ポケモン タイプ 相性 早見 表。 タイプ相性を理解するとトレーナーバトルが100倍楽しい!属性一覧表まとめ【ポケモンGO】

【ポケモン剣盾】タイプ相性早見表とタイプ別相性【ポケモンソードシールド】

ポケモン タイプ 相性 早見 表

【ポケモンの弱点】タイプ別の相性早見表 ポケモンは 18種類のタイプに分かれています。 自分が使おうとしているポケモンの弱点を表でチェックしましょう。 39倍に軽減されてしまうタイプは 青字。 タイプ 弱点 くさ くさ、ほのお、どく、ひこう、むし、はがね、ドラゴン ほのお ほのお、みず、いわ、ドラゴン みず くさ、みず、ドラゴン ノーマル ゴースト、いわ、はがね でんき じめん、くさ、でんき、ドラゴン こおり ほのお、みず、こおり、はがね むし ほのお、どく、ゴースト、かくとう、フェアリー、はがね、ひこう いわ じめん、かくとう、はがね じめん ひこう、くさ、むし どく いわ、じめん、どく、ゴースト、はがね エスパー あく、エスパー、はがね ゴースト ノーマル、あく かくとう ゴースト、むし、どく、エスパー、フェアリー、ひこう フェアリー ほのお、どく、はがね はがね ほのお、みず、でんき、はがね ドラゴン フェアリー、はがね ひこう でんき、いわ、はがね あく かくとう、フェアリー、あく スポンサーリンク タイプ別の相性が覚えられない時は どのタイプに強いかよりも、 自分の使いたいポケモンの弱点を知ることがパーティ編成で重要になります。 例えば、草は火で燃えます。 すると、くさタイプの弱点はほのおタイプだな、ということです。 こんな感じでわかりやすい弱点もあるのですが、 「ドラゴンタイプの弱点がはがね」というのはなかなか思いつきませんよね。 なので、表をぜひ確認してください。 この表を全部覚える必要は全くありません。 要は、 自分のパーティの弱点が偏っていないか?見極めることが大事です。 スポンサーリンク なぜ対戦ではポケモンの相性が重要? まずはこの対戦を見てください。 私のレベルは39。 相手はレベル31のトレーナーです。 出しているのは個体値100でMAX強化しているCP3093のサーナイトなんですが・・・ ワンパンでやられました・・・・・・。 そして、上の早見表を見てください。 エスパーの弱点にも、 フェアリーの弱点にも「はがね」がありますね? つまり、 ダブルで弱点を突かれてしまったということです。 実質2. 56倍で刺されたのではないかと思います。 サーナイトにとってメタグロスは最悪の相性の相手だったのです・・・。 このように、 対戦バトルでは、 ポケモンのタイプの相性が非常に重要になります。 いくら高個体値で強いポケモンであっても、弱点を突かれたら一瞬でやられてしまうからです。 逆に言うと、弱点の突き方次第で、レベルが全く関係のないバトルができるのも対戦の面白いところです。 スポンサーリンク 勝つためのパーティ編成のコツ3つ 対戦バトルで勝てない時は、パーティ編成が偏っている可能性があります。 違うタイプのポケモンを選ぶ 違うタイプのポケモンを選び、バランス良くチームを作ってみましょう。 弱点を補い合えるのが理想です。 逆に、 同じポケモンを何体も入れるのは危険です。 例えばいくら強いからといってミュウツー3体は危険過ぎます。 まあそもそも対戦になるとミュウツーもそんな強くないんですが・・・。 シールドの使い方次第で倒せます。 といった風に、パーティを調整してみましょう。 スポンサーリンク 3ゲージ技のポケモンを選ぶ 対戦バトルでは、スペシャルアタックをいかに早く、数多く撃つかが鍵になります。 1ゲージ技より、 3ゲージ技のポケモンがおすすめです。 1ゲージ技は威力はあるんですが、とにかく出が遅いので、出す前にやられてしまうこともあります。 伝説レイドではダメージが取れず、 注目されなかった3ゲージ技ですが、 対戦では重宝します。 使いたいポケモンが3ゲージ技を覚えるか?調べてみましょう。 対戦用に、「わざマシンスペシャル」を使って技を変えるのもアリですね。 スポンサーリンク 自分と同タイプは弱点の可能性アリ 実は、ポケモンは意外と 自分と同タイプが弱点のことが多いです。 例えば、ほのおタイプはほのおタイプで攻撃されると、意外ともろいです。 もちろん相手も等倍で攻撃を喰らいますが、 そうなると勝敗を分けるのはCPになります。 なので、 相手が同タイプを出してきた時は、すぐにポケモンを入れ替えましょう。

