イスラエル 入国。 世界一厳しいイスラエルの入出国審査。空路と陸路それぞれ体験したよ

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

イスラエル 入国

ベングリオン空港駅の看板 以下は経験者によるアドバイスであり、イスラエルに必ず入国出来る事を保証するものではありません。 陸路での国境越えにつきましては、に詳しいレポートを掲載しております。 イスラエル入国審査の3つのポイント 1. パスポートにスタンプを貰わない イスラエルのスタンプがあると、そのパスポートでは入国できなくなってしまう国があります。 【イスラエル・スタンプがあると入国できなくなる国】 イラク、レバノン、リビア、サウジアラビア、スーダン、シリア、イエメン、ソマリア、イラン [参考] (PDFファイル) イスラエル渡航後、これらの国へ行かれる予定のある方は、 入国審査・出国審査の両方でイスラエルのスタンプを貰わないようにご注意下さい。 「 ノースタンプ、プリーズ」と頼むと、理由を聞かれますが、通常の観光客である場合は応じてくれるようです。 しかし時々、意地悪な審査官もおり、スタンプを押される旅行者もいます。 アラブ諸国のスタンプには注意 逆に、アラブ諸国のスタンプがあると、入国審査で問い詰められます。 ないに越したことはありませんが、スタンプがあって行かれる方は、心の準備をしたほうがよいかもしれません。 「パレスチナに行く」と言わない イスラエルは、外国人が進んでパレスチナへ行くことを快く思いません。 初めての渡航であれば、イスラエル内のみの観光地を挙げておくのがベターです。 ベングリオン空港での入国審査の体験談 筆者は2回、エル・アル航空でイスラエル入国をしました。 エル・アル航空での渡航の場合は、飛行機に乗る際に非常に厳しい尋問を受ける(後述)ためか、入国審査は幾分か楽に感じられました。 それでも10分位はかかります。 ベングリオン空港の入国審査で聞かれた内容• 渡航の目的は。 どこに行くのか。 宿泊先はどこか。 何故一人で旅行をしているのか。 (「ノースタンプ」と頼んだ後に)何故スタンプを押してはいけないのか。 無事に入国出来た時、小躍りしてしまうのは筆者だけではないはず・・・。 エル・アル航空に乗る場合は要注意 筆者パレスチナ渡航は、エル・アル航空でローマからテルアビブのルートが多いです。 エル・アル航空では搭乗チェックインの前に、空港で厳しい審査が行われます! 以下、ご参考のために尋問の内容を掲載致します。 何故イスラエルへ行くのか。 イスラエルに知り合いはいるか。 どこに行くのか。 宿泊先はどこか。 イスラエルの通貨を知っているか。 ガイドブックを見せろ。 この空港に来るまでの間、どこで何をしていたか。 旅費は誰が出したのか。 荷物は誰がパッキングしたか。 人から頼まれた荷物や、貰ったプレゼントなどはあるか。 (旅の日記を見つけ)英語に訳して読め。 (デジカメを見て)写真を見せろ。 武器は持っているか。 これにクリアしないと、飛行機にすら乗れません。 エル・アル航空での複数回渡航は怪しまれる可能性あり 1回でもエル・アル航空でイスラエルに行ったという履歴があると、より怪しまれるようです。 筆者の場合、2回目の時は荷物は勝手に全部開けられてぐちゃぐちゃに、別室で下着姿にされて髪の毛の中まで検査されました。 それでも怪しいのか、他の乗客が皆審査を終えた中、4人の職員に囲まれ、「こいつは怪しいのか」とかなんとか(ヘブライ語だからわからない)、ああだこうだと議論されること約1時間。 ようやく搭乗が許されたと思いきや、トイレに行くにも職員がドアの前で待機、搭乗口までしっかりエスコート。 誇張ありません)で身動きとれず。 荷物は全て勝手に預け荷物にされ、リップクリームすら持ち込むことを許されませんでした。 恐らくですが、エル・アル航空を利用するのは、殆どがユダヤ人だと思われます。 観光客は非常に少なく、目立ったのでしょう。 尋問には用意周到に用意していっても、間違いなく疲弊します。 1回目だけならいいかもしれませんが、オススメの航空会社とは言い難いですね。

