じゃがいも えぐみ 取り方。 じゃがいものえぐみの原因や取り方!食べたらどうなる?

じゃがいものえぐみの原因や取り方は?食べた時の症状や対処法も解説!|食べ物info

じゃがいも えぐみ 取り方

普通のじゃがいもにも、ソラニンやチャコニンはごく微量ですが含まれています。 国も毒だと認めるほど、じゃがいもの芽は食べると危険なものだとわかりますね。 抵抗力や体力の弱い方は、最悪死に至る場合もあるとされているので怖いですね。 じゃがいもの芽が出る原因 実は、先ほどのソラニン&チャコニン含有量でも記載したように、じゃがいもの芽だけでなく緑がかった皮にも毒は含まれているんです。 普段私たちが食べているじゃがいもは、植物でいう「根茎」なんです。 そのため、少しでも光が当たっていると光合成が始まり、芽がグングン伸びて皮も緑化して毒性が強まると言われています。 (光が当たっていなくても長期保存していると芽は出てきます) そのため、特に家庭菜園で作ったじゃがいもは、土寄せ(じゃがいもを土で覆うこと)が不十分な場合が多く、余計に芽が出やすくなってしまうんです。 また、芽や緑化した皮だけでなく、小さい未熟なじゃがいも(2~3㎝程度のもの)にも毒性が含まれていることがあるそうですよ。 以前小学校で、生徒が栽培していたじゃがいもを学校で食べて、集団食中毒が起こったことがあるそうです。 まさに土寄せ不足で小さいじゃがいもばかりだったからだそうです。 じゃがいもの芽の除去方法 包丁の付け根を芽の周りに刺し、じゃがいもを回転させながら芽を取ります。 この時少しでも芽が残ってしまうと毒性は残りますので、大き目にえぐり取ることがポイントです。 また、緑化した皮の部分も少し厚めにむくと安心です。 あまり皮を厚くむくと少しもったいない気がしますが、毒が入っているよりはマシですよね。 じゃがいもの保存方法 実は、冷蔵庫での保存も要注意なんです。 じゃがいもに含まれるでんぷんが糖に変化し、それを熱処理する際、発ガン性物質に変化する可能性があるそうです。 そのため、日の当たらない冷暗所での保存が望ましいです。 また長く保存させるためには、新聞紙でじゃがいもを包んで湿気るのをふせぐといいですよ。 ちなみに、余談ですが、じゃがいもの中に紫がかったところを見つけたことはありませんか? それは食べても大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、これはポリフェノールの一種アントシアニンなので毒ではないので安全だそうです。 一緒に読まれている人気記事 「」 まとめ いかがでしたでしょうか? じゃがいもに芽が出てしまっても、きちんと対処すれば大人なら安全に食べられることがわかりましたよね。 ぜひじゃがいもの保存方法も参考にして、長持ちさせていろいろなじゃがいも料理を楽しんで下さいね!.

次の

ジャガイモによる食中毒を予防するために:農林水産省

じゃがいも えぐみ 取り方

スポンサーリンク じゃがいもがカビ臭いのはなぜ? 購入後に「じゃがいも」の袋を開けた時など、カビ臭いことがあります。 この場合、「じゃがいも」が傷んでいるわけではないので、 調理に使っても大丈夫です。 でも、カビ臭さに加え、緑色に変色している箇所があったら、 使うのを控えてください。 つぎに、購入する際にイヤな臭いが気にならないものを見分けるコツ を見ていきましょう。 美味しい「じゃがいも」を選ぶためのポイントは、次の通りです。 まず、「じゃがいも」の 表面に傷がないか確認して、 キレイなものを選びましょう。 そして、 形がふっくらしていて、持った時に 重みが感じられるものが良いです。 このような「じゃがいも」は、健やかに育っているので、安心して 美味しくいただけます。 では、買った「じゃがいも」は、どのような形で 保存したら良い のでしょうか? 「じゃがいも」は、 高温多湿を嫌います。 なので、 風通しの良い日陰に保存しましょう。 この時、「じゃがいも」を1個ずつ、新聞紙で軽く包むことをオススメします。 1個ずつ包むのが面倒な場合は、4~5個ずつ一緒に包んでも大丈夫です。 スポンサーリンク また、箱の中に入れて保存する場合は、箱の底に新聞紙を敷きつめましょう。 こうすることで、「じゃがいも」を湿気から守り、長持ちさせることができます。 暑い時期なら1週間程度ですが、 寒い時期なら数ヶ月保存できます。 なので、ちょっと不快感を感じるかもしれませんが、 食べても健康に問題はありません。 でも、できればそのカビ臭さ(=アク)を取り除きながら調理したいですよね。 「じゃがいも」の アクを取るためには、「じゃがいも」を切った後、 10分くらい水にさらします。 調理前のこのひと手間で、アクは抜けていくので、カビ臭さも消えてしまいますよ。 手に取った時点でカビ臭い場合は、 皮を少し厚めに剥くと、 臭いが気にならなくなります。 さて、最後に、 腐った「じゃがいも」にはどんな特徴がある のかを知っておきましょう。 まず、黒っぽい変色・茶色っぽい変色が見られ、茶色い汁が出ることもあります。 そして、カビ臭さとは違い、「明らかに腐ったような異臭」がします。 また、カビが生えていることが一目見てわかるという場合も、傷んでいます。 ちなみに、柔らかくなって、少しぷよぷよしているものは大丈夫です。 これは、保存によって水分が抜けただけなので、腐っているわけではありません。 アクやえぐみに関しては、調理前に水にさらすことで消えていきます。 また、傷んだ「じゃがいも」は、見た目に異常があり、不快な異臭がするので、 すぐにわかります。 なので、美味しい「じゃがいも」の選び方&保存方法を知っておいてくださいね。

