クリス リード。 クリス・リードさん死去…フィギュアスケート・アイスダンスで五輪3大会に出場

追悼 クリス・リードさん

クリス リード

昨年末に現役引退を表明したフィギュアスケートアイスダンスの元日本代表選手で、フィギュアスケーターのクリス・リードさんが日本時間3月15日午前0時20分に、アメリカ・デトロイトで30歳の若さで急死していたことが明らかとなり、フィギュアスケート界に衝撃を与えています。 日本スケート連盟の発表によると、クリス・リードさんの死因は 「心臓突然死」で、スケート連盟の長島昭久会長は、 「突然の訃報に大変驚いております。 長年に渡り日本のアイスダンスの発展に貢献していただいたクリス・リードさんに改めて深く感謝の意を表しますとともに、ご家族の皆様に心からお悔やみを申し上げ、リードさんのご冥福をお祈りいたします」とのコメントを発表しています。 クリス・リードさんはアメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフで、1989年7月7日にアメリカ・ミシガン州で生まれました。 また、日本代表として2010年のバンクーバー五輪(17位)、2014年のソチ五輪(21位)に出場しました。 日本のアイスダンスを世界レベルに持っていきたい」と、日本で後進の指導に当たる考えを示し、キャシー・リードさんと共に後進の指導を行っていました。 そして、3月11日に更新したブログでは、キャシー・リードさんと共に近日中に来日することを報告しており、 「日本にいくじゅんびをして せんしゅう ぼくのあぱーとのものと たくさんのたのしい エクササイズのもの日本におくったです!これから キャシーといっしょに 日本のアイスダンスをニューエイジにする あたらしいむずかしいジャーニーのはじまりです たのしみだよ!でもこのコロナウィルスで日本にいくのがおくれます。 はやくコロナウィルスがなくなってほしいな…みんなきをつけてね」(原文ママ)と綴っていました。 しかし、それが叶うことなく3月15日に心臓突然死によって急死していたことが17日に発表され、これに対してネット上では、• どういうこと、、信じられない• まだ若いのに…アイスダンスを引っ張ってくださった方が…• これからの日本スケート界を支えるはずだったのに…残念でならない• 突然すぎて言葉にもなりません。 日本のアイスダンス界を背負って人生をかけてくれたことに感謝します。 ありがとうございました。 驚きを隠せない。 あまりにも若過ぎる。 お姉さんのキャシーと一緒に日本のアイスダンスの発展に力を貸していただきたかった。 信じられないし信じたくない。 ブログでも日本に来るのをとても楽しみにしてたのに、まだ若いのにこんなに突然に キャシーと一緒に日本のアイスダンス界の発展にこれから貢献してくれるはずだったクリス、ご冥福をお祈り致します• 本当にショッキングなニュース。 アメリカ生まれながらお母様が日本人ということで日本代表としてオリンピックに出てくれた。 昨年末引退されて、このブログの記事から見るにこれからは日本でアイスダンスのレベルアップに貢献してくれたであろうのに。 これだけ楽しみにしてくれていたのだから、最後に日本の地を踏んで欲しかった… などと死を悼む声が上がっています。 トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんはツイッター上で、 「クリス…突然のことで信じられず、言葉も見つかりません…心よりご冥福お祈りいたします」と投稿しています。 2010年のバンクーバー五輪に出場した織田信成さんは、 「クリスの訃報に、とてもショックで未だ信じられません。 アメリカで一緒に練習していた時、クリスはスケーティングやトレーニング方法についていつも優しくアドバイスをくれました。 一緒にオリンピックに行く事が出来たのは僕の誇りです。 安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈りいたします」と綴っており、その他にも多くのフィギュアスケーターたちから続々と追悼コメントが寄せられています。 また、クリス・リードさんの妹で、アイスダンス・ジョージア(グルジア)代表のアリソン・リードさん 25 は、 「皆さんにこれを伝えるには深い悲しみがあります。 私の兄、かっこよくて優しく、カリスマ的な存在の愛するクリスが先週末亡くなりました。 言葉でこの痛みを言い表すことはできません。 クリスは澄んだ魂の持ち主でした。 彼は喜びと笑いであらゆる心のスペースを満たしてくれました。 いつだって、どうやったら私が笑顔になるか分かっていたのです」と綴っています。 元パートナーのキャシー・リードさんは、クリス・リードさんとの写真のみを投稿し追悼しています。 フィギュアスケート界では2018年7月にも、カザフスタン代表でソチ五輪・銅メダリストのデニス・テンさんが強盗の襲撃に遭い、25歳という若さでこの世を去っており、世界のフィギュアスケートファンに衝撃を与えました。 クリス・リードさんの訃報も同様に動揺が広がっており、死因となった心臓突然死についてなのですが、それまで健康だった人が24時間以内に突然亡くなってしまう病気で、健康で若い運動選手の10万人に3人の頻度で亡くなっているとのデータがあり、男性の発症数は女性の10倍とも言われています。 日本では年間6~8万人が心臓突然死で亡くなっているとされ、発症原因としては心筋梗塞、心筋症、弁膜症、心不全といった心臓病、遺伝性の不整脈などによって心臓が突然正常に動かなくなり、多くは1時間以内で死亡し、アメリカでは毎年40万人以上が亡くなっているそうです。 クリス・リードさんは不整脈などがあったのかは不明ですが、来日するために準備を進めている中で、このような病気で突然この世を去ってしまったのは残念でならないものの、あの世でゆっくりと休んでもらいたいです。 クリス・リードさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。 参照元• nikkansports. html• nikkansports. html• jhf. html• bostonscientific. html• msdmanuals.