次の

イスラエル 日本国籍の入国制限は2月24日午前8時から適用

イスラエル 入国

Contents• (2019年8月現在) ・目的:観光 ・滞在期間:90日以内 ・パスポート残存期間:6か月以上(入国時) ・パスポートの未使用査証欄 :2ページ以上(入国時) つまり、 イスラエルに入国するために特別な準備は必要ありません。 念のため用意しておくと良いのが、滞在先のホテルの連絡先、出国用の航空券を持っているかなどを入国審査で聞かれることもあるため、すぐに提示できるようにしていくとよいです。 空港での入国審査 近年に入国したブロガーの様々なブログを読んで、「出入国が厳しい」、「時間がかかる」などの情報を得ていたため、私も覚悟の上で臨んだ入国審査でした。 確かに実際、入国審査の列には40分程並びましたが、 日本人の私と友人は一切質問を受けることもなく、順番が回ってきたら一瞬で審査は完了しました。 詳しい事情は分かりませんが、何らかの事情でイスラエル入国を保留にされ行き場を失った外国人が集められた角部屋が入国審査ブースの横にあって、不満が爆発した一部の外国人が空港スタッフに「人権侵害」だと攻撃的に怒鳴り散らしている光景も目にし、少々おぞましい雰囲気も感じました。 恐らくですが、このような外国人は 近隣国のアラブ諸国に入国履歴があるなどの理由で、特別な取り調べに合うのではないかと思います。 入国審査では、パスポートにはスタンプが押されません。 それは、近隣中東国にはイスラエル入国スタンプがあると入国拒否されるという事情があるための様です。 私も入国審査では、以下のような入国カードを受け取りました。 入国時と同じサイズの出国カード 意外にもあっさりしたもので、最初の持ち物尋問に少々(15分程)並びましたが、その後はサクサクと進み、 出国審査に要した時間は20分未満でした。 意外なセキュリティ・チェック そして何より私が相当驚いたのが、セキュリティ・チェックです。 出国審査後にセキュリティ・チェックがあるのですが、ペットボトルの水もOK、そして5分もかからずにさらっと通り抜けて、あっという間に搭乗ゲートまで辿り着きました。 近年のブログの一部では、バスソルトすら液体扱いをされて没収されてしまったというような記事もあったので、驚きを隠せませんでした。 「こんな緩いのならば、泥パック買えばよかったー!」と後悔したくらいでした。 出入国のまとめ もちろん空港の込み具合や利用する時間帯によるのでしょうけど、2017年前後に旅行された多くのブログに書いてあるような、「出国審査やセキュリティ・チェックには2時間以上を要して、飛行機に乗り遅れそうだった」というようなことは一切ありませんでした。 ただ、 出入国の方針は、おそらく政治などの国際情勢に大きく左右される事情と思われますので、今後旅行される方は、引き続き十分に時間に余裕をもって空港へ行かれることをおすすめします。 ゲート付近にはある程度の規模の免税店があるため、死海のコスメやお土産はそこでも買うことができます。 空港は 無料Wi-Fiも完備されているため、長時間の滞在になっても困ることはありません。 さて、次回は空港Wi-Fi、SIM(シム)カードの購入について、そして空港からテルアビブ市内へのアクセス、そしてエルサレムから空港へのアクセスについてレポートします!.

