大月 みやこ。 大月みやこの歌手人生!デビューから22年の苦節があった!

大月みやこの歌手人生!デビューから22年の苦節があった!

大月 みやこ

大月みやこの歌手人生!デビューから22年の苦節があった! 大月みやこはデビュー50周年を超えたベテラン演歌歌手 演歌の凋落傾向は、1980年代のアイドル全盛期に始まりますが、1990年前後、坂本冬美、香西かおり、伍代夏子、藤あや子などがデビューしたことで美人演歌歌手ブームが起きます。 しかしそれは、あくまで演歌界の中だけのブーム。 日本の音楽界はすでに、世代や嗜好によって極端な細分化が進んでいました。 そして2000年以後、演歌は、リスナーの高齢化に伴い、ジャンルとしての存在すら危ぶまれるようになっています。 しかし、J-POPのミュージシャンやアーティストが現れてはすぐに消えていく中、演歌歌手はといえば、地道な歌手活動を続けているようです。 マスメディアで見かけることはなくても、ショッピングモールや商店街、スーパー銭湯やカラオケ喫茶、老人ホームなど、歌える場所ならばどこでも歌うスタンスは昔から変わりません。 苦節何年という経歴からようやくヒット曲を生み、以後も長く歌手を続ける人も多いようです。 女性ベテラン演歌歌手、大月みやこもまた、そんな演歌歌手のひとりといっていいでしょう。 大月みやこ、なんとデビュー22年目で紅白初出場! 大月みやこは、1964年にデビューしますが、長くヒット曲に恵まれず、1986年に、「女の港」でようやくNHK紅白歌合戦出場を果たします。 デビューしてから、なんと22年目のことでした。 逆に言えば、大月みやこは苦節22年。 まさに、演歌歌手の王道的成功譚です。 以後、紅白歌合戦には10回出場。 1992年には「白い海峡」で念願の日本レコード大賞に輝き、今もベテラン演歌歌手として変わらず活躍しています。 大月みやこの本名や出身校!カラオケ人気曲ランキング! 大月みやこは大阪の八尾出身だから歌手を続けてこられた?! 大月みやこは、1946年生まれで、2017年で70歳。 本名は脇田節子といいます。 大月みやこという芸名は、当時、大阪の心斎橋にあった大きなレコード店「大月楽器店」にちなんで名づけられました。 出身は、大阪の八尾市。 進学校である八尾高校を卒業して歌手修行を続けた後、1964年にデビューしました。 それは演歌というカテゴリーが一般に定着し始めた頃で、以後1980年代まで、演歌は全盛を極めます。 しかし、大月みやこは全くヒットに恵まれず、演歌が下火となってきた1986年にようやく紅白に出演することができました。 それから、30年あまり。 誰もが知っているような大ヒット曲は持っていない大月みやこが、ここまで長く歌手活動を続けてこられたのはなぜでしょうか。 1つ考えられるのは、大月みやこの出身地である大阪八尾、かつては河内と呼ばれた土地柄です。 八尾は、同郷意識が強く、義理人情に厚い鉄火な人々の気風から、河内音頭などの歌舞音曲が古くから盛んな地域。 大月みやこを始め、天童よしみや中村美津子などの演歌歌手を多く輩出し、我が街の歌姫として応援し続けてきました。 地元の応援を背に曲を出し続ける歌姫たちは、その中からロングヒットを生み、結果的に安定した売り上げにつながっていったということなのでしょう。 大月みやこカラオケ人気ナンバーワンは「女の哀愁」 大月みやこ最大のヒット曲は、1992年の「白い海峡」です。 オリコンでの最高位は30位と地味ながら、登場回数が40回を数えるというロングランを記録して、同年のレコード大賞に輝きました。 また、「乱れ花」や「夜の駅」「恋ものがたり」などのロングヒット曲が多いのも、大月みやこの特徴です、カラオケにおいては、大月みやこの定番「女」シリーズの「女の哀愁」「女の港」が1位、2位を占め、「白い海峡」は3位となっています。 大月みやこの歌手生命を救った、船村徹作曲「女の港」で紅白初出場 ヒットメーカーとして昭和の演歌界を支えてきた作曲家の船村徹が、2017年2月16日に亡くなりました。 84歳でした。 演歌の作曲家としては、北島三郎が師匠と仰ぐ大作曲家であり、彼の曲によって、陽の目を見た演歌歌手は数知れません。 大月みやこもまた、そんなひとりです。 大月みやこが長い低迷期にあって、1983年に、起死回生をかけて出した楽曲が、作詩・星野哲郎、作曲・船村徹による「女の港」でした。 大月みやこは、3年をかけて人気に火がついたこの曲で、1986年、見事にNHK紅白歌合戦初出場を果たし、その後の活躍へとつなげます。 大月みやこは、船村徹の通夜の会場で、「先生に『歌い続けていけ』と言われなければ、今の自分はなかった」と大粒の涙をこぼしながらインタビューに答えていました。 さらに、おりしもその日、大阪・新歌舞伎座で「美空ひばり劇場」に出演しており、船村徹の名曲「みだれ髪」を、心をこめて歌わせてもらったと語っています。 演歌は、昔から日本にある音楽と思われがちですが、狭義に見れば、戦後の高度成長期とともに流行った、流行歌の1ジャンルにすぎません。 「前前前世」に、自分のメンタリティを重ねる今の若い人たちが、大月みやこの歌に共感できるとは思いませんが、例えば、back numberの「ハッピーエンド」などは、極めて演歌テイストの歌といえましょう。 今の若者たちがあと何年かして、街の赤ちょうちんで飲むようにでもなれば、何気に聞こえる演歌に、心が沁みる時もきっと来るに違いありません。

