節する。 11.赤ちゃんの位置を調える。 アップリカは日本人の体型に考慮した赤ちゃんの安全を大切にしています。 アップリカの抱っこ紐は新生児のうちから使うことができるため、初めて赤ちゃんを抱っこするママやパパの強い味方です。 しかしひとくちにアップリカの抱っこ紐といっても、商品によってさまざまな違いや特徴があります。 多くの種類があって迷ってしまうかもしれませんが、新生児のころによく使うのであれば横抱きできるもの、移動が多いのならCTS機能がついているものなど、ママやパパと赤ちゃんの生活や行動スタイルに合った抱っこ紐を探してみてはいかがでしょうか。 赤ちゃんとのおでかけを楽しむためにも、お気に入りの抱っこ紐で赤ちゃんと過ごせると良いですね。

次の