次の

【簡単には入国できない!? 】イスラエル入国審査の注意点 〜簡単に行けた!聖地エルサレム #1〜

イスラエル 入国

1,372,312アクセス• 初めてユダヤ人を見たのはスイスの山の上だった。 黒尽くめの格好を、当時は何を意味するのかわからなかった。 ただ覚えているのは欧米人観光客が「白い目」で彼らを見ていたこと。 その後、思いがけず中東オマーンに住むことになった。 反ユダヤ主義のイスラム圏での生活をすることで、イスラエルへの興味がますますふくれあがった。 旅行と言えば食事を真っ先に調べる私だけど、今回はとにかくイスラエルとパレスチナ問題について勉強した。 イスラエル在住の方のブログに巡り会えて、住んでいた方にしかわからない実情を知った。 今までなんとなく「イスラエルが悪い」と思ってたけど、パレスチナも問題が全くないわけではない、との見方もあるようだ。 メディアは往々にして偏った報道をしがちで、時には事実と違うニュースが報道されることもある。 だからこそ自分で種々調べたり、実際にイスラエルを訪問できたのは貴重な経験だった。 結局、誰が正しくて誰が悪いのか私にはわからないけど、一日も早く中東和平が実現できますように。 この窓口手続きをします。 簡単な順番は 1、一つ目の窓口で「No stamp」とお願いし、紙に名前とパスポート番号を記入。 3、待機してるバスに乗る。 よってヨルダン出国スタンプの時点から「ノースタンプ」でいかなければなりません。 私はまたアラブの国を訪れる可能性もあるので、ノースタンプにしました。 また私はこの場でパスポートを受け取りましたが、他の人は一時預かられバスに乗ってから受け取る人もいるようでした。 イスラエルイミグレの様子です。 1、国境バスがイスラエルイミグレ入口に停車。 スーツケースを取り出して建物入口に入る。 2、最初にまず2つの窓口があって、空いてる方にならぶ。 前の人は色々質問されてたけど、私は何も聞かれなかった。 パスポートにシールを張られる。 3、荷物&ボディチェック。 荷物はスーツケースとハンドバック全て。 ボディチェックで一度ひっかかると超面倒らしいのでネックレスからベルトまで全て外しておいて無音でスルーできた。 しかしベルトをかなりじっくり調べられた。 小型爆弾付きのベルトではないか確認してるんだろうか。。 こちらでパスポートに張られたシールにチェックされた。 4、ついに悪名高き入国審査。 パレスチナ人用と外国人用ブースに分かれてる。 パレスチナ人用は長蛇の列だけど外国人の方はガラガラだった。 美人が多いと噂のイスラエル入国審査官。 確かにものすごい美人もいるけど、どうやら全員ではないかも。 外国人用ブースは2つがあり、一つ目は杉本彩似のお姉様。 もう片方はぼっちゃりしたアラレちゃん。 どう見てもアラレちゃんの方がユルそうと思い、最初そちらに並んだけど皆同じ事を考えたのか明らかに混んでしまった。 運悪く私はキツそうな杉本彩レーンに導かれてしまう。。。 入国質問の様子 女 「ハロー」 私 「ハロー。 ノースタンプでお願いします。 」 女 「 すかさず)Why〜〜〜???」 私 「(きたか。 どうせわかってるくせに )今後アラブ諸国に行きたいからです」 女 「何故アラブの国に行くの?」 私 「旅行が好きだから」 女 「イスラエルには友達はいるの?」 私 「いません。 今回が初めてです」 女 「アナタ、結婚してるのに何で一人でイスラエル旅行するの?」 私 「旦那は忙しいし、一人旅が好きだから」 女 「イスラエルではどれくらい滞在するの?目的は?」 私 「三日間だけです。 観光です」 女 「観光以外は何するの?」 私 「(うわっ。 そう来るか。 )おいしいベーグルが食べたいから。。 」 女 (鼻で笑われた。。 まあ当たり前かこんなとっさに考えたアホな答え) 女 「ホテルは?予約してるの?もう支払ったの?」 私 「はい。 こちらが予約確認書です。 カード決済しました」 女性、パスポートをペラペラチェックし始める。 女 「何でこんなにアラブスタンプがあるの?」 