次の

『ポケモンGO』保存版!タイプ相性早見表

ポケモン タイプ 相性 早見 表

【ポケモンの弱点】タイプ別の相性早見表 ポケモンは 18種類のタイプに分かれています。 自分が使おうとしているポケモンの弱点を表でチェックしましょう。 39倍に軽減されてしまうタイプは 青字。 タイプ 弱点 くさ くさ、ほのお、どく、ひこう、むし、はがね、ドラゴン ほのお ほのお、みず、いわ、ドラゴン みず くさ、みず、ドラゴン ノーマル ゴースト、いわ、はがね でんき じめん、くさ、でんき、ドラゴン こおり ほのお、みず、こおり、はがね むし ほのお、どく、ゴースト、かくとう、フェアリー、はがね、ひこう いわ じめん、かくとう、はがね じめん ひこう、くさ、むし どく いわ、じめん、どく、ゴースト、はがね エスパー あく、エスパー、はがね ゴースト ノーマル、あく かくとう ゴースト、むし、どく、エスパー、フェアリー、ひこう フェアリー ほのお、どく、はがね はがね ほのお、みず、でんき、はがね ドラゴン フェアリー、はがね ひこう でんき、いわ、はがね あく かくとう、フェアリー、あく スポンサーリンク タイプ別の相性が覚えられない時は どのタイプに強いかよりも、 自分の使いたいポケモンの弱点を知ることがパーティ編成で重要になります。 例えば、草は火で燃えます。 すると、くさタイプの弱点はほのおタイプだな、ということです。 こんな感じでわかりやすい弱点もあるのですが、 「ドラゴンタイプの弱点がはがね」というのはなかなか思いつきませんよね。 なので、表をぜひ確認してください。 この表を全部覚える必要は全くありません。 要は、 自分のパーティの弱点が偏っていないか?見極めることが大事です。 スポンサーリンク なぜ対戦ではポケモンの相性が重要? まずはこの対戦を見てください。 私のレベルは39。 相手はレベル31のトレーナーです。 出しているのは個体値100でMAX強化しているCP3093のサーナイトなんですが・・・ ワンパンでやられました・・・・・・。 そして、上の早見表を見てください。 エスパーの弱点にも、 フェアリーの弱点にも「はがね」がありますね? つまり、 ダブルで弱点を突かれてしまったということです。 実質2. 56倍で刺されたのではないかと思います。 サーナイトにとってメタグロスは最悪の相性の相手だったのです・・・。 このように、 対戦バトルでは、 ポケモンのタイプの相性が非常に重要になります。 いくら高個体値で強いポケモンであっても、弱点を突かれたら一瞬でやられてしまうからです。 逆に言うと、弱点の突き方次第で、レベルが全く関係のないバトルができるのも対戦の面白いところです。 スポンサーリンク 勝つためのパーティ編成のコツ3つ 対戦バトルで勝てない時は、パーティ編成が偏っている可能性があります。 違うタイプのポケモンを選ぶ 違うタイプのポケモンを選び、バランス良くチームを作ってみましょう。 弱点を補い合えるのが理想です。 逆に、 同じポケモンを何体も入れるのは危険です。 例えばいくら強いからといってミュウツー3体は危険過ぎます。 まあそもそも対戦になるとミュウツーもそんな強くないんですが・・・。 シールドの使い方次第で倒せます。 といった風に、パーティを調整してみましょう。 スポンサーリンク 3ゲージ技のポケモンを選ぶ 対戦バトルでは、スペシャルアタックをいかに早く、数多く撃つかが鍵になります。 1ゲージ技より、 3ゲージ技のポケモンがおすすめです。 1ゲージ技は威力はあるんですが、とにかく出が遅いので、出す前にやられてしまうこともあります。 伝説レイドではダメージが取れず、 注目されなかった3ゲージ技ですが、 対戦では重宝します。 使いたいポケモンが3ゲージ技を覚えるか?調べてみましょう。 対戦用に、「わざマシンスペシャル」を使って技を変えるのもアリですね。 スポンサーリンク 自分と同タイプは弱点の可能性アリ 実は、ポケモンは意外と 自分と同タイプが弱点のことが多いです。 例えば、ほのおタイプはほのおタイプで攻撃されると、意外ともろいです。 もちろん相手も等倍で攻撃を喰らいますが、 そうなると勝敗を分けるのはCPになります。 なので、 相手が同タイプを出してきた時は、すぐにポケモンを入れ替えましょう。

