サマー ジャンボ 宝くじ 2019。 サマージャンボミニ宝くじ 第849回|発売日2020年7月14日

サマージャンボ宝くじ|村田ボーリング技研株式会社

サマー ジャンボ 宝くじ 2019

2019年もサマージャンボ(第800回全国自治宝くじ)の発売が決まりましたが、気になるのは 当選金額や当選確率、当選本数ですよね。 今年もサマージャンボ宝くじは• サマージャンボ宝くじ(第800回全国自治宝くじ)• サマージャンボミニ(第801回全国自治宝くじ) この2種類が発売しますが、どちらも非常にビッグな賞金が用意されています。 そして1等賞金も気になりますが、2019年はなんと3等100万円の本数が3倍に!さらに4等10万円の本数も2倍に跳ね上がっているのです! 今回はサマージャンボの前後賞や組違い賞を始め、1等以外の2等や3等など各賞について当選確率や本数、賞金額などと期待値、還元率も詳しくまとめました。 *ここまでは2015年から大きな変化はありません。 近年の変化として現れているのは、 2等以下の本数や特別賞の有無です。 特に10万円や100万円の等級では当選本数や確率の変化がかなり激しく、2019年のサマージャンボも大幅に変わっている部分があります。 その各等級の本数や確率の変化についてまとめていきますね。 サマージャンボ2等の当選確率と本数 2019年のサマージャンボ宝くじの2等は、賞金1000万円で1ユニット内に2本用意されています。 3等の当選金額は100万円で1ユニット内の当選本数は30本です。 これは2018年の10本から30本へと3倍の数になっており、非常に当たりやすくなりました。 4等の当選金額は10万円で1ユニット内の当選本数は600本です。 これは2018年の300本から600本へと2倍の数になっており、こちらも当たりやすくなっています。 5等の当選金額は3000円で1ユニット内の当選本数は10万本です。 この当選確率や当選本数、当選金額はここ数年で大きな変化はありません。 6等の当選金額は300円で1ユニット内の当選本数は100万本です。 この当選確率や当選本数、当選金額はここ数年で大きな変化はありません。 サマージャンボ夏祭り賞の消滅 特別賞の話ですが、2018年にあった「夏祭り賞2万円・2000本」がゴッソリとなくなってしまいました。 等級が一つ減ってしまい当選者の数も減ったことから寂しい部分はありますが、この分が3等や4等に振り分けられたと考えて良いでしょう。 スポンサードリンク 2019年サマージャンボ当選確率一覧表 2019年のサマージャンボの当選金額や当選確率、本数を一覧表にしてまとめました。 昨年からの大きな違いは、• 夏祭り賞の消滅 *こちらの本数は1ユニット内 夏祭り賞はなくなりましたが3等4等で本数が2倍、3倍と増えたのが大きな特徴です。 2019年サマージャンボの期待値と還元率 2019年のサマージャンボの期待値と還元率を計算してみました。 まず期待値の計算は、すべての等級での賞金額と本数をかけ合わせます。 4733 つまり 還元率はおよそ 47. 3%となります。 4733=141. 99円 つまり 期待値は142円ほどとなるので、半分返ってこないくらいです。 サマージャンボとミニのどっちが当たる? サマージャンボの他にも「サマージャンボミニ」も同時発売が決定しています。 サマージャンボミニの場合は1等3000万円ですが、サマージャンボに比べ5倍当たりやすくなっています。 サマージャンボとミニのどっちが得なのかは人それぞれですが、1000万円という大台を当てたいのであればミニの方が当てやすいですね。

次の

サマージャンボ宝くじ 詳細と当選確率【2020年】

サマー ジャンボ 宝くじ 2019

サマージャンボ宝くじ 当選確率及び詳細 2020年7月14日 火曜日 から「 サマージャンボ宝くじ 市町村振興 第848回 全国自治宝くじ」の販売が開始されます。 今年のサマージャンボ宝くじは、昨年同様1等賞金5億円、前後賞 各1億円 合わせて7億円と、超高額当選が期待できる宝くじで、億万長者が最大63人 21ユニット発売・1等と1等前後賞を別にカウントした場合 が誕生する、夏のビックチャンスです。 夏のビッグチャンスであるサマージャンボ宝くじで高額当選をして、今年の夏休みは豪華に過ごしたいですね! それでは、サマージャンボ宝くじの詳細と当選確率のご紹介です。 サマージャンボ宝くじ 当選金及び本数 サマージャンボ宝くじ 市町村振興 第848回 全国自治宝くじの等級別当選金及び本数です。 おおよその目安とお考えください。 サマージャンボミニ 当選確率及び詳細 2020年7月14日 火曜日 から「 サマージャンボミニ 市町村振興 第849回 全国自治宝くじ」の販売が開始されます。 今年のサマージャンボミニは1等賞金1,000万円と、ミニなのにビッグな高額当選が期待できる、もうひとつの夏のビックチャンス。 同時発売のサマージャンボ宝くじの1等が1,000万分の1に対して、サマージャンボミニは1等が100万分の1と比較的当たりやすく、千万長者を狙うならオススメの宝くじです。 それでは、サマージャンボミニの詳細と当選確率のご紹介です。 サマージャンボミニ 当選金及び本数 サマージャンボミニ 市町村振興 第849回 全国自治宝くじの等級別当選金及び本数です。 おおよその目安とお考えください。

次の

宝くじ購入代行のドリームウェイ【公式サイト】

サマー ジャンボ 宝くじ 2019

サマージャンボ宝くじだけは辛うじて1等前後賞合わせて7億円を維持。 2017年度は弱気の20ユニット600億円発売予定で販売額500億円を切り、今回はサマージャンボプチが廃止されたことで1ユニット分増加。 しかしながらサマージャンボ宝くじ、ドリームジャンボ宝くじの1回の発売で500億円を上回ることはないだろう。 ドリームジャンボ宝くじのLINE LIVEでは人気芸人、人気タレントを起用して盛り上げたことは評価できるが、ジャンボ宝くじCMも販売促進イベントも・・・頭打ち感が満載である。 これ以上、上はもう期待できないのだろう。 smapをCMに使うのなら、一貫性を持ってあらゆる宝くじに起用し、抽選券もsmap、抽選会もsmapくらいの度胸も必要かと思う。 批判も多いだろうが、このお役所仕事感満載のジャンボ宝くじでは、カオスなエンターテイメント性がなければこれ以上の売上増は見込めない。 YouTube動画でもテレビ番組でも、現代で最も人気を博しているのは極端なエンターテイメント性。 キャリーオーバーが連続しまくり、しまくり、しまくり・・・ある程度の批判も乗っかってやる度胸・・・無理か。 お役所仕事だからな。 宝くじの売上とはストレートに関係ないが、メガバンクの3万人超の人員削減、しゃーないわな。 みずほ銀行、三井住友、三菱と手を組んで、ATMと同じく共同でやるくらいの抜本的改革がなければ、やがて宝くじの年間売上が3000億円を切るのも時間の問題だ。

次の