私 「以前オマーンに住んでいたからです。 その間旅行しました」 女 「何故オマーンに住んでたの?」 私 「ダンナさんの仕事で。。。 」 女 「な〜ぜ〜、シリアに行ったの?」 私 「(やっぱり見つかったか)はい。 観光で行きました」 女性突然ブースを出て、私のパスポートを持ってどこかへ消える。 どうやら上司に何か聞いてるぽかった。 しばらく立ったまま放置される。 10分後杉本彩似戻ってくる。 女 「いいわよ。 旅行楽しんでっ!(笑顔で)」と別紙にスタンプをバシッと押す。 あれこれ質問攻めしたわりには、最後はあっけなく終わってしまった。 しかも笑顔で。 ちょい拍子抜け。。。 たぶんこんなに何回も「Why?」と聞かれた日は初めてではないか。 しかし噂通りと言うか、かなりのドSっぷりだった。 入国審査を終えて感じたのは、イスラエルイミグレはいわゆる一種の「プレイ」なんじゃないかと思った。 最後の笑顔でそう感じた。 きっとM気質の男性にはたまらない国境越えに違いない。 (下世話な表現をして、失礼致しました)• 帰り道、胸が痛くなる事があった。 嘆きの壁周辺は入り組んでいて迷いやすいからか、「道を案内するよー」と言う少年がいた(推定7歳)。 暗くなってきたから助かるわー、と思った単純な私は少年に出口までの案内を頼んだ。 別れ際、私が「どうもありがとう。 助かったよ」と言うと 少年は「案内したんだからお金ちょうーだいよ」とガイド料を要求してきたのだ。 親切心から案内されたと思った私は、とても残念な気持ちになったけど仕方なく10シュケル(約220円)渡した。 しかし、少年は「お財布に50シュケル(約1000円)入ってるの見えてるよ!出口まで連れて来てあげたんだからもっとちょうだいよ!お金をちょうだい!!」と怒りを込めて私に訴え始めた。 子供がお母さんにお菓子を買ってもらえなく駄々をこねるそれとは違う、憎悪に満ちた表情。 一瞬恐くなってしまった。 かれこれ色んな国を旅して来たけど、子供からお金を要求されたことがなかった。 数年間オマーンに住んでた時、子供に道を尋ね同じように案内してもらった事は幾度もあるけど金銭を要求されたことなど一度もない。 もし大人から同じようなされたのであればただ腹が立つ程度だと思うけど、子供からこういう事をされるととても胸が痛い。 なんとももどかしい気持ちになってこの夜は早々にホテルに帰ってビール飲んで寝た。 私も10数年前にイスラエルに行きました。 当時は中国人どころかアジア人すら見なかったです。 今は中国の人達はどこにでもいるようですネ。 イスラエル人はトルコ人みたいに親日家で、料理も口に合うし、楽しい旅でした。 テルアビブからエルサレムへ行くツァーに参加しましたが、私と南アフリカの家族の他は、全員ユダヤ系アメリカ人だったのを覚えています。 ツァーだったので男性用の嘆きの壁にも行くことが出来ました。 杉原千畝さんのお墓にも行きました。 テルアビブの空港ではまるで前科者みたいな扱いをうけましたし、出国の時もアレコレ尋問され、「この国は私に来て欲しくなかったんだな」と思っちゃいました。 治安さえ改善されれば、旅行者がとても楽しめる国だと思います。 コメントありがとうございます。 お返事が遅くなってしまいごめんなさい! 私がイスラエルを訪れたのは2012年でしたが、それでも他の国と比べてアジア人は少なかった印象があります。 中東湾岸エリアにはたくさんいたので、やはり宗教や文化などが濃いのも関係しているのかもしれませんね・・・。 私はヨルダンから陸路で入国しましたが、テルアビブ空港も気になるところでした。 陸路でも前科者扱いだったので、空港でも厳しいそうですね。 当時は中国人どころかアジア人すら見なかったです。 今は中国の人達はどこにでもいるようですネ。 テルアビブからエルサレムへ行くツァーに参加しましたが、私と南アフリカの家族の他は、全員ユダヤ系アメリカ人だったのを覚えています。 ツァーだったので男性用の嘆きの壁にも行くことが出来ました。 杉原千畝さんのお墓にも行きました。 大変参考にも成り、尚且つ、逆に怖くも成りました。 