次の

タイプ相性表

ポケモン タイプ 相性 早見 表

【タイプ相性の変更履歴】 ポケットモンスター金銀 第2世代 での変更点• あくタイプ・はがねタイプが追加。 エスパータイプのポケモンに対して、ゴーストタイプのわざが「通常ダメージ」から「効果抜群」に変更。 ポケットモンスターXY 第6世代 での変更点• フェアリータイプが追加。 はがねタイプのポケモンに対して、ゴーストタイプ・あくタイプのわざが「いまひとつ」から「通常ダメージ」に変更。 [例] でんきタイプの変化わざ「かいでんぱ」は、じめんタイプのポケモンにも効果があり、相手の特攻のランクを2段階下げる。 ただし、下記「各タイプ固有の特徴」に記すように例外となる変化わざも存在する。 [例外の例] でんきタイプの変化わざ「でんじは」は、じめんタイプのポケモンには無効。 また、により特定のタイプのわざが無効化されたり、受けるダメージが増減される場合もある。 各タイプ固有の特徴 赤文字は第6世代 XY 、 青文字は第7世代 サンムーン で追加された要素。 タイプ タイプ固有の特徴 ほのお• 「やけど」状態にならない くさ• 「やどりぎのタネ」無効• 「いかりのこな」「キノコのほうし」「しびれごな」「どくのこな」「ねむりごな」「ふんじん」「わたほうし」などの粉系のわざによる効果を受けない• 特性「ほうし」による効果を受けない でんき• 「まひ」状態にならない こおり• 「こおり」状態にならない• 天気が「あられ」のとき、「あられ」によるダメージを受けない• 「ぜったいれいど」無効• 「ぜったいれいど」を命中30で使える 他のタイプが使うと命中30未満 どく• 「どく」「もうどく」状態にならない 特性「ふしょく」のポケモンが使った「どく」状態にするわざでは「どく」状態になる• 「どくびし」無効• 「でんじは」無効• 天気が「すなあらし」のとき、「すなあらし」によるダメージを受けない ひこう• 「まきびし」「どくびし」無効 いわ• 天気が「すなあらし」のとき、「すなあらし」によるダメージを受けない ゴースト• 「アンカーショット」「かげぬい」「クモのす」「くろいまなざし」「サウザンウェーブ」「とおせんぼう」「フェアリーロック」などのわざによる相手を逃げたり交代できなくさせる効果を受けない• 特性「かげふみ」「ありじごく」「じりょく」などによる相手を逃げたり交代できなくさせる効果を受けない あく• 特性「いたずらごころ」の相手ポケモンが使う変化わざが当たらない 場をターゲットにした変化わざの効果は受ける はがね• 「どく」「もうどく」状態にならない 特性「ふしょく」のポケモンが使った「どく」状態にするわざでは「どく」状態になる• 「どくびし」無効• 天気が「すなあらし」のとき、「すなあらし」によるダメージを受けない タイプ別ポケモン一覧について• 、、、などは、必要に応じて別ポケモンとして掲載しています。 掲載スペースの都合上、一部ポケモンは省略して表記していることがあります。 参考:.

次の