次の

大月みやこ|プロフィール|HMV&BOOKS online

大月 みやこ

かなり若い感じがして、決して70歳に見えるような年齢ではありません。 また、関西人の私としてはうれしい大阪生まれ。 ただ、大阪生まれと思わせないような上品さが大月みやこさんにはあります。 個人的には生まれたときには大月みやこさんをテレビで見ていたような気もするのですが、実際のところ彼女は演歌歌手として売れるまでに長い時間がかかってしまっています。 デビューして20年近くかけてようやくヒット曲に恵まれました。 その曲と言うのが「女の港」 実はこの曲で紅白に出場も決めていますよ。 その後はほぼ連続して10回ほど紅白に出場されていますが、もう20年近く大月みやこさんは紅白から離れられています。 ちょっと残念なところではありますが、演歌歌手代表としてぜひとも紅白復帰をしてもらいたいですね。 カラオケするなら大月みやこのヒット曲はこれ やっぱり大月みやこさんと言えば「女の港」をはじめとする女シリーズが有名ですよね。 もしカラオケをするなら女シリーズを外すわけにはいけません。 女の哀愁 女さすらい 女の駅 などが、女シリーズでは有名です。 また他にも 白い海峡 東京暮色 儚な川 なんかも有名ところとして知られていますよ。 もしカラオケで大月みやこさんに挑戦するならここら辺を押さえておけばいいでしょうね。 今でも大月みやこさんのアルバムは人気でベスト盤なんかも発売されていますよ! スポンサードリンク 大月みやこは独身?結婚して旦那や子供など家族いるのか? 男性ファンにとっては大月みやこさんが結婚されているかどうかは気になるところではないでしょうか…。 1964年にデビューされて以来、50年以上もずっと応援しているという人もいることでしょう。 そんな大月みやこさんって結婚されているのかどうか気になりませんか? 70歳であの美貌の持ち主だから結婚していてもおかしくはないとは思うのですが…。 私も気になって調べてみたら、現在は独身だという事が分かりました。 かといって、結婚歴があるという話もないのでこれまでずっと独身を貫いてこられているのだと思います。 まさしくこれをプロ根性と言うのではないでしょうかね? あれだけきれいなのだから結婚するチャンスは絶対にあったと思います。 それをせずに歌手の道をとったのだと私は想像しています! なんかそんな生き様が歌に反映されていますもん! 大月みやこの今現在も気になる! 1980年代90年代よりも、テレビで見かける機会が減ってしまっている大月みやこさん。 ひと昔前なら演歌歌手もよくバラエティなんかに出演されていて、よく見かけたものですが最近はそういうことも減ってきていますもんね。 演歌歌手が出演する番組も減ってきていて、今現在大月みやこさんがどうされているのか気になっている人も多いのではないでしょうか? とはいって、時々HNKのうたコンにも出演されていてよくチェックしておけば大月みやこさんをテレビで見ることもできます。 また2017年の2月には「紅ひとり」というシングルも発売されるんですよ~。 このCDジャケットの着物姿ももちろんいいんですが、コンサートDVDのジャケットで見られる大月みやこさんの洋服姿も最高です。 なかなか着物以外を見られるチャンスもないので大月みやこさんの洋服姿は貴重化もしれませんね。 70歳になられて今現在でも意外と精力的に活躍されているのが分かっていただけたのではないでしょうか? まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は演歌歌手の大月みやこさんを紹介していきました。 結婚されているかどうかは気になっていた人も多かったのかもしれませんが、今現在独身だという事でファンの人にとってはうれしい話ですよね。 そして今現在でもCDを発売されていて、めちゃくちゃ精力的に活躍されています。 しかも70歳になられた今でもめちゃくちゃきれいで元気! なんかうらやましい年齢のとりかたをされています。 私も大月みやこさんを見習って今後の生活をしていかなければ、と改めて思わされました。 まだまだ大月みやこさんは活躍されると思うので、今後の活動にも注目してみてくださいね。 今日もありがとうございました。 おおきに! 演歌歌手と言えば、やの記事もありますよ! スポンサードリンク.