次の

【訃報】クリス・リード急逝!選手や姉妹、関係者のコメントまとめ

クリス リード

chrisreed77 がシェアした投稿 — 2017年 5月月8日午後1時20分PDT 引用:インスタグラム 兄弟は3人兄弟で姉と妹がいます。 アイスダンスを始めた理由は、 母親の典子さんがシンクロナイズドスケーティングをしていたからです。 姉はアイスダンスの元パートナーのキャシーリードさんで 妹のアリソン・リードさんもアイスダンス選手です。 姉とペアを組んでいたときに、 リード兄弟としてスケートファンに親しまれていました。 端正な顔立ちの姉弟が日本国籍を取得し、 日本代表としてオリンピックに出場していたため 印象に残っている人も多いと思いますが アメリカと日本の国籍を持っていた姉弟が 日本の国籍を選択したのは 姉のキャシーリードさんの影響が大きかったようです。 先に日本国籍を選択したのは年齢が年上のキャシーリードさん。 アメリカはスケート人口が多く、 オリンピックなどのメジャー大会に出場するには 日本国籍を選択する方が得策であると考えたようです。 弟のクリス・リードさんは ペアを組む姉が日本国籍を選択したことで 日本国籍を選択したようです。 (2012年のリード兄弟) 引用: 国籍が違うペアは国際大会には一緒に参加できないですからね。 クリスリード現在は結婚で村元哉中とペア解消? 2014-2015シーズン終了後、27歳の時に 姉のキャシーリードさんが現役引退を発表。 chrisreed77 がシェアした投稿 — 2020年 1月月13日午前4時48分PST 引用:インスタグラム この女性は、ケルシュティン・フランクさん(31歳)。 オーストリア・ウィー出身の フィギュアスケート選手です。 彼女との交際歴は7年と言われていますので、 姉のキャシーリードさんとペアを組んでいた頃からになります。 競技は同じでも、国を越えたカップルですので なかなかデートも出来ないと思いますが そんな中でも長期にわたり交際をしているということは 結婚を考えての前向きな交際なのでしょうね。 (ケルシュティン・フランクさんは2012年の大会を最後に 競技選手を引退しているようなので、 本格交際に至ったのはその後からかもしれません。 またケルシュティン・フランクさんの元コーチは 佐藤有香さんなので、日本人選手との交流が 持ちやすい環境だったことも考えられます) 二人が結婚に向けて、住まいを探したり 国籍の問題だったり、職業のことだったり いろいろ調整をしていた最中だったのかもしれません。 そんな中、2019年末にクリスリードさんが現役引退したのは ・体力の限界 ・新しい未来に向けて ・病気の予兆 などが考えられます。 死因は、心臓突然死ということですが、 病気の自覚があったのか、また最近のクリスリードさんの 実生活の様子がこれから姉キャシーリードさんの口から 語られるかもしれませんね。