私はクリスチャンなので、この地は!!と思いも強いのですが やっぱり、ツアーじゃ無ければ行けないのかな。。。 (泣) と、改めて再確認致しました・・・ イスラエル旅行記1等賞なだけあって、流石に入国など大変参考に成り、 努力でクリアされて、旅慣れていらっしゃるからこそ!と尊敬致します。 続きの旅行記も訪問致しますが、(本当は行きたい〜〜!) と言う気持ちが、続くと不味いので?! 数日置いてお邪魔致します。 ありがとうございました。 素晴らしい旅行記、体験記に、感謝でございます。 数年前の旅行記にも関わらず、メッセージありがとうございました。 私は国境越えが趣味なので、あえてヨルダンから陸路で入りましたが、 テルアビブという都市に空港があるので、そこから入国すればさほど大変ではないかと思います。 エルサレムは治安もよく、最低限の注意を払えば個人旅行も可能かと思います。 (ただ以前にオマーンという国に住んでおり、日本ではありえない不便さやテキトーさに慣れていたということもあるのかもしれません) かれこれ色んな国を旅してきましたが、イスラエルほど色々考えさせられた旅はありません。 絶景やグルメ、リゾートもいいけど、歴史や宗教の色が濃い街が私の好みのようです。 ぜひオススメしたい街です。 カトリック系の学校に通って10年、 卒業したら、キリスト教的考えだと言われていますが、 クリスチャンではありません。 ごましおちゃんのイスラエル旅行記は素晴らしい。 一気に読ませていただきました。 ボクは イスラエルにあるクムラン遺跡と博物館にあるクムラン聖書を見てみたいと思っています。 また、嘆きの壁やイエスが十字架を担いで歩いた道路も見たいですね。 滞在中体力が必要と思われた事はありませんでしたか? 気温や観光中の歩行とか。 ボクは76歳です。 初めまして! メッセージありがとうございました。 以前、オマーンに住んでいたこともあって、中東のなかのイスラエルに非常に興味がありました。 私も色ん国を旅行しましたが、エルサレムは大きなものを感じとった街の一つです。 エルサレムは日差しが強いですが、帽子をかぶったり水分補給をちゃんとしてれば問題ないかと思います。 私は国境越えが好きなので、ヨルダンから入りましたがかなり体力と精神力を使いましたが、イスラエルのテルアビブ空港から入ればそれほど大変ではないかと思います。 嘆きの壁がある場所は旧市街でかなり入り組んでいますが、休み休み歩け大丈夫でしょう。 ボクは76歳です。 ごましおちゃん 杉本彩にうけちゃいましたが。。。 無事に入国おめでとうございます! きつそうな女性に当たっちゃったけど、案外あっけなかったですね。 空路入国した人たちは、だいたい別室呼ばれ、複数の係官から1時間〜1時間半くらい取り調べをうけてました。 英会話の勉強になったと本人喜んでました(笑) ダマスカス門が、ダマスカスの旧市街の壁とそっくりなので驚きました。 イスラエル人のおじさんがいなければ、ダマスカスって言われてもわからなかったかも! 自称無関心な仏教徒ですが、祈りの場所って大好きです。 sunnyさん こんにちは。 美人は性格がキツそうなのは万国共通みたいでして。 けっこうマジでビビリ続きでした。 おまけに夜行便だったので、超スッピンでもう勝ち目なし(あ、別に化粧してても完敗ですね 笑) 確かに別室って、どうなってるのか気になりますね。 そのご友人英語の勉強になったとは、いい度胸です。 見習わなきゃ! 私もいつかメッカには行きたいと思ってます。 (絶対住みたくないけど) ちなみにジェッダという街にはものすごくおいしいフライドチキンのお店あるようです。 ダマスカス門ですが実際にずっと遠くのダマスカスに通じてるとかどこかで読みました(うる覚えで間違ってたらごめんなさい) 本当に西中東はおもしろいですね。 やっぱりいつかレバノンにも行きたいです。 旧市街は見所があって、あっという間ですね。 いろいろ嘆いてこれたでしょうか? ちなみに死海バスソルト等はヨルダンよりイスラエルの方が安かったです。 また新市街の市場はけっこうおもしろいらしいです。

次の