次の

じゃがいもがカビ臭いのはなぜ?食べれる?上手な選び方と保存方法

じゃがいも えぐみ 取り方

Contents• じゃがいも芽は本当に毒はあるのか? じゃがいも芽には天然毒素のアルカロイドの一種 ソラニン チャコニン が多く含まれています。 ソラニンとチャコニンは神経毒の一種でサリンと似た作用を神経におよぼします。 ソラニンやチャコニンは、芽のほかに光が当たって緑色に変色した部分にも含まれます。 じゃがいもの芽を食べた時にあらわれる症状は以下の通りです。 吐き気 嘔吐 腹痛 下痢 頭痛 めまい 毒のある部分をどんな味がするかというと食べると苦みやえぐみを感じます。 じゃがいもを食べて、もし苦みやえぐみを感じたら、芽が残っている可能性があるので食べるのはやめた方がいいと思います。 ソラニンは50mg以上摂取すると中毒症状があらわれ、150~300mgで死に至ります。 じゃがいも100g中にソラニンやチャコニンが1. 7mg程度含まれているので、市販のじゃがいもで換算すると1~2kgに相当します。 妊娠中の人がじゃがいもの芽などを食べた場合、母体に影響がなければ胎児にも影響はありません。 じゃがいもの毒素は母体でほとんど解毒できるためです。 じゃがいもの芽は胎児の神経管の発達を阻害するといわれていますが、それはじゃがいもの芽だけをたくさん食べた場合です。 その許容量を超えることは現実的にはまず考えられないので、特に心配する必要はありません。 授乳中でも同様です。 お母さんに中毒症状があらわれなければ、母乳に毒素が残ることはありません。 Sponsored Links じゃがいも芽の取り方 じゃがいもの芽の取り方で重要なことは 表面に出ている芽だけではなく、根元をふくめて完全に取り除くこと!! ソラニンやチャコニンはじゃがいもの芽だけでなく、緑色に変色した皮の部分にも含まれます。 芽が出ていなくても緑色になった皮は厚めに剥き、緑色になった部分はすべて取り除くようにしてください。 ちなみに家庭菜園や学校で栽培した未熟なじゃがいもには多くのソラニンやチャコニンが含まれている可能性がありますので、皮ごと食べるのは危険です。 必ず皮を剥いて食べるようにしてください。 ただし緑色に変色した皮を剥かずにそのまま油で揚げても、食中毒が起きた事例があります。 ソラニンは水溶性で水につけたり茹でると有毒性が減るといわれていますが、毒素が分解されるわけではありません。 芽や緑色に変色した皮は必ず取り除いて調理してください。 じゃがいもに含まれるソラニンやチャコニンの量は以下の通りです。 正常なじゃがいも:5~20mg じゃがいもの芽や根:200~400mg 皮が緑色に変色した部分::150~220mg ソラニンやチャコニンはほとんど皮の周辺に集中しているので、皮や芽を取り除けば問題ありません。 ただし緑色に変色したじゃがいもには変色していないじゃがいもの数倍のソラニンやチャコニンが含まれます。 家庭菜園や学校で栽培したじゃがいもは未熟なため、緑色に変色するのが市販品に比べ早くなります。 芽が出ていなくても緑色に変色したじゃがいもを皮つきのまま調理するのは避けましょう。 じゃがいもは光が当たると変色して緑色になります。 じゃがいもの保存は段ボールなどに入れて、日光だけでなく照明も当たらないようにして新聞紙をかけ、覆いをしてください。 保存する場所は冷暗所がおすすめです。 ただし冷蔵庫での保存は避けてください。 じゃがいもは冷蔵保存するとでんぷんの一部が糖に変わります。 冷蔵保存したじゃがいもをフライドポテトなど高温で調理するとじゃがいもの糖とアミノ酸が反応して発がん性物質アクリルアミドが発生します。 実際にそれを食べたからといって、がんになる! というわけではありませんが、避けた方がいいと思います。 まとめ じゃがいもの毒は芽のほかに光があたって緑色になった部分にも多く含まれます。 大人が食べた場合に中毒症状を起こす量はじゃがいも1~2kgに相当します。 じゃがいもの芽や緑色に変色した部分はしっかり取り除いて調理してください。

次の