次の

クリス・リードが30歳で急死、死因は心臓突然死。元アイスダンス日本代表選手の訃報に悲しみの声。来日予定も叶わず…

クリス リード

野球選手については「」をご覧ください。 クリス・リード Chris REED 基本情報 生年月日 1989-07-07 没年月日 2020-03-15 (30歳没) 出生地 姉 妹 185 cm 78kg 選手情報 元パートナー 元コーチ オレグ・エプスタイン ジョニー・ジョンズ タイラー・マイルズ アンドリュー・ストラウコフ スーザン・ケリー イネセ・ブツェヴィツァ 元振付師 マリナ・ズエワ マッシモ・スカリ オレグ・エスプタイン イーゴリ・シュピリバンド パティ・ウィルコックス ガリト・チャイト イネセ・ブツェヴィツァ アレクセイ・ゴルシュコフ 所属クラブ 木下グループ 引退 2019年12月31日 ISU パーソナルベストスコア 164. 38 65. 65 2018 世界選手権 98. 73 2018 世界選手権 目次• 人物 [ ] 出身。 母が日本人であり、出生時の国籍留保手続きにより、および国籍選択期限年齢に達するまでは日米両国の国籍を持っていた。 特技は演奏。 2014-2015シーズンまでのパートナーでもあった姉のキャシー・リードはを演奏する。 はA型。 2015-2016シーズンから2017-2018シーズンのパートナーは村元哉中。 経歴 [ ] アメリカで姉のとカップルを組みアイスダンス競技を始める。 2005-2006シーズンのノービスクラスで優勝。 コーチであるのすすめで、2006-2007シーズンから日本に所属した。 移籍後、初出場となったでは2位となり、出場を決める。 四大陸選手権ではコンパルソリーダンス7位、オリジナルダンス9位、フリーダンス6位となり総合で7位となる。 2007-2008シーズンからに招待され、、に出場する。 2度目の出場となったでは、アイスダンス競技唯一の競技者となり、との代表となる。 四大陸選手権では前回と同じ7位にとどまったが、自己最高得点を大きく更新する。 で16位に入り、この成績により翌年開催のアイスダンス競技への日本選手の出場枠を獲得。 2009年12月、で優勝し、日本代表に選出されバンクーバーオリンピックに出場する。 なお、妹のも代表でアイスダンスに出場し、姉弟妹3人揃っての出場となる。 続くではコンパルソリーダンスで2人が転倒する大きなミスがあったにも関わらず、15位と自己最高成績を収めた。 2010-2011シーズン、グランプリシリーズでは両方7位という成績を収める。 の後、からにコーチを変更し、練習拠点をロシアからアメリカに戻した。 フリーダンスを新しくして挑んだ全日本選手権では4連覇を果たした。 ではフリーダンスの演技終了直前にクリスが転倒するミスがあったものの、総合で13位となり日本所属カップルの最高順位タイになった。 2011-2012シーズン、初戦となったではフリーダンスの5分間練習中に負傷、そのまま競技に出場したものの7位。 リフトを行なっていたところ、他のカップルと衝突し転倒、負傷した。 演技後に接触相手のブレードが自身の右足のスケート靴を貫通し、小指に四針の怪我を負い、骨折していたことがわかった。 に出場する予定であったが、怪我のため出場を取りやめた。 その後、治療にギプスが必要となりの出場を断念した。 本格復帰後の2012-2013シーズンはで5位、で2位に入るなど好調な成績を記録している。 2013-2014シーズン、の最終予選であるに出場。 右膝の古傷の痛みを再発させた中、リフトの失敗があったものの7位に入り、出場枠5の中で4位の成績となった。 ソチオリンピックはショートダンスで21位でフリーダンスに進出することはできなかった。 後には半月板の治癒を高めるための手術を行った。 5月にはコーチをに変更し、のカントンに練習拠点を移した。 2014-2015シーズン、で7度目の優勝。 ではショートダンスで転倒し、フリーダンスに出場することはできなかった。 には唯一第1回大会から4大会連続で出場した。 4月19日、キャシーが競技からの引退を発表しカップルを解消した。 6月17日、とのカップル結成が発表された。 2015-2016シーズン、で優勝。 では2位となった。 初出場のでは15位に入った。 2016-2017シーズン、で銀メダルを獲得。 は、左膝の負傷で大会直前に棄権を発表した。 では自身9度目の優勝。 のSDでは、シークエンシャルツイズルのミスが響き、FD進出を逃した。 2017-2018シーズン、で2位に入り日本のアイスダンスでの出場権を獲得。 で3連覇を達成し平昌オリンピック代表に選ばれる。 で日本勢初となる銅メダルを獲得。 平昌オリンピックでは日本勢最高タイとなる15位に入る。 では日本勢・アジア勢歴代最高となる11位を記録した。 2018年8月9日、村元とのカップルを解消したことが日本スケート連盟により発表された。 2019年12月31日、競技からの引退を発表した。 2020年3月15日、午前0時20分 日本時間 、アメリカ・デトロイトにて心臓突然死で死去。 