次の

大月みやこ/大月みやこ大全集

大月 みやこ

20年目にリリースした『女の港』が2年以上かけてじわじわと人気がでて、22年目で紅白歌合戦に初出場しました。 同年の紅白では、同期デビューであり、22回目の出場となった水前寺清子さんが祝福。 はたから見れば苦節20年の感動ストーリーですが、当の大月みやこさんは苦節とはとらえていなかったようです。 なぜなら、たとえ誰かの前座でもステージがあり、自分の歌を聴いてもらえた20年間だったから。 これは強がりではなく、おそらく本音なのでしょう。 歌手をやめる選択をしなかったことが、それを物語っている気がします。 2020年現在も大月みやこさんは精力的に活動中。 CDもコンスタントにリリースしており、9月25日には新曲『涙川』を発表。 コンサート活動のほか、『うたコン』をはじめとする地上波・BSの歌番組にも出演しています。 大月みやこさんの歌声には今も張りがあり、衰えはないそうです。 大月みやこの年収は? ヒット曲が1曲あれば安泰といわれる演歌の世界。 もともと演歌界には独自の営業スタイルや興行ルートがあることはよく知られていますね。 演歌歌手の主な収入源は地方興行ともよく聞きます。 たとえヒット曲を持たなくても、全国の後援会組織を通じて集客を図ることは可能であり、そうした営業収益があればやっていけるのだそうです。 加えて、演歌歌手には後援者といった後ろ盾がついているケースがほとんど。 大月みやこさんはデビュー6年目の24歳の時に都内に戸建てを購入しています。 また、父親の他界後は母親と祖母の生活を支えてきました。 年収に関する具体的な情報はみつかりませんでしたが、公演、テレビやイベントへの出演、CDの歌唱印税、ファンクラブの売り上げ、グッズの収益などがありますね。 さらに大月みやこさんの曲はカラオケでも人気があるのだそう。 特に『女の哀愁』『女の港』はよく歌われているようで、ここからも印税収入が発生することになります。 大月みやこがTVの大相撲中継の画面に! 相撲中継によく映る有名人としておなじみの大月みやこさん。 ご贔屓の力士は誰でしょうか。 よく映る有名人として他に挙げられているのが神田川俊郎さん、大村昆さん、中村玉緒さんなどですね。 素の顔が垣間見える瞬間です。 相撲中継の向こう正面席というと、塀のあちら側の人との交信を試みる塀のこちら側の人という構図を思い浮かべてしまいますが、大月みやこさんも誰かと密かに交信しているのでしょうか。 筆者は林家ペー・パー子夫妻を発見したことがありますが、地味でダークな色合いの中で異彩を放つピンクが衝撃的でした。 大月みやこの着物の着方がセンスいい! 着物をたくさん所有しているという大月みやこさん。 色のコーディネートとしては、帯揚げに水色や黄色、帯締めに赤や黄色を使うことが多いようです。 着付けの特徴でまず目につくのは、帯締めをやや斜めに締めているところと衿をきっちり詰めているところでしょう。 斜めの帯締めというと真っ先に頭に浮かぶのが石川さゆりさんすが、石川さゆりさんほど斜めではなく、ゆるめの傾斜です。 衿を抜かないところもきちんと感があり、嫌味な印象を与えません。 粋な姐さん風の着方が似合う演歌歌手もいますが、大月みやこさんの着物姿にはやわらかな大人の気品が漂っていますね。 大月みやこは結婚してる? しつこくアプローチしてくる男性は苦手という大月みやこさん。 2019年4月に73歳を迎えた際は、年ごとにめでたくなくなってくるけれど、みなさんが集まってくれて騒ぐのが楽しいとコメント。 結婚や離婚歴、夫、子供などについての情報は一切ないうえに、「結婚しない会」のメンバーでもあったことから、独身を通してきた可能性が高そうです。 とても美人なので男性からの人気は高かったと思うのですが、演歌一筋だったのでしょうか。 伸びやかな歌唱力で、凛とした女性の姿を歌い続けてきたベテラン演歌歌手の大月みやこさん。 近年は大御所たちがだんだん紅白を離れつつあります。 衰え知らずの歌声で、また紅白復帰を目指してもらいたいですね。

次の