30歳没。 1月から姉のキャシーとともに関空アイスアリーナで指導者として活動をはじめており 、3月11日のブログにて、日本に帰国するため荷物を全て日本に送ったと報告した矢先のことであった。 告別式は同月21日にのシュレーダーハウェル葬儀場で営まれ、葬儀場のサイトやFacebook、Instagramでライブ配信された。 また姉キャシーが発起人となり、新しい世代の選手育成を目的としたメモリアル基金が設立された。 主な戦績 [ ]• Nはノービスクラス 詳細 [ ] 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2018年3月21日-24日 () 10 65. 65 11 98. 73 11 164. 38 2018年2月19日-20日 () 15 63. 41 13 97. 22 15 160. 63 2018年2月9日-12日 団体戦() 5 62. 05 5 87. 88 5 団体 2018年1月22日-28日 () 2 65. 27 3 98. 59 3 163. 86 2017年12月21日-24日 () 1 65. 71 1 100. 74 1 166. 45 2017年11月24日-26日 () 6 62. 30 8 93. 50 7 155. 80 2017年11月10日-12日 () 9 61. 82 8 94. 59 9 156. 41 2017年9月27日-30日 () 2 62. 67 2 96. 63 2 159. 30 2017年9月13日-17日 () 2 60. 00 3 91. 45 3 151. 45 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2017年4月20日-23日 () 5 63. 77 6 92. 68 1 団体 (156. 45) 2017年3月27日-4月2日 () 23 54. 68 - 23 2017年2月23日-25日 () 2 64. 64 2 94. 40 2 159. 14 2017年2月14日-19日 () 9 57. 80 9 82. 58 9 140. 38 2016年12月22日-25日 () 1 62. 04 1 96. 32 1 158. 36 2016年11月25日-27日 () - - 棄権 2016年10月21日-23日 () 10 56. 19 7 91. 18 8 147. 37 2016年9月14日-17日 () 2 61. 10 2 90. 08 2 151. 18 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2016年3月26日-4月3日 () 16 59. 00 14 88. 90 15 147. 90 2016年2月16日-21日 () 7 57. 13 6 88. 70 7 145. 83 2016年1月6日-10日 () 2 58. 64 2 91. 27 2 149. 91 2015年12月24日-27日 () 1 58. 36 1 88. 72 1 147. 08 2015年11月27日-29日 () 7 53. 44 7 81. 53 7 134. 97 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2015年4月16日-19日 () 6 49. 99 6 73. 24 3 団体 2015年3月23日-29日 () 22 48. 32 - 22 2015年1月7日-10日 () 2 57. 53 4 81. 53 4 139. 06 2014年12月25日-28日 () 1 57. 18 1 89. 62 1 146. 80 2014年11月28日-30日 () 7 50. 55 5 80. 33 6 130. 88 2013-2014 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2014年3月24日-30日 () 14 55. 18 18 80. 95 18 136. 13 2014年2月6日-22日 () 21 52. 29 - 21 2014年2月6日-22日 団体戦() 8 52. 00 5 76. 34 5 団体 2013年12月20日-23日 () 1 55. 51 1 87. 36 1 142. 87 2013年11月8日-10日 () 7 51. 91 6 81. 85 6 133. 76 2013年10月18日-20日 () 6 54. 28 5 81. 85 5 136. 13 2013年9月25日-28日 () 8 48. 41 5 78. 56 7 126. 97 2012-2013 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2013年4月11日-14日 () 4 56. 35 4 85. 40 4 141. 75 2013年3月10日-17日 () 19 53. 95 20 75. 99 20 129. 94 2013年2月6日-11日 () 6 53. 97 7 77. 07 7 131. 04 2013年1月10日-13日 () 1 58. 01 2 78. 28 2 136. 29 2012年12月20日-24日 () 1 53. 41 1 80. 51 1 133. 92 2012年12月13日-16日 () 7 55. 29 10 75. 54 9 130. 83 2012年11月23日-25日 () 5 48. 33 5 76. 13 5 124. 46 2012年11月2日-4日 () 2 55. 88 2 84. 95 2 140. 83 2011-2012 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2012年4月19日-22日 () 6 49. 47 6 70. 08 6 119. 55 2012年3月26日-4月1日 () 24 44. 19 - 24 2011年11月11日-13日 () 8 49. 36 7 73. 86 7 123. 22 2011年9月21日-24日 () 5 47. 90 4 77. 64 4 125. 54 2010-2011 シーズン 開催日 大会名 SD FD 結果 2011年4月24日-5月1日 () 13 54. 86 13 78. 47 13 133. 33 2011年1月30日-2月6日 第7回() 2 50. 97 1 77. 31 2 128. 28 2010年12月24日-27日 () 1 51. 77 1 75. 94 1 127. 71 2010年11月12日-14日 () 8 44. 40 7 68. 99 7 113. 39 2010年10月22日-24日 () 7 44. 90 7 69. 62 7 114. 52 2009-2010 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2010年3月22日-28日 () 23 24. 78 14 50. 41 13 79. 74 15 154. 93 2010年2月12日-28日 () 18 29. 49 14 50. 81 16 79. 30 17 159. 60 2009年12月25日-27日 () 1 31. 17 1 49. 58 1 82. 62 1 163. 37 2009年12月10日-12日 () 6 28. 31 5 45. 51 5 72. 94 5 146. 76 2009年11月27日-30日 () 7 28. 58 7 46. 36 8 72. 59 7 147. 53 2008-2009 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2009年4月16日-19日 () - 5 44. 80 5 75. 43 5 120. 23 2009年3月23日-29日 () 18 27. 24 15 49. 58 16 74. 22 16 151. 04 2008年12月25日-27日 () 1 31. 91 1 47. 47 1 76. 97 1 156. 35 2008年11月27日-30日 () 8 27. 17 10 39. 87 8 68. 79 8 135. 83 2007-2008 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2008年3月17日-23日 () 18 28. 16 18 47. 70 16 79. 29 16 155. 15 2008年2月11日-17日 () 7 27. 06 7 49. 64 7 81. 77 7 158. 47 2007年12月26日-28日 () 1 30. 13 1 51. 22 1 85. 06 1 166. 41 2007年11月29日-12月2日 () 10 25. 45 8 44. 28 7 74. 12 8 143. 85 2007年10月25日-28日 () 9 26. 47 9 43. 79 9 72. 37 9 142. 63 2006-2007 シーズン 開催日 大会名 CD OD FD 結果 2007年2月5日-11日 () 7 27. 42 9 40. 88 6 75. 87 7 144. 17 2006年12月27日-29日 () 2 26. 74 2 46. 30 2 77. 00 2 150. 04 2006年11月16日-19日 () 4 25. 90 4 41. 51 4 72. 17 4 139. 58 2005-2006 シーズン 開催日 大会名 CD1 CD2 FD 結果 2006年1月7日-15日 ノービスクラス() 2 19. 23 2 19. 21 1 59. 71 1 98. 15 プログラム使用曲 [ ] シーズン SD FD EX 2017-2018 チャチャ:I Like It Like That ルンバ:Mondo Bongo サンバ:Batucada de Sambrasil 振付: 作曲: 振付: Unsteady 曲: 振付:ランディ・ストロング 2016-2017 ブルース:The Sun's Gonna Shine Again ジャイブ:I've Got a Woman スウィング: Mess Around 演奏: Poeta en el Puerto Amor Dulce Muert Nada Puede Dormir Poeta en el Viento 作曲: All I Need is That Girl ミュージカル『ジプシー』より 作曲: 2015-2016 ワルツ:Wiener Cafe マーチ:Olympiamarsch マーチ:UNO March 作曲: 振付:、 作曲:アーサー・ジョンストン Jubilee Stomp 作曲: The Reel Chaplin: A Symphonic Adventure 指揮: 映画『』より 作曲: 演奏:トーマス・ベックマン 振付:マリナ・ズエワ、マッシモ・スカリ Everything Has Changed 曲: feat. 2014-2015 El Cid - Farruca by Thomas Hickstein、Elva La Guardia Gato Montes by Hugo Montenegro 振付:、オレグ・エスプタイン、 Mr. Lucky The Big Blow Out 作曲: 振付:マリナ・ズエワ、オレグ・エスプタイン、マッシモ・スカリ River Flows In You 作曲:イルマ 2013-2014 踊るリッツの夜 作曲: ハーレム・ノクターン 作曲:アール・ヘイゲン、ディック・ロジャーズ 振付: Ona Hei ゲーム『』サウンドトラックより 作曲:ジェフ・ヴァン・ダイク テレビアニメ『』サウンドトラックより 作曲:水谷広実 Good Death ゲーム『トータルウォー:ショーグン2』サウンドトラックより 作曲:ジェフ・ヴァン・ダイク 振付: 映画『』より 作曲: 2012-2013 映画『』サウンドトラックより 6月の花嫁 納屋の踊り 作曲:ジーン・デ・ポール、 振付:イーゴリ・シュピリバンド 曲: 振付: The Prayer ボーカル:、 2011-2012 チャチャ:La Llama ボーカル:Chris Ice ルンバ:Whatever Happens 曲: サンバ:The Drums 演奏:Basic J 映画『』サウンドトラックより Chale Chalo 作曲: Mon Amour ボーカル:デヴィッド・ヴィサン Lady Grinning Soul 演奏:ルチア・ミカレリィ 2010-2011 映画『』より ワルツ:A Party For Me? タンゴ:The Tango 作曲: So She Dances ボーカル: Just for a Little While by Smokin' Joe Kubek Band Ain't No Sunshine ボーカル: 映画『』より Think ボーカル: 作曲: シーズン OD FD EX 2009-2010 日本古謡 Lion 演奏: より 作曲: 2008-2009 Money, Money 『キャバレー』サウンドトラックより 梅と薔薇 作曲:アレッサンドロ・サフィナ 脚注 [ ] []• 2017年2月22日, at the. 2017年2月22日, at the. [ ]• 2015年4月19日, at the. 2015年6月17日, at the. 時事通信 2016年11月25日. 2016年11月26日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年4月10日閲覧。 スポニチアネックス 2018年8月9日. 2018年9月5日閲覧。 産経新聞 2019年12月31日. 2020年3月17日閲覧。 日刊スポーツ 2020年3月17日. 2020年3月17日閲覧。 OlympicTalk 2020年3月17日. OlympicTalk NBC Sports. 2020年3月18日閲覧。 日本語 , 2020年3月17日閲覧。 2020年1月12日• キャシー・リード&クリス・リードのオフィシャルブログ「華麗なるアイスダンス」Powered by Ameba. 2020年3月17日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年3月17日. 2020年3月17日閲覧。 スポニチAnnex 2020年3月21日. 2020年3月21日閲覧。 Instagram. 2020年3月21日閲覧。 GoFundMe. 2020年3月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - クリス・リードと同じ国籍留保中のフィギュアスケート選手。 アメリカに所属。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• アイスダンス.

次の